女教師 寛子 ヌード撮影

【第12話】
 

「寛子さん、出番だよ」井原が言うと「は、はい、わかりました…」返事する寛子の声がかすれている。
寛子もワンピースのボタンを外し、胸元が開いて日焼けした肌が覗いた。
ボタンを外し終えると、胸を広げて「だいぶ日焼けしたね。先生!」日焼けした肌の中に白い乳房があった。

乳房は水着の形をして白く残り「ええ、焼けたわ」恥ずかしそうにワンピースを脱いだ。
「いいよ。そのストッキングが!」ワンピースを足下まで下げると、太股までの黒いストッキングが覆っている。
恥丘にはハートの形の絨毛があるが、淫裂の周りには何もなく、ピンクの肉襞が飛び出して揺れている。

「恥ずかしいわ。こんな姿を撮られるなんて!」恥ずかしさで乳首も勃起し、体が震えている。
寛子はワンピースから足を上げて脱ぎ(ここからはフルヌードだわ。オッパイと性器も撮られるんだ!)脱いだワンピースを畳んで孝信のリュックに入れた。

「先生も両手を組んで!」井原の言うがままに両手を後ろで組むと(ビデオに撮られている…)顔が真っ赤になり目の下が充血している。
そんな3人を井原はビデオで撮りまくっていく。

「今度は、あそこまで歩こう!」ワンピースを詰めたリュックを背負って先に井原が歩いて行く。
(行かないで。待って、孝信君!)体を隠す物は何もなく、3人は横に並んで歩いている。
「恥ずかしいわ。オッパイが揺れているのを撮られるなんて…」
「私もよ。それに、膣の中が何か変な感じなの…」
「そうね、濡れていくみたいね。恥ずかしい思いをしているのに…」3人は乳房を揺らせ、井原を目指して歩いていく。

「いいね。3人のオ○ンコがバッチリだよ!」
「オ○ンコなんて言わないで。性器と言ってよ!」寛子は、まだオ○ンコと言われるのに抵抗があり「性器がいいよ。3人の性器が!」井原は言い直した。

「私はオ○ンコと言われた方が感じるわ。卑猥さがいいのよね、膣の中も濡れているし…」
「そうね、こんな青空だし。オ○ンコしたいわよね」
(イヤよ、オ○ンコだなんて。卑猥だわ)寛子の顔がまた赤らんだ。

3人は話をしながら井原の所まで来た。
「それだったら、青空の下でオ○ンコしようか?」
「恥ずかしいわ。誰が来るかも知れないのよ」
「大丈夫だよ、ここには誰も来ないよ。あそこの上でしようよ」指さす先には柔らかそうな芝草が生い茂っている。

「交代で撮ろうよ。3人で順番を決めて!」井原は服を脱ぎだし、側では「ジャンケンポイ!」と順番を決めていく。
「私が最初だわ」寛子が叫ぶと「私が最後だわ。今日はお腹に出してもいい日だから出して貰おうかな?」宏美も言う。

「宏美さん、安心日なの?」
「そうなのよ。孝信君、最後に出してね」
「勿論さ。出していいなら一杯だすよ」
「よかった、最後の番で!」

「そうと決まったら始めようよ。まずは姉さんが撮るんだ!」
「わかったわ、しっかり撮るからね」聖子はビデオを構え「孝信君!」「先生!」2人は口付けをし、井原は白い乳房を触って「いいわ、気持ちいいわ」寛子は声を上げだす。

やがて、お互いの股間を撫で合い、寛子が仰向けにされ「あ、あ、あー!」淫裂に肉竿が入っていく。
「ご免ね。入り口だけで…」
「気にしないで先生。卒業したらやらせて貰うから」例によって、肉竿の先端しか入っていかない。

それには、見ている宏美は我慢できずに「欲しいわ、私も欲しいよ!」指で淫裂を触っている。
それは宏美だけでなく聖子もそうで「私もオナニーしたくなった…。でも撮らないといけないし…」カメラを片手で持ち、もう片手が淫裂を触っていく。

カメラの前で「あん、あん、あん!」肉竿がピストンを始めると、乳首も吸われ背中が反って「いいわ、いいわ!」寛子の悶え声が上がっていく。

「交代して。もういいでしょう?」聖子はカメラを宏美に押しつけて、井原に抱きつく。
「オチンチンを入れて!」井原を押し倒すと馬乗りになった。
「絶対に出さないでね。出そうになったら言ってよ」肉竿を掴んで淫裂に導くと「あ、あ、あー!」聖子は腰を下ろして悶え声をあげている。

「姉さん、いいよ。気持ちいいよ!」乳房を掴み揉んでいく。
「私もいいわよ、孝信!」聖子は腰を振り出し「クシャ、クシャ!」動くたびに淫裂から音が出ている。
「気持ちよさそうね、聖子さん!」冷静さを取り戻した寛子は、聖子の頭を押さえて口付けし、聖子も腰を振りながら寛子の乳房を撫でていく。

聖子は呼吸を荒立てながら、腰の動きを早めて、淫裂からは汁流れて井原の股間を濡らせている。
「寛子さん、交代して。もう我慢できないわ!」ビデオを寛子に渡して宏美も井原に抱きついた。

「欲しいの。孝信君のエキスが、オ○ンコに欲しい!」わざと卑猥な言葉を言って興奮させている。
「わかったよ。交代だ!」今度は宏美の番で「あ、あー!」宏美は両足を持ち上げられて開脚された。
「いくぞ!」開脚したまま肉竿を押し込まれ「いいわ。オ○ンコの奥まで入っている!」指で準備していたので、すんなり入っていく。

「宏美さん凄いわ。お汁が一杯流れていくわよ」
「気持ちいいのよ。もっとして、もっとよ!」井原がピストンを早めると「あ、あ、あー!」青空の下で宏美の悶え声が上がっていく。

「手伝うわね」聖子も加わり、乳房を撫でると「吸って、乳首を吸って!」喘ぎ声をあげながら言う。
言われるまま、乳房を揉みながら乳首を吸うと「あん、あん、あん!」悶え声がさらに高まり、淫裂から流れた汁お尻を濡らしている。

やがて「出すよ、出すからね!」井原の動きが停まり「いいわよ、精液が気持ちいいわ…」萎縮していく肉竿と淫裂の隙間から白い液体が流れ出した。
「射精ね、射精だわ!」寛子は逃すまいとビデオで撮っていく。

「恥ずかしいわ、こんなのは撮らないで!」宏美は手で隠そうとしたが「ダメだよ、記念だから撮らないと…」肉竿も抜かれ「凄いわよ、宏美さん!」淫裂から白い液体が流れで来る。
「撮らないで。お願い!」
「ダメだ。撮ろうよ!」手が押さえられた。

「わかったわ。その代わりにキスして!」
「いいよ、キスなら」井原は宏美の頭を押さえて唇を重ね、それに答えて宏美は足を広げていく。
(凄いわ。孝信君のエキスが一杯出てきた!)股間から流れ出る精液をビデオに収めていく。

その後、4人は仰向けになった。
「よかったわ。でも、孝信とはもうできないわね…」
「そうだね。縁談があるし…」

「あら、聖子さんに縁談があるの?」
「お父さんの知り合いの子供なの。私は乗り気じゃないけど、相手が乗り気で…」
「いいじゃないのよ。もう男嫌いは直ったでしょう?」
「わからないの、それが…。でも、セックスが気持ちいいのは、わかっている…」

「私もお嫁に行きたいな。もう、男嫌いは直ったみたいだし」
「あら、それじゃ、私と別れるの?」
「違うわよ、そう言う意味じゃなくてよ!」
「ふふふ。わかっているわよ、宏美!」

「意地悪ね、聖子は。お仕置きよ!」宏美は聖子に飛びついて乳房を撫でだした。
「だめ、感じちゃうからダメよ!」
「構わないよ、それも撮りたかったし。3人で楽しんでいいよ」井原はビデオで2人の行為を撮りだす。

その前で「あん、あん!」宏美と聖子は抱き合い、淫裂に指を入れ合う。
「いいわ、いいわよ。寛子さん、オッパイを揉んで!」
「こうするのね?」寛子は聖子の背中に乳房を押しつけ、乳房を揉みだし「あ、あ、あー!」聖子は悶え声をあげ、淫裂から汁を流し出している。

「私のオッパイも揉んでよ」宏美もねだり「面倒ね、どうせなら、こうしましょう!」聖子は宏美を仰向けにしていく。
「性器は私で、オッパイは寛子さんよ」
「わかったわ」2人は乳房と淫裂を分担して触りだし「いいわ、いいわよ!」宏美は声を上げ腰を浮かせて動いていく。

(気持ちよさそうね、私もこうなのかしら?)寛子も乳房を揉みながら乳首を吸うと「行く、行きそうよ、いくー!」宏美は声を上げた。
聖子の指の動きも早まって「ハア、ハア、ハア!」荒い息使いだ。

「寛子さん、今度はあなたがしてね」
「性器でいいのね?」
「そう、性器を指でして!」聖子は仰向けになっていく。

(ここをやるんだ!)寛子が指で淫裂を撫でだすと「いいわ、いいわよ!」悶え声をあげていく聖子だ。
「私もするわ」息を荒立てながら宏美も加わり、乳房を揉みだすと「あ、あ、あー!」悶え声をあげる。
この後、寛子も聖子と宏美の指によって、乳房と淫裂を触られて声をあげ、それをビデオで井原が撮った。

暫く芝生の上で休んでいたが「少し散歩しようよ」井原が言い出した。
「でも、ヌードよ。恥ずかしいわ」
「大丈夫だよ、誰もいないし。それに僕もヌードだよ」
「わかった、それならいいわ」4人は立ち上がり歩き出した。
女性の3人は乳房を揺らせ、男の井原は肉竿を揺らせ(オチンチンが揺れている!)恥ずかしそうに、井原の肉竿を見ていく寛子だ。

「気持ちいいな、青空の下で素っ裸だなんて!」
「そうね、ヌードもたまには楽しいわね」全裸で運動靴姿で山道を歩いていくと「あら、音がするわ」水音が聞こえる。
「滝だよ、すぐそこだ!」井原が言った通りで、滝があった。

「記念写真を撮ろうよ」寛子達は滝の前に並んで立った。
「ダメ、隠さないで。両手を後ろに組んで!」言われるままに股間を覆った手が退けられる。
3人並んだ中で、黒いストッキングを履いた寛子が一番悩ましい姿だ。
(孝信君のオチンチンが膨らんでいる!)寛子も自分の姿で勃起したのがわかり、俯いている。

「こっち向いて!」寛子が顔を上げると「ピッ!」電子音がして、3人は乳房と淫裂を晒した姿をカメラに納められていく。
「交代だ、僕も撮って!」井原は寛子の後ろに立って、乳房を掴んだ。

勃起した肉竿が、尻に当たって「恥ずかしいわ。オッパイを掴んだ写真だなんて!」恥ずかしがる寛子だが「いいわね、夫婦の記念写真にはいいわよ」また電子音がした。
「これで、よしと!」写真を撮るとまた歩き出した。

4人はその後も撮りながら山道を歩き、5時近くに戻ってきた。
「やっと着いたわね。誰にも見られなくてよかったわ」
「そうね。ホッとしたわ」全裸のままで歩いてきたから、一安心するのも無理もなかった。

戻ると寛子達は全裸のままで調理していく。
「孝信君、お風呂を沸かしてくれない?」
「いいよ、沸かしておく!」井原も全裸のままで、風呂の準備を始めた。

その後、布団を敷いていくと風呂が沸いた。
「お風呂が沸いたよ!」
「孝信君。どうせなら一緒に入ろうよ」
「いいわね。でも一緒に入れるかしら?」女性達はその気になった。

「それなら大丈夫だよ。風呂は小さいけどお洗い場は大きいから」
「決まりね。こっちも終わったからお風呂の準備だわ」4人は着替えを取りに部屋に戻り、風呂に向かった。

4人は全裸だから服を脱ぐ必要がなく、寛子だけがストッキングを脱ぐだけだ。
「いい湯加減ね。まずは孝信君の体を洗ってからね」3人の女性は井原の体を石鹸で洗いだす。
「気持ちいい。オチンチンが膨らんでいく!」
「ダメ、今は出さないで。今夜してもらわないと…」
「勿論だよ。今夜も楽しむからね」体を洗われながら言う井原だ。

「はい、孝信君いいわよ。入って!」真っ先に井原が浴槽に入っていく。
「今度は寛子さんよ。ほら、こっち向いて」聖子と宏美が寛子の体を石鹸で洗いだす。
「はい、終わったわ。夫婦、水入らずで入って!」
「恥ずかしいわ、そんな言い方をされると…」恥ずかしそうに狭い浴槽に寛子も入ると「オチンチンが当たっている!」叫んだ。

「ご免よ。寛子さんの性器を見ていたらこうなったん!」寛子の手を肉竿に導くと「か、カチカチだわ、こんなに堅くして!」叫んだ。

その声に「触らせて、孝信!」「私にも触らせて!」体を洗っていた2人も手を伸ばし、井原の肉竿を掴んだ。
「ホントだわ。早く夜にならないかしら?」目を潤ませていく宏美で「そうね、早く夜にならないかしら?」聖子も目を輝かせている。

 
 
 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA