「 ひとみの内緒話 作品 」一覧

NO IMAGE

全ての者に愛の手を 所持品(3)

【第8章(3)】俺は2リットルのミネラルウォーターを二本用意した。蓋をあけ一美に気付かれぬように粉薬を混ぜた。前から一美に用意させていた物だ...

記事を読む

NO IMAGE

全ての者に愛の手を 所持品(2)

【第8章(2)】「いい子だ。スイッチを入れてやるよ。」カチッカチチチッ。持っていたリモコンをONにし、パワーをいきなり最強にする。ヴイィィィ...

記事を読む

NO IMAGE

全ての者に愛の手を 所持品(1)

【第8章(1)】一美が来てから、まず炎之花をソファに縛りつけた。とりあえず逃げられないようにするためだが、見た目も楽しむためM字開脚だ。三点...

記事を読む

NO IMAGE

全ての者に愛の手を 知恵の実を口に(7)

【第7章(7)】「ちょッ…い、いや…ッ――――――!!」口を抑え、全身の痙攣を悟られぬよう体をこわばらせた。イってしまった。生徒の前で。きっ...

記事を読む

NO IMAGE

全ての者に愛の手を 知恵の実を口に(6)

【第7章(6)】何が始まるのかわからない。目の見えない私には彼が何をしようとしてるのか予想すら出来ない。その恐怖が私の動きを止めた。彼の命令...

記事を読む

NO IMAGE

全ての者に愛の手を 知恵の実を口に(5)

【第7章(5)】わかっているのかもしれない。私が抵抗する気を失いつつあることを。「んじゃ、まぁ早速どうぞ。」「え…? 私がするんですか?」「...

記事を読む

NO IMAGE

全ての者に愛の手を 知恵の実を口に(4)

【第7章(4)】「何それ?」「付着剤です。紙をザラついた物にしたので、鉛筆を塗った箇所と手触りが違うので触ればわかるはずです。触って手に黒鉛...

記事を読む

NO IMAGE

全ての者に愛の手を 知恵の実を口に(3)

【第7章(3)】「じゃ、俺はいきなり授業だそうですから。」彼は行ってしまった。私も実習生を連れ音楽室に向かった。1限目は音楽の授業はなく、美...

記事を読む

NO IMAGE

全ての者に愛の手を 知恵の実を口に(2)

【第7章(2)】しばらくし、最後の一口を食べ終った。「ごちそうさまでした。」「お粗末さまでした~。っともう10時か…寝過ぎたな。明日学校だろ...

記事を読む

NO IMAGE

全ての者に愛の手を 知恵の実を口に(1)

【第7章(1)】「ん…」目を覚ますとそこは布団の中だった。服は乱れ、胸と下半身が露になっていた。「ここ…水橋さんの部屋…」そう、ここは彼の部...

記事を読む