地獄の囚人 接待係

【第7話】

「何も怖がる事はないわよ。自分の置かれた立場を知って貰わないとね」涼子は上着を脱ぎ、そして、ブラウスのボタンも外し出した。
ブラウスは上から順に前を広げていき、全てのボタンが外され前を広げると黒いブラジャーが露わになったが、カップがなく、乳房が飛び出していた。

それには、桐子も驚き顔で声も出せない。
「驚いたかしら。私はこの姿が一番好きなの」乳房を揺らせながら、ブラウスを脱ぐとスカートに手を掛けた。
ホックを外し、ファスナーを下げるとスカートが落ちて涼子の下半身が露わになった。

涼子はパンティを履いておらず、ボウボウに生えた絨毛が揺れている。
それに、腰には黒いガーターベルトを着け太股までの黒いストッキングだけを身に着けている。
(もしかして、サドでは?)桐子の脳裏をかすめ、顔が引き吊りだした。

「私の事がわかったみたいね。しっかりやらせて貰うわよ」スカートも脱ぐとムチを持った。
それには「やめて、お願いですからやめて下さい!」必死に頼み込む。
「残念ね。せっかくここまで見せたんだから、楽しませて貰わないとね。それに、嘘を付いた罰も受けて貰わないと」そう言うとムチが桐子の乳首を突いた。

「ギャ~!」痛みに悲鳴を上げたが、手を緩める気配は全くない。
「ここもよ。ここが生意気に大きいわ!」乳房の膨らみにも刺していく。
「ギャ~!」桐子は悲鳴を上げ続けた。

涼子はムチで桐子を突くと、手で乳房を握りだし「ヒ~!」悲鳴を上げるのをやめなかった。
責めは乳房だけで納まらず、淫裂にも及んでいる。
「何よ。ここは?」はみ出した肉襞が掴まれ引っ張られていく。
「ギャ~!」体の自由が効かない桐子は悲鳴を上げるだけだ。

「許して、もうしません。悪い事はやりませんから」大粒の涙を流して詫びていく。
「まだまだよ。本当に反省しているの?」敏感なクリトリスが指で潰され「ギャ~。もう、しません。二度としません…」体を震わせながら言う。
「そこまで言うなら勘弁してもいいわよ。その変わり、罪を体で償うのよ」

「体で償うって、男に抱かれろとでも?」
「ここに男はいないわ。意味わかるわよね?」態度が一変して乳房を優しく撫でだした。
(レズだわ、レズの気もあるんだ。いやだけど、ここは…)
「抱かれます。ですから、痛いのはイヤです…」

「そう、それならいいわ。早速やるわね」涼子は股間にレズ用のディルドーを取り付けていく。
淫裂に片方を入れ、ベルトで固定していくと、そそり立った肉竿のようになっていく。
(あれが膣に入るなんて…)顔が強ばった。

そんな事などお構いなしに、ディルドーを固定し終えると、桐子を四つん這いにして後ろに立った。
涼子は先端を淫裂の中に押し込み(膣に入った…)「あ、あ~!」と喘ぎ声を上げた。
先端が入ると、小刻みに腰を振りながら奥を目指していく。

「ダメ。痛いだけです!」逃れようとするが、腰を押さえられては逃れる事ができずディルドーの根本まで淫裂に収まった。
(裂ける、膣が裂ける~!)髪の毛を振り乱しながら堪えるが、涼子は腰を動かし「ピシャ、ピシャ!」音が響いている。

「ダメ。まだダメ…」喘ぐが、腰の振りはむしろ早まっていく。
「あ、あ、あ~!」乳房を揺らせ声を上げ続けると、嫌がっていた桐子の膣も次第に濡れだし、ヌルヌルした液体が流れ出て、痛みが快感に変わっていた。
「あ、あ、あ~!」気持ちよさそうに、乳房を揺らせながら声を上げていた。

暫く涼子は腰を振り続けてから、桐子を仰向けにさせディルドーを固定していく。
「わかっているわよね。何をするか?」跨ると淫裂を押しつけてきた。
(あんなに太いのが膣に入っていく…)自分の淫裂に入ったディルドーが涼子の膣に吸い込まれていく。

「気持ちいいわ。チンポでされるよりも感じるの…」喘ぎながら腰を動かしている。
桐子もそれを手伝うかのように、ブラジャーから飛び出した乳房を掴み揉んで「あ、あ、あ~!」涼子も気持ちよさそうに声を上げだした。

桐子も乳房を揉むのを速め、時折、指で乳首を挟むと「あ、あ~!」と声を上げて背中を反らし、涼子も淫裂からドロドロの液体が流している。
(変態よ。ここは変態の集団よ)それでも乳房を揉み続けていると「行く、行く~!」そう叫んで体を倒してきた。
「ハア、ハア!」荒い息使いが伝わってくる。

2人は暫く黙ったまま乳房を重ね合っていたが、涼子が起きあがった。
「こんなに濡らしたわ…」濡れた淫裂を拭き、服を着だす。
そして、服を着込むと桐子からディルドーを外していく。

「今回は初犯だからこれくらいだけど、次はこんな事じゃ収まらないからね」外したディルドーを仕舞い込んでいく。
「はい、もうしません…」(本当は私じゃないのに…)項垂れたままだ。
「その気構えなら、今回はこれ迄よ」ドアを開けて出ていく。

それと入れ違いに刑務官が入ってきて、鎖を外していく。
「今日はこれで済んだけど、今度やったらこれでは済まないからね」鎖が外された。
「もう、しませんから…」

「わかったら、服を着なさい」その言葉に服を着て、何事もなかったようにまた作業所に連れ戻された。
戻ると真理が「大丈夫だったの?」と声を掛けてくる。
桐子は「何ともなかったわよ」と強がりを言う。

それから数日が立ち、桐子もどうにか生活に馴染んできた。
そんなある日、真理と一緒に矯正作業をしていると「高倉美貴、接待係を命じます」と美香の声が聞こえた。

「真理さん、接待係って何なの?」
「しっ。黙って仕事をしなさい!」素知らぬ顔をして仕事をしていく。
(もしかして、とんでもない事を…)桐子も黙って作業をしてく。
そして、昼食が済み、休憩時間になると先程の事を尋ねた。

真理は周りを気にしながら建物の片隅に連れて行く。
「そんなに知りたいの?」
「勿論よ、だって気になるし…」
「わかった。教えるから今夜もやらせてね」

「いいわよ。真理さんに抱かれるなら」
「だったら教えてあげる。接待係というのは…」真理は話し出すが驚き顔で聞いている桐子だ。

真理は5分近く一気に話した。
「そんなのおかしいわ。ここは刑務所よ」
「でも、あるのよ。それを拒むと酷い目に遭うわよ。痛い思いだけならいいけど、死ぬかも知れないし…」

「死んだ人いるの?」桐子は核心を突いた。
「これ以上は言えないわ。後は自分調べて。それに、今夜は約束だからね」真理は桐子の顔を押さえて唇を重ねた。
「わかっています、今夜ですよね」桐子も唇を吸い返した。

その時「あなた達、やってくれるわね。勝手にやったからお仕置きよ」知代と顕子が後ろに立っている。
「許して下さい。押さえが効かなかったんです!」真理は土下座して詫びたが「謝って
もダメよ。あんた達も接待係をやって貰うわ」ニヤリと笑い顕子が言う。

「イヤ、接待係は許して下さい。他ならしますから!」泣きながら詫びたが「私が決めた事にケチ付ける気なの。だったら、独房に行く?」
「や、やります。接待係を…」泣きながら承知する真理だが(やっと、尻尾を掴んだみたいだわ。早く調べないと…)項垂れる桐子だが内心では期待していた。

接待係を命じられた桐子達は、今までとは違う檻に入れられた。
「真理さん、これからどうなるの?」心配そうに聞くと「辱めを受けるのよ、大嫌いなやつに…」泣き声で言う。
(真理さんが大嫌いなやつって誰かしら?)考え廻らしても思い付かない。

そこに「シャワーを浴びるのよ。特別に使わせるから」顕子に連れられ、8人は今までとは違う浴場へ連れて行かれた。
「丁寧に洗うのよ。今までになく丁寧に…」顕子が意味ありげな事を言う。
(どういう事かしら。今までと違うなんて…)不審に思いながら、桐子は囚人服を脱いでいく。

そして、パンティから脱ぎだした。
下半身が露わになると、絨毛は数ミリまで生えている。
更に、ブラジャーも脱ぎ、全裸になるとシャワー室に飛び込み、体を洗いだす。
程なく、真理や美貴も全裸になって入って来た。

2人の股間は真っ黒な絨毛がびっしりと生えそろっている。
顕子は「背中はお互いに洗いなさい」命令しながら様子を見ている。
真理と桐子は、言われた通りに背中を交代で洗い流していく。

8人は言われた通りに体を洗い終えると、体を拭いていく。
「はい。今日からこれを飲むのよ!」口に錠剤を押し込まれた。
それを水と一緒に「ゴクン!」と飲み干す。
それを確認してから「着替えよ、今夜からはこれを着なさい」和子が着替えを持ってきた。

それを受け取り、広げると「こんなのイヤよ、着ないのと同じじゃないのよ」何も知らない桐子が声を上げた。
それには、慌てて真理や美貴が「いいから着るのよ!」と口を押さえた。
桐子もそれ以上は言わず、黙って、用意された下着を着込んでいく。

同じく、真理も着込んでいくが、ナイロン製の下着はかすかに色が付いているだけで、
隠す役目はしておらず、乳房や淫裂が丸見えになっている。
その上には、ミニスリップのようなスケスケのワンピースを着せられた。
(ヌードよ。これだったらヌードと同じだわ…)乳房と淫裂が露わになっているのが気に掛かっていた。

8人が服を着終えると、シャワー室から刑務官の宿舎に向かっていく。
「真理さん、これからどうなるの?」不安になってきた。
それが和子に聞こえたのか「怖がらなくてもいいわ。殺すような事はしないから」ニヤリと笑って言う。
桐子は(その笑い顔が心配なのよ…)項垂れて歩いていた。

刑務官宿舎に入ると、8人は大きな広間に連れて行かれた。
そこには非番の刑務官が集まっている。
「来たわね。まずは、味を確かめてからでないとね」意味ありげに言う。
「わかっているわよ。1人ずつショーをやるのよ」顕子は言うが「何をやればいいのですか?」桐子は理解していない。

「見ていればわかるわよ。あんたからやるのよ」美貴を指さす。
「わかりました…」力無く返事をして刑務官の前に進み出た。
それに合わせ、音楽が流されると、美貴はそれに合わせて踊りだす。

暫く踊るとワンピースを脱ぎ、下着姿になっていく。
スケスケの下着だから、乳房が揺れているのがわかり、それに、淫裂も見えている。
(まさか、ストリップをやるだなんて…)驚く桐子の前で踊り続けた。

やがて、パンティ、ブラジャーも脱ぎ全裸になって踊り出した。
「いいわよ、もっと見せて!」歓声を上げて刑務官達が見ている。
(変態よ。ここは変態の集団だわ)桐子はジッと刑務官達を見つめた。
だが、美貴は腰を振り、乳房を大きく揺らせながら踊り続けている。

5分ほどして音楽が停まった。
美貴は仰向けになり足を開き、指で淫裂を触り始めた。
(お、オナニーをしている…)指が淫裂の中まで入り、動いている。
「オ○ンコしたい…。誰かとオ○ンコを…」卑猥な事を言いながら指を動かし続けた。

それを見て「そんにやりたいなら、相手してあげるわよ」1人が美貴の乳房を掴み揉みだす。
「気持ちいいです、あそこにも…」
「わかっているわよ、オ○ンコが好きなんでしょう?」
「はい、オ○ンコされるのが好きです」屈辱な言葉を言わされ、淫裂も触られていく。

その間にも「あんたよ、次はあんたの番よ」真理が指名された。
「わかりました…」返事をすると真理は音楽に合わせて踊り出す。
そして、役目のしない服を全て脱ぎ、全裸で踊っていく。

「いいわね、その腰使いがいいわよ」笑い声が上がる中、最後まで踊り、続けて仰向けになった。
「あ、あ、あ~!」真理は喘ぎ声を上げながら乳房を揉んでいる。
「誰でもいいからして下さい…」

「何をして欲しいか、ハッキリ言いなさいよ!」
「お、オ○ンコです、私とオ○ンコして下さい」屈辱な言葉を無理に言わされた。
「わかったわ。そんなにやりたいならやって上げるわよ」真理の淫裂を撫でてから指を入れると「あ、あ、あ~!」声を上げ体を反らせていく。

こうして、女囚は次々と全裸になって踊り、刑務官の辱めを受けて桐子だけが残された。
(イヤよ、こんな事やりたくない。たとえ痛い思いをしても…)ブルブル震える桐子に
「最後はあなたよ。やらなかったら、どうなるかわかっているわよね?」顕子は目を輝かせて言った。

 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA