女教師 寛子 同僚と生徒の頼み

【第20話】
 

全裸の演劇が終わると、普段の生活に戻り、2学期も終えて正月を迎えようとしている。
新生学園は冬休みとなり、寛子がくつろいでいると「プルプルプル!」「もしもし西尾ですが?」相手は亜樹からだ。

「えっ。井原君と一緒にですか。はい、わかりました…」寛子は電話を切ると、井原の家に向かい、チャイムを押すと「あら、寛子さん。珍しいわね」宏美が出てきた。

「それよりも、孝信君いますか?」
「あら、旦那さんが気になるのね。待って、呼ぶから!」宏美が井原を呼ぶと「どうしたんだ、寛子」現れた。
「亜樹さんが一緒に来てくれだって。これからいける?」
「いけるよ。今すぐにでも…」
「よかった、行きましょう。すみませんね、宏美さん」2人は早速、亜樹の家に向かった。

亜樹の家には夫の藤森もおり「とにかく上がって。話しは後だから!」応接室に案内される。
「実はお願いがあるの。言いにくいことだけど…」亜樹が恥ずかしそうに言うと「西尾君、君たちが結婚しているから頼みたいんだよ」藤森も言う。

「どんなことですか、藤森先生?」
「立ち会って欲しいの。私達が今から赤ちゃんを作るのを…」真っ赤な顔になっている亜樹だ。
寛子は(そうか。わざと孝信君に見せて、避ける気なんだわ)亜樹の思いがわかり「わかりました。立ち会います」承知する。

「待ってよ寛子。そんな事されたら、僕は辛いよ」
「ダメ。ここは大人にならないと…」
「わかったよ。僕も立ち会う、亜樹先生!」
「ありがとう、こっちで待っててね」2人は寝室に案内された。

「すぐに準備するから、待っててね」一旦2人は部屋から出て、再び現れると「あ、亜樹先生!」それしか声が出せない。
亜樹は全裸の上、両腕を後ろ手に縛られている。
それに、股間のヘアも綺麗に剃られ、夫の藤森も全裸だ。

「来い。浮気女め!」
「許して。もう浮気はしないから許して!」亜樹はベッドに押し倒された。
「相手はどんな事したんだ、言え!」
「お、オッパイを揉まれました…」
藤森は「こうか?」乳房を掴み揉んでいく。

「そ、そうです。それからオ○ンコしました…」
「こうか?」肉竿が一気に入り「あ、あ、あ!」亜樹の背中が浮いていく。
「気持ちいいか。浮気相手と俺とで、どっちがいいんだ?」肉竿がピストンを始め、淫裂からは淫汁が流れている。
「あなたのオチンチンが、凄くいいです…」

「どうして浮気したんだ。言わないとオ○ンコしないぞ!」
「寂しかったんです…。お願いですから、オ○ンコして下さい。もうしませんから、もっとして下さい…」腰を持ち上げ、結合を求めている。

「そんなに、欲しいんだったらお前がやれ!」
「イヤ、許して。これはイヤです」仰向けになり、腹に跨いで騎乗位にされた。
しかし「あ、あ、あ!」目を閉じ腰を振り「この浮気女め!」乳首が引っ張られ「あ、あ、あ!」気持ちよさそうな顔で悶え声を上げている。

それを見て「寛子、僕も欲しいよ。やらせて!」「いいわよ、私も欲しくなっちゃった…」2人は興奮している。
寛子は立ったまま、スカート、パンティを脱いで足を開いた。
「行くよ!」「あ、あ、あ!」淫裂に肉竿が入り「いいわ、あなた。いいわよ…」悶え声を上げる寛子だ。

同じく亜樹も「私もいいわ。あなた、オッパイを噛まれたの、噛んで乳首を…」途切れ途切れに言うと「こうだな?」乳首が噛まれ「あ、あ、あ!」淫裂がドロドロになっており、二組の夫婦は、お互いのセックスに興奮し合っていた。

「バックからされました…。もうしませんから許して…」
「ダメだ、後ろからだな?」「あ、あ、あー!」頭をベッドに付けて、お尻を突きだし、肉竿がピストンしていく。
「お、オッパイを揉まれながらオ○ンコしました…」亜樹は次々と要求していく。

「こうだな?」背中に胸を押しつけ、乳房を揉みながら腰を振りだした。
「凄いです。あなた、凄く良いです。行きそうです…」
「ダメだ、まだ行くな。もうすぐ出るから!」乳房を強く揉んでいくと、乳首から母乳が吹き出した。

そして、その言葉通りに、淫裂から白い液体がポタポタ落ちていく。
「射精よ、孝信君!」
「見たよ。確かに射精した!」2人はじっと見ているが、井原は(本当に僕の子供じゃないみたいだ…)執拗に見ている。

井原は今までの支えが取れ、安心して腰を振り「僕も限界だ!」登り切った。
「私もよ。いいわ、すごくいい!」二組の夫婦は動きを止め、暫く沈黙が続いていく。

「あなた、凄くよかったわ。こんなに感じたの初めてよ」
「僕もだよ、よかったよ亜樹」藤森は亜樹の縛った腕を解き「孝信君、私もよかったわよ」寛子も太股まで精液が流れている。

「寛子さん、ありがとう。おかげで凄くよかったわ…」亜樹は起きあがり、淫裂から流れ出た精液を拭き、寛子も淫裂も拭いていく。
「どう、これで赤ちゃんが生まれるのは間違いないわよ」亜樹は子供を抱いて、井原の子ではないと主張し「そうよ、亜樹さん。また生まれるわね」寛子も井原を楽にしようとしている。

(勘違いだったんだ…。僕の子とばかり思っていたんだけど…)吹っ切れた井原は「寛子、オッパイを揉ませて。どれくらい強く揉むと、亜樹先生みたく出るんだ?」
「出ないわよ。痛いから軽くよ、乱暴にしないで!」服の上から乳房を揉ませている寛子だ。

「あら、オッパイが気になるんだ。だったら、私のを揉んでみる?」
「いいです。人のお嫁さんを触ると寛子が悲しみますから」断った。
「偉いわね。あなた、聞いたでしょう。見習って!」「でも、ちょっとだけなら良いわよ。性教育になるし…」寛子が承知した。

「そうね。これから子供を産むんだから、知っておいた方がいいわね。揉んで!」強引に井原の手を乳房に押しつけた。
井原が手に力を入れると、乳首から白いのが吹き出していく。

「飲んで。これがオッパイよ」乳首を吸うと「まずい。こんなのを飲んでいたなんて!」井原は吐き出した。
「子供には味がわからないんだ。ただ、栄養があるから飲むんだよ…」藤森が説明する。
「そうなんだ。知らなかった…」
「これからわかるわよ。夫婦なんだから」2人は服を着込み、井原と寛子は暫く雑談してから帰った。

そして、正月も終わり最後の追い込みとなった。
大学受験を控えた3年生達は神経がいらだち、学園でもそれが話題になっている。
「くれぐれも、注意するようにして下さいね」教頭は、朝のミーティングでの口癖になっていた。

教頭の訓示が済むと「西尾先生、今日は3年の授業をお願いできませんか?」学年主任から言われた。
「えっ、私がですか?」
「はい、風邪で休んで英語の先生が居ませんので…」

「やったことがありませんから、無理です!」
「大丈夫ですよ。テストだそうですから」3年の主任が、テスト用紙をドサッと置いた。
「わかりました、やってみます。授業は4回で済みますよね?」
「そうです。2年は申し訳ありませんが、自習と言うことで藤森先生にお願いします」
「そうですね、3年が一番ですからね。わかりました」朝礼を終えると、寛子はやったことのない3年の教室で授業を始めが、思ったよりもスムーズに授業が出来て、放課後になった。

職員室に戻ると「先生。わからないことがありますから、教えてください。皆が待っています」先ほど授業をした3年生の学級委員長が来た。
「確か、6組だったわよね。いいわ、これから行く!」寛子は6組に向かった。

「先生。ここがわからないんです…」渡された用紙には、孝信と抱き合う寛子の写真が貼ってあった。
しかも、2人ともヌードで寛子の乳房も写っており「これは、なんの意味なのよ!」上擦った声になっている。

「2人は結婚しているんでしょう。そんな事していいのかな、えこひいきじゃないか!」
「そんな事ないわ。平等よ!」
「それだったら、僕たちにも見せて。先生のオッパイとオ○ンコを!」
「ダメよ、そんなのできない。私は妻だから出来ないわ!」

「だったら、これを学校にばらまいて、いいんだね?」
「やめて。そんなは事やめて!」
「いやなら早く脱いで、素っ裸になってよ」
「待って、ここは学校よ。誰が来るかわからないのよ!」

「それなら明日見せて。休みだから補修と言うことで、学校に来るから」
「返事は待って。夫と相談させて!」
「構わないよ。今晩一晩考えてね」寛子は真っ青な顔で職員室に戻り、戻るなり、教科書をまとめて急いで帰った。

アパートに帰ると、井原に学校での出来事を電話で打ち明けた。
「そうか、見られてしまったのか…」
「私、ヌードなんてイヤよ。見知らぬ人の前で尚更イヤよ」

「わかっている。でも、写真をばらまかれたら困るしな…」
「そうね、ヌードになるしかないわね。でも、孝信さんも来てよ。万が一があるとイヤだから!」
「わかった。僕も一緒に行くよ」こうして、明日のヌードになる事が伝えられた。

翌日、2人は一緒に3年6組の教室に入ると「先生、見せてくれるんですね?」教室には男子生徒20人程いる。
「約束して、これっきりだと。それから、何もしないと!」
「わかっていますよ、これは破ります。その代わり、守って下さい、誰にも言わないと。内申書に響きますから」

「わかってるわ。それから、万が一があるから夫も一緒よ!」
「それくらいなら構いません。それから、抜きますからね」ハンカチが用意されてある。
「わかったわ。オナニーしてもいいわよ」寛子は生徒が見ている前で服を脱ぎだした。

上着、シャツと脱いでブラジャー姿になり、スカートも脱いだ。
「いい、絶対に変な事しないでよ!」念を押してブラジャーを外すと「オッパイだ、あれがオッパイだ!」生徒達は肉竿を取りだした。

(イヤだわ。ヌードを見ながらオナニーだなんて…)横目で見ながらパンティも脱いで全裸になり「これでいいでしょう?」両手を後ろ手にして乳房と淫裂を晒す。

「先生、ヘアは生えないの?」
「剃ってもらっているの。孝信君が好きだから」項垂れて言うと「昨日はオ○ンコしましたか?」尋ねられた。
「してないわよ、セックスなんて!」

「だったら、ここでオ○ンコやって下さい!」
「いや。それはいや!」
「やらないなら、僕がやっちゃうよ!」
「わかった、やるよ。やればいいんだろう?」今まで黙っていた井原信が言った。

「あなた。恥ずかしいわよ!」
「やれば治まるんだから、やろうよ」ズボンを脱いで、下半身剥き出しになった。
「わかったわ。あなたに任せる!」
「決まったな。机を並べろ!」小さな机が並べられて、テーブルが出来た。

「いいか、これがオ○ンコだ!」井原は寛子を足を垂らせ、仰向けに寝かせて乳房を撫でていく。
それに、顔を埋めて乳首も吸っていくと「あ、あ、あ!」喘ぎ声を上げだす。
その後、肉竿をゆっくりと押し込んだ。

「すげえ、これがホントのオ○ンコなのか!」肉竿を擦る手の動きが早まり、井原も腰の動きを早めて、乳房を揉み、乳首も吸っていく。
「いいわ、あなた。いいわ…」淫裂はもう潤って淫汁が流れている。

それを見ている生徒は「で、出ちゃった。オ○ンコを見たらでちゃった!」次々と肉竿から噴射して、ハンカチで押さえていく。
「寛子、僕も出そうだよ」
「ダメ、出さないで。射精された性器を見られたくないのよ!」

「でも、もうだめだよ…」言葉が終わらない内に、淫裂から精液が溢れ出てきた。
「これが射精か!」
「ダメ、見ないで、だめ!」肉竿が抜かれて、手で隠そうとしたが手が押さえられる。

「出されたオ○ンコの中を見せて下さい」足が開かされた。
「恥ずかしいのよ。女性はこれが恥ずかしいの」足を閉じようとすると、生徒達が覗き込んでいる。
「先生、オ○ンコって気持ちいいんですか?」
「相手次第よ、好きな人だと凄く気持ちいいのよ。遊びだったら何ともないわ。いずれ、わかるわよ」やっと足を離された。

手も離されると、淫裂をハンカチで拭き、パンティを履くと「お願いです。オッパイを触らせて下さい!」言われる。
「イヤよ。見るだけの約束よ!」
「そこを、お願いします。一回も触ったことがないんです、ですから触らせて下さい!」土下座していく。

寛子は(孝信君、いいかしら?)スカートを履きながら見つめると「いいよ。ただし、これっきりだからね」井原がが念を押す。
「ありがとうございます」一斉に飛びつくが「並んで、順番よ。それに敏感なんだから、優しく触って」生徒達は寛子の乳房を掴み、揉んでいく。

「柔らかいや。オッパイって、こんな感じなんだ!」
「そうよ。こんな感じよ」交代しながら、皆が乳房を触ると「約束ですからこれは破ります。ネガはもう処分してあります」写真を破っていく。

「それなら安心しだわ」ブラジャーを乳房に押しつけていく。
「ヌードを見せた貰ったお礼に、お昼をおごるから行こうよ!」
「いいの、おごって貰っても?」
「勿論さ。一発抜いて、すっきりしたしね」笑顔の3年生達だ。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA