悪夢の後に 裸の対面

【第5話】

石川夫婦がそんな考えでいるとは知らず、幸恵は宿舎でくつろいでいた。
「先生。疲れたわ、先に休むね」綾子は先に部屋に戻り、幸恵は独り残ってウィスキーを飲み続けた。
時間が経ち、アルコールも回り、酔いが回って「私も寝よう…」幸恵も電気を消して自分の部屋に戻っていく。

リビングから寝室に向かうと「あん、あん、あん!」綾子の悶え声が聞こえて(何をしているのかしら?)部屋のドアが少し開き明かりが漏れている。
(悪いけど覗いてみようかな?)好奇心に負け、悪いとは思いながらも綾子に部屋を覗いた。

すると(綾子さん!)声を出しそうになった。
綾子はベッドの上で全裸になり、足を広げ指で淫裂を触り「雅弘。入れて、雅弘!」指が淫裂に入っていく。
(オナニーだわ、オナニーをしている!)幸恵は黙ってそれを見つめ「あん、あん、あん!」綾子の指の動きが早まっていく。

(凄いわ。私も膣から蜜が漏れている…)うっとりとした顔の幸恵もスカートの中に手を入れ「もっと、もっとして!」綾子は乳房も揉みながら淫裂も触っていく。
(濡れている。パンティが濡れている!)股間を撫で回し綾子を見つめるす幸恵だ。

やがて、「いく、いくー!」悲鳴と共に綾子の動きが止まり(戻らないと…)幸恵は足音を立てないようにして自分のベッドの中に潜り込んだ。
「私もオナニーがしたい…」不完全燃焼なので、スカートを脱ぎ終えると一気にパンティも引き下げ、淫裂を触わり「いいわ、いいわ!」指が動くと蜜が溢れ、空いた片手が胸を撫でだす。
そして、ボタンを外し幸恵も綾子がしたように、全裸になって乳房を揉んでいく。

翌朝、2人は何も無かったように診療所で診察をしていた。
「はい、次の方!」次々と患者の診察を終え、患者がいなくなった夕方近に「幸恵君。先生がお見えだよ!」石川は野村教授や原田、辻本達と一緒に診療所を訪れた。

幸恵は(またレイプする気だわ。せっかく和宏さんと知り合えたのに…)顔色が真っ青になっているが「先生。私、先に帰りましから、鍵をお願いします」綾子は幸恵に気を使って先に帰り、診療所にはあの時と同じ5人だけになっている。

「これで、邪魔もいないな。昔のように楽しもうぜ、幸恵!」
「もう、許して下さい。私は病院を辞めましたし…」泣き声になっている。
「辞めてもそうは行かないよ。ほら、オ○ンコ丸出しの写真もあるぞ!」
「卑怯です、脅すなんて」堪えきれず泣き出すと「脅すなんて、とんでもない。自分から素っ裸になるんだから。早く見せろよ、オ○ンコ丸出しの素っ裸を!」

「わかりました。裸になります…」幸恵は怯えながら白衣を脱ぎ、スラックスとシャツ姿になっていく。
シャツを脱ぐと、スラックスも脱いで下着姿になった。
「なんだ、まだ白かよ。今度は別なのを着ろよ!」
「はい。そうします…」泣き声でパンティを下げると「変わってないな。いいオ○ンコだぞ!」絨毛に包まれた淫裂が露わになっている。

下半身を露わにすると、ブラジャーも脱いで生まれたままの姿になった。
「どれ、久しぶりに味見をさせて貰うか!」野村もズボンを脱いで下半身を丸出しにして「なるんだよ、四つん這いに!」幸恵はあの時と同じく四つん這いになった。

すると「ヒー!」いきなり、野村の肉竿が淫裂を突き刺し「ダメ、ダメ。もう許して!」痛さで泣き声を上げたが「我慢しろ。直ぐに終わる!」手を緩めず腰を振っていく。
「お情けです。せめて、外に出して下さい…」
「オ○ンコの中はいやか?」
「はい。子宮の中はいやです…」

「そうだな、再会の祝いだから中だけは勘弁してやる…」放出寸前の肉竿を抜くと、先端から勢いよく幸恵の背中に液体が飛んだ。
「今度は俺だ!」野村に変わって、石川が幸恵を犯し、4人にまた犯されてしまった。

「幸恵、明日は休みだから暇だろう。遊びに連れて行ってやるぞ!」
「結構です。用事がありますから」服を着ながら拒む幸恵だが「妻達が来るんだ。紹介してやるから行こうぜ!」
「でも、用事が…」後は黙ったままだが「朝に迎えに来るからな。それから、あれを飲んでおけよ。今度は容赦ないからな!」野村達は帰り幸恵だけが診療所に残されている。

「また犯されてしまう。どうしようもないのかしら?」脱いだ服を着込みながら考えている。
だが、良い考えなど思いつくわけがなく、戸締まりを済ませて宿舎に帰った。
宿舎に戻ると、真っ先にシャワーで犯された名残を丁寧に洗い、リビングでくつろいでいると綾子が現れた。

「先生。明日、兄貴が会いたいから都合を教えて欲しいんだって!」
「明日は無理よ。だって、恩師が来ているし…」(和宏さんと会いたい…。でも…)幸恵は泣きたい気持ちだ。
「都合悪いんだ。電話して置くね」綾子は電話を掛けているが、それを黙って聞いている幸恵だ。

翌朝、野村たちが宿舎を訪れた。
「お迎えに上がりました!」丁寧な言葉で幸恵を車に乗せ「まずは別荘だ!」石川の運転するワゴン車は昨日の別荘へと向かった。

車が走るなり「幸恵、どうせなら素っ裸がいいだろう。裸になりたそうだからな」と言い出す。
「イヤ。もう、ヌードはいやです!」
「嘘付け。裸になりたいって、顔に書いてあるぞ!」
「そんなことないわ。ヌードにはならないからね」

「それならあの写真とビデオがどうなってもいいのか。それとも、ビデオ鑑賞会と行くか。村人も呼んで!」
「それだけはやめて下さい」幸恵は泣き出したが「だったら脱げ、素っ裸になるんだ!」容赦はしない。
「わかりました。脱ぎます…」泣きながら着てきた服を脱ぎだす。

(どうしてこんな事に…)泣きながら狭い車の中でシャツ、スカートを脱いで下着だけの姿だ。
「ヌードになりますから、せめて、パンティだけは履かせて下さい」
「ダメだ。素っ裸と言ったろう!」
(脱ぐしかない…)恥ずかしそうにブラジャーのホックを外して両手を下げると、乳房が勢いよく飛び出して揺れ動いている。

「いいね。このオッパイが!」
「ダメ、触らないで下さい!」露わになった乳房が触られていく。
「それよりも素っ裸だ。ほら、脱げよ」(これを脱いだら、隠す物が何もない…)パンティの両脇を掴み腰を浮かせ一気に下げた。
「相変わらず綺麗なオ○ンコだな」
「指は入れないで!」淫裂も触られていく。

パンティを脱ぎ終えると、両手で股間を押さえ、指の進入を防いでいる。
「仕方ないな。オッパイだけで我慢だ!」淫裂を触れないから乳房を触れて(乳首が摘まれた!)敏感な乳首も指で転がすように摘まれている。

やがて、車は昨日の別荘に着くと、昨日と違って車が2台停まっている。
(誰か居るわ。見知らぬ人がいる…)幸恵の全身が小刻みに震えていく。
石川は停まっている車の脇に停めて、エンジンを切った。

「着きました。降りて下さい」幸恵が脱いだ下着と衣服で体を隠すと「僕が持ちます。お客さんに失礼だからね」「ダメ。私が持ちます!」胸と股間を隠していた服が奪われ、幸恵の体を隠すの何もなくなり、あるのは手のひらだけだ。
(これ以上、性器を見られたくない…)両手で股間を押さえて玄関に向かい(ヌードだなんて恥ずかしい…)俯いて歩いていく。

「理恵、戻ったぞ!」石川が声を掛けると「お待ちして…」玄関に現れた理恵は声が止まった。
「どうしたの。理恵さん?」後から出てきた女性の声も止まり(見ないで。これには訳がありまして…)幸恵は俯いたままで顔を上げようとはしない。
「幸恵さん。とにかく入って下さい!」幸恵は俯いたまま、中に入って行く。

「道代、紹介するよ。2年前まで一緒だった酒井幸恵さんだ!」
「野村の妻の道代です。立派ですね。裸になりたい訳がわかりますわ」揺れ動く乳房を見ながら言い「酒井幸恵です。お世話になりました…」幸恵も挨拶した。

「原田紀子です。夫が世話になりまして」紀子も、幸恵の揺れる乳房を食い入るように見つめ「酒井幸恵です」幸恵も挨拶し「辻本顕子です」4人の妻は、全裸で現れた幸恵を食い入るように見つめている。
(見ないで。好きで裸になってのじゃないのよ、あなたの夫に脅されて裸になったのよ!)全身が恥ずかしさに赤く染まっている。

「理恵。幸恵さんにコーヒーを差し上げて」
「気が付きませんでした」石川に言われて理恵がコーヒーを運んできた。
「頂きます」手を伸ばすと股間が丸見えになり「ヘアも綺麗に手入れなさってらっしゃるのね。それでしたら、隠す必要はありませんわ」
「そうよ。裸になりたいんだったら、ヘアは出さないと」道代も言い出し「幸恵さん。堂々としていいよ、誰も変に思わないから」野村も言う。

「教授。それよりも、治療をした方がいいのでは?」辻本が口火を切った。
「そうだよな。幸恵さんはセックスされ、射精されると疼きが直るんだから射精をするか!」
「あなた、私も見てみたいわ。射精する瞬間を」
「私も見てみたいわ」(やるのよ。あなたの好きなセックスをここで…)妻達の目も輝き「そんな事して頂かなくても…」体が小刻みに震えている。

「遠慮はいらないよ。そうだ、みんなに見えるようにヘアも剃ろうよ!」とんでもない事を言いだす野村だ。
「それはおもしろいわよね。女医さんが自分からヘアを剃るなんて!」ニヤニヤしている妻達だが(ヘアを剃るなんてイヤです。剃ったら性器が丸見えになってしまいます!)奥歯がガチガチと鳴り出した。

「幸恵さん。準備しますから見えるようにお願いしますね」理恵は浴室からカミソリとムースを持ってきた。
「これで、お願いしますわね」(イヤよ。ヘアは剃りたくない!)俯いたままの幸恵に「幸恵さん、私達が剃ってあげましょうか?」道代が言いだす。

「結構です、自分で剃りますから…」もう、泣き声になっている。
「でしたら、急いで剃らないと」
「これから始めます」嫌々ながら、スプレーを絨毛に吹き付けて(いや、こんなのいやです!)吹き付け終わると泡を絨毛に擦りつけ、立っていた絨毛が肌にベットリと密着していく。

(やるしかないわ)諦めて、カミソリを絨毛に押しつけて引くと「ジョリ、ジョリ!」絨毛が消えていく。
それを、皆が食い入るように見つめている中、カミソリは上下に動き、地肌が見えてきた。

「綺麗な性器ね。ピンクだなんて」
「羨ましいわ、襞の先端までピンクだなんて」淫裂が見えて(性器なんか見ないでよ!)恥ずかしさを堪え、絨毛の全てを剃ってしまった。

「次は消毒だよ」
「自分でします!」慌てる幸恵を後目に、辻本は股間にクリームを塗っていく。
「あなた、丁寧にしないとバイ菌が付くわよ」
「わかっている。ここもだろう?」淫裂からはみ出た肉襞を掴み、指でクリームを塗っていく。
(ダメ、そこはいいのよ!)敏感なクリトリスも指で撫でられていく。

「これで消毒は済みました。最初は教授夫婦からどうぞ!」
「道代。お前も治療を手伝ってくれ」
「手伝うって、どうすればいいの?」
「オッパイを頼むよ。射精は僕がするから」
「わかったわ。頑張ってね」幸恵は野村によって、四つん這いにされた。

「いくぞ!」「あ、あ、あー!」腰を両手で押さえられ、淫裂に肉竿が入り込んでいく。
「あなた、私もしたいのよ。いいでしょう?」乳房だけでは満足出来ず、道代は下半身を露わにし「ほら、舌でやるのよ」淫裂を幸恵の口に押しつけた。

(いやよ。こんなのいやよ!)頭を押さえられてはどうする事もできず、道代の手の動きに合わせて舌が淫裂をなめていく。
「そうよ、そうするのよ」幸恵の舌が道代のクリトリスをなめていくと「いいわ、いいわ、あなた…」声を上げ出す。
「僕も出すからね」(イヤ、子宮の中はイヤです!)クビを振る幸恵の淫裂から白い液体が流れて行く。

「理恵。今度は僕が治療するからね」
「いいけど、私にもやってもらうわよ」今度は石川夫婦が半身を露わにしていく。
石川は下半身を露わにすると仰向けになり「わかるだろう。どうしたらいいか?」幸恵はその言葉に黙って頷き、勃起したに肉竿を掴んで淫裂に導いていく。

「そうだ。それでいい!」幸恵が腰をゆっくり動かすと「ここにもよ」理恵は幸恵の乳房を揉みながら淫裂を押しつけた。
(イヤだけど、やるしかない…)幸恵は理恵の淫裂に指を入れ「いいわ、いいわよ!」悶え声と同時に理恵も淫汁を流しだす。
(変態よ、皆が変態よ…)幸恵は腰を振り続け、淫裂には4人の精液が噴射されてしまった。

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA