「 哀奴まどか 」一覧

NO IMAGE

哀奴まどか 終章 旅立(2)

   【終章(2)】いつしか私は眠っていたのでしょうか、それともあまりの苦痛と快楽に気を失っていたのでしょうか・・・ふと気が付いて目を開ける...

記事を読む

NO IMAGE

哀奴まどか 終章 旅立(1)

   【終章(1)】アァッ、アァッ・・・アアァァッッ・・アアアァァァッッッ・・・・・これで何度目になるのでしょうか。また私はめくるめく絶頂を...

記事を読む

NO IMAGE

哀奴まどか 第5章 妬心(5)

   【第5章(5)】それは、どれ程私が身体を捩り脂汗を流しても、全身を痙攣させてさえも許されずに続く激痛だったのです。私は、目の前が真っ白...

記事を読む

NO IMAGE

哀奴まどか 第5章 妬心(4)

   【第5章(4)】そして一度部屋を出て行かれたご主人様は、手に歯ブラシと、半分ほど水の入ったコップを持って、すぐに戻って来られたのです。...

記事を読む

NO IMAGE

哀奴まどか 第5章 妬心(3)

   【第5章(3)】もう真夜中を過ぎた頃だったでしょうか、やっと扉が開き、ご主人様が私の寝室に入って来られました。私はホッとした安心感と、...

記事を読む

NO IMAGE

哀奴まどか 第5章 妬心(2)

   【第5章(2)】そして明日から、いよいよ夏休みが始まる日、わたしはまた、あの時と同じ男性に、声を掛けられたのです。私でも、2度目になれ...

記事を読む

NO IMAGE

哀奴まどか 第5章 妬心(1)

   【第5章(1)】もうあと数日で夏休みの始まる、あの日のことでした。私は学校からの帰り道、男性に声をかけられたのです。私の通っている高校...

記事を読む

NO IMAGE

哀奴まどか 第4章 子猫(3)

   【第4章(3)】爪を立てられた乳房の激痛を感じる暇もない内に、乳首に加えられた信じられない刺激に、私はそれこそ絶叫を上げ、身を悶えたの...

記事を読む

NO IMAGE

哀奴まどか 第4章 子猫(2)

   【第4章(2)】イヤ・・たとえミミでも・・・・こんな私を見られるのは・・恥ずかしい・・・でも、ご主人様は一向に構わないご様子です。それ...

記事を読む

NO IMAGE

哀奴まどか 第4章 子猫(1)

   【第4章(1)】5月の連休も終ったあの日、父と母は晩餐会を兼ねたピアノリサイタルに夕方から外出されたのです。出かける時、11時頃までに...

記事を読む