悪夢の後に エステ

【第10話】

結局、幸恵は8人の相手をさせられ「ハア、ハア、ハア!」洗い呼吸で仰向けになっているが、淫裂からは精液がドロドロと流れている。
「そうだ。ついでだから膣の洗浄実習もしよう!」
「いいですね。一石二鳥ですし」石川達は準備をし、仰向けになった幸恵の股間にパレットが押し当てられた。

「自分でします、自分で!」
「実習だよ。モデルになってくれ」野村に言われれば拒めず「うっ!」淫裂にチューブが押し込まれ、洗浄液が送り込まれた。
(冷たい。膣の中が洗われていく…)恥ずかしそうに乳房を押さえ、目を閉じたままだ。

研修医達は指で淫裂を広げて洗浄していき(見られているわ。膣の中まで見られている…)泣き出したい気持ちだったが、それでも淫裂に洗浄液がドンドン送り込まれていく。
すると、洗浄液と一緒に精液が流れ出て来た。

「終わったよ。幸恵君」淫裂が拭かれ(よかった。これで終わりね)起きあがり、先ほど脱いだストッキングを履いていくと(いやよ。見ないで、恥ずかしいから)そんな様子を研修医達が見守っている。
幸恵はストッキングを履き終えてガーターで押さえ、乳首にピアスを取り付けると、役目をしないドレスを着込んだ。

「幸恵君、妻と会ってくれないかな、迎えにくるから」
(いやよ。恥ずかしい事をさせられるから)黙ったままだが、野村は電話を掛け(やめて、お願いです!)叫びたいが、見守るしかない。

「すぐに来るそうだ。是非合いたいと言っていたよ。しばらく見学していたまえ」
「はい、そうさせていただきます」幸恵が研修医の後ろで見守っていると「感想はどうかね?」今度は石川が後ろから乳房を掴んで揉みだす。

「よくありません。ですからやめてください」小さな声で言うと「嫌うなよ。俺だってやりたかったんだ」石川は耳元で言う。
(いやよ、触らないで。もういやなのよ!)乳房を揉まれ、幸恵は嫌がるが執拗に乳首まで摘んで(ダメ、そこはダメ。痛いの、さっきやられて痛いのよ!)本来なら喜びの声を上げたいが、顔を歪めている。

散々乳房を触られた後、股間も触られた。
(痛いの。膣が痛いのよ)性器も限界まで研修医に犯され、痛みしか感じないが、それでも石川は薄い布の上から淫裂を撫でていく。

野村が電話を掛けてから1時間ほど過ぎ「教授、奥さん達がお見えになりました!」事務員から電話が入った。
「来たか。服を着て行かないと警察沙汰になるぞ」
「わかっています」石川からワンピースを手渡されて着込んでいく。

服を着終えると、研究室から事務員室へと向かうが「あら、お久ぶりですね。幸恵さん!」道代が声を掛けてきた。
「ホントに久しぶりね、これからは私達がご案内しますわ」理恵や紀子もおり顕子もいる。
それには(何か企んでいる。間違いなく!)顔がこわばった。

「これから行きましょうよ!」
「どこへですか?」
「ホテルを探さないといけないでしょう?」
(そうだわ、明日もあるんだった!)「わかりました。お願いします」4人は大学を出て町へ向かったが「まだ時間があるから、あそこへ行ってみない?」「いいわね、私も行きたかったし」理恵達も笑顔になっていた。

幸恵は後を追うように、大通りから裏通りへと歩いて、小さな店に入ると「いらっしゃいませ!」ピンクの服を着た若い店員が挨拶し(エステだわ。どうしてここに?)不安を感じた。

「空いているかしら。今からだけど…」
「5名様ですね。こちらへどうぞ」店員は5人を案内していく。
「幸恵さん、服を脱いで。これからエステをするんだから」

「エステですか。で、どんな事をですか?」
「ヘアよ。あなたはヘアがない方がいいでしょう。あそこのヘアを永久脱毛してもらうのよ」
「やるわよね。あれが表に出たら困るわよね?」半ば脅迫だ。

(いや。ヘアを生えないようにするなんて、いやよ!)幸恵は怯えているが「ほら、脱がないと!」道代達は幸恵のワンピースを脱がした。
「あら、大胆ですわね」スケスケのドレスが幸恵の裸身を露わにし(変態だわ。オッパイを丸出しにして性器まで丸出しだなんて…)若い店員はじっと幸恵の乳房と淫裂を見つめているが(見ないで。好きでヌードになっや訳じゃないのよ!)俯いたままだ。

「まずは、永久脱毛ですね。ここに裾を腰まで捲って仰向けに寝てください」店員が幸恵に言うと(寝なさいよ、はやく!)4人の目が催促している。
(言われた通りにするしかない…)役目をしないドレスの裾を捲って、下半身を丸出しにした。

「早速、始めます」店員は幸恵のガーターからストッキングを外すが「違うの、脱毛する場所が!」道代が言う。
「違うとおっしゃいますと?」店員は怪訝な顔をしていると「へアはヘアでも、あそこよ、性器の周りよ!」「せ、性器のヘアですか?」店員は驚いて「二度と生えませんよ。性器の周りのヘアは!」

「そうよ、そうしたいの。剃るのが大変だからね」
「と、おっしゃいますと?」
「性器を見られるのが趣味なのよ。だからほら、剃っているのよ」幸恵の股間を撫でながら言う。

「いいんですか、それで?」
「はい。ヘアが邪魔ですから、そうして下さい…」幸恵の言葉に、若い店員は白い目で幸恵の股間を触っていく。
「わかりました。それでしたら、そうします…」脱毛用のレーザーが股間に当てられ(もう生えて来ないんだ。和宏さんのお嫁にはもうなれない…)閉じた目から涙が流れていく。

「幸恵さん、よっぽど嬉しいのね、うれし泣きだなんて!」
「そりゃそうよ、剃らずに性器を見せる事ができるんだから」
(違うわよ。もうやめてよ、ヘアが生えてない性器なんていやよ!)叫びたいが堪えている。

その間にも、店員は生えかけた絨毛を次々と毛根ごと消し去って、ゴマ塩の用に生えていた絨毛は大半が消され、さらに淫裂の周りのヘアにもレーザーが当てられた。

(セックスしてきたばかりだわ。膣が開いたままだし…)店員は気づいている。
(見られている、セックスされた性器を見られている!)恥ずかしさで顔を背けたままだ。

「もうすぐ終わります」淫裂の襞も摘んで、やり残しがないかを確認して(だめ、そんなことやめて!)摘んだ肉襞にも容赦なくレーザーが当てられ、幸恵の股間は二度と絨毛が生えないように処理されてしまった。

(綾子さんに和宏さん。私、どうしたらいいの、こんな性器になってしまって…)幸恵の気持ちなど無視して店員が鏡で淫裂を見せた。
「これでよろしいでしょうか?」
「いいわ。これでいいわよ」震え声になっている。

「ついでですから、脱色もしましょうか。肌をピンクに」
「そうね。子供のようにピンク色の性器が似合うからいいわね、やって!」道代が勝手に注文し「かしこまりました。それではすぐやります」準備を始めた。

(いやよ、このままでいいわ。脱色したら子供と同じ色よ、恥ずかしいからやめて!)幸恵は黙ったままだが、店員は慣れた手つきで、淫裂にクリームを塗っていく。
(熱い、肌が焼けそうだ!)敏感な部分にクリームが塗られていく。

「ここにも、しましょうね」股間の隅々にクリームが塗られ「しばらく、このままにお願いします」と言われる。
「あら、待たなければいけないの?」
「はい、1時間ほどこのままおかないといけません」

「それなら、私のヘアを手入れしてくれない。あそこを可愛いく引き立てて欲しいのよ」
「アンダーへアですね。わかりました、そちらのベッドに仰向けになって下さい。それに股間も丸出しです」
「わかったわ、こうね」まず、道代はスカートを持ち上げてパンティを引き下げ、脱いでいく。

「濃いめですね。短くカットした上に、ギリギリまで処理してよろしいでしょうか?」
「お任せする。亭主が見たらきっと驚くわね」
「はい。今夜は寝させてくれませんわよ」店員は仰向けに寝た道代の絨毛をカットして、ボウボウだった絨毛の長さが揃った。

「剃りますよ、危ないですから動かないで下さい」カミソリが当てられ「ジョリ、ジョリ!」割れ目ギリギリに剃られていく。
「性器も出してよろしいでしょうか?」

「迷うわね。理恵さんはどうするの?」
「私は上の方に少し残して全部剃ろうかと思っているの。主人が剃らせてくれって言っていたし」顔を赤らめる理恵だ。

「私もそうする。性器を丸出しにして、恥丘の上は剃らないでよ」
「わかりました」カミソリは理恵の淫裂を露わにしていく。
その後、理恵、紀子、顕子と絨毛の手入れがされた。

「それでは、こちらの仕上げに掛かります」最後に幸恵の股間が洗われていく。
「あら、可愛いわ。赤ちゃんになってる!」赤黒かった淫裂がピンクの綺麗な色に変わっている。
「お気に召しましたでしょうか?」鏡に性器が映され(恥ずかしい、一生こんな性器のままだなんて!)思わず手で隠してしまった。

「あら、どうしたのよ。よかったわね、これで願いが叶って!」
「はい、これで満足です…」泣き声に近い声だ。
「お客様、乳首にピアスをなさってますが、穴を開けているんですか?」
「いいえ、穴は開けていません。挟むだけです…」

「それでしたら、穴を開けてリングになさってはいかがで?」
「それはできません。赤ちゃんを産みたいし、リングを付けたら母乳をやれませんから」
「あら、まだ結婚なさってらっしゃらなかったのですか。失礼しました」あわてる店員に「無理もないわよ。性器の脱毛までするんだから間違うのも無理もないわよ」「そうよ、気にしないでね」店員をなだめている。

エステが終わると、幸恵はワンピースが許された。
「そろそろ時間よ。行きましょうか!」エステ代を払い5人はまた町に出ていくと、夕暮れが迫っている中、今度は大きなビルに向かう。

(どこへ行くのかしら?)心配そうな顔で後を追っていくと、正面にビルが見えてきた。
(研修所だわ。アソコは研修所だ!)白い建物が見えてきた。
「ここで、パーティよ、歓迎会をするからね」
「病院から看護婦さんも来るわよ。勿論主人もね」

幸恵は(いやよ。行きたくない!)数年前の事を思い出した。
「行きましょう、早く!」5人はテーブルが並ぶ会場に入ると「あら、まだ来てないのね。幸恵さん、早速あの姿で出迎えましょうね」

「許してください。ヌードはいやです!」
「せっかくエステに行ったのよ。成果を見せないと」4人は幸恵が来ていたワンピースを脱がしていく。
「いや。ヌードはいやです!」
「ヌードじゃないわよ。ドレスがあるでしょう?」
「ヌードです。素っ裸と同じです!」叫んでもワンピースが体から剥がされた。

「いや、ヌードなんていや!」
「わがまま言わないの。いやならあの写真を送ってもいいわよ、ご両親にもね」遂に脅しに出て「これでいいです。これでも…」泣きながら頷いた。

「逆らったから罰よ。それも脱いで素っ裸になるの。それでパーティよ」
「許してください。お願いですから、この姿で許してください!」床に土下座していく。
「ダメよ。わがまま言わないの」
「許してください。せめて、スケスケでも着させてください」大粒の涙を流しながら言う幸恵に「仕方ないわね、だったら、あれをやるのよ、人前でオナニーを!」過酷な条件を出した。

「そんなの、いやです!」
「やらないなら、素っ裸よ。性器丸出しで、バイブを膣の中に入れるの」
「やります。オナニーをします…」スケスケでも肌を隠している方がいいから選んだが(人前でオナニーをするなんて…)涙が止まらない。

「それで良いのよ。それから、ここを持ち上げましょうね」
「やめて下さい。性器が丸出しになってします。お願いですから許して下さい!」ドレスの裾を持ち上げて下半身を見えるようにしていく。

(性器が丸見えだわ。子供のような性器が…)露わにされた股間を両手で覆うと「ダメよ、隠さないの。それをお披露目しないと!」注意すると「いやよ。許してください!」泣きながら言う幸恵だ。

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA