女教師 寛子 発表会

【第15話】
 

「出そうだよ、宏美さん!」「出してもいいわよ」孝清も遂に堪えきれず放出し「寛子さん、僕も出すよ」井原も放出した。
「大丈夫かしら。見られないわよね?」「大丈夫だよ。僕たちしかいないし…」
「そうよね。誰もいないよね」手探りで淫裂から流れ出た精液を拭き、服を直していく。

「もう、大丈夫よ」「私も大丈夫!」服の乱れを直したのを確認し、暗闇から明るい外に出た。
「ねえ、あれに乗ろうよ」
「わかったわよ」井原が言う観覧車に乗った。

「ここなら4人だけだよね?」
「そうよ、誰も入れないし」
「だったら見せて。射精した性器の中を!」
「そ、そんなの恥ずかしいわ」顔を見合わせる寛子と宏美だ。

「見せて欲しいな。僕も寛子さんの性器が見たいし」井原の言葉に「で、できません。恥ずかしくてできない…」寛子の声が震えている。
「見せてよ、僕たちの願いだから。宏美さんも見せて!」孝清も言うと、宏美も考えている。
「わかった。ちょっとだけよ」観覧車のタイミングを見計らっていると、丁度、最高点に登ろうとしている。

「見て、これが射精された膣よ…」寛子と宏美はスカートを捲り上げ、パンティを一気に足下まで下げた。
恥ずかしいのか、真っ赤な目で相手を見つめている。
「ドロドロのが着いているよ」「それが、孝信君の精液よ。飲んでいるからいいけど、飲まなかったら、間違いなくできちゃうのよ」
「私も、こんなに出されたのよ」宏美も淫裂を晒すと、2人の膣の中に白い汚物が付着している。

「もう、いいでしょう。見られちゃうから」観覧車が下がり始め「隠してもいいよ」その言葉で、一気にパンティを引き上げたが、股間を押さえ部分の布地は、精液がこぼれていたので濡れている。
「恥ずかしかった…。もう、こんな思いはしたくない!」
「私も、二度と、もうしませんからね」2人はスカートを直し、恥ずかしそうに言い、夕方まで4人は楽しんだ。

それから数週間が経った。
「いいか、もうすぐ発表会だからな!」井原の言葉で、演劇部員の稽古にも熱が入り、それを寛子もバスタオルを体に巻き付けて見守っている。

(孝信君、暫くしてないわね。今夜は欲しいの…)じっと井原を見つめていると「先生、出番です!」呼ばれた。
「わ、わかったわ!」寛子はバスタオルを外して水着姿になったが、乳房の膨らみが飛び出ている。
さらに、股間のVカットが腰骨や尻肉を露わにしていた。

「私はこれでいいのね?」
「そうです。よろしく頼みますよ。明日が本番ですからね」
「わかっている。でも、恥ずかしいわ。オッパイが見えそうで…」顔を赤らめる寛子だ。
「大丈夫だですよ、それよりいいですね?」井原が合図をして寛子も稽古を始めた。

稽古は6時近くに終わり、外はもう夕暮れが迫っている。
寛子は1人アパートに向かっているが「今夜も無理ね、寂しいわ。孝信君が卒業するまでは一緒になれないし…」戸籍上では結婚していても、人目を憚っている以上は、我慢しなければいけない。

アパートに1人でいると、チャイムが鳴った。
「誰かしら?」ドアの所まで行き「どちら様ですか?」尋ねると「演劇部の鈴木です」「大原です」聞き覚えのある声だ。
「待って。開けるから」ドアを開けると教え子の2人が立っている。

「あら、どうしたの。今頃?」
「聞いて欲しい事があるんです」
「わかった。ここでは何だから、中に入って!」鈴木と育子は部屋の中に入って来た。

部屋に入ると、育子はいきなり寛子に抱きついた。
「な、何をする気なのよ!」
「やらせて、先生!」育子は寛子をベッドに押し倒して、服を剥ぎ取りだす。
「いや、やめて。育子さんやめて!」寛子は両手を鈴木に押さえられた。

「やめて。お願い、やめて!」顔を強ばらせながら言うが「先生。絶対に変な事はしないから、育子の通りにしてください」服が脱がされ、ピンクのブラジャーが露わになっている。

育子が背中のホックを外すと「いや、見ないで、お願いよ!」豊満な乳房が2人の目の前に晒された。
寛子は(オッパイを見られてしまった!)目を閉じるた。
「先生、ここも見せて!」「ダメ、そこは見る場所じゃないわよ!」叫ぶが、スカートも脱がされて、パンティも引き下げられた。

「相変わらず可愛いわ。ここが…」恥丘の上には、ハートの形をした絨毛があり「オ○ンコが丸見えだね、先生のオ○ンコが!」鈴木も言う。
(見られてしまったわ。孝信君、性器を見られてしまったわ…)閉じた目からは、涙が流れていく。

さらに「痛いかも知れないけど、我慢してね」両手が縛られる。
「やめなさい。何をするのよ」寛子は手を動かず、全裸のまま仰向けにされた。

「先生、触らせてね」
「いや、やめなさい。触らないで!」鈴木は寛子の乳房を撫で出し、淫裂も撫でていく。
(孝信君、助けて。性器を触られているのよ!)顔を背けると「鈴木君、私も脱ぐわよ」育子も服を脱ぎだした。

育子は、真っ白なパンティ、ブラジャーも脱いで全裸になり「見て。先生と同じにしたのよ」恥ずかしそうに股間から手をどけた。
育子も淫裂の周りの絨毛が剃られ、恥丘の上にハートの形をした絨毛が残されただけで、幼い淫裂からはみ出た肉襞が震えている。

「鈴木君、あなたも脱いで。してあげるから」
「わかった、脱ぐよ」鈴木もズボン、パンツと脱いで全裸になると、股間の肉竿が大きく膨らんでいる。

「いやよ、レイプしないで!」怯える寛子に「大丈夫です。触るだけですから」鈴木は寛子の乳房と淫裂を触り、その鈴木の肉竿を育子が擦っていく。
「気持ちいい。早くやりたいよ」

「卒業まで我慢して、卒業式には必ず上げるから。それまでは手で我慢して」
「育子、お前のオ○ンコも触らせてくれ!」
「いいわよ、触るだけなら」向きを変えて、肉竿を掴み淫裂を鈴木に晒すと「ここに入れるんだね?」指で淫裂を広げ言う。

「そうよ。そこのポックリ空いた穴に入れるのよ」目を閉じ、肉竿を擦っている育子の顔が真っ赤になっている。
「育子、恥ずかしいのか?」
「うん。性器をまともに見られると恥ずかしい…」
「でも、育子と先生のオ○ンコが少し違うよ」見比べて言うが「恥ずかしいから言わないで。黙って触って!」鈴木は2人の淫裂を触り比べていく。

「気持ちいい。育子、出してもいいかい?」
「いいわよ、飲んであげる!」急いで育子は肉竿を口に咥えた。
それには(フェラをしている、子供同士で!)寛子は声が出せない。

やがて、育子の口の中に鈴木が噴射した。
「よかったよ、育子」「私で満足した?」幼い乳房を触られている。
「育子で満足だよ」2人は抱き合い、唇を重ねた。

「もういいでしょう。解いてよ!」
「すみません、先生」今まで縛ってあった寛子の手が解かれていく。
「一体、どういうつもりなの?」
「鈴木君とエッチをしたかったんです。それで先生にお付き合いをお願いした訳で…」

「勝手な事言わないで。私をヌードにしたのよ」
「それは謝ります。ですから、こうして僕たちも素っ裸になりました」
「隠しなさいよ、そんなオチンチン!」両手で胸と股間を押さえて言う寛子だが「もう少し楽しんでから、出ていきますから、許してください」鈴木は育子を仰向けに寝かせて、覆い被さった。

「やめなさいよ、まだ子供同士よ!」
「いいんです。まねごとですから」仰向けになった育子は鈴木の肉竿を擦り始めた。
若い肉竿は一気に膨らみ、また使用可能となって「ここよ、ちょっとだけだからね」その肉竿を淫裂に導いていく。
(オチンチンが膣に入っていく!)眺めている寛子も体が熱くなっていた。

「可愛いよ、育子のオッパイ!」乳房を揉みながら乳首も吸うと「いいわ。吸われると何か変な感じなの…」気持ちよさそうに目を閉じ背中が浮いていく。
「入ったよ。少しだけ…」
「そこまでよ。そこまでにして…」

「わかった!」肉竿がピストンをしていく。
「こ、これがセックスなんだ!」
「そうよ、気持ちいいわ」乳房を揉まれながら肉竿を迎え入れている育子だ。

「やめなさい。バージンを失ったらどうするのよ!」
「そこまでしません。それにお腹の中には絶対に出しませんから」鈴木は腰を振りながら言い(大丈夫かしら?)心配そうに2人の結合部を見つめている。

だが、心配をよそに、その結合部からは蜜が流れており「で、でそうだよ」2回目の絶頂を迎えていた。
「抜いて、急いで!」肉竿が抜かれ、先端から勢いよく育子の乳房めがけて飛び出していく。
「出したのね、私の膣で…」
「ああ、出したよ。育子のオ○ンコで…」2人はまだ余韻に浸っていた。

「ちょっと、いつまで楽しんでいるのよ。人の家で!」
「すみません。すぐ帰ります」慌ててて服を着ていく2人で「先生、この事は秘密にしてください。井原君との事は黙っていますから」「それにヘアも剃っているのも言いませんから」
「わかったわ。とにかく明日は発表会だからね。早く帰るのよ」
「わかりました」服を着込んだ2人は帰り、1人、寛子が残されている。

「寂しいわ、私もエッチがしたいのに…」目を閉じて孝信の顔を浮かばせた。
「入れて、ここに…」指が淫裂を撫でていき「そう、そこに入れるのよ」呼吸が速まっている。
散々2人に弄ばれて、不完全燃焼状態だから欲望が一気に高まり「クシュ、クシュ!」指の動きに合わせて淫裂から音がしていく。

無毛の淫裂もそれに合わせて蜜を潤わせ「いいわ、孝信君。もっと奥まで入れて…」乳房を揉みながら、二本の指が膣の中を動き回り「あ、あ、あー!」腰を動かしていく。
「行くわ、孝信君、行くわよー!」そして、動きを止めた。
「はあ、はあ、はあ!」荒い息づかいで、寛子はそのまま眠りについてしまった。

翌日、新生学園の演劇発表会が体育館で行われた。
部員達は緊張しながらも稽古の通りの演技をし、寛子も舞台に上がって演技をしていく。

だが、寛子の水着姿での登場が迫ると「井原君、恥ずかしいわ。こんな大勢に見られると、うまく言えない!」水着姿になった寛子が震えている。

「大丈夫ですよ。今まで練習した通りにやればいいんだから!」
(寛子さん、大丈夫だよ。落ち着いてやればいいんだから)肩に手をやった。
(わかった。やってみる!)寛子は稽古の通りに舞台に出た。

すると「凄いや。西尾先生の水着姿だなんて!」歓声が上がった。
(恥ずかしいわ。ヌードを見られている感じがする…)顔を赤らめながら台詞を言うが、観客の生徒達は、そんなのはどうでもよかった。

水着から、今にも飛び出そうとしている乳房の膨らみと、Vカットの股間に釘付けになっている。
「オッパイが大きいね」
「ヘアが見えないね。きっと剃っているんだよ」寛子の全裸姿を想像し、股間を膨らませている男子生徒達だ。

寛子の水着姿は10分程度で、出番が終わると楽屋に戻ってきた。
「恥ずかしかったわ。ヌードを見られているのと同じだった!」寛子は井原しかいないのを確認して抱きつくと「待って、今夜しようよ。今夜だよ!」慌てる井原だ。

「約束よ、孝信君。暫くしてないから私寂しいの」
「わかったよ。必ずやるよ」寛子の腕を退かす井原だ。
「今度は僕の出番だから、見ていてね」井原が舞台に出ていく。
「約束だからね。今夜してくれないなら、もう、絶対にしてあげないからね」呟くように言う寛子だ。

発表会は1時間半ほどで済んだが、2回目の公演が午後から行われた。
やはり、寛子の水着姿が評判になり、観客が入りきれないほどの盛況で、終わったのは3時近くだ。

 
 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA