ありさ エゴイストな春 INFORMATION

● 目次をクリックすればそのページへ飛びます

第1話
合コン頭数合わせのはずが

 

第2話
ありさの縦線

 

第3話
ケーキよりも先に食べたい物は

 

第4話
初めて体験するすごい体位

 

第5話
同時絶頂は望むところ

 

最終話
二十一歳の春

【第4話 初めて体験するすごい体位 より抜粋】

まるで棒付きキャンディーを食すときのようにイチブツを頬張るありさ。
亀頭部分をすっぽりと咥え込み、首を縦に振る。
口の中でトオルのイチブツがどんどんと太くそして硬くなっていく。
ありさは紅潮し頬が桜色に染まっている。
トオルの息遣いもかなり荒くなってきた。

「ごめん、もう我慢できない」

トオルの口から熱望の言葉がもれた。
ありさの中で期待と緊張が高まる。
トオルは真正面から挑んだ。
その瞬間、彼のはちきれそうなものが圧倒的な質量で、ありさの秘裂を開いていく。

野々宮ありさ

toukou02
 
toukou00
 
toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA