悪夢の後に テニスコート

【第6話】

幸恵は射精を受け、淫裂からポタポタ精液を流したまま立たされた。
「幸恵さん、隠さないのよ。全部見せなるのよ!」
(いや、こんなのいやです!)股間の絨毛が綺麗に消し去られ、淫裂から流れ出る様子が手に取るように見えている。

「幸恵。治療が済んだから、運動でもしないか?」
「ここでいいです。ここで…」(野外で、恥ずかしい事をやらせる気だわ…)怯えて拒むと「外での運動は体にいいのよ」道代や理恵もニヤニヤしながら言う。

「決まったな。これからテニスでもしようか。幸恵は裸が好きだからそのままだ!」野村が言うと「いいわね。私も久しぶりに運動しないといけないし」紀子と顕子も言いだす。
(裸でテニスなんてイヤよ。これ以上恥ずかしい思いはしたくない!)顔が真っ青になっている。

「それなら、急いで着替えないとね」道代達はテニス用アンダーパンツを履き、幸恵は相変わらず股間を手で押さえて立ったままで、指と指の間から精液がこぼれ出ている。
(ヌードを晒すなんて…)そんな幸恵にお構いなしで、皆がテニス姿になった。

「幸恵。テニスシューズは無いから、運動靴を履け!」石川が運動靴を差し出す。
「ほら、急ぐのよ。それとも素っ裸で診察するの?」(やるしかない…)渡された運動靴に足を入れて、体を丸めて紐を結んでいく。

「いいわね、綺麗な性器で。まだ、エキスが出ているわよ」顕子の指が淫裂を触って「イヤ、触らないでください!」手を振り払うが「そんなことより、早く準備でしょう?」新たに理恵と紀子も加わり、垂れ下がった乳房を掴んでいく。

「もう、やめてください!」
「イヤだったら早く済ませのよ。それまでするからね」乳房を揉み続ける。
(酷いわ。こんな事までするなんて…)目頭から涙が滲んでいたが、それでも幸恵は靴を履き終えた。
皆はテニススタイルだが、幸恵だけは一糸まとわぬ裸のままで、絨毛も剃られ淫裂が丸見えになっている。

(こんな、恥ずかしい姿は見られたくない…)そう思っても「ほら、外で太陽に当たらないと体に悪いわよ」「イヤ、イヤですー!」道代達によって、外に引きずり出され「もう許して下さい。私のどこが憎いのですか?」泣きながら叫んだ。
「憎いわよ。このオッパイと性器が!」真っ先に道代が乳房を鷲掴みし「ヒー!」悲鳴が上がり「この性器は気に入らないわよ。淫乱なくせにピンクの襞が許せないわよ」「ギャー!」淫裂の襞が潰された。

「もういいだろう。それより、テニスを楽しもうよ」嫉妬で幸恵の乳房と淫裂を辱めていたが、野村が水を差すと「虐めじゃないのよ。あまり理屈をこねたがるからなの」言い訳する。
「わかっている。行こう」幸恵も一緒に別荘から出て、歩いて直ぐの所にテニスコートがあった。

当然人目に付き「ヌードよ。しかも、性器を丸出しのフルヌードよ!」「イヤだわ。ヘアを剃って性器を丸出しにしているなんて!」先にテニスを楽しんでいた若い2人連れの女性が、幸恵の全裸を見つめている。
(そんなに見ないで。好きでヌードになった訳じゃないのよ…)体がブルブル震えている。

「始めようぜ」野村と幸恵が練習を始め「ポーン!」「ポーン!」ボールのラリーが続いて、幸恵が動く度に乳房が円を描いて揺れ動き、淫裂も口を開いてピンクの肉襞も揺れている。
周りでは「変態よ、あの人は…」練習を休んで幸恵のヌード姿を見ており(イヤ、見ないで!)恥ずかしさを堪えて必死にボールを追いかけている。

練習を始めてから、もう20分も経った。
「凄いや、素っ裸だぜ!」
「ホントだ、オッパイどころかオ○ンコも丸出しだぞ。しかもヘアも剃って丸見えだ!」新たに男性が現れたが、幸恵は相変わらずボールを追いかけ、乳房と淫裂を晒しながら動き回っている。

「よし、交代しよう」幸恵と野村がコートから出て椅子に座った。
「ハア、ハア!」幸恵の呼吸が乱れており「拭いてあげるわよ」汗を流す体がタオルで拭かれて「そこはいいです!」乳房が触られ「遠慮しなくていいわよ。ここもね」淫裂も触られていく。

それを見ていた男性達が「やりたいな、俺もやりたいよ」声を上げた。
「あら、手伝ってくれるの。悪いわね」道代は見ていた男性を呼び(イヤよ。触らないで…)俯いたままの幸恵の乳房を、男がタオル越しに撫でていく。
男達は乳房だけでは満足出来ず、淫裂も触って「イヤ、性器はイヤです!」泣き顔になっているが、容赦なく淫裂を広げて中を拭かれた。

「お礼をしてあげないといけないわね」
「そうね、何がいいかしら?」道代と理恵が相談していると「それだでしら、口でしてくれませんか?」男の2人が申し訳なさそうに言う。

「フェラして欲しいの?」
「抜いて欲しいんです。オ○ンコを見せられたら興奮しまして…」確かにショートパンツの股間部分が盛り上がっている。
「そうね、やってあげないと悪いわね。得意でしょう、フェラは?」道代が言うと(イヤよ、そんな事はしなく無いわよ!)拒みたいが「わかりました。やります…」声を震わせて返事をする。

それには「やってくれるんですか。申し訳ありませんね」笑顔になって2人はチャックを下げた。
「あら、お元気ね。いつもこんなに元気なの?」大きく膨らんだ肉竿を見て紀子が言うと「はい。でも、まだやった事がないんですよ、セックスを!」
「それだったら、体験したら。ねえ、好きなセックスもできていいでしょう?」ニヤニヤしながら言う道代に(イヤよ、こんな所でセックスだなんて!)幸恵の顔がブルブル震えている。

「フェラしながら、バックからセックスをして貰いなさいよ!」
「ここではイヤです。せめて人目の付かない所で…」嫌がる幸恵だが聞き入れられず、四つん這いにされ、後から肉竿が乱暴に押し込まれ「う、うー!」顔を歪めている。

それでも「お願いします。初めてですから」口の中にも肉竿が押し込まれ(見られているのよ、ここではイヤ!)淫裂に入った肉竿が動きだす。
それに合わせて、口が肉竿を擦って「気持ちいいや。これがオ○ンコですね?」初めてのセックスに興奮している。

「僕もオ○ンコしたい!」
「出すのを我慢するのよ。出さないでいたら、セックスもできるから!」
「わかりました。オ○ンコ出来るまで、絶対に出さないからね」幸恵の口の動きに耐えているが「いやねえ。盛りの付いた猫みたいで」「ここを何だと思っているのかしら?」休んでいた2人連れの女性も肩を寄せ合い見つめている。

口では悪く言いながらも興味深く(凄いわ、あれがセックスなのね)淫裂を突き刺す肉竿を見つめており(見ないで、恥ずかしいからみないで…)幸恵は目を閉じたまま、二つの肉竿を胎内に迎えている。

やがて「ピシャ、ピシャ!」肉竿の動きが速まり「でる、でるー!」肉竿が噴射し、淫裂から液体が流れ出た。
「ほら、交代して。これで初めてのセックスができるわよ」
「そうですね。やっとできますね」幸恵の口に入っていた肉竿が抜かれ、淫裂に入っていた肉竿も抜かれた。

「見て、精液よ。精液よ!」淫裂から流れた液体が、太股を伝わって流れだし「あれが射精なのね」見てい2人連れの女性も興奮している。
若い2人は、自分からスカートを捲り上げ、アンダーパンツの中に手を入れて淫裂を触りだした。

「どう、おもしろいだろう。少しエッチを楽しまないかい?」テニスを楽しんでいた石川と辻本が話し掛けると「セックスはイヤよ、触るだけならエッチをしてもいいけど…」応える。
「勿論だよ。綺麗な体だね」石川と辻本は2人のテニスシャツの裾を持ち上げ、ブラジャーのカップをずらすと、豊満な乳房が露わになった。

「綺麗だね、オッパイも…」優しく乳房を撫でていく。
「優しくよ、乱暴にはしないでね」
「勿論だよ。ここもいいだろう?」乳房を揉みながらアンダーパンツを引き下げ、露わになった淫裂を指で触っていくと「触るだけよ。指は入れないで…」気持ちよさそうに、虚ろな顔になっている。

その間にも、幸恵は二人目の肉竿が淫裂に押し込まれて「あ、あ、あー!」顔を歪めて乳房を揺らせている。
「気持ちいいです。これがオ○ンコなんですね?」初めての体験に興奮し、腰の動きを早めていくと「もう、限界です!」動きが止まり(射精はイヤ。お腹の中には出さない出で!)再び淫裂から精液が流れ出した。

(終わった…)四つん這いの幸恵は淫裂を押さえながら立ち上がり「凄いわ。私も何だかエッチをしたくなっちゃったわ」紀子が言い出す。
「私もよ。とにかく、汗を流してからにしないと」今度は紀子や顕子も練習を始め「ポーン、ポーン!」ボールのラリーが続いている。

その側では「いいわ、いいわよ!」先ほどまで練習していた若い2人連れが野村達に乳房と淫裂を触られて悶え声を上げている。
「触るだけよ、指で触るだけ。あ、あ、あ…!」淫裂から淫汁を流し、それは幸恵にも見え(変態よ、あなたこそ変態よ!)叫ぶのを堪えて見つめていた。

テニスで汗を流し終えた野村達は、幸恵を連れて敷地の中にある温泉に向かった。
「ほう、元気がいいね。素っ裸だなんて!」「ホントにいい体だ。見せたがるわけだよ」歩いていると幸恵の周りには人が集まって(見ないで、見ないで下さい!)精液がこぼれないように、両手で股間を押さえて歩いていく。

暫く歩くと建物が見えてきた。
「ここは温泉だ。皆が素っ裸だから安心だろう?」
「あなた、恥ずかしいわよ。裸を知らない人に見られるなんて!」道代が言い出す。

「だったら、貸し切りを使うか。家族用があるから」
「あるなら、そっちにしましょうよ」別な建物に向かい「あそこだよ」建物の中に入ると「使用中」の看板をぶら下げて中から鍵を掛けた。

「ここならヌードも安心よ」「そうね、見られないしね」道代達4人も脱ぎだした。
「あら、可愛いオッパイね」
「恥ずかしいわよ、こんなに小さいから」
「小さくないわよ、自信持って」全裸になると温泉に入った。
「幸恵さん、性器の中を洗うんでしょう?」
(当然よ。射精されたんだから)黙って淫裂の中を洗っていく。

そんな幸恵を後目に「あなた。欲しいの、私もセックスして欲しいの…」
「わかった。それだったら皆の前でやろうよ」
「おもしろいわね、見せっこしましょう」

「最初は僕が顕子とするよ」
「あなた、恥ずかしいわ。こんな姿だなんて…」顕子は背面駅弁の体位だ。
後ろから肉竿を淫裂に迎え入れ、落ちないように腕を後ろにして肩を押さえている。

「凄いわ。顕子さん凄いわよ」
「ホントよ、私も興奮しちゃう」
「恥ずかしいけど、気持ちいいのよ。見られながらのセックスだなんて…」

「ホントだよな。僕も興奮するよ」太股を持ち上げている辻本も動きを早めて「あ、あ、あー!」乳房を揺らせながら悶え声を上げていく顕子だ。
そして「ダメだ。出すからね!」顕子も淫裂からポタポタと液体を流し出した。

「今度は僕だね。紀子が上に乗ってやろうよ」
「いいけど、初めてだからうまくいくかしら?」今度は原田が仰向けになり、紀子が馬乗りになった。
「見られていると変な感じよ。でも、気持ちいいわ。初めてよ、こんな感じなんて…」腰を振る紀子も乳房を揉まれていく。

「紀子。出すよ、出すからね」原田は登り詰めてしまい「いいわ。気持ちいいわ!」悶え声を上げる紀子も、淫裂から精液を垂らしている。
(あなた達こそ変態よ。見せ合いながらセックスをするなんて!)それを黙ってみている幸恵を後目に、代わる代わる悶え声を上げていく野村達だ。

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA