ありさ 土蔵の濡れ人形 騎乗のありさ

 

【第16話】

次に騎乗位でのまぐわいを目論む九左衛門は、顔面にまたがっているありさを腹部まで下がるよう命じた。
緊縛されて不自由な身のありさは、膝歩きでゆっくりと後ずさりする。
腹部には年齢不相応と言えるほど元気にそそり立つ剛棒が待ち構えている。
そのおぞましさに一瞬たじろいだありさに九左衛門は低い声でささやいた。

「さあ、チンチンの上に座ろか」
「……」
「素直にせんかったらまた痛い目に遭うで。ええんか?」

九左衛門はムクリと起き上がると胡坐に座り、ありさの下肢を強引に割り広げていく。

「ぬぐっ!んんぐっ!」

白い太腿を押さえつけ、赤黒い肉棒を濡れそぼった陰裂になじませようと、上下に滑らせる。
泣いて首を振るありさを無視して、感情にまかせて怒張したイチブツを突きこんだ。
さきほど散々舐められて濡れそぼった花弁に、限界まで張りつめた亀頭がズブズブと沈みこむ。

「よっしゃよっしゃ、ええ具合やで」
「んぐんぐっ!んんんぐっ!」

ありさは不自由な上半身をひねり、絶望的な抵抗で腰をくねらせ、肉棒を外そうとする。
九左衛門は対面座位で結合を果たすと、すぐさま騎乗位に移行した。

「ぐふふ……さあ、わしの腹の上でしっかりと腰振ってもらおか。たっぷりとわしのチンポを味わうんや」
「んぐぬぐぬぐっ!むぐむぐむむぐっ!」

ありさは眉を八の字に歪めると、猿轡の中で「いやいや」をしている様子だが残念ながら声を発せない。
九左衛門の腹にまたがると、太ももに硬い陰毛や肉棒が触れる。
ありさの細いながらもむっちりとした太ももを撫でながら、太腿の裏側を少し持ち上げじわじわと照準を合わせる。
亀頭が花弁に触れるたび、ありさはビクビクと脅え、九左衛門はその様子を楽しそうに眺めた。
ありさはその愛らしい唇を開き、辛そうな表情で違う空間を見つめている。
ついに亀頭が秘孔をとらえズブズブと先端が食い込んでいく。

「んぶぶ!んむむ!んぐぐ!」

上半身が後方に弓なりになり揺れる。
亀頭だけが熱いぬかるみに柔らかく包まれた。
すると早くも肉襞が剛棒を、中へ中へと誘い込むかのようにうごめき始めた。
九左衛門は一気に肉裂を刺し貫く。

「んぐぐ! んぐんぐ! むごご!」

ありさは顔を歪めて涙を滲ませている。
おそらく昨日の破瓜の痛みがまだ癒えていないのだろう。
痛みを訴えることもできない哀れなありさに、非情な剛棒は奥へと突き進む。

「ううっ!むぐぐっ!……んううっ!」

腰を浮かせて逃れようと試みるが、九左衛門が浮いたありさの腰を押さえつける。

「どうや?気持ちええやろ?」
「んぐぬぐぬぐっ!」
「気持ちようて嬉し涙、流してるんか?」
「んんぐっ!」

膣の中で剛棒がドクン、ドクンと脈を打っている。
九左衛門がたまらなそうに腰を突き上げると、白い太腿にぎゅっと力が入った。
太腿をつかんだまま突き上げが大きくなっていく。
やがてズッシリと重い上下動に変わると、ありさも泣く泣く動きを合わさざるを得なくなってしまう。

「むぐぐ! んぐぅ!」

意思とは裏腹に九左衛門の腹上でむっちりとした尻が上下動して、痛みは感じるものの、ゾクッゾクッとした奇妙な感覚が入り混じっていることも確かであった。

「どうや?おめこは気持ちええやろ?」
「んぐんぐっ!」

(気持ちよくありません!)と思い切り叫びたかったが、言葉にできないもどかしさに苛立ちが募った。

九左衛門は容赦なくありさの秘孔を突き続けていた。
ありさは泣いた。そして猿轡の中で思い切り叫んだ。
だが、どんなに泣き叫んだところで、その声はどこにも届かないのだ。
ありさの眉間に深い縦皺が刻まれ、全身の毛穴からいっせいに汗が噴きだした。
その苦悶に満ちた悲痛な表情が、さらに九左衛門の興奮を煽り立てていく。

「うううっ、窮屈やな~、チンポが蕩けそうやで~」

涎れを垂らしてつぶやき、そのままの勢いで一気に腰を突き上げた。
ありさの身体も九左衛門の腰がせりあがった分浮き上がる。

「うむぅぅっ!」

九左衛門はありさの背中に手をまわし前屈みにさせた。
後手縛りにされているので、一度前屈みになってしまうと自分自身では戻せない。
自分の真上で髪を揺らしながら、涙をいっぱい溜めてあえぐありさの表情が、九左衛門にの欲情をいっそう駆り立てた。

「おおっ、おおっ!ええぞ、ええぞ、その調子や!もっと腰を振って!」
「うんぐっ!うぐぐっ!」
「おおおっ!なんやこの締めつけは~!こんなええおそそ久しぶりやで~!中にミミズを飼(こ)うてるみたいや!こらすごいわ~~~!」
「うっ、うぐっ……ふぐぅ……!」

ありさの膣の内壁を押し広げながら、剛棒が膣奥を突き上げる。

「ふんぐっ!うぐぐっ!」
「このままやと茶臼(ちゃうす・騎乗位のこと)だけで終わってしまいそうや。縄の味だけやのうて、おめこもしっかり教えたらなあかんさかいに、ぼちぼち体位に変えるとしょうか?」

九左衛門は枕元に置いてある碁盤を指さした。

「その碁盤使おか」
「……?」
「心配せんでもええで。おまえと碁を打つつもりなんかあらへん。碁盤使こてええことするんや、えへへへ……」
「……」

碁盤を使っていったい何をしようと言うのか。
九左衛門の意図が分からず、ありさは怪訝そうな表情を浮かべた。

野々宮ありさ

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ様)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA