女教師 寛子 お仕置き

【第8話】
 

突然に「先生、用事を思い出したから、1時間ほどして戻るね」「わかったわ。1時間後ね」井原は出て行き、寛子が残されると「寛子さん、ここから選んで。試着室はこっちよ」宏美は聖子と共に奥に向かう。

「ここでいいでしょう。広いし…」
「そうね。ここでなら、私も試着するわ」
「でも、恥ずかしいわ。普通のお部屋でしょう?」
「構わないわよ。それより急がないと」聖子は恥ずかしがる様子もなく、服を脱ぎだす。

「あら、可愛い下着ね。私も欲しいわ」聖子の着ていたのは、スケスケで乳房や股間が丸見えになっている。
「寛子さんも脱がないと…」
「そうですよね」寛子もシャツを脱ぎだすと(そうよ。それでいいの)宏美は下着姿になろうとしている寛子を見つめて、部屋に置かれた何かのスイッチも押した。

そんな事とは知らず、寛子は下着を脱いでいく。
「羨ましいわ。大きいオッパイね」ブラジャーから脱いでいたが「見ないでください、そんなに自信ないんです…」「そんな事ないわ、Cカップでしょう?」その乳房が宏美に触られた。

「大きさはその通りです…」寛子は慌てて宏美の手を退け、パンティを脱いだ。
「あら、ヘアが可愛いわ。孝信でしょう。こんな事するのは孝信しかいないし…」聖子が言うと「え~。先生と教え子がいい仲なんだ!」宏美は声を上げた。

「ち、違います。私が剃りました!」嘘をつき(井原君との仲を知られたら、お終いになってしまう…)慌てて淫裂を隠すかのように、試着用の水着に足を通していく。
だが(間違いない。孝信といい仲になっている!)確信した聖子も全裸になっていく。

「寛子さん。私の体はどうかしら?」聖子の股間の絨毛は、綺麗に剃り上げられて、淫裂が丸見えになっている。
それに、Bカップの乳房だが、ツンとした乳首が悩ましい。
「綺麗ですよ。聖子さんの体は…」恥ずかしそうに目を逸らした。

「先生もステキよ。可愛いわ」聖子は水着に足を通している寛子の乳房を掴むと「ダメ。見られています。ダメです!」乳首も吸われていく。
「だめ、だめです!」手を離せば淫裂が丸見えになるから、乳房を押さえる事は出来ない。

「宏美。試着は後でいいでしょう、我慢できないの」
「わかったわ。その代わり、私も一緒によ」
「わかっているわよ。早く脱いで!」聖子に言われて宏美も服を脱ぎだした。
「だめよ、だめ!」寛子は水着を胸まで持ち上げたが、乳房は露わになっている。

「いいでしょう。レイプするわけではないし…」
「バージンは絶対に保証するから、楽しみましょうね」2人は寛子をベッドに押し倒して、仰向けに寝かせた。
「イヤ。やめて、恥ずかしい!」仰向けにされた寛子は、2人がかりで辱められていく。

「オッパイ、可愛いわよ」乳房を揉まれ、乳首が吸われると「あっ!」一瞬だが背中が浮いた。
(ダメよ。そこは、井原君にして貰うのよ)寛子は声を出すまいと堪えているが「性器にも、しましょうね」淫裂も舌でなめられ「あ、あ、あー!」声を上げてしまった。

「気持ちいいでしょう。オ○ンコが…」
「よ、よくないわ。何とも感じないわよ…」しかし、腰は宏美の指に合わせて動いていく。
「ほら、濡れてきたわよ。バージンでも感じているのね」
「か、感じて、い、な、い、わ…」途切れ途切れだがやっと言えた。

「無理したら体に悪いわよ。ほら、お汁も出ているわよ」宏美は指でお汁をすくい、寛子の目の前で見せた。
「ほら、これは何かな?」指先には白く濁った淫汁があり「し、知りません。そんなのは…」(言えないわ、性器からのお汁だなんて!)顔を背けた。

「先生。正直に言わないとこうよ」乳房を揉んでいた聖子は乳首を噛んだ。
「ヒー、言います。言いますから乳首を噛まないで!」乳首を噛んでいた口が退けられ「これは何かしら?」また言われる。
それには「お、お汁です。性器からのお汁です…」恥ずかしそうに言う

「誰の性器から流れたの?」
「ひ、寛子の性器から流れたお汁です…」
「指でも、気持ちよかったの?」
「は、はい。凄く感じました…」
「だったら、もっとやって欲しいでしょう。指でオ○ンコを?」
「やって下さい。寛子のオ○ンコを指でやって下さい…」恥ずかしさで、肌が真っ赤に染まっていく。

「正直でいいわね。指が欲しいならしてあげる。破らない程度にね」また宏美の指が淫裂を触りだし(いいわ、凄くいい。指だけでこんなに感じるなんて、私は淫乱なのかしら?)指の動きに合わせて腰を動かしていく。

「宏美、交代させて。私にもオ○ンコも触らせて!」「わかったわ、私がオッパイね」2人は入れ替わった。
「先生、孝信が好きなんでしょう?」聖子は淫裂を指で撫でながら言う。
「好きです…。井原君が好きです…」

「そうだったら、これからも私の相手をするのよ。断ったら、お父さんや校長に言いつけるわ」
「言わないで。それだけは言わないで!」腰を動かしながら言う。
「これからも、レズの相手をしてくれるわよね?」
「井原君に怒られる…。レズだなんて…」

「大丈夫よ。オ○ンコする訳じゃなし、指が入るだけだから。なんなら、あの子も一緒でいいでしょう?」
「そんな、一緒だなんて…。まだ子供ですよ…」目を閉じて気持ちよさそうな顔で言う。
「あの子は、あれでませているの。オチンチンを見たでしょう。大人と同じよ。太くて堅いのよ!」

(知っているんだ、井原君のオチンチンを…)「わかりました。一緒でお相手しますから絶対に言わないで下さい」承知した。
「当然よ。誰にも言わないわよ」2人は、再び寛子の乳房と淫裂を触りだし、1時間ほど楽しんでから、やっと水着を着込んだ。

「恥ずかしい。オッパイの膨らみが見えるわよ」
「ちょっと、教え子の前では大胆かな?」
「これはどうかしら。Vカットだけど隠すところはしっかり隠しているわよ」寛子は次々と着替えて「これがいいわ、これなら大胆だけど無難だし」聖子が選んだ。

「そうね、寛子さん。これにしましょうよ」
「わかった、これにします」
「私はこれよ。オッパイの膨らみが見えて刺激的でしょう?」聖子が決めると「そうね、胸の切り抜きがいいわね」宏美はその隙間に手を入れて、聖子の乳房を掴んだ。

「だめ。寛子さんが帰ってからにしようよ。あれも使うし」そっと耳元で言う聖子に「そうね、そうしましょうね」2人は話し合い、服を着込んでいく。
「決まったわね。包まないとね」3人は部屋から店に戻ってきた。

「先生、決まったかい?」
「決まったわ。これで合宿の準備はできたわよ」代金を支払うと井原と一緒に店を出た。

「先生、姉さん達とエッチしたでしょう?」
「ご免なさい、やったわ。イヤだったけど気持ちよくて…」申し訳なさそうな顔の寛子だ。
「隠し撮りされたよ。先生のエッチしているところを!」
「そんなー。それがホントなら、どうしたらいいのよ、井原君!」顔色が青ざめていく。

「大丈夫、僕が何とかするから。先生は先に帰って待ってて!」
「わかった。待っているわ」
「それから、水着姿で出迎えてね」
「恥ずかしいわ、井原君。水着だなんて…」
「だったら、ヌードでもいいんですよ」井原は走るように宏美の店に戻った。

「あら、先ほどのお客さんね」店員は井原を覚えていた。
「ちょっと、姉さんに話があるんだ」
「それなら、お呼びしましょうか?」
「いいよ、知っているから僕が行く!」井原は先ほどに部屋に向かった。

「ここだな」ドアの取っ手に手を掛けると「いいわ、聖子。もっとして!」喘ぎ声が聞こえてくる。
(まだやっているんだ。好きだな。男を教えてやらないと!)そっとドアを開けて中に入り(やっぱり隠し撮りか。先生は僕だけの物だからね。お仕置きをしてやるぞ!)中に入るとポケットから紐を取り出し、一気に襲い掛かった。

「いや、いやー!」一瞬にして宏美の両手が後ろ手に縛られ「やめて。何をする気なのよ、孝信!」聖子も縛られた。
「お仕置きだよ。こんな隠し撮りまでして!」テレビには寛子の全裸が映し出されている。

「解きなさい。早くしないと、お父さんに言いつけるわよ」
「構わないよ、言いつけても。でも、恥を掻くのはどっちかな?」井原がシャツを脱ぎながら言うと「レイプする気なの。実の姉を?」聖子の体が震えている。

「レイプじゃないよ。男を教えてやるんだ。2人に男の良さをね!」脱いだシャツを放って、ズボンも脱いでいく。
「やめて。お願いだからレイプはしないで!」宏美が震えながら言うと「宏美さんは、どうして男が嫌いになったの?」ズボンを脱ぎながら尋ねた。

「だまされたのよ。ドライブに誘われて集団でレイプされたわ。そのあげくが妊娠よ。だから男が嫌いなの!」
「だったら、治療してあげる。男が好きになるように」パンツも脱いで全裸になった。
「やめなさいよ、孝信。宏美さんには手をださないでよ!」聖子が叫ぶと「そうは行かないよ。姉さんともやるから、おとなしくしていて!」井原はガムテープで口を塞いでしまった。

「行くよ、宏美さん!」「いやよ。やめなさい!」嫌がる宏美だが、ベッドに押し倒されると、乳房を揉まれながら、乳首も吸われていく。
すかさず「あ、あ、あー!」力強い吸い方に「す、凄い。乳首が感じる…」一瞬にして体が反応した。

「ダメ、そこはダメ。入れないで!」井原の肉竿が宏美の淫裂に吸い込まれて(バイブよりいいわ。こんなにオチンチンがいいなんて…)叫ぶのをやめて足を開いた。

「気持ちいいでしょう。オチンチンが?」
「よくないわ。男は嫌いよ」強がりを言う宏美に「だったら。もっと教えてあげないと…」肉竿がピストンを始めて「あ、あ、あー!」腰が肉竿に合わせて動いていく。

宏美は「きらい。きらい…、きらい…」叫び声が小さくなって、最後には「して。もっとして!」悶えだした。
「男は嫌いでしょう?」
「井原君は別よ。お願いもっと、奥まで入れて!」腰を密着させてきた。

「だったら、宏美さんが上でやって。自分でオ○ンコするんだよ」
「わかった、自分でする!」宏美は両手を縛られたまま腰を振り出した。
「気持ちいいわ。聖子さんご免なさい。オチンチンが一番いいの。ご免なさい!」
「謝る事ないよ。姉さんもそう言うから」乳房を揉みながら言うと(言わないわ。男は大嫌いよ!)それを見ているしかない聖子だ。

やがて「宏美さん。僕、射精したくなった!」井原は放出が迫った。
「だめ。絶対にださないで、お願いよ!」
「それだったら、手でやって下さい。解きますから」両手を縛ってあった紐が解かれた。

「出そうになったら言ってね。妊娠だけはしたくないの…」また腰を振りだす。
「僕、宏美さんが好きになったよ」
「私も孝信君が好きになったわ。でも、男は嫌いだからね」

「宏美さん、もうすぐ出るよ。手で擦って!」
「わかったわ」宏美は井原から降り、肉竿を手で擦りだすと「あ、あー!」先端から勢いよく、白く濁った液が噴射した。
「精液なのね。これが精液なんだ!」宏美は最後まで擦り、手にベットリと付いたままだ。

「宏美さん、好きだよ」井原は唇を重ね「私もよ、孝信君!」宏美も今までとは違って、素直に応じている。
「宏美さん、気持ちよかったんだね。こんなに濡らして」井原が淫裂を撫でると「恥ずかしいわ。言わないで!」それは、恥じらう普通の女性の姿だ。

「これで宏美さんはいいけど、問題は姉さんだな…」井原は聖子の乳房を揉んでいくが「う。うー!」首を振って拒み「レイプだけはしない。その代わり、これでするからね」ゆっくりと指が淫裂を掻き回していく。
(やめなさい。姉に何て事をするのよ!)腰を引くが、指が淫裂を押さえている。

「聖子さん、弟でも構わないから、オ○ンコやったらどう。射精しなければ平気よ」宏美の言葉に(バカ言わないで。近親相姦になってしまうわよ、絶対にイヤ!)聖子は首を振る。
「宏美さんも、ああ言っているから、オ○ンコしようよ!」
「孝信さんやってあげて。秘密は絶対に守るから。聖子さんもわかってくれるわ」

「姉さん、試そうよ。オ○ンコも濡れているし…」
(ダメ、実の姉弟よ。お父さんに知られたら、大変な事になるからやめて!)首を左右に振っていく。

しかし、井原は聖子の上に覆い被さり、乳房を揉みながら乳首を吸い出した。
(だめだわ。孝信のオチンチンがもう膨らんでしまった!)淫裂に肉竿の先端が当たっており(レイプされてしまう…。実の弟に…)聖子は目を閉じて、井原に犯されるのを覚悟した。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA