女教師 寛子 仕返し

【第18話】
 

井原達は気づかれないようにして後を追っていた。
「5千円か、うまく行ったね」
「そうだよ。これからはもっと取れるよ、相手が先公だし」
「それに、先公だと成績だって細工できるしね」朋美達は公園を出て、その後を追って井原達が歩いている。

そんな事とは知らず、朋美達が歩いていると「すみません。駅まで行きたいのですが、どう行ったらいいんでしょうか?」脇にワゴン車が止まった。
「駅ね。ここからはわかりにくいしな…」困った顔をする朋美だ。

「でしたら、ご案内いただけませんか。お礼も差し上げますから」ドアを開けて顔を出し、5千円札をちらつかせる。
「朋美、行こうよ。ついでにカラオケでもしたいし…」
「そうよね、バス代も浮くしね。いいわ、案内してあげる!」ドアを開けて中に乗り込んでいく。

それを待っていたかのように、後を付けていた井原達も乗り込み「なにするのよ!」思わぬ事に悲鳴を上げる朋美達4人だ。
「走って!」
「わかったわ。でも大丈夫でしょうね?」
「姉さんに心配は掛けないから安心して。それよりも速く走ってよ」
「これが精一杯よ。制限速度を5キロもオーバーしているんだからね」サングラスを掛けているが、運転しているのは井原の姉の聖子の声だ。

車は駅とは反対の、工場地帯へと走っていくが、休日と言う事で行き交う車も少ない。
「あそこだ、あそこが親父の倉庫だ!」乗っていた鈴木が声を上げ「あそこね、わかったわ」聖子は言われる通りにハンドルを切っていく。

「着いたわよ!」ブレーキを掛けて車を止めた。
「降りるんだ、ほら!」
「何をするのよ。レイプでもする気なの。だったら警察にちくってやるからね」
「そんな事言っていいのかな。叩けばホコリが出るんじゃないかな。喝上げが!」
「そんなこと、やってないわよね?」朋美は仲間と顔を見合わせたが、かなり動揺している。

朋美達はワゴン車から降りた。
「これでいいのね。今度は孝信の大好きな、お嫁さんを迎えに行けばいいんだ!」
「もう、姉さんったら。姉さんだってラブラブなくせに!」
「孝信程じゃないわよ。私達はあっさりなんだからね」聖子は車を走らせていく。

「お目の姉貴、美人だね。俺のお嫁さんに似合うかも…」
「鈴木、そんな事言ったら育子に怒られるぞ!」
「冗談だよ、冗談に決まっているよ。俺は育子と誓ったんだから」
「そうだったよな。だから、こいつらにお仕置きをしないとな」朋美達を倉庫の中に押し入れた。

倉庫の中には何もなく、鉄骨が剥き出しになっていて、ひんやりしている。
「少し暗いかな?」
「だったら電気を入れるよ」慣れているのか、鈴木はスイッチを入れ、電気が灯って明るくなっていく。

「さてと、こいつらをどんなふうにやるかな?」
「先生にやったようにやろうよ。こいつらがやったように!」
「いや、そんなのいや。お願いだからやめて!」顔を強ばらせて震えている。

「朋美先輩は知っているよな。俺の妻だって事を!」
「許して、悪気があってやったんじゃないの。出来心だったのよ」
「そうはいかないな。まずは朋美先輩からからお仕置きだ!」
「いや、やめて、お願いだからやめて!」4人は壁に寄り添って震えている。

「往生際が悪いな。先輩、素っ裸になって貰うよ」
「いや、やめてー!」朋美は腕を掴まれて、セットされたカメラの前に立たされた。
「これはビデオだよ。ヌードビデオを撮らせて貰うよ、先輩がしたように!」
「やめて、お願いやめて!」叫ぶが、朋美は後ろから羽交い締めにされ、スカートから剥ぎ取られていく。

「何だ、こんなガキみたいなパンツ履いているんだ!」白いパンティには花の刺繍があった。
「どれ、今度はオッパイと行くか!」
「いやー!」叫び声が倉庫の中に響き、朋美はシャツも脱がされて白いブラジャー姿にされた。

「許して。もうしないから、許して!」
「そうはいかないな。ここで許したらまたやるし」「そうだよ、俺の恋人のヘアヌードを撮ったんだからな。これくらいじゃ許せないぜ!」ブラジャーのホックが外された。

「何だ、先輩のオッパイは育子より小さいじゃないか!」鈴木が笑いながら言うと「う、う、う!」嗚咽を上げる朋美だ。
「これで済むと思ったら間違いだ。これも脱ぐんだからな!」
「やめて、パンティは下げないで!」羽交い締めにされてはどうする事もできず、朋美はパンティも脱がされて全裸にされた。

「やめて。撮らないで、ヌードを撮らないで!」太股を上げ、体をよじるが股間は隠せず、真っ黒な絨毛に覆われた淫裂が露わになっている。
「先輩、そんな事したってオ○ンコが見えるよ。どうせなら堂々と見せなよ」ビデオに撮っている井原は笑いながら言うと「やめて、謝るから撮らないで!」泣きながら叫ぶ朋美だ。

全裸にされた朋美は、両手首をロープで縛られ、天井の剥き出しになっている鉄筋を通して引かれると、体が浮き上がっていく。
「やめて。こんなのいや。やめて!」泣き叫ぶ朋美だが、万歳する格好でいるしかない。

「先輩、足を広げようね。オ○ンコが見えるようにしようよ」丸棒に足首が縛られて「やめて。性器が見えてしまうからやめて!」60センチくらい足を開いたままにされた。

「これが先輩のオ○ンコですか。男と何回やったんですか?」井原は正面の下方から朋美を撮るが「そんなの言えない!」首を左右に振った。
「言わないなら、それでもいいです。その変わり、これだよ」真っ黒な肉竿の形をした樹脂棒をちらつかせた。

「バージンよ。まだ処女なの。だからやめて、お願いよ!」泣きながら言う。
「そうか、バージンですか。だったら喪失しましょうか、僕と!」「それは許して。お嫁にいけなくなってしまうから許して!」大粒の涙を流しだす。
「イヤですか。それなら、言う事を聞いて貰えますよね?」「はい、聞きます…」朋美は泣きながら返事をした。

「それなら、それでいい。今度はお前だ!」
「いや、いやです。許してください!」
「許せないよ。お前も育子を喝上げしていたんだろう?」
「誘われてやっただけです。ホントはしたくなかったんです!」

「そんな事言ってもダメだ。お前も素っ裸だ!」
「やめて。お願い許して!」朋美の仲間もシャツやスカートが剥ぎ取られると、パンティ、ブラジャーも剥がされて全裸にされた。
「お願い、撮らないで。許してー!」正面の下から淫裂を晒した全裸姿をビデオに撮られていく。

こうして、4人は全裸にされると天井から吊り下げられた。
「いい眺めだな。育子が来ないうちにオッパイを触っておこうかな?」鈴木は4人の乳房や淫裂を触っていく。
「俺もだ。美由紀が来る前に触っておこうっと!」
「俺も、そうしよう」男達は女性が現れる前に、4人の乳房と淫裂を触り、井原も触っている。
「何だ、小さいじゃないか。オッパイを触ると、乳首しかないや!」「う、う、うー!」小さい乳房と言われて嗚咽を上げている4人だ。

井原達男子部員が4人の体を触っていると、外からブレーキの音がした。
「やばい、来たぞ!」一斉に手が退けられ、鈴木が外に迎えに出ると、女子部員と寛子を中に入れた。

「あら、先輩がフルヌードだなんて!」
「ホントだわ。それにヘアまで丸出しだなんて。鈴木君、嬉しいでしょう。女性の恥ずかしい部分を見られて!」わざという育子だ。

「育子、お前の方が良いよ。オッパイがほら、小さいんだ。それに、ここもいまいちだよ」乳房と淫裂を撫でると「う、う、う!」泣き出す朋美だ。
「そんな事言わないの。オ○ンコ丸出ししてくれたんだからね。よく男の前でオ○ンコをだしているわね」美由紀も淫裂を触りながら言う。

「許して下さい。もうしませんから、許して下さい!」泣きながら言う朋美達だ。
「ふざけないで。素っ裸にさせて写真まで撮ったのよ。こんな簡単な事で許せないわよ!」「そうよ、お金まで巻き上げたんだからね」部員達は4人を見つめて言う。

「育子、ここのヘアを剃って坊主にしてみようか?」
「おもしろいわね。詫びを入れるつもりで坊主にしましょうよ」
「私もやりたいわ。今までの仕返しよ」
「私もよ、私にもやらせてよ」朋美達は、股間の絨毛を剃られてしまう事になってしまった。

「やめて、お願いだから剃らないで!」4人が泣きながら叫ぶと「往生際が悪いわね。今までやった事を反省してないの?」ドスの利いた声で育子は言う。
「反省しています。お願いですから、全部は剃らないで半分残してください…」
「そう、半分ね。わかった半分残してやるわ」

「ちょっと、育子ったら、そんな甘い事言って!」
「いいから、いいから。私が最初にやるから見てて…」何か策があるらしく、自信ありげに、朋美の絨毛に石鹸液を塗り付けてく。

「危ないから動かないでね」育子は右の方から剃りだした。
「ジョリ、ジョリ!」上から下へとカミソリを動かして、淫裂を境にして、右側半分を綺麗に剃っていく。
「こんのいや。お願いやめて!」パックリと割れた淫裂を境に、右側は一本の絨毛が生えてないが、左側はそのままだから返って変な感じだ。

「どう、半分は残したわよ」
「こんなのいやよ。お願い、全部剃って!」
「何言っているのよ。半分残せって、言ってたじゃないのよ!」
「それはそうだけど…」朋美は何も言えない。

「いいね。このオ○ンコを記念に撮っておこう!」
「撮らないで。お願いだから撮らないで!」泣き出す朋美に「いい気味よ。私だって、こうされたんだからね」育子はしてやったりと言った顔だ。

「今度は私よ。あなたも半分剃るからね」
「いや、半分なんていや。全部剃って、お願いだから全部剃って下さい!」やはり、朋美のような絨毛では、恥ずかしくていやだった。

「そんな事言わないの。あなたも半分は残してあげるからね」やはり右半分だけ剃ってく。
「いやです。こんなのいやです!」剃られた股間は淫裂が右側だけ丸見えで、肉襞が飛び出しているのも見える。
こうして、4人は絨毛の右側半分だけ絨毛を剃られてしまい「う、う、う!」嗚咽を上げて泣き続けた。

絨毛が剃られた4人は、今度は女性部員によって辱めを受けてく。
「なあに、こんなオッパイだなんて!」乳房を掴み「それに乳首よ。この乳首、形が悪いわね」指で摘んだり、歯で噛んだりしていくから「あ、あ、あー!」喘ぎ声や悲鳴を上げている。
「それに、だらしないオ○ンコね。もっと締まりを持たないと…」淫裂からはみ出した肉襞を掴んで潰すと「ヒー!」悲鳴を上げ続けた。

「お願いです。もう絶対にしません。ですから解いてください…」「写真も、お返ししますから、解いてください…」4人は泣きながら詫びを入れた。
「わかった。その前に、もう少し確かめさせて」育子は淫裂を指で広げていく。

「井原君、しっかり撮ってよ。それにお尻もよ」
「やめて。ホントに二度としませんから、性器の中までは撮らないで!」
「そうはいかないわよ。これ位しないと治まらないのよ」
「いや、いやー!」ピンク色した肉襞が指で広げられ、それが撮られていく。
「次はあなたよ」
「いや、いや。許して、いやです!」泣き叫んでも容赦なく淫裂は指で広げられ、ビデオに撮られていく。

それが済むとロープが解かれ「う、う、う!」4人は乳房と股間を押さえて泣き続けた。
「いいか、これからはそのヘアはそのままだ。卒業までは半分だけ剃り続けるんだ!」
「許して。こんなヘアじゃ、お風呂に入れません!」
「それなら剃ってもいいわよ。でも、どうなるか、わかっているでしょうね?」
強い口調に「このままでいいです…。我慢します…」嗚咽を上げながら承知した。

承知した4人は、脱がされた服を着込んで元通りの姿に戻っている。
「いい、今すぐ写真を持ってきなさい。持ってこなかったら、あれをばらまくからね!」
「すぐ持ってきます。すぐに!」
「届け先は先生よ。先生のアパートに届けて!」
「わかりました」朋美達はワゴン車で送られた。

「すっきりしたわ。井原君、素敵だったわよ」
「そうよ、さすがに部長候補だね」
「私、鞍替えしようかな。ねえ、鈴木君!」
「ダメ、孝信君は私の夫よ、ダメ、触るのもダメよ!」寛子は慌てて井原に抱きついた。

「冗談よ。イヤだわ、先生ったら!」
「ホントね。育子は鈴木君に首ったけなのにね」
「だましたのね、酷いわ。育子さんの成績は落としておくわ!」
「そんな事しないでよ。謝りますから…」
「ふふふ、これで仕返しできた!」笑う寛子に「あははは!」重荷がとれたのか、部員達の顔が明るくなっていた。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA