女教師 寛子 脅迫

【第16話】
 

発表会が済むと、部員達は後かたづけを始めている。
「明日は振り替え休日だから、ゆっく休んでいいよ」
「そうさせて下さい。疲れましたから…」部員達は片付けが済むと部室から出て行き「私も帰らないとね」寛子は孝信の顔を見てから職員室に戻っていく。

職員室に戻ると「凄いプロポーションでしたね。今度はヌードが見たいですよ」同僚が言う。
「いやですわ。そんなヌードだなんて!」同僚達の言葉に顔を赤らめながら後かたづけをして、アパートへと帰っていく。

アパートに帰ると、ホッとしたのかベッドの上に倒れたが、すかさず「ピンポーン!」チャイムが鳴った。
「孝信君かしら?」玄関に駆け寄りドアを開けると、井原と部員達がいる。
「あら、どうしたの。こんな大勢で?」
「先生、井原と結婚していたんだってね!」3年生の朋美が真っ先に口を開いた。

「誰が言ったの、そんな事?」驚きの顔をする寛子だ。
「寛子、ばれてしまったんだ。部員にはね」
「そ、そんなー!」寛子はへなへなと床に崩れていく。

「寛子、大丈夫か?」井原は靴を履いたまま、寛子を抱きしめた。
それを見て「いいわね、夫婦って。私もいい男いないかしら。ねえ、井原君、私とセックスしてみない?」朋美は井原に声を掛けた。

それには「やめて、孝信君。そんな事やめて!」泣きそうな声で寛子は言う。
「いやなの。夫と私が抱き合うのは?」
「当然です。私達は籍も入っている夫婦ですから!」キッパリと言う。
「そう、やられるのはいやなんだ。だったら、やって見せて!」

「この私に、セックスをしろと言うの?」
「そうよ。ここで大好きな夫とセックスするの」ニヤニヤしながら言う朋美に「できません。そんな事できません!」顔を強ばらせながら言う。

「僕だってイヤだ。人前でセックスなんてしたくないよ」井原も寛子を抱きながら言う。
「そんな事言ってもいいのかしら。学校で噂になったら、教師は首で生徒の井原君は退学よ」
(そうだわ、噂になったら転勤か退職しかない…)困惑して黙り込んでしまった。

「見ている前で、セックスをやるわよね?」朋美は強い口調で言うと(やるしかないわ、孝信君!)(そうするしかないよ、寛子!)2人は顔を見合わせてから、首を縦に振った。

「そうこなくちゃ。みんなで見ようよ、ほら早くやってよ!」
「セックスするけど、カメラやビデオでは撮らないで。それだけは約束して!」
「そんな事はしないわよ。先生、確かめて、カバンの中とポケットも!」

「朋美さん、信じていいのね?」
「信じていいわよ。それに誰にも口蓋しないと誓う。皆もそうでしょう?」
「はい、誓います。ですから本物のセックスを見せて下さい」育子も誓った。
「わかったわ、見るだけよ。絶対に変な事もしないで」
「わかっています」鈴木も誓った。

(教え子の見ている前で、セックスをやるしかない!)覚悟した寛子は、震える指でスーツのボタンを外し、井原も制服を脱いでいく。 
「それじゃダメよ。夫婦だから、お互いに脱がせないと…」

「わかったわ。脱がせ合えばいいのね」寛子は井原の上着を脱がし、ズボンも脱がしてパンツ一枚にした。
すると「今度は寛子だよ」井原が寛子のスーツを脱がし、ワイシャツも脱がして下着だけの姿にした。
その下着に「色っぽいのを着ているんだ。人妻は違うのね!」部員は驚いて言いだす。

「そんな事ないわ。これが普通よ」寛子の下着は井原が選んだスケスケの下着で、井原は寛子に抱きつき、ブラジャーのホックを外した。
「恥ずかしい、孝信君!」
「我慢して。僕だって、妻の裸なんか見せたくないんだ!」
「わかった。我慢する…」泣きそうな顔になった寛子のブラジャーが、乳房から外され脱がされた。

(恥ずかしい。オッパイが堅くなっていく…)自慢のCカップの乳房が左右に揺れ、乳首が大きく膨らんでいた。
「寛子、我慢して。僕だって我慢するから」井原は最後のパンティを引き下げ、恥丘が露わになると「ゴクン!」教え子達は生唾を飲んでいる。

パンティが膝まで下がると「ヘアがないわ、先生のヘアがない!」淫裂の周りにはヘアが生えておらず、恥丘の上にハートの形をして少し残されただけだ。
「僕が剃っているんだ。このほうが僕は好きなんだ!」パンティを足まで引き下げていく。
(恥ずかしいわ、孝信君!)泣きそうな顔で足を上げ、パンティから抜き、別な片足も上げて、小さな布が井原の手に残された。

「先生。今度は井原君のを脱がさないと!」
「わかっています…」全身震えているが、孝信の前に膝をつき、パンツを引き下げていくと肉竿は恥ずかしさに萎縮している。

「孝信君、あれをしていい?」
「やってもいいよ!」寛子は井原の了解を得てから、萎縮した肉竿を掴んで口に含んだ。
それには「やだー。オチンチンをしゃぶっている!」女生徒は声をあげ「バカね。あれはフェラよ、男が凄く感じるんだって!」3年生の朋美は知った振りして言う。

「そうなんだ。夫婦の間では、そんな事もやらないといけないんだよ」その後は黙ってみている。
その見守る前で、萎縮していた肉竿が一気に膨らみ「寛子、今度は僕がやるよ」寛子は仰向けになった。

「孝信君、優しくしてね」
「わかっているよ、寛子!」井原が寛子の胸に顔を埋め、乳房を撫でていくと「いいわ、いいわよ…」頭を両手で押さえている。
その後、淫裂を舌でなめていくと「性器をなめているわ!」また女生徒が声を上げた。
(言わないで。これが孝信君の愛なんだから)目を閉じたまま、腰を動かしていく。

淫裂は井原の愛撫で濡れだし「入れて。孝信君もういいわよ」「入れるよ」寛子の足を広げて入り込んだ。
部員達は、井原が太股を持ち上げ、肉竿を淫裂に押し込んでいくと(入っていく。膣にオチンチンが入っていく!)初めて見る行為を食い入るように見つめている。

その目の前で、ピンクの淫裂をかき分けて、肉竿が根本まで入り込むと、井原は腰を前後に振りだし「あ、あ、あ!」喘ぎ声を上げだす。
「先生、オッパイを吸わせて!」肉竿をピストンしながら乳房を掴み、乳首を吸い出うと「いいわ。あなた、凄くいい!」両手で井原の頭を撫でていく。

それに、淫裂からは「クシャ、クシャ!」湿った音が鳴り、乳白色の淫汁も流れていく。
(性器から愛液が流れている…)女生徒は性教育で習った女性の性器を思い浮かべて眺めている。

「セックスは、いろいろな形でやっているんでしょう。いろいろなのでやってよ!」朋美は潤んだ目で言う。
「寛子、やってくれるよな?」
「あなたが欲しいならやるわ」お互いに名前を呼び合うが、それは普通の夫婦だ。

寛子と井原は体勢を変え、寛子が馬乗りになると「あなた、行くわよ!」両手で肩を押さえ腰を振っていく。
「クシュ、クシュ!」淫裂から音がでて乳房が揺れ動いていく。
「オッパイ、摘むからね」井原は乳房を揉みだし、指の間に乳首を挟んで潰した。

すかさず「あ、あ、あー!」寛子は悶え声を上げ「乳首がいいの。あなたもっと乳首にして!」催促する。
「痛かったら言うんだよ」井原は両乳首を親指と人差し指で摘み、転がしたり、引いたりとしていく。

「あん、あん、あん!」背中を後ろに反らせて悶え「噛んで、お願い噛んで!」「わかった」上体を起こして乳首を吸い歯を立てた。
「あ、あ、あー!」さらに淫裂から淫汁が流れていく。

「乳首を噛まれると気持ちがいいんだ!」興奮した朋美は、シャツのボタンを外して手を入れ、乳房を撫でてから、ブラジャーの上から乳首を摘んだ。
「それじゃぁ、ダメだよ。直にやらないと…」鈴木はボタンをさらに外し、胸を広げると、真っ白なブラジャーが小さな乳房を包み込んでいた。

鈴木はブラジャーの裾を持ち上げて乳房を露わにし「こうやるんだ!」その露わになった小振りな乳房を揉みだす。
「ダメ、揉まないで。乳首を噛むだけよ。オッパイは揉まないで!」明美は目を閉じ、上擦った声で言い「わかったよ、少しだけならいいだろう?」乳房を掴み乳首を吸うと「少しだけ。派手にやらないで…」気持ちよさそうな声で答えた。

鈴木が吸っていた口で、乳首を噛むと「あ、あ、あー!」体を反らせて声を上げ「いいわ。乳首を噛まれると、ホントに気持ちいい…」体を震わせながら言う。
「もう少し、いいだろう?」両乳房を揉みながら言うと「ダメ。わかったから、もういいわよ!」鈴木の手を退けさせ、ブラジャーを引き下げ乳房を隠していく。

「もっとあるでしょう。ほら、四つん這いでやるのが…」明美がシャツのボタンを直しながら言うと、寛子と井原は言われたまま、四つん這いになっての結合を始めた。
「あん、あん、あん!」寛子は肉竿が淫裂に入る度に悶え声を上げ、乳房も前後に揺らせていく。

「凄いや。これは、奥までオチンチンが入るって書いてあったよ」驚く部員を前に(そうなのよ、孝信君のオチンチンが膣の奥まで入ってくるの)悶え声を上げながら体をくねらせていた。

やがて「寛子、もう限界だ。行くよ!」「早くだして。私もあなたの愛が欲しい」井原が根本まで入ったまま、動きを止めると「始まるわよ。これが射精よ!」朋美が解説していく。

寛子と井原は動かないが「ポタ、ポタ!」淫裂から精液が流れでて来た。
「寛子、愛しているよ」「私もよ、あなた!」教え子と教師の枠を越えて再び抱き合っていく。
寛子は淫裂から流れ出る精液を拭こうとはせずに唇を押しつけ、それに答えていく井原だ。

「凄いな、これがセックスなんだ!」
「でも、大丈夫なの。射精したから妊娠するわよ」
「避妊しているわ。孝信君が卒業するまでは妊娠しないようにしているの」答える寛子だ。

暫く休んだ後、寛子は起きあがり「これでいいでしょう。セックスしたから」俯いたまま、両手で乳房と股間を隠している。
「セックスは確かに見たわ。でも、もっと見たいのよ」
「そんな、もっとだなんて!」悲鳴を上げる寛子に、朋美は「先生のオッパイと性器を触ってみたいでしょう?」部員達に向かって言う。

「やめてくれ、それはやめてくれ。妻を触られるのはいやなんだ!」井原は部員の前で土下座していく。
「そんな事やったって、触りたいわ。ねえ!」同調するように朋美が言うが部員達は黙ったままだ。
「触りたくないんだ。そんならいいわ、あなた達がどうなっても知らないわよ!」脅迫する朋美だ。

「先生。ご免なさい!」育子は謝りながら寛子の乳房を掴み揉みだし「ご免なさい!」女子部員は泣きながら寛子の乳房、淫裂を触っていく。
「やめて。お願いやめて!」両手で隠したいが許されず、足を開いて起立したまま泣いている。 
井原は「寛子、我慢してくれ!」部員の前で土下座し続けていた。

それを見て「悪いが、俺は帰るよ」鈴木は寛子を触ろうともぜずに、アパートから出て行き「俺も帰る!」男子部員は井原に同情したのか、寛子を触ろうとはせずに皆が出て行き(ありがとう。皆ありがとう!)土下座した井原は涙を流している。

「ちぇ、つまんないの。男がいないんじゃつまんないわ」朋美も帰り、部屋には女子部員が残された。
「先生、ご免なさい。仕方なかったんです。私も脅されているんです」泣きながら育子が言う。
「言って。どんな事で脅されていいるの、教えて!」
「見られたんです。鈴木君とエッチしていたのを。写真まで撮って脅されているんです…」

「そんな事までしたんだ!」
「それだけじゃありません。この前、先生のようにヘアを手入れしたでしょう。それも写真に撮られたんです」
「そんな~。それで鈴木君には言ったの?」
「言ってません。言ったら迷惑が掛かるし…」
「ダメよ、鈴木君に言った方が良いわ。そうすれば脅しにくくなるし」
「わかりました。そうします」素直に聞く育子だ。

「体のほうは大丈夫よね。バージンも?」
「はい、体は平気です。でも、お金を少し取られました…」
「そんな事までしていたんだ。許せないわ!」
「先生、やめて。そんな事したら、私がチクッタって思われて、仕返しされる!」育子は泣きながら言う。

「そうよ、先生は動かない方が良いわ。私もそう思うの」
「あなたは大丈夫だったの?」
「大丈夫じゃないわ。私もヌードを撮られたの。学校でヌードにされて!」
「私もよ。それで、お金を出せって言われて…」女子部員達は泣きながら告白した。

「そうなんだ、何とかしないと。育子さん、とにかく鈴木さんと相談した方が良いわよ」
「はい、これから相談します」
「そうよ、そうして。そうすれば私も安心だし」寛子の話を聞いて女子部員達が帰った。

「あなた。困った事になったわね」寛子は全裸のまま孝信に抱きつき「そうだね、困った事になったな」井原も抱きしめていく。
しかし、井原の頭中では、朋美の事と女子部員の事を考えている。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA