ありさ エゴイストな春 初めて体験するすごい体位

【第4話】

まるで棒付きキャンディーを食すときのようにイチブツを頬張るありさ。
亀頭部分をすっぽりと咥え込み、首を縦に振る。
口の中でトオルのイチブツがどんどんと太くそして硬くなっていく。
ありさは紅潮し頬が桜色に染まっている。
トオルの息遣いもかなり荒くなってきた。

「ごめん、もう我慢できない」

トオルの口から熱望の言葉がもれた。
ありさの中で期待と緊張が高まる。
トオルは真正面から挑んだ。
その瞬間、彼のはちきれそうなものが圧倒的な質量で、ありさの秘裂を開いていく。

「は……あぁぁっ……!☆★」

肉体を、甘く、切なく押し上げられるような感覚に、喉の奥からあえぎが漏れてしまう。

(ずっとこの感覚が欲しかったのかも……☆★) 

ありさはそう思った。

「ありさちゃんの中……すごく気持ちいい……」

トオルの肉柱が奥まで達した。
自我を忘れるぐらい恍惚としながらも、つながることができた歓びに、身体が熱くなり子宮の奥が狂おしく疼いた。

「すごい濡れていて……うううっ、締まるっ……」

一度は奥まで届い肉柱は、引き抜かれ、また奥を目指して貫かれた。
とめどない蜜が結びついたところから溢れる。
そんなふう動かされたら、全身で快感を受け入れるしかなくなってしまう。

「あ……ああっ……☆★」

たまらなくなってトオルにしがみついた。
単調な動きだからこそ、快楽は身体に確実に染み込んでいく。

「はぁ……☆★」

瞳を閉じて、小さく息を吐くありさ。
トオルが腰を深く入れる。
グチョッ、という湿った音が聞こえた。

「聞こえた? 僕のモノがありさちゃんの中に入っていく音……」
「うん、聞こえたぁ……恥ずかしいよぉ……☆★」

トオルはゆっくりと抽送を繰り返す。
押しては引く、引いては押す。
しびれるような甘い感覚に、ありさは酔いしれた。

(すごくいい……こんなに太くて硬いものを入れられると、どうして女の子は気持ちがいいのだろう?☆★)

ありさは自分に問いかけてみた。
でも答なんて知らない。
ときおり訪れる小さな絶頂に身をよじらせながら、ありさは無意識のうちにシーツをつかんでいた。

「おおっ、すごい、ありさちゃん、すごい……」
「わ、私も……すごくいいよぉ……☆★」

ずっと正常位の体勢だったので体位変換することになった。

「ありさちゃん、ちょっと背中を向けてくれる?」

てっきり後背位になるのだと思った。
だけどどうも勝手が違う。

「うつ伏せになって寝てくれる?」
「えっ……?☆★」

バックなら女性は四つ這いにならなければならない。
ところがトオルはありさにうつ伏せになれという。

(トオルはどんなことをするつもりだろう?☆★)

首を傾げながらも、ありさはトオルの指示どおりうつ伏せになった。
するとトオルはありさの股間に陣取り膝立ちになった。

「……?☆★」

まもなくトオルはありさの腰の両側に手をあてがいグイっと持ち上げた。
次の瞬間、肉柱がありさの秘孔を貫いた。

「あんっ……!☆★」

トオルは自身の腹の方へグイグイとたぐりよせる。
ありさは初めて体験する不思議な感覚に驚きを隠しきれなかった。
トオルはどこで覚えて来たのだろうか、まだ大学生だというのに奇抜な体位を知っている。
この奇抜な体位は『抱き上げ』と命名されているのだが、ありさばかりかトオルもまったく知らなかった。
実は数日前トオルが最近友人から借りたDVDの『びっくり体位特集』の中の体位の一つが、トオルの脳裏に強く焼きついていた。
それを今日の実践で使ってみたのであった。
『抱き上げ』はかなり深く食い込むのが長所だが、男性の腕力がかなり必要なことと、女性はかなりアクロバットな姿勢になるため、長時間行なうのはきついとされている。しかしその刺激的なフォームから興奮が高まることは確実だ。
挿入角度が偶然合致したせいか、ありさはたちまち激しくあえぎはじめた。

「や~ん!それ……すごい~!☆★」
「そんなにいいの……!?」

膣の中にはとてつもない快楽のポテンシャルに満ちた性感帯『Gスポット』が存在する。
ここはいわゆる「中イキ」ができるかできないかを左右する重要な性感帯なのだ。
まだ性の知識の浅いトオルだが、ありさへの挿入角度が運よく『Gスポット』にヒットしたのだった。
人間は運のよさも大事だ。特に性の相性のよさは今後の交際に大きくプラスする。
そんなことなどまったく知るよしもない二人は一生懸命抽送を繰りかえした。
かなりきつい体位だが、気持ちよすぎてやめられない。
ふだん大人しいトオルだが、今日ばかりは男の野性を剥き出しにして、ありさを攻めている。
ピストンのたびにありさの身体がピクリと震える。
ビッチョンビッチョンと淫靡な音が響いている。

狭い峡谷から入った肉柱は、ありさの頭上にまで突き上げそうな勢いだ。

「あん……あっ……ああ……あぁ、いい……☆★」
「はぁはぁはぁ……はぁはぁはぁ……」

ありさがあえぐと、トオルが激しい息遣いで呼応する。
トオルの汗がありさの白い尻にポタリと落ちた。
汗を拭いてやる余裕もないトオルはありさの腰をしっかりと抱え激しくピストンを繰り出す。
淫らな水音が部屋中に響き渡る。

野々宮ありさ

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA