聖マーガレット女学院の秘密 補習授業(3)

【第12話】

ーーよし今だ!

実は変質者揃いで性的に淫蕩な女性が求められる上流社会で、セレブな夫人の座を射止めるためのエロ教育が行われている聖マーガレット女学院に、3年生から転入して来た現役アイドルえみるちゃんの補習授業に参加した俺は、授業開始の号令が掛かりこの抜群の美少女が立ち上がった瞬間、リモコンバイブのスイッチをオンにした。ユキさんと事前に打ち合わせていた通り、性経験の少ない少女でも確実に感じてしまうクリトリスを責める突起を振動させてやったのだ。さっき装着させてやった時にしっかりムキ癖の付いた包皮をどけて密着させただけでエロ声が出てしまい、ずれないよう押さえたパンツをきつく食い込ませていたから、その効果は覿面だった。アッと小声が出るのを手で塞いだえみるちゃんは、すぐさま激ミニから半分露出しているパンツをもう片手で押さえるが、どうにも刺激を防ぐ事など出来やしない。そのままアソコを手で抑えてしゃがみ込んでしまい、「礼」と言う号令と同時に何か口にして全身をおこりに掛かったように慄わせるばかりだったのである。

色白な美貌をウットリと紅潮させてハアハア吐息を荒げるえみるちゃんがイッテしまったのは明らかだったが、数学の女先生は辛辣だった。

「えみるさん。気をやったのですね?」
「ああ……はい。イッテしまいました」
「もっと大きな声でハッキリ言いましょう。やり直しです」
「そんな………」

恐らく頑張ってアクメした事を口にしたのに認めてもらえず、その辛さに声を詰まらせるえみるちゃん。何せ授業中20回の絶頂が課せられているのだから。するとユキさんが一緒にしゃがみ込み、彼女を立たせてやったのだが、それは単に助けただけではなかった。

「手伝ってあげるから、もう1回立とうね。はい、オテテで隠しちゃダメよ、背中で組んじゃおう」

ユキさんはクリ責めの鋭い快感に襲われて思わずパンツの上からアソコを押さえたえみるちゃんの手を半ば強引に背中にねじり上げて組ませ使えないようにしてから、再び立ち上がらせたのだが、背後から堂々とセーラー服の胸元をまさぐっていた。

「えらいわね、ちゃんとノーブラ。ほう~ら、チクビがもうビンビンよ。ヨシオくん、加減してキッチリいかせてあげてね、キモチいいところ3連発で、君も出してあげるのよ」

ーーユキさん、ノリノリだなあ………

「えみるちゃんの大好きなクリバイブだよ~」

どうも女の子イジメもお手のものらしいユキさんが、セーラーブラウスを突き上げてビンビン状態になってた両乳首をクリクリと指で転がして、えみるちゃんはアヘ声を洩らしながら顔をのけ反らせ感じまくっているようだった。性経験不足の未成年女子を堕とすには、急所をソフトに刺激して優しく快楽の扉を開いてやる必要があるのだ。俺はさっきいきなり強震動のクリ責めでえみるちゃんにしゃがませてしまった事を反省し「加減して」と言うユキさんのアドバイスに従いゆっくりと振動を上げていく。するとえみるちゃんはガニ股に脚を開くと、ストリッパーのように腰をグラインドさせながら快感を口にしたのである。

「あ~っ! きもちいい~っっ!! えみるイッチャウ、イクイクイクイク、いくうううっっっ!!!」

えみるちゃんはアクメを堪能し大きな声で告げる事が出来たようで何よりだった。そして事前の打ち合わせ通り授業中体に触れるのを禁止されている俺は、彼女が悩ましくイッテしまうのをガン見しながら、握り締めたペニスを素早くしごき上げてブシャッと精子を飛ばすのをえみるちゃんに観賞させてあげた。ヘルパーのユキさんも、数学の先生も、上々のパフォーマンスに満足げである。

「えみるさん、あなたやれば出来る子なのね、えらいわ。カウント1回目オッケーよ」
「ヨシオくん、えみるちゃんオマンコに欲しいみたい。次やったげて」
「アーッ! おちんちんが凄いいっっ!! えみる、又よ、又イキそおっ!」

こうして授業開始の号令と同時にリモコンバイブで気をやらせるプレイが続けられ、媚薬とバイブレータ、さらにユキさんの乳房をいたぶるレズテクも相まって、すっかり目覚めてしまったえみるちゃんはあられもなく快感を口にしながらアヘり狂い、クリトリス、女性器。そしてアナルで極めてしまったのである。そして俺はこのアイドル美少女の痴態をオカズに出したザーメンを彼女の美脚に掛けたのだが。えみるちゃんもパンツをグショグショに濡らしたようである。

「えみるちゃん、とっても素直にイキまくっちゃって、カワイイわあ。お姉さんが、ずーっとオッパイモミモミしたげる。目標はアクメ20回よ! ヨシオくんも死ぬ気で頑張ってね」

すっかりヤル気のユキさんは、着席後もえみるちゃんの耳や首筋をネッキングしながら、乳房を粘っこく愛撫し続けている。とてもそんな気分ではないであろうえみるちゃんは、何事もないかのごとく淡々と進む授業に必死で歯を食い縛りながら取り組んでいるが、ノートを取る手が滞り時折宙に視線を泳がせて快楽に溺れている様子だ。俺はさすがに連続射精が辛いので、1、2分休憩してはリモコンを操ったが、えみるちゃんは打てば響く楽器のように優秀な反応でどこを責めてもすぐにイッテくれたので、1時間の授業で20回の絶頂と言うウルトラC級の難行をどうにかクリア出来たのであった。

「よく頑張りましたね。それでは、前田えみるさんに、補習の成果を見せてもらいましょう」
「1時間付き合って頂きまして、どうもありがとうございました」

トライアスロンでゴールした後、さらにマラソンを走るような人間の限界を越える苦行で、正直ゲッソリしていたのだが、20回イッタとは思えないえみるちゃんの可憐なお辞儀に俺は大きな達成感と満足感に包まれていた。

「つきましては、えみるにご奉仕させて頂いてもよろしいでしょうか」
「良かったね、ヨシオくん。えみるちゃんって前の学校じゃ男嫌いだったらしいわ」
「この補習で、えみるさんはあなたのオチンチンでたっぷりイカされ、男性恐怖症も改善された事でしょう」
「こんな汚いチンチンで良かったら、お好きにどうぞ」
「ありがとうございます!」

何とも気が利かない応答をしてしまったが、男性恐怖症が改善されたアイドル美少女がM字開脚でびしょびしょに濡れて股間に貼り付いたスケスケのエロパンツを見せ付けながら、汚いペニスにウットリと至福の表情を浮かべてむしゃぶり付いて来る夢のような現実に、馬車馬同然の酷使でタ勢いを失いフニャチンと化していた俺の馬鹿ムスコはたちまち蘇った。男嫌いがウソみたいに上目使いで求めて来るえみるちゃんのオクチに含まれたチンポは力強く彼女の咽奥を突き上げ、俺は片手でセミロング髪の後頭部をヨシヨシと撫でてやりながら、もう片手でリモコンを操作し、未だ食い込みパンツの中で健在の淫具でアクメを搾り取るのを忘れなかった。

家族からもゴミ同然に忌み嫌われた「サイテー男」である俺のチンポのレプリカでえみるちゃんが気をやる度に気合いで射精し、三度の絶頂と放精を終えた俺が頭を放してチンポを引き抜いたが、恐るべき事に瀕死状態の俺にはまだ休息が与えられなかった。完全に壊れてしまったのか、清純な現役女子高生アイドルの仮面をかなぐり捨てたえみるちゃんが肉欲を貪るビッチと化して、凄い力で俺を押し倒して来たのである。

「オチンチンちょーだい! オチーンチン!」

グショ濡れパツツを脱いで電マのアタッチメントを引き抜き投げ捨てたえみるちゃんは、床に寝そべった俺に馬乗りになると逆レイプ状態で勃起ペニスをマンコに入れてしまったのだ。えみるちゃんが全裸でなく制服を着たままなのが良かったのか、俺も何とかテンションを維持して硬直を保つ事が出来たと思う。ロリコンヘンタイの俺はセーラー服のカワイコちゃんとエッチするのが生き甲斐なので無理が利いたんだけど、この時ばかりは見境のない絶倫チンポをホメてやりたい気分であった。

ーーこんな子が相手なら俺のチンポはいくらでも射精出来る無敵なんだぞ。どうだ、参ったか!

俺のチンポ中毒となったえみるちゃんは、騎乗位でガンガン腰を振り、何度も何度もアクメを絶叫すると馬上で討ち死にしてしまい、グッタリと自失状態になって、ようやく俺は解放された。見物していた数学の先生とユキさんと言う2人の年上女性は、ヨシオくん、すご~い、等と拍手喝采で長丁場の連続射精にも命を落とさず乗り切った俺を褒め称えてくれた。そして最後に先生が恐怖の宣言をする。

「明日からは、あなたが椅子に座り上に乗ったえみるさんを犯す形で補習を実施したいと思います。触っても舐めても構いませんから、30回をノルマとしてイカせてやって下さい」
「補習は1週間続くのよ。良かったね、ヨシオくん」

楽しそうに言うユキさんのセリフに、ギネスブックに載せてくれよと思った俺だが、一体どういう分野で申請すればいいんだろうね。

 

 
toukou

 

 

この作品は、新・SM小説書庫2の管理人、二次元世界の調教師様から
投稿していただきました。 
尚、著作権は、新・SM小説書庫2 二次元世界の調教師様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

二次元世界の調教師様が運営されておられる
オリジナル官能小説サイトです。

女子高生を羞恥や快楽で調教するソフトSM小説を掲載しています。
豊富な実写コンテンツに更には、カープ・自作詰将棋・読書感想
柴田淳を始めとする好きな歌手について等々、多彩なサイトです。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA