悪夢の後に その後

【最終話】

それから数週間後に、野村達がビデオと写真を持参してきた。
「絶対にコピーはしていません。これだけです」と手渡し「こっちもコピーは無しよ」綾子も手渡した。
「これで、お互いに負い目が消えましたね」
「そうね、これで何もかも消えたわ」

「そこで、ムシのいい話ですがお願いがありまして…」
「お願いって?」
「ここでは何ですから、診察を済ませたらおいで頂きたく思いまして」

「私がですか?」
「はい、勿論幸恵さんと恋人もご一緒なら嬉しいんですが」
「私も恋人と一緒でいいの?」綾子が訪ねると「歓迎です。ペアならば歓迎します」と言う。
「わかった。6時までには行くわ、この前の別荘でいいのね?」
「はい。そこでお待ちしています」野村達は言い残して帰った。

「雅治と兄さんと連絡を取らないとね」綾子は携帯で連絡を取った。
「先生、2人とも大丈夫だってさ」
「でも、なぜ呼んだのかしらね」
「きっと、お詫びのごちそうよ」気にも止めず仕事を再開していく。

そして、夕方に向井と沢田が診療所を訪れ「一体どういうつもりなんだろうね」怪訝な顔をした。
「わからないわ。とにかく行きましょうよ」4人は車に乗って別荘へと走り出した。
「丁度、6時には着くわね」
「そうみたいね」4人の乗った車は、野村達が待つ別荘へと向かった。

4人は、道を知っているので迷う事はなく、すんなりと着いた。
車を降り、建物の中に入っていくと野村が出迎え「お待ちしていました。見ていただきたい物がありまして」4人を中に案内していく。

中に入ると「あ!」「そんなー!」驚きの声を上げる4人だ。
4人が見たのは、両手を後ろ手に縛り上げられ、開脚したまま天井から吊された道代達で、一糸まとわぬ姿にされており「見ないで。恥ずかしいから見ないで!」叫ぶが、喜んでいる様子だ。

「何だ、もう濡らして。これからレイプされるというに、喜ぶなんて変態だぞ!」野村は道代の淫裂と乳房を撫でだす。
「レイプはイヤ。許して、レイプはしないで!」
「そうは行かないよ。僕だって、レイプしたいんだから」野村も服を脱ぎだし、石川や原田達は全裸になっていた。

「助けて。レイプはイヤ!」
「私もイヤ、レイプなんてイヤです。犯さないで!」叫ぶ女性達だが、皆が興奮しており無毛の淫裂がテカテカに光っている。

「奥さん、やらせてください」道代の淫裂に原田の肉竿が入り込むと「助けて、あなた助けて!」「そうは行かないよ、僕だってレイプするんだからね」野村は道代の乳房を揉んでいく。
「あ、あ、あ!」道代は原田の腰の動きに合わせて声を上げだす。

「何だ、これを見せたかったのか。レイプごっごを楽しんでいるぞ」
「そうよね。大勢に見られて興奮しているわ」4人が道代を見ていると「お前もレイプしてもらえ」「レイプなんてイヤ。あなた助けて!」顕子が悲鳴を上げだす。

「奥さん、僕が犯してあげますから」顕子は石川の肉竿で淫裂を突かれだし「助けて、あなた、助けて!」「我慢しろ、俺だってレイプしたいんだから」辻本も妻の乳房を揉んでいく。

それを見て「あら、お汁を流しているわ。感じているわよ」「そうね。気持ちいいんだ」幸恵と綾子の膣も、潤っている。

道代と顕子は「あん、あん、あん!」と声を上げ続け、膣の中に射精された。
「今度は僕の番だな。奥さんレイプするからね」野村は理恵の淫裂に肉竿を押し込み「イヤ、レイプはイヤー!」「我慢しろ、俺だってレイプしたんだからお前もレイプされるんだ!」やはり乳房を揉まれている。

同様に「いや、いやー!」悲鳴を上げる紀子も辻本によって肉竿を押し込まれ「助けて。あなた助けて!」淫裂から淫汁を流しながら叫んでいる。
原田も紀子の乳房を揉み続け「俺もレイプしたんだから、お前もレイプされるんだよ」と言う。
こうして、野村達は妻を変えて楽しみ、妻達も新鮮さに満たされて悶えている。

そして、レイプが終わると4人の妻達は自由にされた。
「凄いわ、凄くよかったわ。またレイプされたい…」
「私もよ。またレイプされたい」夫に甘えるように抱きついて「今度は、私があなたをレイプするわよ」夫を仰向けに寝かせて馬乗りになった。

その後「あ、あ、あー!」肉竿を淫裂に導いてから腰を振りだし「こんなセックスもあるのね」「騎上位だよ。男が一番感じる体位だよ」綾子と幸恵は、腰を振り乳房を揉まれている4人を、じっと見つめている。
やがて、肉竿が爆発してプレイが終わった。

「すみませんね、見て貰うと感じるんです。お礼に、夕食を食べていってください」
「私達の手作りです。せめてものお礼ですから」淫裂から精液を垂らしたまま準備を始めた。

「気持ちいいですか、夫以外にされて?」
「凄く感じるの。何か、別な世界に入ったようで…」顔を赤らめて準備をしていく。

幸恵達4人は、ごちそうになって9時頃には宿舎に戻ってきた。
「俺はイヤだよ、綾子さんが他人に抱かれるのは…」
「私だっていやよ。雅治にしか抱かれたくない」

「だったら、いいだろう。今夜は興奮しているんだ!」
「いいわよ。でも、お腹の中にはださないで」
「この前は、ださせたんじゃないか。お願いだからださせてよ」
「仕方ないわね。これっきりよ」綾子のベッドの上で2人は抱き合う。

同じように、幸恵のベッドの上でも幸恵と沢田も全裸で抱き合っていた。
「和宏さん、やらせて」幸恵は和宏の上に馬乗りになった。
「笑わないでね、下手でも…」腰を振りだし「笑わないよ、幸恵さん」沢田も揺れ動く乳房を掴み揉んで「あ、あ、あ!」喘ぎ声を上げる幸恵だ。

「凄いよ、幸恵さん凄いよ!」沢田も興奮して上り詰めていく。
「でそうだ。だしていいかい?」
(どうしよう。薬は飲んでないし、生理が済んだから危険日になっているし。でも、だしたがっているから…)迷った末に「だして、私の膣の中に一杯だして!」妊娠を覚悟して承知した。

「よかった。だすからね」幸恵の腰を両手で押さえて噴射し「暖かいわ。膣が暖かい!」淫裂と肉竿の隙間から白い液体が流れ出てきた。
その後も、幸恵は四つん這いになって結合して「だして、一杯頂戴!」「だすよ、だすよ!」沢田も数回淫裂の中に噴射をしていく。
こうして、幸恵も綾子同様に新しい命を胎内に宿した。

それから2ヶ月後に結婚式が2回行われ、それは、幸恵と綾子の結婚式だ。
「先生、これからはお姉さんだね」
「そうね、これからは妹ね」笑顔で話し合い、幸恵と綾子は相変わらず、ここの診療所で働いていた。

この村や隣接地区には医師が居ないので、役場や県からも辞めないように説得まで受けた。
それに、綾子の夫が無職なので老人ホームの運転手として採用するなど気を遣ってくれた。

「あなたは公務員になったのね」
「そうだよ、立派な公務員になってしまったよ」照れ笑いの向井だ。
綾子と向井は村の職員用宿舎を新居とし、一方の幸恵は今までの宿舎を専用している。

しかし、2人の新居は棟違いですぐそばだから何も変わらない。
朝になると「お姉さん行こうよ!」「待って、鍵を掛けるから!」2人は一緒に診療所で仕事をしていく。

診療所でいつものように仕事をしていると「オェー!」綾子が急に吐き気を催した。
「綾子さん、生理はいつあったの?」
「3ヶ月前が最後です。できたみたいです…」

「確認してからよ、オシッコをこれに取って」渡された紙コップにトイレで採尿し「先生、取ってきたわ。薬入れるわね」試薬を入れてホルモンの異常を調べていく。

「綾子さん、おめでたよ、おめでとう!」
「ほんとだわ、雅治さんが喜ぶわ」
「そうよ、喜ぶわよ。私…、オエー!」

「お姉さん、もしかして?」
「わかんないわ、私も確かめてみる」幸恵もトイレで採尿して試薬を入れた。
「姉さんも赤ちゃんができたのね」
「そうみたいだわ、2回生理がないし」

「兄さんに、知らせないといけないわね」
「今夜、私から和宏さんに言うわ。」
「私も、今夜言うわ」2人は笑顔で話し合っていた。

そして、1年が経ち、2人は無事に出産をして休養している。
「綾子さんに幸恵さん。子供は私が面倒見るから仕事を続けてよ!」近くに住む、向井の母親が言い出す。
向井の母親は保健婦もしていたから「お願いします」と承知して、仕事の再開に備えている。

「2人に辞められたら村が困ってしまうしね」その通りだった。
幸恵以外に医師が居ないから、辞められと村が困ってしまう。
そこで、雅治の母親が名乗り出て、それに頼って2人も診療所の再開を計画した。

診療所が再開すると、さっそく村人が診察に訪れてきた。
「久しぶりに働けて嬉しいわ」白衣を着た幸恵は笑顔を振りまいている。
「ほんとに働いていた方がいいわね」綾子も生き生きしている。

診療所が再開されてから暫く経って、野村達がまた訪れた。
「お願いがありまして。また、おいでいただけませんか?」
「また、あれですね」
「そうです。是非、見て貰いたくて…」

「いいわ、私達も仲間に入れて貰おうかしら。でも、セックスは夫だけですからね」
「わかっています。見らるだけでも感じますから」
「待ってね、連絡するから」綾子はまた携帯電話で連絡を取っていく。

そして、別荘では6人の女性が全裸にされ、両腕を後ろ手に縛られて吊り下げられている。
勿論、この前と同じく開脚したままで、綾子と幸恵の膣も傷が治っていた。
「だめ、いやー!」道代達は次々とレイプごっこをしていく。

しかし「あなた。いいわ、いいのよ」幸恵と綾子は、夫の肉竿を淫裂に迎えて(凄いわ、縛られた上に見られていると凄く感じる…)2人とも淫汁を流している。
「出していいわよ。雅治」「私も大丈夫よ、飲んでいるから」2人は薬を飲んでいたから安心している。
こうして、6組の夫婦は、その後も別荘で抱き合って楽しんだ。

【悪夢の後に 完】

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA