女教師 寛子 森林公園

【第17話】
 

井原は孝信は夕方に帰り、アパートには1人残された寛子が、不安を抱えたまま風呂に入っている。
「孝信君とエッチはできたけど、教え子の前だったし…」射精された膣の中を丁寧に洗っていく。
「ヘアも乱れてきたわね。直そうかしら?」カミソリを持ち、石鹸液を股間に塗って乱れた絨毛を剃っていく。

「ジョリ、ジョリ!」カミソリが乱れを直し、綺麗に絨毛が揃っていく。
「孝信君はヘアのない性器が好きだったわね…」無毛になった淫裂もカミソリが擦り、お湯で石鹸液を洗い落とすと浴槽に入った。
そして、体を温めるとベッドの上でそのまま眠り込んでしまった。

一方、寛子が風呂に入っていた頃、鈴木は育子から朋美に脅されていた事を告げられ「そうか、オ○ンコまで写真に撮られたのか!」驚いてしまった。
「嫌いになったでしょう。こんな私が?」泣きながら言う育子に「バカだな、そんな事で嫌いになるもんか。それよりあいつを何とかしないと後で面倒になるしな」鈴木は思案している。

「鈴木君、私ばかりじゃないの。女子部員の大半がヌードを写真に撮られて脅されているのよ」
「あいつは、そんな事までしていたのか!」さらに驚く鈴木で、井原と電話で連絡を取り、育子から聞いた事を報告した。
「俺もさっき聞いた。何とかしないといけないよな。とにかく部員に連絡をしないと」こうして井原と鈴木は部員の皆と電話で連絡を取り合った。

翌朝、寛子は電話で起こされた。
「もしもし、西尾ですが…」
「あ、先生ね。今日は暇でしょう。おもしろい事をしましょうよ!」相手はあの朋美で「暇じゃないわ、忙しいから無理よ」意図を悟って断った。

「あら、そんな事言っていいのかしら。どうなっても知らないわよ」
「わかったわ。どうすればいいのよ」
「10時に森林公園の入り口よ。来なかったらどうなっても知らないからね」朋美はそれだけ言うと電話を切った。

「辱める気だわ。何とかしないといけないし…」寛子はすぐに井原に電話を掛けた。
「そうか。だったら、行ってみたら?」
「いやよ。何をされるかわからないわ。レイプされるかも知れないし…」
「大丈夫だよ、僕たちが後をつけるから」
「頼りにしていいのね?」
「勿論さ・寛子は僕の妻じゃないか!」
「それを聞いて安心した。話しに乗ってみるわね」受話器を置くと寛子は出かける準備を始める。

9時半に寛子はアパートを出て、バスに乗り込み、公園に向かった。
公園は10時なので、あまり人がいない。
「どこにいるのかしら、孝信君は?」周りを見ながら歩いていくが、井原を見つける事はできず、不安になっている。

暫くして「先生。待たせたわね」後ろから声が掛けられ「朋美さん!」振り返ると朋美が3人の女性と一緒に立っている。
(誰かしら。この人達?)見た事のない顔で、ミニスカートを履き、ポロシャツを着ていて、まだ高校生と思われる。

「あなたはどちらで?」
「友達よ。隣町の高校に通っているの。それより行きましょうよ!」寛子は朋美に腕を掴まれ、公園の中に連れ込まれた。
(孝信君、必ず助けに来てね)周りを見渡すが井原の顔を見つける事はできず(どうしたのよ、早く来てよ!)不安が高まっていく。

寛子は公園の奥へと連れ込まれ、周りは人影など無い寂しい場所だ。
それに、木立が影となって死角になっている。
「先生、ここならいいわね。誰にも邪魔されないし」
「邪魔されないって、何をする気なの?」
「大したことないわ。先生のヌード写真を撮るだけだだから!」

「そんなのいやよ。ヌードに何か、ならないからね!」体を震わせながら叫んだ。
「あら、そんな事言っていいのかしら。あのことが知れたら、教師は首になるわよ」
「首でもいいわ、私は孝信君の妻よ。ヌード何かにはならないからね!」
「そんな強がりを言ってもいいの?」朋美達は寛子を取り囲んだ。

(このままだと、無理に裸にされてしまう…)怯えた寛子は後ずさりして逃げようとした。
だが、後ろにも女性がいて「逃げられないわよ。言ったでしょう、ここでヌード写真を撮るんだって!」笑顔になっている朋美だ。

「やめて、お願いやめて!」寛子は腕を押さえられ、着ていたニットシャツの裾が、スカートから引き出され持ち上げられていく。
「朋美さん、やめて。こんな事していいと思っているの?」
「思っていないわ。でもヌードを撮るためには仕方ないでしょう?」ビデオカメラを寛子に向けていく。

「いやー!」悲鳴を上げるが、周りには人影すらなく、誰も助けに来る事などなく、寛子はニットシャツが首から脱がされ「やめて。お願いやめて!」上半身は紫色のブラジャーに包まれた乳房が露わになった。
「次はオッパイよ。それからオ○ンコにするからね」
「朋美さん、やめて!」泣き声に変わっているが「いやー!」背中のホックが外され、カップから乳房が飛び出して揺れている。

「大きいわね。おもしろそうだわ」ブラジャーから飛び出した乳房を触っていく。
「ちょっと。それよりも素っ裸が先よ、触るのは後にして!」ビデオを撮っている朋美が口出しする。
「わかっているわよ。ちょっと遊んだだけだよ」肩紐を外してブラジャーも剥ぎ取っていく。
「やめて。お願い、もうやめて!」腕で乳房を隠したいが、押さえられていて隠す事はできず、乳房が揺れ動いている。
それでも(助けて。孝信君助けてよ!)泣きながら抵抗している。

「先生、往生際が悪いわね。オッパイは撮ってしまったのよ。オ○ンコも撮らせなさいよ!」
「いや、そんなのいや。私は人妻です、性器なんか見せたくありません!」泣き声で言う。
「まだ強がりを言って。そんなら力ずくよ、やって!」
「いや、やめて、お願いやめて!」スカートのホックが外され、ファスナーも引き下げられて、スカートが足下に落ちてく。

「いやー!」寛子は紫色のパンティだけを身につけている。
「あら、これもいい色ね。私も欲しいな」スカートを脱がせた女性は、パンティにも手を掛けて引き下げ、寛子のハートの形をした絨毛が現れた。
「あら、おもしろい形にしているのね。あなたはヘアは!」それでも引き下げた。

「あら、生えてない!」淫裂が丸見えになってしまい(見られてしまった。ヘアの生えてない性器が見られた…)寛子は力が抜けていく。
「可愛いわね、こんなオ○ンコも。私もヘアを剃っちゃおうかな?」パンティを足首から抜いて寛子は文字通りの素っ裸にされた。

「お願い。もう、許してください!」足も開かされて、下からビデオが撮っていき(助けて、孝信君。性器まで撮られてしまった…)目から涙が流れ出ていく。
「先生、オ○ンコが綺麗に撮れたわよ。これからは私の言う事は何でも聞くわよね?」
「いやよ、何でもだなんて。私は教師ですからね!」まだプライドがあった。

「言う事が聞けないんだ。だったら素っ裸で帰るのよ!」寛子が着てきた衣服の全てを、見知らぬ女が取り上げた。
「返して。お願いだから、服を返して!」うずくまり、乳房と股間を手で押さえて叫んだ。
「言う事を聞くというなら、返してあげる」
「いや、そんな事できない…」
「だったら、素っ裸でいなさいよ。レイプされても知らないわよ」朋美達は歩き出した。

それには「聞きます。何でも聞きますから、服を返してください」泣きながらも、言うしかない。
「そうよ、そうこなくちゃ。まずはここで、先生がオナニーをするの」
「お、オナニーだなんて!」声を上げてしまった。

「何でもやると言ったはずよ。やらないなら、服は返さないわよ」
「わかりました。やります」寛子は草の上に腰を下ろすと、足を広げ指を淫裂の中に入れる。
(孝信君が来ないから、こんな事までさせらてしまったわよ)泣きながら乳房を撫でていく。

「もっと本気にやって。本気でやらないとだめだよ!」
(本気でやれと言っても…)寛子は孝信の顔と肉竿を思い浮かべて指を動かしていく。
「そうよ、あなたのオチンチンでそこを擦るのよ」井原の愛撫を妄想し、淫裂の中を指で掻き回していく。
乳首も摘んでいくが「あ、ああ!」時折声をあげた。

「凄いわね。本気でオナニーしているわよ」女性達も寛子の淫裂から流れ出る蜜に気がついた。
「あなた、行きたい。行かせて…」腰を浮かせて指が激しく動いていく。
「手伝ってあげて。ほら、寂しそうにしているわよ」朋美が言うと「これが楽しみで朋美の手伝いをしたんだからね」女性達は、寛子の乳房や淫裂と分担して触っていく。

「行きたいんでしょう?」女性の指がゆっくり膣の中に入り、両乳房を2人で揉みながら乳首を吸いだし「ダメ、変になっちゃう。それ以上やめて!」首を左右に振っていく。
「そんな事気にしなくていいわよ。行ってもいいのよ」ビデオを撮りながら朋美が言う。

「そうよ、行ってもいいわよ。こんなにオ○ンコからお汁を流すくらいだから、行きたいんでしょう?」指が動くたびに淫裂から蜜が流れ出ている。
「行かないわ…。これくらいでは行かないからね…」
「どこまで我慢できるかしら。楽しみだわ」3人はゆっくりと乳房、淫裂と責めていく。

だが、行くまいと誓った寛子だが「あ、あ、あー!」ゆっくりと指に合わせ、浮いた腰が動いていく。
「ほら、行きたいくせに。先生は素直じゃないのね。オ○ンコが気持ちいいって、言いなさいよ」
「気持ちいいわ……が」
「何ですって?」
「オ○ンコが気持ちいいです」小さな声でやっと言えた。

「そうよ。先生はオ○ンコが大好きなんだからね」ビデオを撮っている朋美は勝ち誇ったような顔になっている。
(好きじゃないわ。セックスは好きじゃないわよ!)だが、淫裂は正直でドロドロになっている。
「ダメ、行くわ、行くー!」浮き上がっていた腰が落ち「ハア、ハア、ハア!」息づかいが荒い。

「ほら、行ったわ。先生がオ○ンコが気持ちいいって言ったわよ!」薄笑いを浮かべてビデオで撮っているが、寛子の焦点が定まっていない。
「先生、いつまで素っ裸なの。そろそろ人も来るわよ」
(そうだわ、ここは公園なんだ!)我に返り、急いで剥ぎ取られた下着を着ていく。

「いいわね、着ていくのも」朋美はまだビデオを離さず、寛子を撮っている。
「撮らないで。お願いだから、撮らないで!」叫びながらも乳房をカップに仕舞い込み、急いでシャツを着込んだ。
(これでオッパイはいいわ。後はパンティね)スカートに足を通して一気に持ち上げていく。
(これでもう大丈夫だわ。でも、孝信君が助けに来なかった…)夫から裏切られたようで後味が悪いが、そこから去ろうと歩き出した。

「先生。オナニーを手伝ったんだから、お小遣いを下さい」突然、朋美が言いだした。
「お小遣いって、なぜなの?」
「だから、オナニーを手伝ってあげたでしょう。くれないなら別な方法で稼ぐけど。これでも稼げるわよ」わざとビデオをちらつかせた。

「やめて。お願いだからそれはやめて!」
「だったら、あげてやりなよ。朋美が欲しいと言っているんだからさ」
「そんなに持ち合わせはないわよ。5千円しかないの…」

「それだけあれば充分よ。早く頂戴!」
「わかったわよ」寛子がバックの財布から5千円を取り出すと「ありがとう。またなくなったら頂戴ね」笑顔で受け取り、去っていく朋美達4人だ。

一人残された寛子は、井原から裏切られた感じで悔しくて「孝信のバカ野郎!」大きな声で叫んだ。
「バカはないだろう。ちゃんとここに最初からいたんだよ!」木立のほうから声がする。
「見ていたんだ。孝信君は!」

「そうだよ。でも、あいつらを許す訳には行かないから、相手できないよ。携帯に後で入れるから先にアパートに帰って待ってて!」木立から出てきたのはは井原ばかりではなかった。
演劇部員の男子達で、井原と同じように、朋美達の後を追っていく。
(何をする気なのかしら?)寛子は井原が居たと知って、気持ちが和んでいる。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA