「 ひとみの内緒話 作品 」一覧

NO IMAGE

青海瑠璃 前編(3)

   【前編(3)】昼休み。どうも給食室でトラブルがあったらしく、修復に一週間はかかることになった。そのため、今日から暫く弁当となった訳だ。...

記事を読む

NO IMAGE

青海瑠璃 前編(2)

   【前編(2)】恋愛感情だと気付いたのは、一緒に暮らし出してから。けど、この気持ちはまだ伝えたくない。今の生活を壊したくないし、もし海斗...

記事を読む

NO IMAGE

青海瑠璃 前編(1)

   【前編(1)】冬の海は怖い。全てを飲み込んでしまいそうな暗さを持っている。冷たく、波音は壮年のバリトンの囁きを思わせる。その海を泳ぐも...

記事を読む

NO IMAGE

青海瑠璃 INFORMATION

● 目次をクリックすればそのページへ飛びます【数字】  前編【1】 【2】 【3】【4】 【5】 【6】【7】 【8】 【9】 後編【1】 ...

記事を読む

NO IMAGE

白雪百合 後編(7)

   【後編(7)】「ヒッ…もっ…だめぇぇーーっ!!」「あぅっ…くっ…ふぁあぁんっ!」二人がほぼ同時に果てる。少女の体が床に滑り落ち、百合子...

記事を読む

NO IMAGE

白雪百合 後編(6)

   【後編(6)】しかもパンツの内側は、もっとえげつない仕掛けになっている。張り出しているのは二本。アナル用もあるのだ。そしてよく見ると、...

記事を読む

NO IMAGE

白雪百合 後編(5)

   【後編(5)】「感度良好…みたいっすね」ニヤニヤ笑いながら、妖子は百合子の肉襞を指でゆっくり開いていく。「ァアン!だめぇっ…!」外気に...

記事を読む

NO IMAGE

白雪百合 後編(4)

   【後編(4)】楽になればいいと、誰かがいう。彼から開放されたい。これ以上至福を味わえず、生殺しにされるくらいなら。けどそれと同じくらい...

記事を読む

NO IMAGE

白雪百合 後編(3)

   【後編(3)】「ご苦労様、魔御」「怪がその調子だと…紅茶くらいいれたほうがいいですかね?僕」小刻みに震えながら必死に妖子を支える青年を...

記事を読む

NO IMAGE

白雪百合 後編(2)

   【後編(2)】いつの間にか気を失っていた。あのままディルドゥと指で何度もいかされ、百合子は悲鳴をあげて何度となく失神した。だがすぐに起...

記事を読む