女教師 寛子 育子の出現

【第11話】
 

翌朝、部員は6時に一斉に起きて、分担して作業をしていると「おはよう。昨日は大丈夫だったかね?」管理人が顔を出した。

「はい。何もありませんでしたが…」
「それは結構で。これが頼まれた食料です。代金は口座から引き落とされますからね」
「すみません。お世話になりまして」礼を言う寛子だが、管理人は買い込んだ物を冷蔵庫に押し込むと、帰った。

「先生、今夜もおいしいのを頼みますよ」
「あら、私では不満なの?」
「育子の料理は去年で懲りてるよ。先生が一番だな」
「酷いわ、そんな事言うなら、井川のお嫁に何か絶対にならないからね!」
「怒るなよ。可愛い顔が台無しだよ、育子!」機嫌をとる井川だ。

「そんな事より、全員でやるんでしょう?」(まだ子供だわ。私にもこんな時代があったんだ…)寛子は注意し「すみませんでした」部員は作業していく。
朝食を摂ると、稽古が始まり、寛子も加わって、稽古は休む事もなく行われた。

そして、夜になり「孝信君、ちょっと話が…」2年生の大原が井原に声を掛けてきた。
「どうしたんだ、育子が話だなんて。珍しいな」
「ここでは何だから、外でしましょう」
「わかった。外に出よう」井原は育子と一緒に外に出た。

「孝信君、私見たのよ」
「何を見たんだ?」
「孝信君と先生が抱き合っているのを…」
「何だ、見てたのか。ばれたんじゃ仕方ないな」あっさりと認める井原だ。

「孝信君、私にもして。先生にした事を!」育子は着ていたトレーナーのファスナーを下げたが「い、育子!」トレーナーの下は何も付けておらず乳房が露わになっている。
「して…。西尾先生西と同じく…」恥ずかしそうに顔を赤らめてトレーナーの前を広げ、幼い乳房が月明かりで青白く輝いている。

「育子、本当にいいんだね?」
「いいわよ。孝信君にして欲しいの」2人は唇を重ね合い砂浜に倒れていく。
「孝信君、オッパイを吸って。生見たく…」井原は乳房を揉みながら乳首を吸うと「あ、あ、あー!」まだ幼いが、十分に反応してきた。

井原がなおも乳房を揉んでいくと「孝信君。お願い、エッチをして。後悔しないから…」催促される。
「それは無理だよ。だって、妊娠したらどうするんだ?」
「生むわ。孝信君の子を…」
「ダメだよ、そんなの。オッパイで我慢して。指でもしてあげるから」育子のズボンを引き下げていく。

「少しだけでいいから入れて。お願いだから…」育子も井原のズボンを引き下げていく。
「わかった。まねごとだけだからね」井原は育子のズボンを下げて全裸にし、育子も井原を全裸にした。

「行くよ。痛いけど我慢できるか?」
「大丈夫よ。我慢できる…」井原はゆっくり育子の淫裂を貫いていくが「ひー!」まだ子供の淫裂だ。
「痛いだろう。やめような、オッパイにしてあげるから」肉竿を抜いて乳房だけを揉んでいく。

「奪っていいわ。孝信君!」
「だめだよ。大人に成ったらやろうよ」乳首を吸いながら丁寧に淫裂を撫でだす。
指が割れ目の中に入ると、ピクピクと淫裂が反応している。

「孝信君、ご免ね。こんな事させて…」
「構わないよ、育子!」優しく乳房を吸いながら淫裂を触り、30分ほど抱き合い「戻ろうか、育子」「そうね、戻ろうね」トレーナーを着込むと2人は合宿所に戻った。

そして、合宿を終えると部員はいつもの生活に戻っている。
「いいか、1週間は休むけど、その後また練習だからね」駅で井原が説明してから別れた。
「先生、途中まで一緒に行こうね」
「いいわよ」2人は荷物を抱えながら歩き出し、寛子のアパート近くまで戻った。

「孝信君、寄っていかない?」
「勿論です。僕も話したい事があるし」2人は寛子のアパートに入った。
部屋に入るなり2人は抱き合って唇を重ね、井原は寛子のスカートを脱がせ「孝信君。愛している!」寛子も井原のズボンを脱がせていく。

股間の肉竿は大きく膨らみ、井原も「先生、欲しい!」パンティも引き下げてからベッドに倒れた。
井原はゆっくりと肉竿を押し込んでいく。
「入れてもいいわよ」肉竿を入れながらシャツもまくり上げて乳房を掴んだ。

そして、ゆっくり腰を振っていく。
「いいわ。孝信君、いいわ…」寛子は井原の頭を撫でて、やがて噴射した。
「気持ちよかった、久しぶりで」口付けをしてから言うと「私もよ。良かったわ」2人は抱き合ったままだ。

暫く抱き合ってから「先生、合宿所で抱き合ったのが見られていたんだ!」
「そ、そんな~。どうしたらいいの?」寛子は動揺を隠せない。
「大丈夫だよ。相手は育子だから何とかなるさ。それより、ヌードを撮らせてくれるよね?」
「わかっている。でも恥ずかしいな、カメラの前に立つなんて」相手が育子と知って寛子の動揺も治まった。

「大丈夫だよ。僕達4人だけだから!」
「聖子さんも一緒なら心強いわ。で、いつ撮るの?」
「明後日だよ、明日出発だからね」
「わかった。明日出発ね」
「そうだよ、明日だからね」服を着込むと、アパートから出ていき、1人残された寛子は浴室に入った。

「孝信君のエキスだわ、一杯付いている!」シャワーで流していると「ピンポーン!」チャイムが鳴った。
「今時誰かしら?」バスタオルを体に巻き付けて「どちら様で?」とドアに向かって言う。
「大原育子です!」
(育子…。孝信君と一緒の所を見た子ね)「待って、今開ける!」ドアを開けて育子を迎え入れた。

育子は中に入るなり「先生、孝信君を私に下さい!」突然言い出す。
「下さいって、どういう事なの?」
「孝信君との付き合いを、やめて欲しいんです…」
「育子さん、私と孝信君の関係を知っているの?」
「はい、合宿でみましたから…」

「育子さん、私達はそればかりでないの。結婚を誓ったのよ、ただし、卒業してからだけど…」
「嘘よ、孝信君と結婚だなんて!」育子は泣き出した。
「私と孝信君は誓ったの、結婚するって。それまではバージンでいるの」
「私だって孝信君が好きです。先生に負けないくらい!」寛子は泣き続ける育子を抱きしめた。

「先生!」育子が振り向くと、その弾みで胸の前で結ばれたバスタオルが解け、寛子の裸身が育子の前に晒された。
「先生!」育子は泣きながらもCカップの乳房を掴んだ。
「だめ。育子さん、痛いからだめよ!」
「孝信君と結婚できなくてもいいから付き合いたいの。いいでしょう、先生?」

「それはいいけど、私はどうなるの。婚約者の私は?」
「先生、私が体を提供します」育子は服を脱ぎだした。
「待って、育子さん。いけないわ。それはいけないわ!」
「私の自由にさせて下さい。先生に抱かれたいんです…」顔を赤らめながら、着ていた服を脱ぐと、真っ白なブラジャーとパンティが、日焼けした肌に引き立っている。

「わかったわ。その代わり、絶対に誰にも言わないと誓って!」
「わかっています」育子はパンティを掴み、引き下げて「恥ずかしいけど、先生に見て欲しくて…」恥丘を覆っていた布が退けられると、股間には絨毛が生えていない。

「先生と同じくしたんです。恥ずかしいけどいいでしょう、先生!」パンティとブラジャーを脱ぎ終えると、育子は寛子に抱きついた。
(暖かい、育子の体が暖かい!)寛子も育子を抱きしめてベッドに倒れていく。

「バージンでしょう?」
「そうです。ですから、孝信君のオチンチンが痛かった…」
「いい、これからの事を絶対に言わないでね!」
寛子は、まだ未発達の育子の乳房を撫でていくと、未発達の乳房だが、乳首だけは大人並みに反応した。

(乳首が膨らんでいる!)寛子と同じくらいに膨らんでおり、その乳首を口に含むと「あ、あー!」育子は声を上げ
「は、初めてです。こんな感じは…」胸の呼吸が荒くなっている。
それでも容赦なく、育子の股間を撫でていくと「そ、そこは!」腰が動いて、逃げようとしている。

(まだ子供だわ。セックスなんて無理よ。さすがね、孝信君は…)寛子は無毛の股間を撫でながら、自分の乳房を育子の乳房に押しつけ、4個の乳房がつぶし合っている。
寛子は指で育子の淫裂から肉襞を引き出し、撫でていくと「だめ、そんなことはだめ!」腰が浮いている。

それでも指はしっかりと淫裂を捕らえていた。
(濡れている。膣が濡れている!)指が濡れていた。
「先生、孝信君と一緒にいたいの。先生とも…」泣きながら育子が言い「それ以上言わなくていいわよ」唇を押しつけながら乳房を撫でていく。
「先生!」育子も寛子の乳房を揉み「いいわ、いいわよ…」2人は夕方まで声を上げていた。

そして、翌日に寛子達は電車に乗って山村に向かった。
「もうすぐだよ。そこだったら、誰も来ないから」誰ともすれ違う事もない道を歩いていく。
「こんな場所だから、ヌードも平気なんだよ」
「そうね、ここなら安心してヌードになれるわ」
「それに、周りは誰も住んでいないんだ」歩いていくと平屋が見えてきた。

「あそこが宿舎だよ」4人はその平屋に向かって歩いていく。
「鍵を開けて!」先ほど、バス停で管理人から受け取った鍵で開け、中に入っていく。
「あら、本当になんにもないのね。電気は来てるけど…」
「そうだよ。ここは自分たちでするんだからね」4人は荷物を下ろして片づけていく。

「孝信君、早速だけどしてくれない?」宏美は荷物を置くなり、井原の股間を触って誘惑している。
「ダメよ。夫を取らないで!」慌てて寛子も井原に抱きつく。
「待って。片づいたらしてあげるよ」井原はビデオカメラやデジカメを取り出す。
「わかったわ、私もヌードの準備をしないとね」寛子達3人は部屋の中に入って着替えた。

着替えを済ますと3人は部屋から出てきたが、3人はワンピースを着込んでいる。
「裏山に行こうよ」4人は宿舎を出て、裏にある細い山道を登っていく。
道は勾配がきついが、そんなに険しいわけではない。

そこを登り切ると、平坦な道になっており「ここでしょう。亜樹さんを撮ったのは?」「そうだよ、ここからヌードになったんだ。ここからヌードだよ。服は僕が持つから」リュックを降ろして広げる。

「最初は姉さんからだよ」ビデオカメラを聖子に向けた。
「わかったわ。でも、カメラの前に立つなんて!」顔が強ばり、それに体がブルブル震えている。
「姉さんのヌードを見れるのは、これが最後になるかも知れないし…」

「そうね。最後かもね…」覚悟を決めた聖子は、ワンピースのボタンを外しだすと、胸元が開いて肌が見えてきた。
「恥ずかしいわ。見られているなんて…」全てのボタンを外すと、乳房の膨らみが見えている。
胸元を掴んで、肩から服を脱ぐと、ワンピースが足下に落ち、聖子の全裸が3人に晒された。

聖子の乳房は乳首が勃起し、綺麗に剃られた淫裂も露わになり、肉襞がはみ出していた。
「恥ずかしいわ。屋外でのヌードだなんて!」恥ずかしさで目の下が腫れている。
脱ぎ終えたワンピースは寛子がリュックに仕舞い込む。

「姉さん、ここからは素っ裸だからね」
「わかっているわよ」声が震えており、聖子は両手を後ろに組み、生まれたままの姿をビデオに収められていく。

「次は宏美さんだよ」
「わ、わかっているわ…」声がうわずっており、ワンピースを脱いだ。
「恥ずかしいわ。ヌードを撮られるなんて!」やはり体が震えている。

宏美の恥丘には、ダイヤ型に剃られた絨毛があり、その下にはパックリと口を開いた淫裂が覗き、乳房も小刻みに震えている。
乳首も恥ずかしさで膨らんでいた。

それを「宏美さん、いいよ。ヘアヌードも」ビデオで撮っていく。
「絶対に他人に見せないで!」目の下を腫らせて両手を後ろで組んでいく。
「宏美さんも、ここからはフルヌードだからね」ワンピースがリュックに仕舞われ(今度は、私がヌードの番だわ!)寛子の顔が強ばっている。

 
 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA