ありさ 土蔵の濡れ人形 INFORMATION

● 目次をクリックすればそのページへ飛びます

登場人物紹介

 

第一話
女中奉公

 

第二話
五客の茶碗

 

第三話
卑劣な罠

 

第四話
生娘初縄

 

第五話
窮屈な孔

 

第六話
青竹開脚縛り

 

第七話
はまぐり啜陰

 

第八話
未通の秘孔

 

第九話
破瓜の血

 

第十話
悲愁の夜明け

 

第十一話
男子便所のありさ

 

第十二話
ふみの密告

 

第十三話
御虎子

 

第十四話
変態九左衛門

 

第十五話
羞恥の石清水

 

第十六話
騎乗のありさ

 

第十七話
碁盤攻め

 

最終話
濡れ人形

【第五話 窮屈な孔 より抜粋】

乳房が唾液まみれになった頃、九左衛門の興味は下半身へと移った。
「次は下やな」
「もう許してください……」
涙ながらに許しを乞うありさだが、九左衛門はいっこうに取り合おうとしない。
「下はどないなっとるんか調べたるわ」
商売人にしては意外なほど厳つい手が、ありさの着物の裾に触れた。
「ひぃ!」
着物の裾をめくると、いきおい内側に着けている腰巻もいっしょにめくれ上がってしまい、日焼けしていない白い太股が露わになってしまった。
ありさは懸命に脚をよじって抵抗を試みたが、上半身を柱に縛られているため自由が利かない。
いとも簡単に九左衛門に着物をまくり上げられ、腿のほとんどが露出してしまった。

野々宮ありさ

toukou02
 
toukou00
 
toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA