ありさ エゴイストな春 二十一歳の春

【最終話】

夕食が終わりありさが洗い物をしていると、トオルが戸棚から何やら取り出しありさの元に持ってきた。

「これ、ネット通販で買ったんだ」

そうつぶやきながら、ありさに見せたものはバイブレーターのパッケージだった。

「ええ~!? そんなの買ったの? もうエッチなんだから~!☆★」

ありさは正直あまり嬉しくはなかった。
バイブレーターの経験はないが、男根を模したシリコンは見るからにグロテスクだし、友人の美和が以前彼氏にバイブレーターを乱雑に使われて痛かったとこぼしていたことがある。
第一そんなグッズに頼らなくても本物の男性が良いに決まってる、とありさは思っていた。

ところがそんなありさの考えも一時間後には一変していた。
トオルが買ったのは昔ながらの厳つい代物ではなく『ピンチングバイブレーター』という最新型のスタイリッシュなバイブレーターであった。
内外からクリトリスと膣壁を挟み込んで強力に刺激を加えられ、ありさは瞬く間に昇天してしまった。
従来のバイブレーターだと、クリバイブがうまくクリトリスに当たらないことがあったが、この代物だとクリトリスをすっぽりと包み込んで触手のような繊毛が確実に刺激する。

このあと第二ラウンドに突入したありさとトオルは第一ラウンドのとき以上に激しく愛し合った。
ピンチングバイブレーターによる前戯のせいで、ありさの身体が尋常ではないほど高ぶっていたからだろう。

終わったあと二人はしばらく抱き合った体勢のまま、まどろんだ。
トオルはティッシュをとりありさの大事な場所を拭いてやると、続いて自身のペニスの処理をした。
トオルが顎を突き出してきたので、ありさはトオルと唇を合わせ、わずかに舌を絡めた。
そのあと二人はベッドでいちゃいちゃと転がり合ったり、ピロートークを楽しんだりと、充実したひとときを過ごした。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

それから1週間が過ぎ、大学で美和が突然つぶやいた。

「ありさ、なんだか最近変わったね。きれいになったんじゃない?どうして?」
「そう?」

ありさはさりげなく返したが、そこは鋭い美和のこと、ありさの状況を的確に言い当てる。

「例の医学部クンとつきあってるんでしょ?」
「うん、まあね☆★」
「もしかしてエッチまで行った? うふふ、行ったんだ~。顔に書いてある~」
「もう美和ったら~、やめてよ~☆★」

ズバリ美和に言い当てられたありさは、帰ると姿見鏡でしみじみと自身を眺めた。

(どうして分かったんだろう?)

どこがどう変わったのかよく分からない。
どこも変わっていないはずだ。

(いや、ちょっと待てよ。何かが違う……)

ありさは自分の姿を見ながら、自身の変化を探った。

(私、どこが変わったのかな……?ん?何か肌が整ってきれいになった気がする……それは思い過ごしかな?)

「でも女性は恋をすると女性ホルモンがたくさん分泌されて美しくなるって聞いたことがある。男性に愛されるとさらに美しくなるって……☆★」

ありさは一人つぶやいた。
恋の歓びを教えてくれたトオル、ありさは彼を心からいとおしく思った。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

そしてまた蜜のような週末が訪れた。
はじめは控えめに、けれども段々と大胆になっていくキスに、ありさは頭がくらくらしてしまう。
トオルの分厚い舌がありさの小さい舌に絡まる。
舌の裏を舐められて、ありさは我慢できずに声を漏らした。
歯茎をなぞるように舐められて、背中がぞわぞわと震える。
くぐもったような声が漏れる。トオルに与えられる甘い快感に、ありさは次第に溺れていった。

「気持ちいい?」
「う、うん……、すごい、キスだけでこんなにふらふらになっちゃうなんて……☆★」
「ありさはきっとエッチなんだよ」
「うう、違うもん……トオルに、好きな人にチュ~されたから、だよ……☆★」

いつのまにか呼び捨てで呼び合っている。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「あっ、あああっ……ふぁぁっ☆★」
「気持ちいい? ありさ」
「うんっうんっすごく、きもちいっ☆★」

ショーツ越しにもかかわらず、ありさの秘所は濡れそぼっていった。
まるで決壊したダムのように愛液が滲んでいく。
ショーツを濡らされるのは気持ちがよいものではないが、それ以上に与えられるトオルの愛撫が堪らなく気持ちがよくて、不快さなどはどこかへ飛んで行ってしまった。
ぐちゅ、ぶちゅという淫らな水音が室内に響き渡る。
そしてありさのはしたない喘ぎも。
胸の突起はもうずいぶんと硬くとがっていて、トオルの愛撫に悦んでいる。
ありさの陰核も顔をのぞかせていた。
トオルはおもむろにありさのショーツを取り去ると、濡れた花弁に顔を寄せた。

「美味しいよ」
「かわいいよ」
「きれいだよ」

トオルはとても誉め上手。
愛し合うたびにありさに愛の言葉を届けてくれる。
もともと美麗なありさだが、女は誉められると一層美しさに磨きが掛かるもの。

恋をしてきれいになり、愛されてまた美しくなっていく。
ありさはそんな二十一歳の春に、今まさに大輪の花を咲かせようとしている。

【ありさ エゴイストな春 完】

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA