女教師 寛子 訪問

【第14話】
 
 

「行こうよ、体を洗わないと」「そうね、性器が汚れているし」井原と寛子は起きあがったが「あなた。いいわ、もっとして!」宏美は弓なりに体を反らせて悶えている。
「宏美さん、気持ちよさそうね」
「ホントだね。男嫌いが直ってよかったわね」宏美と孝清の抱き合う脇を通って、2人は浴室に入った。

「喪失って、こんなに出血するんだ!」
「そうみたい。バージンが破れるとこうなのよ」淫裂から流れた血が太股まで流れていた。
その鮮血を洗い流し、戻ると「あら、戻ったのね」宏美と孝清はソファに並んで座っている。
「宏美さん、もう大丈夫なのね?」
「そう。すべてうち明けたわ、集団レイプされて妊娠した事も。それで男嫌いになった事も…」

「あれは事故だ。君が望んだ事じゃないからね」孝清は宏美を抱きしめ、乳房を揉みながら口付けをしていく。
それを見て「僕たちもしようよ」寛子と井原も座り、抱き合うと「寛子さん!」乳房を揉み「孝信君!」口づけをした。

そして、学校が再開されたが、入籍した寛子は、相変わらずアパートから通っている。
孝清は、早速校長に息子との結婚を報告しに出向いたが「そ、そんな~。教師と生徒が結婚だなんて!」驚く校長だ。

「困ります、教え子が夫だなんて…。この件は極秘にしていただけませんか?」
「当然ですよ。私も卒業したら式を挙げさせるつもりです。取り合えず、入籍だけはすませました」
「それなら安心です。教頭と学年主任だけにとどめさせてもらいますが、学業には配慮はしませんからね」校長も2人の入籍を認めて、目立たないようにするように注意した。

二人は秘密を守って目立たないようにしていたが、学年主任の藤森には知らされていた。
「えこひいきは一切ダメですからね。例え夫であっても!」
「当然です。いっさいしません!」寛子も割り切っている。

しかし、授業になると違っており(あなた、オッパイが欲しいの?)井原を見ると胸を見ていた。
寛子は(後でしましょうよ、私のアパートで!)気づかない振りして授業をしていく。
授業が終わると部活にも顔を出し、おとなしく椅子に座って見学している。

時折、井原と目が合い、わざと足を組みかえてスカートの中が見えるようにしていく。
(あなた、早く欲しいのよ)
(わかっているよ。帰りに一杯やってあげるから我慢して)頷く寛子だ。

その言葉通りに、部活が済むと2人はアパートで抱き合っていた。
「欲しいの。孝信君が欲しい」井原の服を脱がし「僕も欲しいよ、寛子」井原も寛子のスーツを脱がし、2人は抱き合っていく。

「出していいよね。オ○ンコ、いや、性器の中に!」
「良いわよ。あれ飲んでいるから」
「だったら安心だな」肉竿の動きを早め、膣の中に射精し、射精が済むと2人は話し合う。
「亜樹さんと会いたいな。結婚を報告しないといけないし…」
「そうよね、今度の日曜に訪問しましょうか?」2人は藤森の訪問を決めた。

そして、日曜日2人は藤森の家を訪ねると「よくお出で下さいました。あいにく主人は急用でして」亜樹が出迎えた。
「久しぶりだね、先生」
井原の顔に「そ、そうよね。久しぶりよね」動揺する亜樹で(動揺しているわ。安心して、絶対に子供の事は言ってないから)寛子がウィンクし、亜樹も落ち着いた。

「取り合えず、上がって!」2人は応接室に案内された。
「亜樹先生。これを見て欲しいな」井原はビデオを再生するが、全裸姿の寛子が映し出され、しかも、淫裂がはっきりと映っていた。

それには「いや。孝信君、いや!」再生された画面を見るなり、画面の前に立って塞いだ。
「隠さないで。これは大事な事だから!」
「恥ずかしいわよ。誰にも見せないと言うから撮らせたのに…」
「亜樹さんは他人じゃないよ、僕とセックスまでしたんだから」
「そんな事言わないで。夫に知れたら…」亜樹は泣き顔になっていく。
「ご免。そう言うつもりじゃなくて…。取り合えず見てよ」

画面を塞いでいた寛子もソファーに座って画面を見つめた。
真っ青な空の下で乳房を揺らせて歩いていく。
「恥ずかしいわ、オッパイをあんなに揺らせていたなんて!」顔を赤らめながら見ている。

やがて、画面が変わって井原と寛子が全裸になって抱き合い『破って、バージンを!』寛子が肉竿を掴み淫裂に導いていく。
『寛子さん、愛しているよ』『私もよ!』口付けをしながら、肉竿を淫裂に押し込んだ。

見ている寛子は「こんなのを、撮られたなんて!」真っ赤な顔になっているが、画面にはアップで結合部が写った。
『ヒー!』悲鳴がし、それと一緒に淫裂から鮮血が流れていく。
「寛子さん。バージンだったのね」
「ええ、孝信君に捧げました…」恥ずかしさに、俯いたまま顔を上げようとはしない。
その間に、画面が引いて抱き合いながら腰を振っていく姿が映し出され、射精された様子も映し出された。

「もう、いいや!」井原はビデオを停めて仕舞い込んでいく。
「孝信君。先生の処女を奪ってどういうつもりなの、私は体験済みだから構わなかったけど…」
「あれ、藤森先生から聞いていないんだ。僕たち結婚したんだよ!」
「結婚…。だってまだ子供でしょう、高2よ!」

「お父さんも賛成してくれて、入籍も終わっているよ。もう、夫婦なんだ。法律上もね!」
「そうなんだ。だったら、何も言えないわね」
「だから、亜樹さんに挨拶したくて。結婚したってね!」
「そうなんだ。よかったわね」笑顔の亜樹だ。

「でも、もう一回、亜樹先生を抱いてみたいな」井原は亜樹を抱きしめ、胸を撫でるが「もうダメ。赤ちゃんも産んだからもうダメ。遊びはもうしないわ」手を振り払う。
「それを聞いて安心した。僕も亜樹さんとは絶対にしないからね」井原は亜樹の言葉に安心したようだ。

3人が話していると「オギャー、オギャー!」泣き声が聞こえた。
「あら、赤ちゃんが泣いている。オッパイの時間だしね」
「見せて。僕も寛子に産ませたいし」
「見たいならみても良いわよ」3人は泣き声のする方に向かった。

「可愛いな、僕も欲しいよ」
「あら、孝信君は待った方が良いわよ。まだ子供だから」胸を捲り乳房を露わにした。
「大きくなっている。亜樹さんのオッパイが!」
「あら、孝信君知らないのね。赤ちゃんを産むとオッパイも膨らむの。でも、ほら真っ黒になるの」黒ずんだ乳首を抱きかかえた赤ちゃんに含ませていく。

それを見て「寛子、僕もオッパイが欲しいよ」興奮した井原が寛子に抱きつくと「見られているのよ。帰ってからにしましょう」逃れようとする。
「エッチしたかったら、しても良いわよ」亜樹は気を利かせた。

「ほら、ああ言ってるよ。やろうよ!」寛子のスーツを脱がせ、シャツのボタンを外すと、花柄のブラジャーが見える。
「恥ずかしいわ。亜樹さんに見られているのよ」シャツも脱がされ、ブラジャーも外されて、乳房が露わになっていく。
「寛子さんのオッパイは大きいのね!」
「見ないで、恥ずかしいのよ」井原はブラジャーも脱がして乳房に顔を埋めている。

「これも脱ごうね!」スカートも脱がされるとブラジャーと同じく花柄のパンティを履いている。
「あら、可愛いのを履いているのね」乳房を吸われながら亜樹が言い、そのパンティが引き下げられた。
「可愛いよ。寛子の性器!」
「ダメ、恥ずかしいわ。それに汚い!」井原の舌が淫裂をなめだして「あ、あ、あー!」目を閉じ声を上げていく。

井原は右手が伸ばして乳房を掴むと揉みだした。
(恥ずかしいけど、感じていくわ…)井原の頭を押さえ立っているが「ダメ、そんな事ダメ!」太股がブルブル震えている。
(クリちゃんを愛撫しているのね。私も感じていくわ)見ている亜樹も、膣の中が潤っていくのがわかる。

やがて、寛子は体を沈めてマットの上に横になり、井原の服を脱がせ、ズボンを脱がすと股間が膨らんでいた。
「元気がいいのね、孝信君は!」亜樹はニヤニヤしながら見ており「僕は精力が強いみたいで!」パンツも脱いで全裸になった。

「行くよ、寛子!」
「恥ずかしいわ。見ないで、亜樹さん!」無毛の淫裂に肉竿が入ると(恥ずかしいけど、押さえが効かないし…)足を開いて肉竿を迎え入れる。

淫裂に入った肉竿がピストンを始めて「あ、あ、あー。恥ずかしいから見ないで!」堪えきれず声を上げる寛子だ。
「恥ずかしくないわよ、女性だから当然よ」赤ちゃんに、乳をやながら言う亜樹だ。

井原は腰の動きを一気に早め「いいわ、いいわ!」寛子の腰が井原に合わせて動きだし「クシュ、クシュ!」淫裂から音がしている。
「幸せそうね、寛子さん」
「そう、とっても幸せよ…」淫裂に肉竿を迎えながら言う寛子だ。

(そうだわ、あれでやってみようかしら?)「孝信君、私にさせて、夫婦だからいいよね?」
「わかった。寛子さん、やってもいいよ」2人は結合したまま体制を変えた。
「気持ちいいよ、寛子さん!」
「私もよ、孝信君!」馬乗りになった寛子は腰を振っていく。

「オッパイを揉むんだよね?」
「そうよ、私のオッパイを揉むのよ」目を閉じ腰を振っていく。
「気持ちいい。出したくなった!」
「いいわよ。あれ、飲んで置いたから」

「親父から貰ったのか?」
「そう、卒業するまでは産まないでくれって言われているから」寛子が腰の動きを早めていくと、井原が爆発した。
「寛子さん、出しちゃった…」
「わかっている!」寛子は体を倒し、乳房を井原の胸に押しつけ「寛子!」「孝信君!」2人は結合したまま抱き合った。

暫く抱き合い、起きあがると「ねえ、今度は私達のを見てくれない。二人目を作る現場に立ち会って欲しいのよ」亜樹が頼み込む。
「いいけど、大丈夫なの、勝手に決めて?」
「平気よ、その方が興奮するし。日日は後で連絡するわ」
「わかった。ホントにいいなら僕も立ち合いたいし…」まだ、亜樹の子に疑問が消えない井原だ。

「亜樹さん。二人目も作ると言う事は、学校はどうなさるの?」
「やめようと思うの。子供の育児に専念したいし」
「そうよね、旦那さんとやっとできた子供だしね」寛子は淫裂を拭き終えると、脱いだ服を着込んでいく。
服を着込むと、コーヒーを飲みながら昼近くまで雑談をした。

亜樹の家を出た2人は、並んで歩いている。
寛子は井原の腕と組んだが、それは姉と弟のような感じで「寛子さん、恥ずかしいよ」「いやなの?」組んだ腕を外す寛子だ。

「だって、まだ秘密だよ。それより、知られたらどうなるかもわからないし…」
「そうよね、無理もないわね」歩きながら話し合っていた。

「ところで、お腹空かない?」
「うん、空いたよ」
「一緒に食べましょうよ」
「いいね、だったらいつものとこがいいよな」
「あら、決まった店を知っているの?」
「まあね。この辺は詳しいから」2人は歩いて洋食店に入った。

すると「あら、寛子さん!」声が掛けられた。
「あら、偶然ね。宏美さんも一緒だなんて!」
「ホント、ご一緒にどう?」
「お邪魔していいのかしら。ご夫婦の楽しみ中に…」
「何言っているのよ。とにかくいらっしゃいよ」宏美の顔が少し赤らみ「何だ、親父も一緒か!」孝清もいて、4人は一緒に食事を摂った。

食事を済ますと4人は町を歩いて行く。
「どう、一緒に遊園地で遊ばない?」「たまにはいいかも。行こうか」4人は遊園地に入った。
「お化け屋敷なんてのは、どうだろう」
「季節外れだけど入ろうか?」4人は入った。

真っ暗な中で、寛子が井原の手を掴むと、井原はその手を股間に押し当てた。
(堅くなっている。オチンチンが堅い!)そして、胸を撫でられて「だめ。ここではだめ!」小さな声で言う。
「何だ、ここでやるのか。だったら宏美もやろうよ!」「見られたら困るわよ」宏美も孝清の肉竿を掴んでいる。

寛子はスカートを捲られ、パンティを引き下げられると「あ、あ、あー!」立ったまま、背後から肉竿で突かれていく。
同じように、宏美もスカートを持ち上げられて、パンティが引き下げられ「恥ずかしい…。こんな所で…」乳房も露わになっている。
2人は「ん、ん、んー!」「う、う、うー!」暗闇の中で、乳房を揉まれながら結合している。

 
 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA