女教師 寛子 新たな仲間

【第9話】
 

「姉さん、入れるよ!」井原の肉竿が聖子の淫裂に入り込んだ。
(やめて。お願いだから正気になって。イヤ、それ以上入れないで!)半分ほど入ると「姉さん、口を解くから騒がないでね」口を塞ぐテープが剥がされた。

「孝信。お願いやめて、姉弟なんだからやめて!」
「姉弟でも、出さなければ構わないわよ。とにかく、やってあげて!」肉竿がさらに入り込み「うっ、うー!」聖子は顔を歪めた。

しかし(痛くないわ。そんなに痛くない!)歪みが少しずつ消えて行き「オッパイも触るからね」肉竿を動かしながら乳房を揉みだす。
「だめ。オチンチンを動かさないで。だめよ!」そう言う聖子も、淫裂が湿って(感じるわ。弟にレイプされているのに感じている…)腰が肉竿に合わせて動いていく。

「姉さん。可愛いよ…」唇を吸いながらも腰を動かし続けると「孝信、絶対にださないで。それなら許すから」聖子は覚悟を決めた。
「わかった。お腹にはださないよ」腰の動きを早めて「あ、あ、あー!」背中を反らせて悶えている。
「孝信、いいわ。凄いわ。オチンチンが凄くいいわ」淫裂から白く濁った液体が流れ出し、足も開いて深い結合を求めている。

「聖子さん、いいでしょう?」
「いいわ。弟でなかったら膣の中にエキスを欲しい」途切れ途切れに言う聖子だ。
「姉さん、オッパイも吸ってあげるね」腰を振りながら乳首も吸われて「あ、あ、あー!」また声を上げ「孝信、もっとして。乳首を噛んでもいいわよ」虚ろな顔になっている。

乳首が噛まれると「あ、あ、あー!」背中が浮き「そうよ。反対側も噛んで…」乳首が噛まれ「あ、あ、あー!」また声を上げた。
「姉さん、出そうなんだ。出したいよ!」

「だめよ、井原君。お姉さんのオ○ンコには絶対ださないで。私が口でしてあげる!」
「私も飲みたい。孝信のエキスを!」
「だったら、2人で飲んで!」井原は爆発寸前の肉竿を抜いて、宏美の口に押し込み「うー!」身震いしていく。
「孝信、頂戴。姉さんにも!」聖子は口を開けて待っており「う、うー」井原は肉竿を聖子の口にも入れ、暫く動きをとめた。

噴射を終えて肉竿を抜くと「よかったわよ、井原君!」宏美の口から糸を引いている。
「孝信、姉さんもよかったわ。この事はお父さんには言わないでね」
「絶対に言わないよ。姉さんだし」縛ってあった紐を解き聖子を自由にしていく。

「井原君、欲しくなったらまたいいでしょう?」
「僕は構わないよ。でも場所が問題で、ここばかりとは行かないし…」
「そうよね。私のアパートでは母親がうるさいし」聖子も口から糸を引いている。

「そうだ、先生のアパートならいいよ。その代わり、僕が立ち会うけど」
「井原君が一緒なら、なおいいわ」宏美が井原の肉竿をハンカチで拭くと「宏美さん。あなたもヘアを剃って貰ったら?」聖子が言い出す。

「えっ。聖子さんは井原君に剃って貰ってたんだ!」
「そうなの。私のヘアは薄いからツルツルなの。宏美さんだったら、ダイヤがいいかな?」
「僕もそう思っていたんだ。ヘアを剃らせて!」
「剃ってもいいわよ」宏美は足を開いていく。

「待って。今準備するから」かってを知った聖子が、カミソリと石鹸液を用意した。
「剃るからね」
「お願いします」宏美の絨毛が消え、かわって淫裂が露わになってきた。
「ダイヤにするからね」淫裂の周りを剃り終えると、恥丘の上の絨毛を短く揃えて、ダイヤの形に剃った。

「終わったよ、宏美さん!」
「ありがとう。井原君」剃り終えると股間をタオル拭き、下着を履いていく。
「私も服を着ないと」聖子も下着を着て、井原も服を着込んでいく。

「このビデオは、僕が預かっていいよね?」
「それで、オナニーしたいの。持っていかないで!」恥ずかしそうに宏美が言い「私もそれでオナニーしたいのに…」聖子も不満だ。

「わかったよ。コピーして置くから預からせて。でも、先生だけのヌードビデオは変だね、不公平だよ」
「と、言うと、私達もヌードビデオを撮られるの?」
「そうだよ、先生だけじゃ変でしょう・あそこでエッチをするんだから!」

「わかった。ヌードになるけど、絶対に他人に見せないと誓って!」
「誓う。だって、大好きな宏美さんと姉さんのヌードを他人になんか見せられないし」
「井原君ったら」顔を赤らめる宏美だ。

「それじゃ、帰るけど、いいかな?」
「待って、井原君!」宏美は井原に抱きついて唇を重ね「男は嫌いだけど、井原君は大好きよ」と言う。
「私も好きよ、弟が!」聖子も唇を重ねた。
「これから、先生と合宿の事で話し合ってくるからね」
「合宿を計画しているんだ!」顔を見合わせる宏美と聖子だ。

井原は宏美の店を出ると、まっすぐに寛子のアパートに向かう。
「先生、いるかな?」チャイムを押すと「どちら様ですか?」寛子の声だ。
「井原です」
「待って、すぐ開けるから」インターフォンから声がし「ガシャ!」と鍵が外された。

「待っていたわよ。井原君!」
「先生、凄いね。それを見たら、部員が驚くよ」
「恥ずかしいわ、ヌードの方がましよ。こんな水着だなんて…」恥ずかしそうに顔を赤らめていく。

宏美が着ていたのはセパレートの水着だ。
上は乳房の膨らみがカップから半分飛び出し、下は腰骨が丸見えのT型で、かろうじて淫裂を隠している。

「似合うよ。先生!」水着に手を入れて乳房を掴むと「痛いの。井原君のお姉さんにやられたから、オッパイが痛いの」井原の手を押さえる。
「そうだったね。それから取り戻したよ、先生の隠し撮りビデオを!」

「どんなのが映っていたのかしら?」
「待って、再生するから」テープをデッキに入れて再生すると「イヤよ、こんなのなんか!」画面を見るなり叫んでしまった。

「でも、凄く色っぽいよ。これでオナニーしたい気持ちがわかるな…」
「ダメ、井原君。これでオナニーなんかしないでよ。口や、手でしてあげるから」
「僕はしないよ。宏美さんや姉さんだよ」
「女性でもイヤよ。オナニーだなんて…」

「だったら、たまに相手してあげて。姉さんと宏美さんは寂しいんだ」
「井原君が言うならいいわよ。でも一緒にいてよ」
「当然さ、僕もエッチの仲間に入るんだから!」
「それならいいわよ、4人で楽しみましょう」こうして、場所が寛子のアパートと決まった。

そして、数日後に新生学園の夏休みが始まった。
3年生は連日登校して受験の補習授業だが、1,2年生はそれがなく、2年担当の寛子も出番がなくて職員室で暇を弄ぶ状態だ。

「部活でも見るか!」また部室に向かうと、演劇部も合宿が近いせいか、稽古にも熱が入っている。
中に入り、そっと椅子に座って黙って見ていたが(井原君が見ているわ。ドキドキしきゃう!)わざと足を組み変えた。
(見えたのね、パンティが!)井原がウィンクしたから寛子にもわかり(よかった、見て貰えて。今日はエッチの日だし…)顔が赤く染まっている。

稽古は昼近くまで行われ、井原が合宿の事で説明し、それを寛子も黙って聞いており、説明が終わると部員達は部室から出て行き、井原と寛子が残された。

「井原君。今日の帰りは寄っていけるの?」
「どうしようかな、明日からは合宿だし…」
「お願い、暫くしてないから寄って欲しいの。合宿ではエッチができないし…」俯いて顔を上げようとはしない。
「わかったよ、姉さん達も呼ぶよ。それならいいでしょう?」
「いいわよ、それでも!」寛子は笑顔に変わった。

そして、井原と寛子はアパートで2人の現れるのを待った。
「ピンポーン!」「来たわ。これで揃ったわ」ドアを開けると宏美と聖子が立っている。
「お待たせ。これでも、急いできたのよ」息を弾ませながら部屋の中に入ってきた。

「揃ったから始めよう。まずは、姉さんのストリップからだよ」
「私からなのね。始めるわよ」聖子が服を脱ぎだし、スカート、シャツと脱いで下着姿だ。

「孝信。パンティを脱がせて」
「いいよ」井原は聖子の前で膝を付き、パンティを両手で引き下げていく。
「綺麗だよ。ピンクのオ○ンコが…」
「恥ずかしいけど感じるの。弟に性器を見られると…」羞恥心と快感で、興奮している。

聖子は最後にブラジャーも脱いで全裸になり「今度は宏美さんの番だよ」宏美も皆が見ている前で服を脱いでいく。
「私も井原君に手伝って欲しいわ」宏美もパンティが引き下げられ、ダイヤの形の絨毛が見えている。
最後に、寛子も全裸になった。

「寛子さん、欲しいの」「私も欲しいの」宏美と聖子が寛子をベッドに押し倒し、2人は乳房と淫裂を分担して撫でていく。
それには「あん、あん、あん!」寛子の悶え声が響いている。

「宏美さん、いいでしょう。四つん這いでも…」腰を突き出した格好の宏美は、腰を押さえられ、淫裂に肉竿を迎えてた。
「井原君、いいわ。井原君のオチンチンがいいの…」
「僕もだよ。宏美さんには根本まで入れられるし」腰を振っていく井原だ。

井原は聖子の淫裂にも肉竿を入れたが「お、お姉さんよ。井原君!」それには寛子も驚いた。
「いいのよ。射精しないからいいのよ」宏美と聖子は驚かない。
(近親相姦と同じよ。これって!)黙って見ている寛子だ。

そして、最後が寛子だ。
「先生、早くお嫁さんになって欲しいな」肉竿の先端だけでピストンしていく。
「ご免なさいね。卒業したら奥まで入れていいけど、それまで待って!」泣き顔で言うと「寛子さん、泣かないで。孝信を信用して」「井原君なら、きっといいお婿さんになるわよ」寛子に次々と口付けをし、4人は4時近くまで抱き合った。

その翌日、寛子はバックに着替えを詰めてアパートをで出た。
バックを持つと、歩いて行くが駅までの道が長く感じられる。
すると「先生、待ってー!」井原の声がした。

「あら、井原君!」孝信は父親の孝清が運転する車の中で「乗って、先生!」誘う。
「すみません、お世話になります」礼を言うと「こちらこそ、息子が世話になっていまして…」孝清はドアを開けて、寛子を乗せ「行きますよ」車が走り出した。

歩くと10分は掛かるが、車だからすぐに駅だ。
「もう、部員が集まっているわね…」
「そのようですね」2人は車から降りて駅にの中に入っていく。

「全員揃ったかしら?」
「はい、全員揃っていますよ。まだ集合時間前ですが…」
「いつもこうだといいのにね。揃ったから中に入りましょうか?」
「そうだよね、こんなところで待っていても仕方ないしね」部員達は改札口を通って行く。

「あら、電車が入っている!」
「そうよ、ここが始発だから。いい席取らないと」部員達はホームに停まっている電車に走った。
「ここが始発よ、急がなくていいのにね」
「そうだよ。でもわかるな、一番いい席を取りたい気持ちが…」

「どういうふうに、わかるの?」
「うまく言えないけど、僕が先生を余所の人に取られないようにするのと、同じじゃないかな?」
「恥ずかしいわ、孝信君ったら!」顔が赤らんでいく寛子だ。

「それより、本当にお嫁にしてね、一生懸命に頑張るから」
「わかっているよ。お姉さんがお嫁に行ってからになるかもよ」
「えっ、聖子さんに縁談があるの?」

「そうなんだ。相手は親父の親友の子供らしいけど、バツイチらしいよ」
「聖子さん、幸せになればいいね。苦労したからね」
「先生は優しいんだね」
「何言っているの。それより、リーダーは率先垂範よ。ほら急いで!」
「わかっているよ」寛子に急かされて孝信も走りだし「聖子さんが幸せになれればいいのにな…」それは寛子の本心だった。

「先生。いい席取ったよ!」走って乗り込んだ孝信が窓から手を振っている。
「待って、今行くから!」バックを抱えて電車に乗り込んでいくと「あら、2人きりじゃないの。ここの席は!」
「そうだよ、ここは花嫁と花婿の席なんだ。だから隣に座って!」
「わかった、ここに座るわ」寛子は隣に座えあり「荷物を上げようね」孝信も手伝いバックを片づけていく。

「孝信君、部員を見回らなくていいの?」
「大丈夫だよ。部員は鈴木が面倒を見ているんだ!」
「そうなんだ、安心したわ。顧問だしね」
「そうだよ。これから新婚旅行だしね」
「恥ずかしいわ。新婚旅行だなんて」また顔が赤らんだ。

その時「あら、仲がいいのね、お二人さん!」背後から声がした。
「宏美さん。どうしてここに?」振り向くと宏美が立っている。
「差し入れよ。はい、孝信君。花嫁さんを大事にね。それから、またしてね。男が好きになりそうになってきたから」

「直ったのね、病気が?」
「何だか自分が信じられないの。これも孝信君のおかげよ、感謝しているわ」宏美は缶ジュースを手渡す。
「帰ったら楽しもうね」
「そんな事しなくてもいいわよ。合宿を頑張ってね」宏美が電車から降りると「まもなく6番ホームから電車が出ます…」アナウンスがホームに流れ、ゆっくりと寛子達が乗った電車がホームから走り出した。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA