女教師 寛子 聖子の作戦

【第13話】
 
 

浴室で体を洗い終えると、バスタオルで濡れた体を拭いていく。
「下着は無しだからね」
「わかっているわ。だからこれを着るのよ」聖子はスケスケのスリップを着るが、腰の所までしかないミニだから淫裂が露わになっている。

井原は「姉さんの性器も綺麗だね」膝を降ろし、指で淫裂を広げた。
「恥ずかしいわ。弟に性器の中を見られているのよ」太股がブルブル震え、指で広げられた淫裂はピンクに染まっている。

「孝信君、私もこれなのよ」宏美も黒いミニスリップで、腰までの丈までしかなく下半身が丸出しになっていた。
「綺麗だね。手入れしようか、だいぶ生えたし…」
「そうね、お願いするわ」恥ずかしそうに顔を赤らめている。

井原は淫裂の生えかけた絨毛を剃りだし、ダイヤの形に恥丘の絨毛も剃っていく。
「綺麗だな、宏美さんのオ○ンコが!」
「恥ずかしいわ、オ○ンコだなんて」やはり、指で中を広げられて中まで見られた。

「寛子さんは、どうなの?」
「私は普通のネグリジェよ」手にとって着ようとしたが「ダメよ。寛子さんもこれを着て!」聖子が差し出す。
「恥ずかしいわ。性器が丸見えでしょう?」
「構わないわよ、一人だけそんなのだと返って変よ」
「そうね、私だけガッチリでは変よね…」

寛子が聖子から渡されたスリップを着込んでいくと、青みを帯びてはいるが、スケスケで乳房が丸見えだ。
それに、恥丘に残されたハートの形をした絨毛も見えている。
「いいよ。その姿が…」
「あら、また膨らんでいる!」
「そうだよ。僕も丸出しだからね」パンツも履こうとしない。

「とりあえず食べてからよ。それからが、2ラウンドよ」
「そうね。楽しみだわ」井原の肉竿を見つめ「だったら、急いで食べないと」「そうね、急ぎましょう」4人は急いで食事を摂り、缶ビールも少し飲んだ。

食事を終えると部屋に入った。
「いいでしょう。もっと欲しいし…」
「待って。その前に撮らないと」
「また撮るの?」
「当然だよ、これが目的なんだから」井原はスケスケを着て、淫裂を丸出しにした3人をカメラで撮りだした。

そして、撮り始めてから30分も過ぎると「もういいでしょう。欲しいのよ!」井原の肉竿を宏美が口に含んだ。
「宏美さん。そんな事もできるのようになったの?」
「これも孝信君のお陰よ。ここまで出来るようになったし…」また肉竿を口に含むと、唇で擦りだした。
それには井原は「あ、あ、あー!」気持ちよさそうな声を上げだす。

それまで黙ってみていた寛子も「私にもさせて、宏美さん!」井原の肉竿を口に入れると「寛子さん。結婚してもやってね。凄く気持ちいいんだ!」寛子の口で登り詰め「うー!」噴射が始まった。
(エキスだわ。孝信君のエキスが口の中に…)「ゴクン!」何の躊躇もなく一気に飲んだ。

「ふー!」飲み終えた寛子は、口から糸を引いている。
「よかったわよ、孝信君のエキス…」寛子は顔を潤ませて、肉竿を触っていく。
そんな様子を「お似合いだわ。2人はお似合いよ」「そうね、きっとうまく行くわね」聖子と宏美が見つめていた。
「この2人を何とかしてあげないと…」「そうだね。私にできる事があったら、何でもしてあげたいわ」見ていた2人は考え巡らせている。

そして、翌日もヌード撮影が行われた。
「恥ずかしいから、化粧するまで待ってよ!」
「すっぴんで撮らないとだめだよ。しかも素っ裸だからね」相変わらず全裸姿を撮られていく。
それに屋外での全裸ビデオも撮られ、全裸のまま3人は歩かされ、青空の下でオナニーもやらされた。
(恥ずかしいわ、こんなのも撮られているなんて!)恥ずかしい思いをしながらも、井原の言うがままにしている。

そして、撮影が終わりると4人は自宅に戻った。
それを、待っていたかにように聖子に父親の孝清が縁談を進めて「私結婚していいわよ。でも、お父さんも結婚して。それに孝信もよ」聖子が清孝に結婚の条件を言いだすと、それにはさすがに驚いた。

「聖子、俺だって嫁さんが欲しいよ。でもこの年だ、誰も来ないよ。それに孝信はまだ子供だ!」
「あら、わかっていないのね。孝信は立派な大人よ。婚約者だっているのに!」
「ホントか。だったら、俺の事はさておいて、孝信の婚約者を教えろ!」
「ダメ、お父さんが結婚すると言ったら教えてあげる」
「からかうなよ。この年で嫁に来る人はいないよ…」

「そんな事はないわよ。お父さんにピッタリの人がいるのよ」
「誰なんだ。教えろよ、結婚するから!」
「約束よ。間違いなく結婚するわよね?」
「わかったよ、結婚するよ」根負けして孝清も承知した。

その数日後、寛子と宏美は聖子に呼ばれていた。
「2人とも今日は付き合ってね」
「どうしてよ。何も教えてくれないなんて…」いつもと違う聖子に戸惑う2人だ。
「訳を聞かないで付きって。悪いようにはしないから」
「わかったわ。付き合えばいいのね」寛子と宏美は聖子の言うがままに従い、3人は井原の家を訪ねた。

「お父さん、待たせたわね」
「それよりも、どういうつもりだ。聖子!」
「今にわかるわ。孝信も一緒だからね」
「わかっているよ」寛子達は応接室に案内された。

「お父さん、生島宏美さんよ。私と同じ年なの」
聖子に紹介され「生島宏美です」「井原孝清です」挨拶をする。
「お父さん。付き合ってみたら、宏美さんと!」
すかさず「せ、聖子さん。何て事をいうのよ!」宏美の顔が一瞬に赤らんだ。

「そうだよ。宏美さんならお父さんにピッタリだ!」孝信も言い出し「そうだな。宏美さん、私と付き合って貰えますか?」孝清も照れくさそうに言い「はい。よろしくお願いします…」宏美も承知する。
「よかったわね、お父さん。もう一つは孝信ね。孝信のお嫁さんは寛子さんなのよ!」

「待てよ、孝信はまだ子供だが、寛子さんは大人だぞ。年が離れすぎだ!」
「そんな事ないよ。7つ年上だけで、僕は寛子さんを愛しています」
「寛子さん、あなたはどうですか?」
「私も孝信君を愛しています」孝清は暫く悩んだが、聖子との約束で承知した。

そして、孝清は寛子の両親に話を付けるのを約束した。
その甲斐があって、寛子と孝信は卒業したら結婚していいと許され、勿論聖子も婚約して日取りも決まった。

やがて、夏休みも終わりの日が来て、孝信達4人は寛子の部屋に集まっている。
「恥ずかしいわ、オッパイが揺れている!」顔を赤らめながら、再生されたテレビを見ている。
「綺麗だよ、寛子さん」孝信は寛子のボタンを外してブラジャーを持ち上げた。
「恥ずかしいわよ。私だけ抱かれているなんて!」井原は2人を後目に乳房を掴み揉み出し「ん、んー!」寛子の鼻から息が抜けていく。

丁度、画面には孝信に抱かれる宏美が映し出された。
「イヤだ。オチンチンが入っている!」宏美の声に、井原も興奮して「ダメ、そこはダメよ」寛子のスカートが脱がされ、パンティも引き下げられていく。
「破らないで、卒業までは…」
「でも、欲しいよ」肉竿が入り込んでいく。

「でも、卒業までは…」涙を流しながら言うと「寛子さん、入籍だけでもしたら。それならいいでしょう、喪失しても」聖子が言い「そうよ、それならいいわね。バージン喪失でも」宏美も言う。
「そうだね。入籍を急ごうよ。お父さんに承知して貰おうよ」相変わらず、膣穴の入り口まででピストンをしている。

それには「私もエッチをしたくなっちゃた。お先に失礼ね」「聖子さん、待って。私も行くから!」気を効かせて2人がアパートから出て行き、残された寛子と井原は全裸になって抱き合っている。

「気持ちいいわ」乳房を揉まれ、乳首を吸われて「愛しているわ。孝信君!」寛子の両手が乳房に顔を埋めた井原を撫でていく。
(聖子さんの言う通りだわ。入籍したら私のバージンを上げる…)淫裂には肉竿が入ったままだ。

「孝信君、お尻なら全部入れていいわよ。お尻でしてみる?」
「いいんだね、お尻でしても?」
「でも、準備しないと…」立ち上がって、引き出しから浣腸とゼリーを取り出す。

「恥ずかしいけど、孝信君にして欲しいの」俯いたまま浣腸を渡して四つん這いになると、両足を広げ淫裂が丸見えで、その上に肛門がある。
「いくよ!」(浣腸が入ってきた!)肉襞が震えだした。

押し込まれた液剤は、直ぐに効果を現し「トイレで出してくる!」トイレで排出をしてから肛門にゼリーを塗っていく。
「孝信君のも塗らないと!」勃起した肉竿にゼリーを塗ると「冷たくて気持ちいいや!」さらに堅さが増していく。

「準備は出来たわ。入れてもいいわよ」寛子が仰向けに寝ると「いくよ!」「うー!」肛門に肉竿が入った。
(痛いけど我慢しないと…)呻き声を上げながらも、肉竿のすべてを吸い込んで「先生、我慢して。すぐ終わるから」肉竿が動き出した。

(痛いけど、最初の時ほどじゃない…)「孝信君、私にさせて」「いいんですね?」井原は寛子を抱き上げた。
「先生!」寛子は井原の太股に乗って抱きつき、唇を重ねていく。
「ご免ね、お尻で!」そして、ゆっくりと腰を動かし、垂れ下がった乳房を井原が掴み、揉んでいく。

「先生、出そうです。出したいです!」
「出してもいいわよ。一杯出して頂戴!」井原は腸の中に噴射を始めた。
「孝信君、暖かいわ。精液が暖かい!」寛子は体を押しつけて抱き合い、暫く沈黙が続いた。

「洗いましょうね。オチンチンが汚れているし…」
「そうだね。お尻の中も洗わないと」2人は浴室に入るとシャワーを浴び、汚れを落として体を拭いていると、電話が鳴った。

「誰かしら?」寛子は電話に駆け寄り受話器を取った。
「もしもし、西尾ですが…。はい、わかりました…」受話器を置くと「孝信君の家に来てくれだって。一緒よ!」パンティを履きながら言う。
「僕も一緒なの?」
「そうよ。とにかく急いでだって!」井原も急いで服を着ていく。

服を着込むと、言われた通りに、印鑑を持って井原の実家に向かうが、そこでは「待っていたわよ。寛子さん!」聖子や宏美が待っていた。
「早速だが、これに記入してくれ!」それを見た寛子は泣き出した。
「いいんですね、本当に?」
「当然だ、約束したろう。孝信の性処理を考えると早めの方がいいと思ってね」孝清が差し出したのは婚姻届だった。

「お父さんありがとう」真っ先に孝信が記入し、保護者として孝清も記入していく。
「先生、書いて」「はい、書きます」うれし涙を流しながら記入し印鑑も押すと「これですんだわね。証人は私がなるわ」宏美も書いていく。

「これでよしと。早速だけど寛子さん、孝信と喪失して!」
「そんな事言われても…」顔を赤らめる寛子に「やりなさいよ。ここで。私もお父さんとするから」宏美は服を脱ぎだした。
「孝信。宏美さんは今日から義理の母さんなのよ」聖子が言うと「じゃあ、結婚するんだ!」驚きの声をあげ「入籍の届けはもう済ませたのよ」恥ずかしそうに宏美が言う。

すると「寛子さん。僕たちもやろうよ!」孝信も服を脱ぎだした。
「本当にここでするの、孝信君?」
「当然だよ。もう僕たちは夫婦だよ」
「そうよね、夫婦だよね」やっと願いが叶ったのか、目を潤ませながら寛子も服を脱ぎだした。

「孝信、記念に始めての性交渉を撮ってあげようか?」
「撮ってくれるんだ。姉さんが!」井原は承知したが「やめて。セックスをしているところはイヤ。まして、喪失を撮るなんて!」寛子は嫌がっている。

「撮っておこうよ。一生に一回しかないんだから。イヤだったら後で消せばいいじゃないか!」
「でも恥ずかしいわ。見られるのは我慢できるけど、ビデオだなんて…」
「僕は撮って欲しいんだ。夫の言う事に妻は従わないと!」
「わかりました」寛子は渋々承知してパンティを脱いでいく。

「寛子さん。ヘアを手入れしているんだね?」孝清が見つめて言うと「お父さん、僕が手入れしているんだ。この方が良いだろうと思ってね」
「良いよ、そんな性器が…」目を細める清孝に「あなた、私も手入れしてあるの」宏美も恥ずかしそうにパンティを脱ぎ股間を見せた。

「いいよ、これもいいよ!」露わになった股間を触りだし「よかった、喜んで貰えて!」ホッとしながらブラジャーも脱いで全裸になっていく。
「あなたも脱がないと」恥ずかしそうに両手を後ろで組んで立っていく。

寛子もブラジャーを脱いで全裸になった。
「恥ずかしいわ。こんな姿もビデオに撮られるなんて…」
「気にしないでやろうよ」絨毯の上で2人が横になると「あ、あ、あー!」乳房に顔を埋め、乳首を吸いながら揉んでいく。

「入れて、孝信君。入れて!」寛子は勃起した肉竿を掴み擦り「わかった、入れるからね」覆い被さり、腰を押しつけた。
(撮られている、ビデオに撮られている!)寛子は恥ずかしさに目を閉じた。
肉竿は淫裂を押し広げ、膣穴の入り口でピストンしていく。

「もう大丈夫よ。バージンを破って!」孝信は腰を一気に密着させた。
「ヒー!」寛子は悲鳴を上げ、腰を浮かせて太股がブルブル震えている。
それに、淫裂から真っ赤な鮮血が流れてくる。

「寛子さん。これで間違いなく夫婦だからね」
「私、良いお嫁さんになります…」涙を流しながら孝信を抱きしめ「寛子さん!」孝信は口付けをしたまま、腰を振って(痛い、まだ出血している!)肉竿の動きが早まった。

暫くして「うー!」動きを停めた。
「出したのね。膣の中が暖かいわ…」
「先生のオ○ンコの中に出したよ」
「ダメ、オ○ンコ何て卑猥よ。言わない約束よ!」

「ご免なさい。性器の中に一杯出しちゃった!」
「大丈夫よ、安心して。それよりも孝信君、私幸せ!」
「僕も幸せだよ」2人は結合したまま抱き合った。

 
 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA