クロス・ラヴ(第4節) 松葉くずし

 

【第8話】

浩一がフィニッシュに選んだ体位はバックであった。
ありさは浩一が言うとおりソファに両手をついて臀部を高々と突き出した。
ありさの場合モデルとしては適度に肉感的であり、男性からすればいわゆる“美味しい体つき”であった。
暗闇の中ということもあり、浩一としてはありさのあられもない姿を拝めないのはとても残念であった。
また、たとえ一夜だけであっても共に過ごした女に対して男は一種の情が湧くことがある。
それは決して移り気などではない。球が誰よりも好きな女性であることに変わりがない。
ところが恋人以外との情事が、時には恋人との関係を一層緊密にする刺激剤になることもある。
4人それぞれがこっそり浮気をするのではなく、公明正大に恋人以外と性行為を行なう。
そしてそれぞれの心に芽生えた罪悪感も、互いの罪で相殺してしまう。
だが1つ間違えるととんでもない方向に走り出す危険性も孕んでいる。
要はそれを行なう者の心の在り方が重要なのだ。

ありさと浩一組がフィニッシュの態勢へと進んだ頃、球と俊介組も『座位』から『松葉くずし』へと体位を変えていた。
座位でのけぞったり逆にしがみ付いたりと大きなアクションを見せていた球は、秘所はもとより内股までがぐっしょり濡れていた。
球と俊介もまた気持ちが激しく昂ぶり、すでにありさたちに注意を払う余裕などなかった。

ふたりは松葉が交差するように足をV字に開き肉棒を花弁に挿入した。
肉棒が反り返って膣壁と摩擦するので刺激は強くなる。
慣れたふたりであれば位置を少し調整するだけで、股間が突き出されて根元までの深い挿入が期待できるが、今のふたりにはそれはちょっと高望みかも知れない。

俊介「そう、もう少し右足を外へ出して」
球「こう?」
俊介「そうそう。じゃあ、入れるよ」

(ズリュン)

球「あぁ・・・」

決して深い挿入ではないが、ふたりの股間を交差させるシチュエーションは珍しく、球と俊介の興奮は半端なものではなかった。
男が身体を少し捻る姿となるため、真直ぐには膣道に入らない。
窮屈な状態での挿入であるがゆえに特定の箇所が強く擦れる。
その擦れた箇所が偶然性感帯であれば大儲けということになるが、いつもそう上手くいくと限らない。

(ヌチョヌッチョヌッチョ・・・)

球「にゃぁ~、あぁ~、何か変な気分・・・」
俊介「どう、気持ちいいかい?」
球「うん、うん、いい感じ・・・」

俊介は左手で球の長い右脚を抱え、更に奥の方へ突き進んでいく。

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA