地獄の囚人 疑惑

【第11話】

「本当の事を言いなさいよ!」涼子は乳房を揺らせながらムチを振っていく。
「本当です、信じてください…」悲鳴を上げ体を震わせている。
「かなりしつこいわね。それだったら最後の手段ね」顕子と和子は太股にロープを巻き付け、引き上げた。

「やめて、イヤ~!」足が開いて淫裂の中が見えていき、足を閉じたいが、それもできず、限界まで開ききった。
「見て、あなたのオ○ンコよ」鏡にも、開ききった淫裂が映し出されており、その鏡の向こうには男達が黙ってみている。

「正直に言わないと、これを入れるわよ」今度は太目のディルドーをちらつかせた。
「本当です、本当に新藤妙子です…」(ばれるはずないわ。絶対にこれは罠よ!)そう思いながら首を振って言うが、聞き入れようとはしない。

「まだわかっていないわね。これを入れるわよ」顕子の持ったディルドーが膣の中に押し込まれていく。
「イヤよ、入れないで~!」膣が裂かれて悲鳴を上げた。

それでも、顕子は小刻みの動かし根本まで入れた。
「抜いて。お願いです!」太股を震わせながら言うと「言うのよ。言わないと、ここもよ」和子も加わり乳房を揉みだす。
「やめて、お願いです!」

「だったら本当の名前を言うのよ」涼子も細身のディルドーを肛門に押し込みだした。
「いや、そこはいや…」声が震えている。
「イヤじゃないでしょう、気持ちいいでしょう?」人は笑いながら手を動かし続けた。

それには嫌がっていた桐子も「あ、あ、あ~!」と声を出し、それに膣の中かも濡れている。
「言うのよ。オ○ンコしたいって!」
「そんなのしたくないわよ!」首も振って拒む。

「やりたいくせに。正直に言わないからこうよ」乳房を揉んでいた和子は乳房にゴム製のブラジャーを取り付け、根本から絞り上げた。
「ギャ~!」悲鳴を上げるが、乳房はみるみる鬱血して変色していく。
「言うのよ、オ○ンコしたいって」それには首を横に振って拒んだが(オッパイが千切れそうだわ。でも言いたくないし…)痛みに負けまいと頑張っている。

だが、次第に痛みに負け「お、オ○ンコしたいです…」蚊のなるような声で言った。
「聞こえないわよ。もっと大きな声で言うのよ!」乳首が潰された。
「お、オ○ンコしたいです!」部屋に響き渡たり、それを聞いて3人はニヤリと笑い顔を見合わせた。

「そんなにやりたいなら、お願いしたら」涼子の視線を見ると男がいる。
(イヤよ。セックスなんてしたくないわよ!)顔が引き吊っていく。
「言うのよ。正直に!」膣と肛門のディルドーが激しく動き出す。
「ヒ~。私とオ○ンコして下さい!」遂に屈辱な事を言った。

「そんなに、俺とオ○ンコしたいのか?」
「は、はい。オチンチンを膣に入れて下さい…」涙がポロポロ落ちていく。
「そこまで言われたら、やるしかないよな」男がズボンを引き下げていくと「オ○ンコやって貰えてよかったわね。思う存分楽しむのよ」ディルドーやブラジャーを外し3人は外にでた。

「2人きりになったな。まずはここから行くか」後ろに立つと、そそり立った肉竿が桐子の肛門に押し当てられた。
「そこは、お尻です!」
「わかっているよ、少し遊んでからやるからな」肉竿が肛門を押し広げた。

「ヒ~。お尻はやめて、膣に入れて!」悲鳴を上げた。
「ケツはそんなに痛いのか。仕方ないな」今度は膣の中に当てられた。
(お尻に入れられるよりはマシだし…)目を閉じ、肉竿が入るのを堪えた。

膣は顕子によって、準備されていたからすんなりと入り込む。
「入ったぞ。希望通りにオ○ンコに俺のチンポが…」乳房を揉みなが、腰を動かし(これはレイプよ。好きで言ったんじゃないし…)肉竿の熱い感触が淫裂から伝わっている。

やがて、肉竿の刺激で膣の中も濡れてきた。
「見ろよ。オ○ンコから漏れだしたぞ!」(言われなくたって、わかっているわよ)鏡に写った自分の姿を見ようとはしない。

一方、部屋から出た涼子達は、その鏡の向こうから見ている。
「凄いわね。膣にあんな太いのが入るなんて…」乳房や淫裂を触られながら小さな声で話していた。

「あんなの見たら興奮してきたわ。私もやりたくなっちゃった…」その言葉に、男達は後ろから腰を押さえて、肉竿を押し込み「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げなら乳房も揉まれていく。
「気持ちいい、指より感じる…」淫裂からは淫汁を流している。
「オ○ンコに一杯だしてよ…」喘ぎながら、潤んだ目で桐子の結合部を見ていた。

桐子の相手をしていた男も、次第にクライマックスを迎えてきた。
「本当の事を言わないと出すぞ!」
「イヤ、射精はイヤ。本当に新藤妙子です!」

「嘘言うな。罰としてオ○ンコに出してやる!」腰の振りを止めて密着した。
「イヤ、イヤ~!」不自由な体をくねらせ逃れようとしたが無駄で、淫裂の中が暖かい液体を感じ「う、う、う!」泣き声を上げ、出された体液がポタポタと垂れていく。

「お前が本当の事を言わないからだぞ」肉竿を抜くと、カメラで桐子の淫裂を撮った。
「やめて。せめてものお願いです!」射精されたのを撮られる訳には行かず、声を振り絞る。
「本当の名前を言ったら、これはなかった事にしてやるぞ!」
「ですから、本当に新藤妙子です…」泣きながら言うが、聞き入れようとはしない。

それと同じように、涼子達も膣の中に体液を噴射された。
「気持ちよかった…。毎日やって欲しいのに…」流れ出る液体を拭きながら言う。
「無理言うなよ。これからもやってやるから、また新入りを連れてこい」男達も肉竿を拭いてズボンを履いていく。

涼子達は淫裂を拭き終えるとまた桐子の元へと戻った。
「あら、よかったわね、オ○ンコして貰えて」
「よくない、こんなのよくない…」涙声で言う。

「よくないなんて、よく言うわね。まだ懲りないからもっとやって上げるわ」また涼子のムチが桐子の体を叩き出し「ギャ~!」悲鳴を上げ赤い筋ができていく。
「許して下さい。もう逆らいません…」痛みには勝てなかった。

「わかればいいわ。所で本当の名前は何なの?」
「ですから、新藤妙子です」
「まだ言っているのね。いいわ、正直に言うまで服は着せてあげないわ」
「イヤ、裸なんてイヤです!」

「イヤでもやって貰うわ。本当の事を言うまではね」涼子の執拗な責めに(もしかしてばれたのでは。でも、そんな事絶対にないはずよ)不安になっていく。
「そこまでしらを切るなら、決まりね。あなたの素っ裸を見せてあげましょうよ、オ○ンコやったばかりの性器もよ」それには顔色が変わった。

「イヤ、そんのイヤ。あなただって、女性だからわかるでしょう?」
「関係ないわ、とにかく、素っ裸をもっと見て貰おうよ」縛られたロープを解かれた。
「嬉しいでしょう、裸を男に見られて。でも私は見られたくないから着るわね」涼子達は桐子に手錠を掛けると服を着だし、服を着終えると全裸の桐子を外に連れだした。

「やめて、こんな事は人権無視よ。訴えてやるわ!」
「やれるならやりなさいよ。こっちも、訴えられないようにするけどもね」桐子は通路を歩かされている。

当然、全裸姿は人目に付いて「見ろよ、オ○ンコ丸出しだ!」その声にアッという間に人垣ができた。
「凄いや。中出ししたぞ」淫裂から流れ出る精液に気づいた。
(射精されたのまで見られてしまった…)項垂れた目から涙が落ちていく。

「俺もやりたいよな、あのオッパイを揉みながら出したいよ」ジッと淫裂を見ていると「これからビデオ撮りするけど、本番やって貰える?」涼子が声を掛けた。
「いいね、オ○ンコやれるなら手伝うよ!」
「俺も手伝うよ。オ○ンコに出してもいいんだろう?」

「勿論よ、この子は変態趣味でレイプされると喜ぶの、だから大勢手伝って欲しいの」
「わかった、そんな事なら手伝うよ」アッという間に7人が名乗り出た。
「やめて、ビデオだなんてイヤ!」顔を引きつらせ首を振っている。

「遠慮しなくていいのよ。妊娠はしないようにしてあるから、思い切りやってね」ドアを開けて中に入るとライトを灯した。
暗かった部屋が明るくなり、セットらしいのが目に留まる。
(カメラだわ、スタジオみたいだ…)怯えて震えだした。

「早速始めて。思い切り乱暴にやるのよ」桐子は手錠が外されると、うずくまり「やめて、レイプはイヤ!」手で胸と股間を押さえて叫んでいる。
「いいわよ、その演技。いかにもそれらしいわね」ビデオを構え冷やかす顕子と和子だ。

男達も服を脱いで全裸になると、一斉に襲いかかった。
「いや、いや~!」両手足を押さえられ乳房と淫裂を触られた。
その後、四つん這いにさせられ後ろからの挿入が始まる。

「やめて、痛いからやめて!」膣の中を引き裂きながら肉竿が入りんでいく。
「うるさいやつだ、おとなしくしろ!」頭を押さえられ、口の中にも肉竿が押し込まれ「う、う、う!」二本の肉竿が入り嗚咽を上げている。

「これで少しはおとなしくなったな」肉竿が動きだした。
(イヤ、やめて~!)叫ぶが声にならない。
「気持ちいいよ、最高だな」男達は腰の振りを早めて、淫裂と口の中で噴射した。

だが、それで終わりではなかった。
「やれ、お前がやるんだ!」今度は騎上位にされ、桐子が腰を振っていく。
「何だ、やる気がないな。だったらここにもやるぞ!」結合したまま抱きかけられ、腰を押さえられ、肛門にも肉竿が押し込まれる。

「イヤ、お尻はイヤ~!」叫んでも肉竿が肛門から体内に侵入してくる。
「ダメ、お尻はダメ…」息が詰まりそうで声が震えている。
「ダメでも入ったぞ。ここでもやらせろ!」2つの肉竿が同時に動きだして「あ、あ、あ~!」悲鳴に近い声を上げ続けた。

「抜いて、お願い抜いて…」痛みに耐えて叫ぶが肉竿は動きを停めず、絶頂を向かえてやっと停まった。
(イヤよ、お尻の中に射精だなんて)もう叫ぶ元気もなかった。

「今度はマングリ返しでやるぞ」足を持ち上げられ広げられた。淫裂から白い液体が流れていく。
「俺のも気持ちいいぞ!」また肉竿が押し込まれ「う、う、う!」嗚咽を上げる事しかできない。
桐子はこうして7人の体液を受けとめさせられた。

犯された桐子はまた全裸で歩かされた。
「いた、いた。この際だから撮らせて貰うぞ」カメラで桐子の全裸を撮っていく。
「俺もだ、こんなチャンスは滅多にないしな」話を聞いて駆け付けた男達が輪になってカメラで撮っていく。
(撮りたかったら撮りなさいよ。どうせ、犯された体だし…)やけ気味になってしまったが、それが涼子の策略と、桐子は知るよしもなかった。

そして、3時近くまで全裸を晒してビデオやカメラで撮られ、刑務所に戻された。
桐子が戻った時は丁度入浴時間で、洋子達と一緒に浴場に入った。
桐子が服を脱ぐと全身に赤い筋ができているのが皆にもわかる。

「妙子。まさか、外に連れ出されたのでは?」
「そうなの、それに…」それだけ言って泣き声を上げている。
「そうなんだ。レイプされた上、写真も撮られたのね」呟くように真理が言う。
「どうしてレイプされた上、撮られたのを知っているの?」

「言いたくないけど、言うしかないわね。前も同じ事があったのよ、名前は言えないけど妙子と同じ事をされたわ」
「それで、その人は?」
「首をくくって自殺したわ。でも、真相はわからないの。妊娠していたって噂もあるし」

「妊娠ですか…」
「そうなの。それが表沙汰になると困るから自殺に見せかけて…」真理はそこまで言うと口を閉ざした。

(そうか、千香さんは散々オモチャにされたあげく、妊娠したから邪魔になって殺されたんだわ)この刑務所の中で行われる行為に疑惑を感じた。
(でも、証拠がないわ。それがないと監察局にも訴えられないし…)体を洗いながら考え廻らしていく。

「妙子、これからも辱められるけど我慢するのよ」洋子は抱き付き唇を重ねてきた。
(そうよ、我慢するしかないわ。とにかく、尻尾を掴んでからでないと…)昼間の事を忘れようと洋子の乳房に顔を埋めて吸い出した。
「いいわ、凄くいい!」気持ちよさそうに声を上げた。

すると「何やっているのよ。今回は許すけど、今度やったら、ただでは済まないからね」顕子が怒鳴った。
(いずれ、あんたの尻尾を掴んでやるからね)桐子はギラリと顕子を見返した。

それから数日後にも、また刑務所から連れ出された。
「行きたくありません、お願いですから許して!」桐子は土下座して詫びを入れた。
「正直に言うまでは許さないわ」

「言います。本当の名前は『オ○ンコ見せ子』です…」言い終えると泣きだした。
「そう、『オ○ンコ見せ子』と言うんだ。だったら見せて、今すぐに」ニヤリと笑い脱ぐように言う。

「わかりました、脱ぎます…」レイプされない為に、洋子からの入れ知恵に従ったが、悔しさに涙が止まらない。
(レイプされ射精されるよりはマシだし…)次々と服を脱いで乳房と淫裂を露わにした。

 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA