女教師 寛子 真実

【第6話】
 

期末試験が終わると、部活も再会されて井原と過ごす事ができた。
しかも、3年生は受験のため部活から抜け、井原達2年が主体となっている。

「先生も一緒に稽古してみない?」
「恥ずかしいから遠慮する。大根は足だけでいいし…」
「あら、先生の足は大根じゃないわよ。すっきりしたネギよ」余裕か冗談が飛び出していた。

「先生が出演すれば受けるよ。それに水着姿だったらもっと受けるわ」「そうね。私も見たいわ、先生の水着姿を!」部員は勝手なことを言い出す。
「ダメよ。人に自慢できる体ではないし…」拒むと「先生、お願いだから出て下さい。演劇部のためにも!」井原が頭を下げた。

「しかたないわね、顧問だし。でも、水着姿はいやよ、ヨットパーカーを着させて!」
「それでもいいよ。でも、ビキニの水着だよ。それにボタンなしのやつで!」井原が寛子を見つめて言うと(わかったわ。井原君のためにビキニの水着を着る)首を縦に振った。

「よかった。これで文化祭もうまく行きそうだ!」部員達は歓声を上げて喜ぶが、寛子にはまだしなければならない事がある。
それは家庭訪問だ。

本来なら担任がするが、丁度教員研修会があって、1週間ほど出張になるため、白羽の矢が寛子に刺さった。
「丁度いい機会ですからやって見たら?」藤森に勧められて、1組だけを引き受け「このスケジュールでお願いしますよ」担任は寛子に渡すと、ホッとした顔になっている。
「わかりました。やってみます」スケジュール表を見ると(井原君は明後日ね…)井原の顔がまた浮かんでいる。

翌日から、寛子は1組の生徒の家庭を回った。
その間、授業は午前中だが、生徒達は部活をしなければならない。
寛子は初めての事で、戸惑ってばかりで失敗の連続だが、明るい性格と整った顔が親に受け「新任だからね」と大目に見ている。

そして、井原の家庭訪問となり、寛子は井原が書いた地図を頼りに歩いていくと「ここは医院じゃないのよ」そこには「井原医院」と書かれた看板がある。
「また間違えたのかしら?」地図を見直すと「あら、西尾さんじゃないの。どうしたの?」後ろから聖子が声を掛けてきた。

「家庭訪問だけど、井原君の地図が間違っていて…」
「間違いじゃないわよ。ここがそうなのよ。行こうよ」
「井原君の親御さんは医師なの?」
「そうなのよ。言わなかったかしら?」聖子は寛子の腕を掴んで中に連れ込んだ。

それに気づいたのか「あら、お嬢さん。そちらは?」看護婦が声を掛け「孝信の先生よ。家庭訪問なんだって!」
「それはご苦労様です」看護婦は会釈をする。
「私が話を聞いているから、お父さんに言って!」聖子は寛子を応接室に案内する。

「寛子さん。コーヒーでいいかしら?」
「ブラックでお願いします」聖子は急いでコーヒーを注ぎ「寛子さん。もっといいのがあるけど、今度、おいでにならない?」髪の毛を撫でてから手を胸の中に入れた。

「ダメよ、今は家庭訪問ですから!」
「構わないわよ。後でお父さんが聞くから」聖子の手が乳房を掴むと「お待たせしました!」孝信の父親が現れた。
「つまんないの…」聖子は乳房から手を退けて、応接室から出ていく。

「困ったもんです、女趣味が身に付いてしまって。ご迷惑をおかけしました」
「気になさらないで。でも、どうしてこんな趣味が?」服を直しながら尋ねた。
「お宅の藤森先生、あいつが娘を妊娠させたんですよ。中絶させられたから、男嫌いになってしまったんですよ」

「でも、藤森先生は無精子症だと孝信君からお聞きしましたが?」
「確かに、私が検査したときはそうだったんです。でも、どういう訳か、妊娠させられるまで回復していたんです」
「それで、聖子さんは安心して避妊具無しでセックスを?」
「最初は離婚すると言っておきながら、妻が妊娠したら急に態度を変えて中絶しろと言いだしてね」

「そうでしか。話は変わりますが、お父さんは再婚の考えはおありで?」
「あなたみたいな、美人で若い人だったら喜んで再婚しますが、なかなか見つからなくてね」笑い声を上げる父親だ。
そのあと、寛子は孝信の話を父親とし、30分ほどで次の家庭を訪問した。

その夜、孝信の父親の言った事を思い出して考えた。
「だったら、あの子は一体誰の子かしら?」ベッドの上で考えて「確かめた方がいいわ。確かめてすっきりさせないと…」寛子は藤森の妻と会う決意をした。

翌日、寛子は家庭訪問の予備日を使って藤森の家に出かけたが「電話を掛けておいたから、いると思うけど…」会って貰えるかどうか不安でもある。
寛子はどうにか約束した時間に藤森の家に来た。

「失礼します。西尾ですが…」
「お待ち下さい」インターフォン越しに声がし、暫くしてドアが開いた。
「どうぞ、お入り下さい」
「失礼します」中に入るとまだ若い女性がいる。

「初めまして。西尾寛子と申します」
「藤森亜樹と申します。とにかくお座り下さい」寛子と亜樹は座って顔を見合わせる。
「早速ですが、お聞きしたい事がありまして…」
「どんなことでしょうか?」

「亜樹さんは、英語をお教えになっていたそうですね。それに演劇部の顧問もなさっていたとか」
「その通りよ。それがなにか?」
「実は井原君の事です。井原君が心配しているんです。亜樹さんの赤ちゃんが僕の子ではと…」そのとたんに亜樹の顔色が青ざめた。

「見たのね。井原君が撮ったビデオを!」亜樹の体が震えている。
「見せて貰いました。先生のヌードやセックスも…」
「見たんじゃ、仕方ないわね。本当の事を言うしかないわね」諦めたのか亜樹は話し出した。

「あの子は間違いなく井原君の子よ。でも、夫には黙ってて欲しいの。これには訳があって…」泣き顔になっている。
「本当の事を聞かせて下さい」寛子の頼みに、亜樹は真実を言いだした。

夫は孝信の姉の聖子といい仲になり、家庭を顧みなくなり、仲を戻すために井原の子を妊娠し、2人の仲を戻して、元の鞘に収まったと言う。
「悪いとは思っています。聖子さんが中絶した事は…」長い沈黙だった。

「井原君とのセックスに、罪悪感はなかったのですか?」
「最初はあったわ。でも、本気になってしまったの。井原君と一緒になりたいと…」
「で、どのようにして、セックスをし、妊娠を?」
「ヌードを撮りたいと言うから条件を付けたの。ヌードになる代わり、私とセックスをする条件で…」項垂れて亜樹が言う。

「旦那さん、無精子症は治ったのですか?」
「それがわからないの。正常の時もあるし、薄い時もあるの。聖子さんとした時は濃かったのよ」
「そうなんだ、波があるんだ…」頷く寛子だ。

その後も話していると「オギャー、オギャー!」赤ちゃんの泣き声が聞こえた。
「ご免なさいね、オッパイを上げないと」
「私も見たいの。赤ちゃんを…」
「いいわよ。いらっしゃい」亜樹は胸のボタンを外して乳房を露わにしていく。

「大きいわ。亜樹さんのオッパイが大きい!」
「あら、知らないのね。赤ちゃんを産むとオッパイが大きくなるの。でも乳首が真っ黒よ」亜樹はその乳房を掴み、赤ちゃんの口に押しつけていく。
「ほんとだわ。乳首と乳輪が黒い!」寛子はじっと見つめている。

暫くして「寛子さん、夫には言わないで欲しいの。知られたら井原君も、夫も苦しむから…」
「安心して。絶対に誰にも言わないわよ」
「ありがとう。秘密を守って貰えれば安心だわ。遺伝子を調べない限りわからないし」笑顔になる亜樹だ。

「ところで、旦那さんとはセックスしていますか?」
「勿論よ。この子ができてから私に優しくなって、毎日のように求めるのよ。まだ完全に傷口が治ってないのにね」
「毎晩のようにですか?」
「そうよ。でも体が持たないから口でしたり、お尻でしているの」

「お尻って、痛くないですか?」
「そのままでは痛いわよ。ゼリーかワセリンをオチンチンとお尻に塗るの。そうするとそんなに痛くないわよ」
(ゼリーか、ワセリンを塗ってからやれば痛くないんだ…)しっかりと覚え込む寛子だ。
「それから、お尻は浣腸して前もってだしておくのよ。そうしないとウンチがでるから」
「浣腸もするんだ!」素直に聞いている寛子だ。

寛子は亜樹と話を終えると、一旦学園に戻った。
「部活はどうなっているかしら?」顧問として心配になり、部室を覗くと「先生、珍しいね。部活だなんて」部員達が声を掛けてくる。
「顧問として心配なのよ。見るだけならいいわよね」言葉通りに黙って稽古を見守っている。

やがて、5時になった。
「今日はここまでにしよう。続きは明日だからね」井原が部長に代わってまとめていく。
(頑張っているのね、井原君は!)井原を逞しく思いながら職員室に戻り、校舎を出ると「先生!」井原が声を掛けてきた。

「あら、どうしたの?」
「遊びに行っていいでしょう。明後日は日曜だし…」
「いいわよ。歓迎するわ」
「あれ、着けて待っていてね。先生と暫くしてないし」
「あれで、待っていればいいのね」顔が赤らむ寛子は(井原君は『ヌード姿で待っていろ』と言うんだ…)ベルトの下着を着けた自分を想像して興奮している。

「いつ頃来るの?」
「9時頃になると思う。早く行くからね」
「待っているわよ、朝ご飯も用意しておこうか?」
「それはいいよ。変に思われてしまうから」
「そうね、昼ご飯は食べていくよね?」
「うん、ごちそうになるよ」
「よかった。一緒にご飯を食べるなんて」2人は途中まで一緒に帰った。


井原と別れた寛子は、薬局に入り「ゼリーと浣腸剤を下さい…」恥ずかしそうに下を向いたまま言い(恥ずかしいわ。お尻に入れるのを買うなんて…)真っ赤な顔になっている。
「お待たせしました」寛子は代金を払うと、急いで自宅へと向かい、戻ると早速袋を開けて中から取りだす。

「試してみないと…」浣腸を取り出した。
「まずは、服を脱いでからね」急いで下着姿になり、パンティを脱ぐと「明日剃って貰おうかしら…」股間を眺めてから、浣腸をお尻に押し込んだ。

「これを全部入れるんだ」薬剤を押し込んでいくと「気持ち悪い。お尻の中が変な感じだ!」浣腸液が直腸から大腸へと漂っている。
暫くして「うっ!」お腹の中がゴロゴロ鳴り出した。

「こんなに早く効くんだ!」すぐにトイレに飛び込み準備に掛かった。
「あ、あー!」一気に肛門から排出し「ふー!」腸の中にあった全てを出した。
「次はゼリーね。でも、何をお尻に入れようかしら?」暫く考えてから「そうだ、ソーセージがあったわ、あれだと井原君のオチンチンと同じくらいだし」冷蔵庫からソーセージを取り出した。

「これで、試さないと…」手に持ったソーセージにゼリーを塗り、肛門にも塗っていく。
「どんな感じかしら?」ベッドが汚れていいように、バスタオルを敷き、上に腰を下ろして「うー!」裂かれる痛みを堪えて、ソーセージのほとんど押し込んだ。

「そんなに痛くないわ。この前は凄く痛かったのに…」ゆっくりとソーセージを出し入れしていくと「これが井原君のオチンチンなのね…」また妄想が始まった。
「痛くないわよ井原君。思い切りやってもいいわよ」手の動きを早めると、肛門はめくれ上がっているが、痛さは感じない。

「いつでも欲しいけど、卒業まで待ってね」肛門に入れたまま、膣も触りだした。
「濡れている…。膣からお汁が流れている…」尻にソーセージを入れているのが、淫裂も反応している。
「恥ずかしい。井原君に見られたら笑われてしまう…」ソーセージを抜くと生ゴミに捨てた。

「そんなに汚れないわ。浣腸すると、お尻でもセックスができるんだ…」そのまま浴室に入って体の汚れを洗い流していく。
「痛くないのがわかったわ。後は井原君が満足してくれるかどうかね」乳房を揉むように洗っている。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA