「 ありさ 割れしのぶ 」一覧

NO IMAGE

ありさ 割れしのぶ  INFORMATION

● 目次をクリックすればそのページへ飛びます  第一章運命の出会い 第二章祇園 第三章水揚げの夜 第四章再会 第五章路地裏の愛 第六章籠の鳥...

記事を読む

NO IMAGE

ありさ 割れしのぶ  貝紅

【最終章】 ちょうどその頃、浜の方では誰かが沖に向かって大声で呼んでいた。 だが、その声は潮騒で打ち消され、俊介たちに届くことはなかった。浜...

記事を読む

NO IMAGE

ありさ 割れしのぶ  最後の愛

【第十一章】 「俊介はん、ちょっと待って。この薬を飲む前に、もういっぺんだけうちを愛しておくれやすな・・・」 「・・・・・」 「水の中で抱合...

記事を読む

NO IMAGE

ありさ 割れしのぶ  越前の浜辺

【第十章】 ありさと俊介が駆け落ちをしてから1ヶ月の時が流れた。 越前海岸で料理旅館を営む伯父の一平宅に身を寄せた俊介とありさは、伯父の世話...

記事を読む

NO IMAGE

ありさ 割れしのぶ  逃避行

【第九章】 「お~い!待たんかえ~!そこの学生っ!舞妓と駆け落ちしたらどんな目に遭うか分かってるんかあ~!」2人の男が血相を変えてありさ達の...

記事を読む

NO IMAGE

ありさ 割れしのぶ  一通の手紙

【第八章】 6月下旬、いよいよ夏到来を思わせる暑い夜、ありさは男衆をひとり伴ってお茶屋に向った。 俊介の屋形訪問の一件以降、女将は警戒を深め...

記事を読む

NO IMAGE

ありさ 割れしのぶ  芋折檻

【第七章】 それから二日後の夜、ありさは傷心も癒えないままお座敷にあがった。 相手はもちろん丸岩である。 ありさと俊介の一件を女将はひたすら...

記事を読む

NO IMAGE

ありさ 割れしのぶ  籠の鳥

【第六章】それから2日後、その日は風もなくとても蒸し暑い日だった。 ありさは三味線の稽古を済ませ、手ぬぐいで額の汗を押さえながら、屋形“織田...

記事を読む

NO IMAGE

ありさ 割れしのぶ  路地裏の愛

【第五章】そして日曜日。ありさは浴衣姿に薄化粧と言う言わば普段着で蛸薬師へ向った。 俊介に会える。好きな人に会える。ありさはそう思うだけで、...

記事を読む

NO IMAGE

ありさ 割れしのぶ  再会

【第四章】その後も丸岩は週に一度ぐらい、ありさを座敷に呼び夜を共にした。 逆らってもどうしようもないさだめなら、いっそ従順に努めてみようと、...

記事を読む