地獄の囚人 報復

【第17話】

 

「桐子さんだったわね。体が震えているわよ」怯える桐子とは対照的に余裕の涼子だ。
「この私をどうする気なの?」
「何もしないわ。ただ、ここでの出来事を誰にも言わないと誓えばね」

「そんな事できないわ。私は法律を守る弁護士よ!」
「そうよね。だから困るのよ」うんざりと言った顔でテーブルに本を置いた。
「見て。これがあなたの全てよ」桐子はそれを手に取り開いた。
「やめて。こんな事イヤ~!」見るなり悲鳴を上げたが、それは今まで受けた辱めをまとめた写真集だ。

タイトルも「片山桐子の全て」と書かれ、全裸にされ犯されている写真や、自分から股間の絨毛を剃っていく写真がビッシリと載っている。
「これを見たら、親も悲しむでしょうね。ショックで死んだりして!」笑い声を上げているが、その傍らでは涙を流しながら桐子が呆然としていた。

「これを、どうする気なの?」
「売りに出そうと思うの。女弁護士の本番写真としてね」
「やめて。そんな事されたら、生きていけない…」涙がが止まらない。

「何も、酷い目に遭わせようと言うつもりはないわ。ただ、誰に頼まれたか知りたいの」
「誰にも頼まれていません。自分からここに来ました」
「そう、誰にも頼まれていないんだ。何の為に来たの?」涼子の鋭い尋問が続く。

「弁護した被告が死亡した理由を知りたくて…」
「ああ、あれね。確か小川千香と言ったわね。男に抱かれるのが嫌がっていたわ」
「無理に仕向けられたら、誰だっていやです」

「でも、あなたは違うわ。自分で体を売っているから」
「酷い。自分ではしていません…」
「そうかしら。『オ○ンコ見せ子』と言って、人前で素っ裸になっていたじゃないのよ」
涼子は写真集を捲って指さした。

「それは、仕方なくやりました…」
「そんな事、信じると思う人いるかしら。とにかく出所するまでは体で稼ぐのよ」
「イヤです。もう売春はしたくありません!」
「やらないと言うなら仕方ないわ。これが弁護士仲間に配られるだけよ」

「それだけは、やめて!」
「だったら、素直に抱かれるのよ。誰にも知られないようにするから」赤子をなだめるような言い方だ。
桐子もこの写真を配られるのはイヤだから頷いた。

「そうよ、それでいいの。今日は特別な衣装を用意したから着て」涼子は薄いナイロンの白衣を用意した。
(これだったら、素っ裸と同じよ)そう言いたいが、黙って囚人服を脱いでいく。

そして、全裸になると直に着てナース帽もかぶらされ、看護婦姿になったが、薄いナイロンは肌に密着して女性のシンボルがを透かしている。
「いいわね、こんな制服だったら男もイチコロよ」ゴマ塩のようになった淫裂を触りながら言う。

「本当だわ。男だけでなく、飢えた女だってイチコロかもよ」刑務官達も冷やかし、白衣を着込むと特別面会室に連れて行かれた。
「真面目にやるのよ。手抜きしたら承知しないからね」それには答えず、黙ったままだ。

そして、中に入れられ、暫くして男が現れ「ほ~、看護婦か。これもいいね」目を輝かせて見つめ、その前で桐子は正座した。
「私をお買いあげいただき…」いつものように正座して始めると「挨拶はいい。早くしてくれ」男は我慢できないのか、役目のしない白衣を脱がしていく。

「自分でします…」
「俺にやらせろ!」白衣が脱がされ白いストッキングだけ身に着けている。
「今度は私が…」桐子が脱がしていき、シャツ、ズボンと脱がして全裸にした。
(こんな事したくないけど…)勃起した肉竿を口に含み、それを美智や美香が見守っている。

そのころ、所長室では涼子が男と話し合っていた。
「片山桐子か。弁護士だったとはな…」
「そうよ。このまま、外に出さないで置いた方がいいかもよ」
「それじゃ、困るよ。人手が足りなくて困っているんだから」

「そうよね。外人も取り締まりがうるさいから、出所した女が一番かもね」
「そう言う事。何とかしてくれよ」男は甘えるように涼子に抱き付いた。
「出してもいいけど、秘密を守れるかしら?」
「試してみたらどうだろう?」男は、涼子のボタンを外して、ブラジャーを捲ると吸い付いた。

それには涼子も「あ、あ、あ~!」気持ちよさそうな声を上げていく。
「わかった、試してみる。それより、あそこにも…」男の頭を抱きしめた。
その言葉に、乳房を掴んだ手がスカートを脱がした。
すると、短い絨毛に覆われた淫裂が露わになり「履いてないの。早くして欲しい…」涼子は仰向けになって、男の肉竿を淫裂に向かえた。

それから1週間が過ぎ、桐子も後2日で出所の運びとなっている。
「新藤妙子。面会人よ」和子が迎えに来た。
(どういうつもりかしら。偽名で呼ぶなんて…)身元がばれたのに、まだ偽名で呼ぶのに不審に思った。

それでも、和子と一緒に面会室に入ると「新藤さん、本来なら小室さんが来るはずでしたが、仕事がありまして…」男は変わりに来た理由を述べた。
そして「死亡の理由が、わかりましたか?」と質し、それには桐子も戸惑っている。

(どうしよう。虐待があるけど売春させられているのがわかってしまうし…)悩む桐子だが(私は弁護士よ。正義を通さないと…)と思い切って「実は、この刑務所では虐待が…」と告げた。

それには面会に来た弁護士も驚き顔になっている。
「本当なんです。それだけではなく、服役囚に売春までさせています」桐子は今までの事を一気に話した。
それを聞いた弁護士も驚き顔で「そんな、売春だなんて信じられない…」それだけしか言えなかった。

暫く沈黙してから「証拠がありますか?」と質した。
「はい。ここからでたら、証明します!」
「わかりました。小室さんには、私から話しておきます」

「よろしくお願いします」面会に来た弁護士が帰った。
(売春の証拠だけど、私がやっているのを公にするしかない…)正義の為にこれから起こる不幸を覚悟した。

面会の来た弁護士が帰った翌日、桐子は所長室に呼び出された。
「せっかく、もうすぐ出所だというのに残念だわ」独り言のように言う。
「所長。何の事ですか?」それには意味がわからず桐子が聞いた。

「これよ。こんなのがあなたの所から見つかった以上は、取り消して貰うからね」白い粉末を見せる。
「それは間違いです。私は何もしていません!」
「そうかしら。これから検査すれば、直ぐにわかるわよ」涼子の合図で桐子は両脇を抑えられた。

「間違いです。私は何もしていません!」いくら叫んでも聞く様子はない。
(罠だわ。昨日の事を根に思っているんだ…。でも、いずれは小室さんが来て助けてくれるし…)桐子にはまだ余裕があり、顕子と美香に両脇を抑えられ、車に乗せられ刑務所から出た。

刑務所を出てから30分ほど走ると、見覚えのある建物が見えてくる。
「イヤ。ここはイヤ~!」思い出したのか、暴れ出した。
「イヤでも行くわよ。これも用意してあるの」桐子の全裸写真で、名前と番号が書かれている。

「美香。どうせなら、今から丸出しで行こうよ」
「そうよね。どうせ脱ぐんだから」嫌がる桐子の囚人服が、2人によって脱がされていく。
下着が露わになったが、それも脱がされ全裸にされた。

「ここを見たら、男が喜ぶわよ」淫裂を広げた。
「やめて、お願いです!」
「暴れないでよ。そんな事するなら、こうよ」後ろ手に手錠が掛けられて、桐子の自由が奪われて、車も建物の駐車場に停まった。

「降りるのよ!」嫌がるが、全裸で引き下ろされ歩かされた。
すると「証明書をお願いします」まだ若い警備員が声を掛けてくる。
「はい、これよ」顕子が証明書を渡すと、ジッと桐子の淫裂と乳房を見て(性器を見られている…)顔を背けた。

「前を向くんだ!」警備員は乳房を握りしめた。
「やめて、触らないでよ!」
「だったら、正面を向け。確かめているんだから」写真との見比べだ。
「ほう。写真にはオ○ンコの上にホクロか…」そう言うと、淫裂を触っていく。
「いや、そこはいや!」指が膣の中に入って動き出した。

「確かめているだけだ。我慢しろ!」指は執拗に動いてから抜かれた。
「ホクロもあるな。入っていいです」やっと許可され、中に入ていく。
建物に入ると、桐子は検査室に連れて行かされ「これに出して!」素っ気なく紙コップが渡される。

「足を広げるのよ!」言われるまま足を開くと、淫裂に紙コップが押し当てられた。
それには「ここじゃイヤ。トイレでさせて!」と顕子に頼む。
「それは無理だ。大事な証拠品だから、ビデオにも撮る!」カメラが向けられた。
「やらないわ。こんなのイヤよ!」

「だったら、罪を認めるのね。それなら何もしないわよ」
「認めません。やっていませんから!」
「だったら出すのよ。証明する為にも」そう言われれば、逆らえない。
(人前ではイヤだけど…)股間に力を入れた。

すると「バリ、バリ!」音と共に、黄色い水が噴き出していく。
(撮らないで。ビデオはイヤ!)顔を背けようとすると正面を向かされ、嫌々カメラを見つめるしかない。
その間にもコップは黄色い液体で満たされて「もういい。これで充分だ」力を抜くと噴出も止まった。

コップの液体はスポイトで吸い上げられ、数種類の薬品に入れられる。
暫くすると「覚醒剤だ。間違いない!」と男が叫んだ。
「間違いよ。私はそんなのやった覚えないわ!」首を振って言う。
その言葉に、また同じ事を繰り返したが、結果は同じだ。

「これで、言い逃れはできないわね」
「知らないわ。私はやっていない!」あくまでも認めようとはしなかった。
「仕方ないわね。体に聞くわ」
「イヤよ、もういや。やっていないから、もう一度調べて~!」叫ぶが外に連れ出され、部屋に連れ込まれると、中には男が2人いる。

「尋問よ。覚醒剤を使っていたの」
「そうか。それだったら手加減できないな」後ろ手にされたまま、ロープが巻き付けられた。
それに、足首にも巻き付けられ引き上げられていく。

「イヤ、やめて~!」叫ぶが、足を広げたまま宙に浮いている。
「桐子、誰から貰ったのよ」
「やっていま、ヒ~!」言い終わらない内に、男の持ったムチで背中が叩かれた。
「正直に言えよ。言わないと、もっと痛い思いだぞ」もう1人は乳房を揉んでいる。

「信じてください。本当に私では…。ギャ~!」またムチで打たれ、今度は尻に赤い筋が出来た。
「言えよ、言うんだ!」2人の男は執拗に桐子を責め立てていく。
「私じゃない。私はやっていません…」元気だった声が次第に涙声に変わっている。

それでも、男の持ったムチが桐子の体を叩いて「ギャ~!」と悲鳴がやむ事がない。
「痛いのはこれくらいにして、気持ちいいのにしたいが、いいかな?」
「好きにやってもいいわよ。私達は遠慮するから」
「助かるよ。ここしばらく、やっていないから、たまっているんだ」

「だったら、思い切りやって上げて。弁護士だけど凄く好きなのよ」そう言い残して顕子と美香が出ていく。
「弁護士か。それにしても言い体つきだ」2人の男は桐子の体を触っていく。
だが、桐子は返事すら出来ない状態だ。

男は服を脱ぐと、足の間に入ってきた。
(やめて。レイプはイヤ~!)そう思うが声も出ない。
「行くぞ!」無抵抗の状態のまま、腰を押さえられ肉竿が淫裂を突き刺し「うっ!」と呻き声を上げるのがやっとだ。

「いいね。締まりもいいぞ!」宙に浮いた桐子の腰を掴み、動かしていくと「ピシャ、ピシャ!」淫裂に肉竿が入る音が響いている。
「俺も手伝うぞ!」もう1人も横から手を伸ばして乳房を掴んでいく。
「形といい、柔らかさといい、ダントツだな」満足そうな顔つきだ。

一方、顕子と美香はマジックミラー越しに眺めていた。
「凄いわね。私もあれでやって欲しいわ」
「わかっているよ。今度やってやるから、今は我慢しな」2人も後ろから男に抱かれていた。

「出してもいいわよ。あれ飲んでいるから」
「嬉しいね。俺もたまっているんだ。思う存分やらして貰うよ」2人は桐子が犯されているのを眺めながら、淫裂を肉竿で突かれていく。
勿論、そんな事など桐子は知るよしはなく、これが仕組まれた罠だとも知らない。

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA