女教師 寛子 寛子の嘘

【第7話】
 

それから数日後の日曜日に、寛子は昼食の準備をしている。
「もうすぐだわ。あれを着ないと…」着ているパジャマを脱ぐと、下着は着けておらず生まれたままの姿になっている。

「井原君には、喜んで貰わないと」乳房の上にベルトを巻き付け、腰にもベルトを巻き付けて太股に絡めていく。
「これで準備はいいわ。浣腸もしたし、後はゼリーを塗るだけね」白い乳房を揺らせ、短い絨毛に覆われた淫裂を晒している。

程なくして「ピン、ポーン!」チャイムが鳴った。
「井原君だわ。時間だし…」寛子がドアから「どちら様ですか?」と尋ねると「先生、僕です」井原の声だ。
「井原君ね。待って、開けるから」ドアを開けて、井原を迎え入れた。

井原は寛子を見るなり「先生、綺麗だ。欲しいよ!」抱きつく。
「待って、鍵を掛けないと!」寛子はドアの鍵を掛けてから井原に抱きついた。
「井原君、恥ずかしいけど我慢しているのよ」
「ありがとう、先生!」井原は真っ白な両乳房を掴んでいる。

寛子と井原は、ベッドに倒れて「井原君、愛しているわ」「僕も先生を愛している」2人は抱き合い、唇を重ねていく。
「見たいの。井原君のヌードが見たいの…」寛子は乳房を揉まれながら、井原の服を脱がしていく。
シャツ、ズボン、パンツと脱がし、2人は全裸で抱き合う。

「井原君。今日は私にやらせて!」寛子は勃起した井原の肉竿に、ゼリーを塗っていく。
「冷たいね。でも気持ちいいや!」井原の肉竿がヌルヌルしていき「井原君、痛いけど我慢する!」寛子は井原をまたいで馬乗りになった。

(これを、お尻に入れるのね)勃起した肉竿を掴んで肛門へと導くと「いいの、先生?」驚き顔だ。
「いいわよ。我慢すると言ったでしょう」肉竿が寛子の直腸を貫くと「あ、あ、あ~!」叫んでしまった。
「先生!」井原は興奮しながら、真っ白な乳房を揉んでいく。

寛子は「いいわ、いいわよ…」肛門に入った肉竿を確かめると、腰を上下に振りだし「先生、オ○ンコを触らせて!」井原は淫裂を触っていく。
「恥ずかしい。井原君に性器を触られるなんて…」

「性器じゃないよ、オ○ンコと言うんだ。オ○ンコと言ってごらんよ」
「言えないわ。教師がオ○ンコだなんて、言えない!」首を振りながら言う。
「言わないなら、これで終わりだよ」
「言うわ。オ○ンコが気持ちいい…」(嫌われたくない、井原君に嫌われたくない…)井原の言うがままに従っている。

「先生。ここは何ですか?」
「寛子のオ○ンコです…」
「あれ、先生がオ○ンコって、言っていいの?」
「井原君の前ではいいの。寛子のオ○ンコを見て頂戴、恥ずかしいけど…」目が充血している。

「ここは何ですか?」
「肉襞です。オ○ンコからはみ出た肉襞です…」腰を振りながら耳まで真っ赤になっており「もう許して。そこより、オッパイを揉んで…」口を重ねた。

それまでは、淫裂を触っていた両手だが、今度は両乳房を触りだす。
「揉んで。お願いだから強く揉んで!」乳房を揉まれながら腰を振っていくと「出そうだ。気持ちいいし…」「だして。一杯だして!」程なく、腸の中に液体が漂いだした。
「井原君、好きよ」寛子は肛門に肉竿を入れたまま、覆い被さり「先生、ぼくもです!」2人は抱き合ったまま、動かない。

しばらくして、突然に「先生、オ○ンコのヘアを手入れいないと!」井原が言いだす。
「井原君、オ○ンコと言わせないで。性器とか、膣とかでいいでしょう?」
「だめ。2人きりの時は、オ○ンコというんだ。いいよね?」
「わかったわ。オ○ンコね」

「そうです。どうしますか、手入れは?」
「剃って。寛子のオ○ンコのヘアを剃って!」恥ずかしそうに言うと「いいんですね。それでしたらお風呂に行きましょう」寛子のベルトを脱がしていく。

「そうね。お尻も洗わないといけないしね」2人は起きあがり浴室に入った。
「先生。綺麗だよ」井原は石鹸を泡立て、寛子の股間やお尻に塗っていく。
「早くヘアも手入れして欲しいの。井原君に…」
「わかった。とりあえず、洗ってからにしようよ」井原の手が寛子の全身をくまなく撫でていく。

「気持ちいいわ。オッパイがいいの…」
「ここが、いいんでしょう?」指で両乳首を転がすように摘み「そこよ、それがいいの。子宮の中も疼くの…」快感を感じている。

「それだったら、オチンチンを入れさせて!」
「ダメ。卒業したら必ず上げるから、それまではダメ。まねごとだけで我慢してね」寛子も勃起した肉竿を石鹸で洗いだした。

「先生、気持ちいい。でそうです」
「ダメ、出さないで。オ○ンコのまねごとをしてからでないと、だしちゃダメ!」
「わかった、出さない。我慢する!」
「そうよ、後でしましょう」寛子は肛門を突き刺した肉竿を丁寧に洗っていく。

石鹸を塗り終えると、ぬるま湯で洗い流していく。
「先生。今度はヘアを剃るからね」
「お願いするわ。またハート形にお願いね」
「わかった、ハート形だね」井原は丁寧に絨毛に石けん液を塗っていく。

「くすぐったい。オ○ンコが!」
「先生、オ○ンコと言えるようになったね」
「でも、恥ずかしいわ。オ○ンコと言うなんて!」顔を赤らめながらも淫裂を触れていく。

「動かないで、危ないから」井原がカミソリで生えかけた絨毛を剃りだし「ジョリ、ジョリ!」また地肌が晒された。
「オ○ンコの周りは終わったから、上の方だよ」剃り終わった淫裂を触っている。
「後で。そこは手入れしてからよ」井原は素直に手を退け、恥丘の絨毛を手入れていく。

「終わったよ。これでいいでしょう?」
「いいわよ。オ○ンコのまねごとがしたいんでしょう?」
「うん。先生を抱っこしてベッドインだ!」
「危ないわ、大丈夫なの?」寛子は井原に膝と背中を持ち上げられた。

(井原君とは、夫婦みたいだわ)寛子も井原に抱き付き、フラフラしながらも抱き上げたまま、ベッドまで来た。
「井原君。好きよ、愛してる!」
「僕も、先生が好きだ!」乳房に顔を埋めながら、井原は肉竿をゆっくりと押し込んでいく。

「痛かったら言ってね。ゆっくりやるから!」
「大丈夫よ。痛くないわよ」乳首を吸われると、井原の頭を抱きしめていく。
(いつまでもいたい、時間が許し限り…)体を開いて井原を迎え入た。

井原は膣穴の入り口までしか挿入せずに、ピストンをしていく。
「卒業したら、先生のバージンを下さいね」
「上げる。井原君にあげるわよ…」気持ちよさそうに満足した顔になっている。

井原は二度目の噴射を膣外で行い、寛子が肉竿を握りしめ、その手から精液が流れ出ていく。
「先生、よかった!」
「私もよ。井原君!」手をタオルで拭いて唇を重ね合い、そして沈黙が続いた。

その沈黙を破って「井原君、藤森先生の奥さんに会ってきたの…」寛子が言い出し「えっ、藤森亜樹先生と会ったの?」驚いて体を起こした。
「そう、会ったの。それで色々聞いたわよ」
井原は「…」緊張したのか黙ったままだ。

「赤ちゃんの事も聞いたわ。誰の子供かって!」
「何て言っていたか、教えて下さい」
「待って、急かさないで。間違いなく旦那さんの子だって!」
「だって、藤森先生は無精子症のはずだよ。妊娠するはずがないよ…」信じられないと言った顔の井原だ。

(嘘を言った方がいいわね。楽になりだろうし、私から離れられないようにしたいし…)「ところが、違っていたんだな。浮気して女性を妊娠させてしまったのよ。それで精子があるのがわかったのよ」
「もしかして、その女性って、姉さんじゃないの?」

(聖子さんとは言わない方がいいわね)「わかんない。女性の名は言わなかったし…」暫く井原は考えた。
「間違いないんだね、浮気して妊娠させたのは?」
「間違いないわ。直接聞いたんだから…」
「その女性は姉さんだ、間違いないよ」
「どうして、聖子さんとわかるの?」

「親父が怒っていたんだ、藤森先生を。娘に手を出したって!」
「そうなんだ。知らなかったわ…」
「姉さんと藤森先生はいい仲だったんだ。僕は知っていたんだ。アパートでオ○ンコをしていたのも…」
「そうだったんだ…」あくまでも、知らない振りをする寛子だ。

「よかった、僕の子供じゃなくて。でも、どうして僕を誘ったんだろう?」
「いやみよ。家庭を顧みなかったから浮気をしたんだって。遊びだったそうよ。その後で、妊娠がわかったんだって!」
「それで、姉さんとの仲が切れたんだ。中絶もしたっていっていたし…」

「そうなんだ。知らなかったわ」(これでいいのよ。嘘を言った方がうまく治まるし)心に封印を誓う寛子だ。
「先生、これで安心してお嫁さんに迎えられるよ」胸に顔を埋めて乳房を揉みだした。
「必ずお嫁さんにしてね、井原君!」井原は安心したのか、昼近くまで寛子を抱きしめていた。

昼になって、井原は起きあがり服を着込み、寛子も服を着込んでいく。
「先生、今度の夏休みには合宿を計画しているんだ。いいでしょう?」
「あら、いいわね。場所はどこなの?」
「海の近いところがいいな、泳げるし。それに、先生のビキニ姿も見たいし…」

「ヌードを見たから、ビキニの水着で満足できる?」
「それとこれとは別だよ、ヌードも撮りたいし。約束したよね、ヌードを撮らせてくれるって!」
「約束したわ。それは、2人きりの時よ。合宿ではできないわ、大勢いるし…」
「そうだね、合宿では無理だね。そうだ、合宿が終わったら2人で行こうよ、どこかに!」

「それは無理よ。お父さんの許可を貰わないといけないし…」
「大丈夫だよ。許可は貰うから」
「ほんとに、大丈夫なの?」
「大丈夫さ。亜樹先生の時だって、嘘ついて2人きりで行ったんだからね」
「そうなんだ。よくごまかしたね」笑顔になる井原だ。

「でも先生、合宿が決まったら水着を買わないといけないよ。いい店知っている?」
「ううん、まったく心当たりがないのよ」
「だったら、姉さんに頼むか!」井原は携帯で聖子と連絡を取った。

「先生、姉さんが買い物に付き合ってくれるって!」
「あら、よかったわ。私センスがないから困っていたし」
「2時半に、店に来てくれって」
「だったら、急いでご飯を食べないと…」
「そうだね、せっかく先生が作ってくれたんだからね」2人は急いで昼食を済ませ、聖子の店へと向かった。

2人は約束した時間に聖子の店に入ると「待っていたわよ。これから行きましょうよ」聖子が待っている。
「店の方はどうなるの?」
「お母さんがやってくれるからいいのよ。お母さん、行って来るわね」店の奥には中年の女性がおり「息子が、お世話になっています」挨拶してくる。

「こちらこそ、お世話になっています」
「行こうよ、先生」井原は母親とは挨拶などせず、寛子の腕を引いて外に出た。
「孝信、まだお母さんを許せないのね」
「当然さ。お父さん以外に抱かれたんだから、許せないよ」
「仕方ないのよ。大人になったらわかるわよ」聖子と井原は話しながら歩いている。

暫くして「寛子さん、あそこで買いましょうよ、専門店だから!」
「いいわよ、あそこにしましょう」3人が店の中に入ると「いらっしゃいませ」若い店員が声を掛けてきた。

「店長、いるかしら?」
「失礼ですがどちら様で…」
「あら、ご免なさい。白鳥聖子と申します」
「暫くお待ち下さい」店員が奥に入って行くと「何だ、聖子じゃないのよ。どうしたの?」声がした。

「宏美、お客さんを連れてきたのよ。紹介するわ、西尾寛子さんよ」
「初めまして、西尾寛子です」
「こちらこそ、生島宏美と申します」

「宏美、水着が欲しいのよ。寛子さんに似合うのが…」
「任せて、私も見てあげるから」
聖子と宏美は話をしながら水着を選んでいく。
(恥ずかしいわ。そんなVカットじゃ、お尻が見えちゃうわよ)選ぶ水着は大胆な物ばかりだ。

「もっとないの?」
「あるわよ。あれも試着してみようか?」宏美は紐と同じようなのを選んでいく。
(ダメよ、教え子の前では着れないわよ)顔を赤らめて水着を着た自分を想像している。
(ははん、姉さん達は先生とエッチをする気だな。もしかして隠し撮りも…)井原は水着を選ぶ2人を見ている。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA