地獄の囚人 売春

【第15話】

 

桐子が入所してから半年が過ぎ、死亡調査も大体の状況がつかめている。
「虐待があったのは間違いない。それが何故なのか調べないと…」確証が欲しかった。
思案する桐子に「妙子、面会よ」と和子が迎えに来た。

「私に面会ですか?」
「そうよ。ただ『オ○ンコ見せ子』としての面会だそうよ」
「イヤ。もう裸はイヤ!」檻の戻ろうとすると「ふざけないで。こっちの面子が立たないわよ!」髪の毛を掴かまれ、引きずられるように歩かされた。

「入って。ここで脱ぐのよ」
「もう裸はイヤです。お願いですから許して下さい」
「今更何言っているのよ。散々男とやったくせに、逆らわないのよ!」平手で頬を叩き出し「ヒ~!」悲鳴を上げてうずくまった。

「もっと、痛くしてやろうか?」今度は警棒を持った。
「やめて、脱ぎます。ヌードになりますから打たないで!」
「最初からそう言えばいいのよ」やっと手が退けられた。
(こんな事までさせられるなんて。もしかして…)千香の事が思い出された。
そんな桐子の思いなど知るよしもなく「早くするのよ」と和子は急かしている。

急かされた桐子は、囚人服を脱ぎ終えると下着も脱ぎだす、それを和子が黙って見ている。
パンティ、ブラジャーと脱いで生まれたままの姿になると「これを着けて」黒いストッキングとガーターベルトが渡された。

桐子はそれを黙って受け取り、体を屈めて履いていく。
(こんな格好なんて、娼婦みたいよ)両足に履きガーターベルトで留めた。
「いいわね。ここも綺麗で」無毛の淫裂が触ら「やめて下さい。そこはイヤです!」和子の手を押さえた。

「残念ね。いい事してあげようと思ったのに、その気がないなら行くわよ」桐子は乳房を揺らせ、両手で淫裂を押さえながら歩き出した。
「面会は、特別室を使わせてあげるわよ」
「特別室ですか?」始めて聞く言葉だ。

「そう、面会人の要望があってね」そう言いながら歩いて部屋の前まで来た。
「ここよ、ここが特別室なの」見たところ何ら変わりがなく、普通の鉄格子の檻だ。
「入って!」言われるまま中に入った。

それから暫くして、美香が面会人を連れてきた。
「新藤妙子。面会人よ!」と紹介したが、現れたのは見知らぬ男性だ。
「イヤよ。出して、ここから出して!」恐れを感じて、両手で乳房と股間を押さえて蹲った。

「せっかくの面会だよ。じっくり話し合おうよ」男は檻の中に入った。
「来ないで。お願いだから来ないで!」手で胸と淫裂を押さえながら、狭い檻の中を逃げまどっていく。

「そうは行かないよ。高い金まで払って面会に来たんだから!」男は逃げまどう桐子を抑え、乳房に顔を埋めた。
「イヤ、触らないで、イヤ~!」悲鳴を上げ続けた。

だが、男は嫌がる妙子の手首を掴み、鉄格子に縛った。
「やめて。お願いです!」両手の自由を奪われたからには、どうする事もできない。
「これで、俺の思い通りだな」安心したのか、服を脱ぎだした。

「やめて。レイプはイヤ。刑務官、やめさせて~!」
「あら、オ○ンコやりたいと言っていたじゃないのよ。やりなさいよ」
「そうよ。見ているからやりなさいよ!」和子と美香は停めさせる気はない。

その間にも、男は全裸になると桐子の足を開いて、体を押しつけてきた。
「いや、いや~!」淫裂に肉竿を押し込まれても、首を振るだけしかできない。
そんな様子を「いいわね、大好きなオ○ンコができて!」冷やかしながら見ている。

「やめて。入れないで!」立ったまま、腰を押さえられてのピストンが始まった。
「ヒ~!」膣の準備が出来ていないから、痛みだけしか感じない。
それでも男は乳房に顔を埋めて肉竿のピストンをしている。
「ダメ、吸わないで、イヤ~!」乳首も吸われた。

「痛いか。あんたがやるなら、乱暴にはしないぞ」
「イヤよ。どうして私がやらなければ行けないのよ!」そう言うと乳首が噛まれた。
「ヒ~。やります。やるから噛まないで…」やっと言った。

「俺だって、乱暴にはやりたくないんだ」そう言いながら縛った両手首を解いていく。
「わかっているよな。お前がやるんだぞ!」腕を解くと結合したまましゃがみ込み、騎上位の体位になっていく。

(やりたくない。こんな事イヤよ…)イヤだが、痛い思いはもっとイヤだから、渋々腰を動かしていく。
「最高にいいよ。ソープに行った感じだ」満足そうに揺れる乳房を揉みだし(ソープだなんて…)唇を噛みしめて腰を振り続けた。
その後、桐子は四つん這いにもされ、最後は口の中に放出された。

放出を済ますと、満足そうに男は服を着て檻から出ていくが、桐子はそのままだ。
「出して。なぜ出さないのよ。もう済んだでしょう?」
「済んでないわよ。面会は3人だから」和子が素っ気なく言い「そんな、まだセックスさせる気なのね…」顔色が青ざめている。

「そうよ。あんただって、やりたがっていたしね」
「イヤよ、絶対にイヤ。もう、セックスはしないからね!」泣きながら言う。
「そんな事、言う資格あるのかしら。もう散々やったくせに」見下した事を言っていると、美香がまた男を連れてきた。

「これは上玉だ。金を払った甲斐があるな」男は満足そうな顔で、檻に入って行く。
「やめて、お願いだからやめて!」怯えて逃げまどうが、掴まり押さえ込まれた。
「いや、いや、いや~!」いくら叫んでも欲情した男には通じず、この日は3人の相手をさせられた。

男に散々弄ばれた桐子は、また元の檻に戻された。
檻に戻ると「妙子、何かあったの?」落胆の桐子に、皆が心配そうに話し掛けてきたが「ううん、何もなかったわよ」作り笑顔で返事している。
「そう。それならいいけど。もしかして、桐子も売春させられていたのかと思って」

「待って、ここは女だけの刑務所よ。どうして売春ができるのよ?」
「だって、それがイヤで自殺した人さえいるのよ…」
それを聞いて「真理、そこまでよ!」怒鳴った洋子の顔が強ばっている。
それには真理も「冗談よ、冗談だから信じちゃダメよ」動揺が隠せない。

「そうよね。刑務所で売春だなんてあり得ないよね」洋子の顔も動揺している。
(そうか、刑務所を隠れ蓑にして千香さんに売春させていたんだわ。それがイヤで千香さんが…)考えるとつじつまが合ってきた。
(それに、私も売春させられるんだわ)男の言った言葉が気に掛かっている。

その夜、桐子はなかなか寝付けなかった。
(売春させられたんだ。あれは売春だったんだ…)誰にも言えず布団の中で思案していた。

翌日「新藤妙子。荷物をまとめなさい!」顕子が檻の外から言う。
「荷物をまとめるって、どういう事ですか?」
「仮出所の準備よ。これからは外になれる訓練するの」顕子は素っ気なく言う。
(そうか、もうすぐ出られるんだわ。刑務所の中での売春も確認できたし…)嬉しいはずだが、自分がそれをさせられたのが負い目になっている。

「よかったね、外に出ても会いに来てね」何も知らない真理は手を握って涙ぐんでいる。
「まだよ。決まった訳じゃないから。決まってからお別れしようよ」笑顔で話していくが複雑な心境だ。

桐子は荷物を抱えるように檻から出て、別な建家に入った。
「ここよ。ここがあなたの新しい部屋よ」檻の中には2人がいた。
桐子は中に入ると「お世話になります」と頭を下げた。

「いい心がけね。タップリ仕込んで上げるからね」と笑顔で話してきた。
それには(仕込むって何の事なのかしら?)不安になった。
だが顕子は「仲良くやるのよ」そう言い残して去っていく。

「美智、そろそろ始めようか?」
「そうね。新人にはこれを暗記して貰わないと」美智と呼ばれた女が何やら書かれた用紙を桐子に渡した。
それを読むなり、桐子の顔色が次第に変わり「どうして、こんな事を覚えないと行けないのよ!」と尋ねる。

「立場がわかっていないわね。体で覚えて貰うしかないわ」
「そのようね。新入りにはそれが一番だしね」2人は桐子に襲いかかり、囚人服を脱がしていく。

「やめて、何するのよ。やめて~!」叫んでも容赦はなく、パンティが脱がされた。
「あら、ヘアの手入れだけはできているのね」無毛の淫裂を見ている。
「やめて、お願いですから」
「そうは行かないのよ。一度思い知って貰わないとね」淫裂の上にあるクリトリスを掴んだ。

「ギャ~!」悲鳴を上げても、掴んだ指の力が抜けない。
「ここもにもよ」ブラジャーも外され乳房を鷲掴みされた。
「うっ!」息が詰まり声も出せない。
「どう、これで立場がわかったでしょう。書いてある通りにいうのよ」クリトリスと乳房を掴まれては何もできない。

「私をお買いあげいただきありがとうございます…」書かれてある文の通りに言う。
「よく言えたわ。今度は座っていうのよ」桐子は正座させられた。
「頭をつけて、お辞儀よ!」強引に押さえつけられた。
(どうして、こんな事をさせるのよ。私は売春婦じゃないわよ。もしかして、これはその為の…)恐ろしさに、体が震えだした。

そんな事など知るよしもなく「さっき言った事をいうのよ!」髪の毛を引っ張られた。
「ヒ~。私をお買いあげいただき…」顔を歪めながらやっと言った。
「そうよ、それでいいの。もう一度最初から!」桐子はそれを何回も繰り返させられ、体で覚えさせられた。

「次はこれよ。口でやるの」美智は一旦ズボンを脱いで、股間にディルドーを付けてから戻した。
「わかっているわよね。まずはフェラの訓練から!」
(そんなフェラだなんて…)顔をしかめながらズボンを掴むと「違うでしょう。挨拶が先でしょう!」背中をムチで打たれた。

「ギャ~!」痛みで悲鳴を上げたが「できるまでは、やめないからね!」またムチで打たれた。
「私をお買いあげいただき…」泣きながら美貴に土下座して喋った。
(悔しい。どうして、こんな事をしないといけないのよ)目からは涙が流れている。

そんな桐子に容赦はなく「次よ、次はフェラするのよ」と怒鳴れた。
「失礼します…」渋々ズボンを引き下げ、脱がすと股間にはディルドーが付けられたままだ。
ズボンを脱がすと、シャツも脱がしてブラジャー姿にした。

「ブラはいいから、次やるの!」言われるまま(これを口でやるのね)ディルドーを両手で掴み、擦り出す。
「そうよ。上手ね、それでいいのよ。少しやってから口でするの」桐子は口を押しつけ頭を振っていく。

「もっと、奥まで入れるのよ!」強引に根本まで口に入れられた。
(苦しい。喉に刺さる…)それでもやるしかなく、言われた通りに根本までフェラを続けた。
「次が本番よ。キスしてから寝かせるの。私はレズじゃないから真似事でいいわ」
(私だってイヤよ)キスの真似事をしてから仰向けに寝かせた。

「次は馬乗りね。チンポを掴んで跨ぐの」淫裂にディルドーを向かえた。
(痛い、膣が痛い…)痛みに顔が歪む。
「何よその顔は。もっと、気持ちよさそうな顔をするのよ!」乳房が握られた。
「ヒ~!」悲鳴を上げたが、指は膨らみに、なおも食い込む。

(痛いのよ。気持ちよさそうなんて無理よ…)痛みを堪えて作り笑いをしていく。
「そうよ、それでいいの。早く腰を使って!」今まで乳房を掴んだ手が腰を抑え、渋々だが、桐子は腰を振りだした。
「声も上げるのよ!」背中がまたムチで打たれ「あ、あ、あ~!」喘ぐ声を上げていく。

(間違いない。私を売春婦にする気だわ。何とかしないと…)腰を振りながら思案していく。
「その感じを忘れないのよ、次は普通のやり方よ」今度は美智が上に乗ってきた。
「足を使いなさい、絡めるのよ」美智に足を絡め「あ、ああ~!」ディルドーのピストンに声を上げだした。

「もっと気持ちよさそうに言うのよ」美智は乳房を握りしめて腰を振っていく。

「いいわ。オ○ンコが気持ちいい…」両手で美智の背中を撫でていく。
「あんた、上手ね。私もその気になってきたわよ」美智は唇を重ねながら腰の振りを早めると「行く、行く~!」背中を浮かせ叫んだ。
こうして桐子は3日間、2人から売春婦としての教育を受けが(このままではダメだわ、何とかしないと…)桐子にも焦りが出てきた。

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA