女教師 寛子 合宿

【第10話】
 

電車は駅を出ると、全速力で走りだし「先生、退屈だね」井原の手が胸を撫でだす。
「見られたら大変よ、後にしましょうよ」
「でも、我慢できない!」
「困ったわね。オッパイは無理だから、あそこなら触ってもいいわよ」顔がさらに赤らんだ。

「いいんだね、オ○ンコを触っても?」
「オ○ンコじゃないわ、性器よ。性器と言って!」俯いたままの寛子だ。
「わかった。性器を触るからね」寛子はバックからバスタオルを取り出して、隠していく。

「優しくよ。バージンは絶対に破らないでね」スカートの裾を捲り、井原の手を導いていく。
「着けていないだね。先生は?」黙って頷くと「優しくよ。乱暴にしないで」目を閉じ、足を開いて井原に任せた。

井原の指が動き出すと「あっ!」声を上げそうになった。
(指がクリトリスを触っている…。ダメよ、そこはだめ…)寛子は息づかいが荒くなっている。
「先生、濡れてきたよ。べとべとだし」
「言わないで。恥ずかしいから言わないで」バスタオルの下では、井原の指が淫裂を撫でていた。

寛子は絶頂手前で、行きたいが行く事はできない。
電車の中で声を出したら生き恥をさらす事になるから耐えている。
(漏れていく。膣からお汁が流れていく…)必死に声を出すまいと堪えていた。

突然、背後から「先生、ジュース飲まない?」部員が缶ジュースを持ってきた。
「悪いわね、頂くわ」バスタオルの下は、淫裂が丸出しになっているが、気づかれまいと振る舞っている。

「孝信君も飲む?」
「勿論、飲むよ」淫裂を触っていた手でジュースを受け取ると(お汁だわ。私のお汁で指が濡れている!)恥ずかしそうに缶ジュースを開けた。
そんな事とは知らず、井原も飲んでいく。

やがて、窓の風景が変わって海が見えてきた。
「もうすぐだね。うまく合宿をしないと…」
「そうよ、遊びじゃないんだからね」孝信は再び淫裂を触りだし(行きたい。思い切り声を上げたい…)汁を出しながらも耐えている。

「先生、もうすぐ駅だよ」淫裂を触っていた井原は手を退け「それだったら、準備をしないと」スカートの裾を直し、スタオルも退けて降りる準備を始めた。
電車の中でもアナウンスがあり、スピードも落ちていく。

「先生、持とうか?」
「大丈夫よ、持てるわよ」寛子はバックを抱えてドアに向かい、部員もドアに向かってきた。
電車がブレーキを掛け、ホームに停まると、ドアが開き一斉に部員達が降り、寛子も降りた。

「全員降りたな」
「そうです。降りました」鈴木が数えながら言う。
「先生、ここからは歩きですからね」
「大丈夫よ、まだ若いから」寛子達は駅を出て歩いていく。

周りは砂浜が続き、やっと建物が見えて、その建物は2階建てだ。
「あそこね、あそこでしょう?」
「そうだよ、あそこだよ」部員達は一斉に走って建物に向かって走り、寛子は歩いていく。

建物では「よくお出でになりました」男性が話し掛けてくる。
「管理人さんだよ。ここを管理しているんだ!」
「初めまして、顧問の西尾寛子と申します」寛子は管理人と挨拶をしてから説明を受けた。

「後はお願いしますよ」管理人は説明を済ますと帰り、これからの3日間は部員ですべてをしなければならない。
「先生、部屋割りです。先生は2階の1号室です。それから…」井原が部員に指示して(頑張ってね、孝信君!)寛子は井原が頼もしく見えている。

井原は「先生、今日は初日ですから3時まで海水浴でもしましょうよ」最後に言い「さすが、部長候補!」部員も歓声を上げて喜んでいる。
「海水浴もいいわね。私も着替えるわ」
「決まりですね、水着に着替えていいぞ」部員が一斉に割り当てられた部屋に入っていく。

寛子も井原から指示された部屋に入り、バックから水着を取り出した。
「これでは部員が驚くわね…」ニットシャツのボタンを外して脱ぐと、ノーブラだからCカップの乳房が揺れている。
「性器はどうなっているかしら?」急いでスカートも脱ぎ「濡れているわ。お汁が流れなくてよかった…」無毛の性器を眺めてから水着に足を通していく。

「恥ずかしいわ。どうにか性器を隠す程度だし。ヘアがあったら丸見えね」ゴムを引き上げると、T型なので尻や腰が丸見えで、乳房にも水着を押し当てた。
水着はかろうじて乳房を隠しているが、激しく動かせば飛び出してしまう。

「危ないわね、注意しないと…」水着姿になると部屋から出て部員の前に立った。
「せ、先生。大胆!」男子部員は股間を押さえている。
「ずるい、私だってスクール水着で我慢しているのに!」
「そうよ、私だってエッチのがあるのよ」

「それなら着て来いよ。待っているから」
「さすが物わかりがいいわ、部長候補!」女子部員は再び着替えに戻り、その間男子部員が寛子を見ている。
(オッパイがはみ出ている…)布から飛び出た乳房の膨らみをじっと見ている。

それに(オ○ンコが見えそうだ。ヘアを剃っているんだ!)寛子の股間を見ながら勝手に淫裂を想像していた。
(イヤね、オチンチンを膨らませるなんて。もう見ないでよ)顔を背けて気づかない振りをしているが、寛子にとっては長い時間に感じられた。

そこに「お待たせ!」着替えた女子が現れ「凄いや、お前にそんな色気があったのか。見直したよ」男子部員は歓声を上げている。
女子部員もビキニの水着で、大胆なVカットや紐といった水着だ。

「そろったな。泳ごうぜ!」部員は一斉に建物から出て砂浜に向かって走りだし「先生、一緒に泳ごうよ!」
「いいわよ、孝信君」2人も沖に向かって飛び込んだ。

真夏の太陽の下で、2人は童心に戻っており「先生!」井原が寛子に抱きついた。
「ダメ、見られたら困る!」
「だったら、水の中でしようよ」2人は潜り、そして唇を合わせていく。
(孝信君、愛しているわ)(僕も先生を愛しているよ)海水の中で、井原の手は水着の中に入って乳房を揉んでいる。
(私も孝信君が欲しいのよ)寛子も井原のパンツの中に手を入れて肉竿を掴んだ。

だが、素人の2人には潜るにも限度があって「ふー!」「ふー!」海面から顔を出し、空気を吸い込んでいく。
「先生、もっと沖まで行こうよ。やっと立てるくらいまで!」
「そこならいいわね」2人は泳いでやっと立てるとこまで来た。

「ここなら、いいよね?」井原は水着を捲って乳房を露わにし、「私もしたい…」寛子も井原のパンツを引き下げた。
「先生、気持ちいいです!」寛子は肉竿を擦り「私も気持ちいいわ。孝信君!」両乳房を揉まれている。
真っ青な空、海の中で2人は愛を確かめ合っていた。

井原の愛撫に「孝信君、オ○ンコにもしてよ…」寛子は目を閉じ、虚ろな顔になっている。
「先生、やっとオ○ンコと言えるようになりましたね」
「意地悪。それより早くして」寛子は自分から水着を引き下げて「そ、そこよ。そこ!」唇がパクパクしている。

「先生。僕、出そうです。先生とオ○ンコしたい!」
「いいわよ。後ろからして!」寛子は井原に後ろから抱きかかえられて、淫裂に肉竿を押し込まれた。
「気持ちいいわ、早く孝信君のすべてを迎え入れたい…」
「僕も先生のオ○ンコの中に出したい…」肉竿をピストンしていくが、例によって膣穴の入り口までしか入れていない。

「孝信君、愛しているわよ」「僕もです」乳房も掴み、揉んでいくと「出そうです。出します!」登り切った。
「外よ。万が一があるから!」肉竿が抜かれ「先生、いいですね。出しても後始末する必要がないですから」萎縮していく肉竿を水着で隠していく。
「そうね、その点はいいわね」2人は余韻に使って体を撫で合った。

その余韻を邪魔するかのように「先生、いっしょに遊ぼうよ!」女子部員が叫んでいる。
「孝信君、ご免ね。部員には公平でないと」水着を直しながら言う。
「そうだねよ、そうでないと顧問じゃないしね。でも僕は特別だよ」井原と寛子は顔を沈め、水中で口づけをした。

「ふー。先生、ほら急がないと」
「ふー。孝信君は特別よ」寛子は女子部員の方に泳いで行き「先生、ボールで遊ぼうよ」誘われる。
「いいわね、遊ぼう」女子部員は砂浜に上がり、ピーチボールで遊び、寛子も仲間に入って遊びだした。

「えい!」寛子が何気なく両手でトスをすると「!」周りで見ていた男子部員の顔が驚いている。
「せ、先生。オッパイ、オッパイが!」
「えっ、オッパイがどうしたの?」
「飛び出しています。先生のオッパイが!」そんなバカなと言った顔で胸を見て「キャー!」悲鳴を上げながら、うずくまり胸を押さえた。

「み、見られたわ。オッパイを見られた!」強ばった顔で水着を直していく。
(私は顧問よ。こんな事では示しがつかないわ)水着を直すと「オッパイ、見られちゃった!」笑顔になっていく。
「さすがだな。それでこそ、俺の嫁さんだ」黙ってみていた井原も笑顔になった。

そして、またボール遊びをしていくが「いやー!」今度は女子部員の乳房が飛び出している。
「見られちゃったわ、オッパイを!」臆する事などなく、堂々と振る舞いだした。
勿論、寛子も乳房を飛び出させている。
「先生、どうせならトップレスがいいのに…」寛子の乳房が飛び出すたびに、男子部員達は揺れ動く乳房を見ている。

遊びは3時までで「だめだ、もっと感情を込めて!」一階の広間で稽古が始まると、寛子はじっと見つめている。
「先生、今度は先生の番だからね」
「えっ、私もやるの?」
「そうだよ。少しだけだから覚えてね。本番は水着姿だけど」
「恥ずかしいわ、またオッパイがポロリとしたら、生きていけないし…」先ほどの事を思い出し、顔が赤らんだ。

「先生、赤い顔になった!」
「からかわないで。今思うと恥ずかしかったわ、オッパイを見られたんだからね」
「あら、私は何ともないわ。オッパイぐらいでは」
「そうよ、今はヘアを平気で出す時代よ。オッパイくらいで恥ずかしくはないわよ」女子部員は寛子を励ましている。

「そうよね。オッパイぐらいで恥ずかしいなんてね」寛子も部員の励ましで気持ちを切り替え、孝信から渡された台詞を読んでから稽古の仲間入りをした。
慣れない事だったが、今まで部員達を眺めていたので感覚はわかっている。
(孝信君、これでいいのね?)(それでいいよ、先生)必死に稽古を続けていく。

稽古は6時まで及んだ。
「今日はこれまで。わかっていると思うけど、仕事を分担してやれよ!」部員は一斉にそれぞれの持ち場に着いていく。
勿論、寛子も例外ではなく食事の当番で、慣れた手つきで調理していく。
「はい、できたわよ」できあがった料理が並べられると「いただきます!」それを部員と一緒に食べた。

そして、食事がすむと入浴の時間だ。
寛子は女子部員と一緒に浴室に入った。
部員はまだ幼さが残った腰つきだが、寛子だけは女を感じさせる腰つきだ。

「先生、ヘアを剃っていたんですね」
「だって、水着からはみ出ちゃうし。どうせならと思って、こうしたの…」(どうせ、ばれてしまうから、今の内がいいわ)恥ずかしそうに部員の前で股間を晒していく。

「先生の性器は、ヒラヒラが大きいのね。私のは小さいのに…」絨毛をかき分けて淫裂を広げていく。
「私のも小さいわよ・ほら」別な部員も広げていく。
「大丈夫よ、大人になればこうなるのよ。まだ発達してないだけよ」

「先生のは、いつからそれくらいの大きさに?」
「わかんない。たぶん二十歳過ぎだと思うけど…」体を丁寧に洗うと、女子部員も寛子に倣って体を洗う。

入浴が済むと、部員は部屋でくつろいでいるが、寛子はそっと合宿所から抜けて出て砂浜を歩いていく。
「綺麗だわ、こんな夜もあるんだ!」月明かりに照らされた海が幻想的だ。

暫く歩くと「先生!」後から声がした。
「あら、孝信君、どうしたの?」
「先生が気になってね。オッパイの事が!」
「言わないで、恥ずかしいから。また思い出しちゃった」恥ずかしそう顔を下げた。

「先生!」孝信の手が頭を掴み持ち上げ「う!」唇が重なり合っていく。
(好きよ、孝信君!)寛子も孝信を抱きしめた。
2人はそのまま砂浜に倒れて、孝信はシャツを捲ってブラジャーをずらし「あ、あ、あー!」乳房が揉まれていく。

「先生!」「孝信君!」井原は乳房を揉みながら乳首を吸いだし「いいわ、孝信君。愛している…」寛子の手が孝信の頭を撫でている。
月明かり照らされた2人は、青白く輝いている。
だが、そんな2人を見守る人影があり、それは女性のようだ。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA