女教師 寛子 裸の演劇

【第19話】
 

そして、3時頃に朋美達が写真とビデオを持ってきた。
「これで、全てです。コピーはしていません。ですから、もう許してください。それにビデオも返してください…」泣きながら言う。

「約束を守ったら返してあげる。それまでは、先生が預かるぞ。先生なら悪用はしないから安心しな」
「でも、許して貰えないなんて…」
「そんな事はないさ。ヘアだけは許さないけど、それ以外は平気だよ」
「でも、こんなヘアなんていやです。どうせなら、全部剃らせて下さい」

「わかった。今度の冬休みに、もう一度公演を行うから、それに出演したら、ビデオもヘアも許してやるよ」
「それだったら、出演します!」
「でも、4人は衣装無しだ。素っ裸の上に、そのヘア姿だからね」
「いや。こんなヘアを見られるなんて、いやです!」4人の顔が強ばった。

「安心していいよ。観客は僕の親戚だけだから。しかも、女性だけで男はいないよ」
「ホントですよね。それに、ビデオやカメラも無しですよね?」
「当然だ。僕も寛子とラブシーンをやろうかと思っているんだ!」

「ちょっと。孝信君、恥ずかしいわよ、ラブシンーンだなんて!」寛子の顔が赤くなっている。
「おもしろいわ。先生もヌードで出演したらいいと思う。それに井原君もヌードで!」
「それもいいね。おもしろいからヌードになるよ。寛子もいいだろう?」唇を重ねた。

「ホントに、女性だけでしょうね。約束してよ!」
「間違いないよ。保証する」
「それだったらいいわ。フルヌードでしょう?」
「勿論だよ、そのほうがおもしろいしね」

「何だか、おもしろそうだな。井原、俺も育子とラブシーンがしたいな。皆に見て貰いたいし…」
「鈴木君、何言っているのよ。恥ずかしいわよ、人前で愛し合うなんて!」
「やろうよ、育子。どうせ、女の前だから…」
「わかったわ、鈴木君が言うならやってみる。当然、フルヌードでしょう?」
「勿論だよ、フルヌードだよ。よかった、仲間が増えて」笑顔の井原だ。

「私もラブシーンを見て欲しいな。いいでしょう?」美由紀も高木の顔を見た。
「わかったよ。美由紀と俺のラブシーンも組み込んでくれよな?」
「私もやりたい、フルヌードでもいいわ。人前で愛し合いたいの。いいでしょう?」女子部員は好きな男子部員と腕を組み言いだす。

結局、部員の皆が「わかったよ、やるよ。スッポンポンのままでな」フルヌードになって演技をする事が決まった。
「よかった、私達だけでなくて!」ホッとした朋美達4人だったが、恥ずかしいヘアでの出演だ。

話がまとまると、井原達は朋美達が持ってきた写真を見ていく。
写真はデジカメで撮った物で、パックリと割れた淫裂が写っていた。
「綺麗だな、俺始めてお前のオ○ンコを見たよ。それにオッパイもいい形だよ。惚れ直したよ」
「本当に綺麗と思っている?」
「本当だよ。どうせなら、生のオッパイとオ○ンコを見せてよ」
「恥ずかしいわ。私1人じゃいやよ。皆が脱ぐならいいけど…」
「脱いでくれよ、育子の全てが見たいよ」男子部員達は、女子部員にヌードになるよう説得していく。

「わかったわ。脱ぐけど、絶対にセックスしないと誓って。それに、触る場合は許可を取ってからよ」
「わかったよ。約束する!」
「だったら、ヌードを見せてあげる」女子部員は服を脱ぎだし、ピンクや白色、青色とカラフルなパンティとブラジャーを着けている。

そして、全部脱ぎ終えると、好きな男の前に立って「これでいいわよね?」胸と股間を覆っていた手を退けて、後ろに持っていく。
「恥ずかしいわ、こんなオッパイだから…」皆が真っ赤な顔になっている。

「綺麗だよ。どうせなら、並んで見せてくれ。そうだ、僕たちもフルヌードになろう!」
「そうだな、先生もヌードだよ」
「わかったわ、ヌードになるわ」寛子も承知して服を脱いで、皆が全裸になってしまった。

「寛子、可愛いよ。好きだ!」
「私も孝信君が好きよ。側にいたいの…」寛子は井原に抱かれた。
「寛子、いいだろう?」
「恥ずかしいわ。それに、私達だけがセックスするなんて…」申し訳なさそうに言う。

「気にしなくていいよ。僕達もまねごとをするから」鈴木が言った通りに、皆が抱き合う。
幼い乳房を揉みながら、ピンク色した淫裂に肉竿の先端を押し込んで「痛い。ダメよ、私がやるから」女性がリードしていく。
こうして「あん、あん、あん!」悶え声を上げていた。

翌日、井原は会場探しをし、孝清の口添えで、ある会社の研修所を貸して貰える事になった。
研修所は昼間だけで、夜は無人になり、使用していいとの許可が取れた。

「よかった。誰にも邪魔されないし」部員達は喜んだが「でも、親父が立ち会うという条件なんだよ」申し訳なさそうに言う。
「そんな~。男は来ないと言う約束よだから、ヌードになるのよ!」女子部員は不満な顔になった。

「その代わり、夫婦で来るよ。それに、俺たちと同じくフルヌードになって見学するそうだ」
「それならいいわ、お互いにフルヌードだし。それに、大人のオチンチンが見られるし…」顔を赤らめながら言う育子だ。
「そうね、私も見てみたいわ。膨らんだ大人のオチンチンを…」美由紀も顔を赤らめながら言う。

「どうせなら、もっと若い姉さんの婚約者も呼ぼうか?」
「年はいくつなの。それに秘密は守れるの?」
「年は28で秘密は守れるよ」
「それならいいわ。勿論、オチンチンを見せてくれるんでしょうね?」
「当然だよ、体育会系だから凄いぞ。波打っているんだ!」
「そんなに、オチンチンが凄いんだ!」目を輝かせる女子部員だ。

「育子、俺のはダメなのか?」
「違うわよ、そう言う意味じゃないの。ただ見たいだけよ。鈴木君のが一番いいわよ」育子は鈴木に抱きついて、股間を撫でていくと「オッパイが欲しいよ、育子!」言い出す。
「ここじゃ、だめ。後でね」こうして、会場と見学者が決まった。

そして一週間後、ヌード演劇の日が来た。
部員達は研修所で準備をし、それに朋美達も来た。
「稽古した通りにやればいいんだよ」「わかっています」他校生の3人も稽古に加わっている。

初めは全くの素人だったが、稽古の甲斐があって、それなりに演技ができるようになっていた。
「大分うまくなったわね」寛子が褒めると「はい。後は見学者を待つだけです…」顔が強ばる。
「そうね、私も準備しないといけないわね」
「はい、綺麗なフルヌードでお願いします」

「わかっている。ヘアも綺麗に整えて貰ったし…」
「井原に剃ってもらったんですね?」
「当然です、夫ですから」顔を赤らめながら寛子は言う。

「私も育子を綺麗にしました。ピンク色が綺麗ですよ」股間が膨らむ鈴木だ。
「イヤだ、鈴木君のオチンチンが膨らんでいる!」恥ずかしそうに育子が股間を触ると「触っちゃダメだよ、でちゃったら困るし…」手を押さえる。
「そうね。本番で立たなかったら、私が恥だしね」育子は鈴木の唇を吸ってから準備を始めた。

「二人は仲がいいのね」羨ましそうに寛子が言うと「卒業式に結婚する約束をしたんです」恥ずかしそうに答える。
「セックスをするのね?」
「はい、育子がバージンを上げると言ってくれまして」苦笑いする鈴木だ。
「それだったら、3年に進学しないとね。進学しないと卒業できないし…」
「イヤだな、すぐに現実に戻って!」鈴木も会場の準備を始めた。

準備をしている間にも、周りは暗くなり6時になって、研修所には部員達以外は誰もいない。
そこに「おじゃまします」と見学を希望していた聖子と婚約者、それに宏美と清孝、前任の亜樹の5人が訪れ、演技をする会場に案内された。
小さな部屋だが、舞台があって、それなりの事はできる。

「今から始めますから、皆さんもご用意下さい」部屋の中から鍵が掛けられた。
「恥ずかしいけど、脱がないとね」寛子は井原に言い「そうだよ、僕が脱がせてやろうか?」と言う。
「恥ずかしいわ。周りがあるのよ」寛子は恥ずかしそうにスカートを脱いでいく。

それは寛子ばかりでなく、皆が脱ぎだし、スカート、シャツと脱いで下着姿になっていく。
黒や白、ピンクや青と色々の下着を着けているが、その下着も脱いで幼い乳房や、股間が露わになっているが「あらー!」演劇部員は朋美達の股間を見て声を上げた。

「半分だけだなんて!」「面白いヘアね!」皆が笑うと「見ないで。見ないでよー!」両手で股間を押さえ「う、う、う!」泣き出してしまった。
「それくらいで何よ、私達にした事を考えなさいよ!」今までと逆転したのか、育子は強い口調で言っている。

「それくらいでいいだろう。そろそろ始めないと…」
「そうね、始めるわよ」
こうして、出演者と観客が素っ裸の演劇が始まった。

男子部員は女性のヌードに興奮して、肉竿をそそり立たせている。
女子部員も顔を赤らめながら、乳房を揺らせ、淫裂を惜しげもなく晒していた。

やがて、朋美達の出番が来て、4人は舞台に出て行くが「あらー!」「あ、ははは!」笑い声と驚きの声が上がり、今にも泣きそうだ。
どうして半分だけなのかしら?」「さあ…」右半分だけ剃られた絨毛に皆が注目している。

それでも4人は演技を続け、その後は寛子の出番で、寛子も一糸まとわぬ姿で舞台に出て行く。
「いいね、凄く色っぽいや!」
「さすがに寛子さんはいい体をしている。孝信には勿体ないな…」
「だったら、誰になの。あなたなの?」宏美は清孝の肉竿を握った。

「そう言う意味じゃないよ、綺麗だと言いたかったんだ!」慌てて宏美を抱きした。
「わかっているわ。これからは旦那さんだもんね」唇を押しつけていく。
「皆が見ているよ、終わってからにしようよ」指で淫裂を触り「そうね、終わってからよね」宏美も肉竿を擦った。

演劇は40分程で終わり「これから、恥ずかしいヘアを剃ります!」朋美達が舞台に並んだ。
「へぇー。ヘアを剃るのか?」
「あれだったら、剃った方がいいわね。私が剃ってあげようかしら?」

「それだったら、僕がやるよ」
「ダメ、そんな許さないわ。私ので我慢して!」
「と、言うことは、いいんだね?」
「いいわよ、あれが済んでかだけど…」顔を赤らめる聖子だ。

それを聞いた宏美も「私のヘアを剃りたい?」聞いた。
「ああ、剃りたい。いいだろう?」
「わかったわ、私のを剃ってもいいわよ」聖子と宏美も剃ることを承知した。

舞台に上がった4人は、絨毛にフォームを吹き付け、カミソリで剃っていく。
「綺麗だね。幼いオ○ンコは綺麗だ!」井原の肉竿も膨らんでいる。
「孝信君、膨らまさせないで。私ので膨らませて!」寛子は勃起した肉竿を掴んだ。
「わかったよ。それよりいいでしょう?」
「いいわよ、欲しいのね?」孝信と寛子は舞台の隅で抱き合い唇を重ねていく。

朋美達はあっけなく剃り終え、ピンクの淫裂を露わにしている。
「今度は聖子だよ」「宏美も剃るから」2人も舞台に上げられて絨毛を剃られた。
「綺麗だ聖子!」聖子は抱かれて「待って。恥ずかしいわ、見られているわ、あ、あ、あ!」肉竿が淫裂に入っていく。

「宏美、我慢できないよ!」
「恥ずかしいわ。見られているのよ」畳に押し倒されると肉竿を入れられ、抜き差しが始まった。
「あん、あん、あん!」悶え声を上げている二人に、周りも興奮している。

「寛子、やろうよ!」「いいわよ。私もしたいし…」3人の女性は淫裂に肉竿を迎え入れる。
「欲しいわ、私も欲しい!」1人だけ残された亜樹は、黒い乳首と、淫裂を指で触って「あなた、入れて。今夜こそ入れて!」妄想しながら指を淫裂に入れていた。

それに刺激されたか「育子。まねごとでもいいだろう?」「いいわよ、鈴木君!」育子も仰向けになり、バージンが破られない程度に肉竿を入れられて行く。
「私にもして!」演劇部員は、カップルごとにセックスのまねごとをしている。

一方、本物のセックスをしている3組は肉竿のピッチを早めていた。
「あん、あん、あん!」悶え声を上げながら、淫裂から淫汁を流して絶頂間近になっている。
「出すよ出すからね!」
「いいわよ。飲んでいるから」
「私もよ。一杯出して!」淫裂の中に精液が送り込まれ「いいわ、よかったわ」抱き合う大人のカップルだ。

「先生、見せて。射精されると、どうなるかを!」部員は興味津々だが「恥ずかしいわ。いやよ!」寛子は拒む。
「寛子さん、見せてあげなさいよ、性教育だし…」
「わかったわ。見て、これが射精された後よ」顔を背け、淫裂を広げた。

「こんなに、射精って出るんだ!」
「恥ずかしいわ、見たわね、もういいわよね?」
「はい。これがこれで、赤ちゃんが出来るんですね?」女生徒達は淫裂から流れる精液を指で触っている。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA