女教師 寛子 井原の姉

【第5話】
 

昼食を済ますと2人は町に出た。
「ちょっと、離れたとこなんだけど、いいかかな?」
「構わないわよ、井原君の通りにする」2人は電車に乗って二つ目の駅で降りた。

「この町に、知り合いがいるんだ!」井原は寛子を案内し「あそこだよ」正面に建物が見えてきた。
「ここだよ」井原はドアを開けて中に入ると「あら、孝信じゃない。男がこんなところに来ないのよ」女性が井原を叱った。

「違うよ姉さん。お客を連れてきたんだから!」
その言葉に(姉さん…。井原君には姉さんがいたんだ!)寛子が理解すると「失礼しました。いらっしゃいませ!」笑顔になる店員だ。

「紹介するね。僕の姉さんだ。でも母親が違うけども…」
「姉の白鳥聖子です。できの悪い弟がお世話になってまして」
「教師をしている西尾寛子です。こちらこそお世話になっています」3人は挨拶をしていく。

「両親は離婚したんだ。姉は母親と一緒に家を出たんだ…」
「そんな事は、どうでもいいでしょう。それより何の用なのよ?」
「お客を連れてきたと言ったでしょう。下着が欲しいんだって!」

「あら、すみませんね。どのようなのがお望みですか?」
「決まっているさ。エッチなパンティとブラジャーに!」
「子供はいいの。黙っていなさい!」
「子供じゃないよ。オチンチンにヘアも生えているよ」
「バカ。だから子供なのよ!」

「仲がよろしいのね、羨ましいわ。私は一人っ子で兄弟がいないし…」悲しげな顔をすると「そんな事無いよ。仲が悪いんだ。それよりエッチ系を探さないと…」井原が気を遣う。
「それでしたらこちらへ。孝信はここで待っているのよ」
「僕も見たいな。エッチな下着を着けた先生を…」

「だ、ダメよ。子供が見るもんじゃないわよ!」慌てる姉の聖子に「私は構いません。井原君に見られるなら」寛子は承知する。
「本当にいいんですか。この子はませていますから…」
「大丈夫だよ。おとなしく見ているから」
「わかったわ。いらっしゃい」3人は奥の方に向かう。

「まずは、サイズを調べますから服を脱いでください」
「下着姿になるのね」服を脱ぎ、シャツ、スカートと脱いで下着姿になった。
「いいスタイルですわね。羨ましいですわ」潤んだ顔になった聖子は肩を撫で、その手がブラジャーのホックを外した。

「えっ。下着も脱ぐのですか?」慌てて乳房を両手で覆い隠すが「試してからお買いあげ頂くのがモットーですから」肩ひもを外した。
それには「そ、そうなんですか?」慌てる寛子だ。

聖子は寛子の腕に絡まったブラジャーを脱がせ「白くて綺麗ね。それに大きさも最高よ」井原が見ている前で、乳房を掴むと揉みだす。
寛子は(見られています。井原君に!)井原が気になり振り向いた。

(僕は構わないよ。姉さんはその趣味があるから、先生も楽しんだら?)
(でも、レズはいやよ、井原君とならいいけど…)
(我慢して。後でいい事があるから)聖子は優しく乳房を揉み、乳首も撫でられ「あ、あ、あ!」堪えきれず、声を上げた。

「敏感なんですね。それでしたら、オッパイを出した下着なんていかがでしょうか?」聖子はショーケースを開けて黒いベルトのような下着を取り出す。
「これでも、ブラジャーですか?」
「このように使います」聖子は取り出したブラジャーを胸に取り付け、白い乳房を、黒いベルトが絞るように引き立てている。

「これでは、オッパイが丸見えよ」
「エッチ系ですから、この方がいいですよ」聖子は潤んだ目になり、なおも乳房を揉み(ダメ、触らないで、オッパイを触らないでよ!)逃れようとするが、聖子は乳房を放さない。

「ぱ、パンティはないのですか?」何とか逃れようとする寛子だが「ございます。まずは、お脱ぎにならないと…」聖子は寛子のパンティを引き下げだす。
当然「いや。恥ずかしい!」ハートの形に剃った絨毛が露わになった。

「あら、可愛いですわ。ヘアも綺麗に手入れされて!」
「だめ。そこはだめ!」指が淫裂を撫でだすと「姉さん。それよりもパンティだよ!」井原が声を掛ける。
「そうだったわね。つい興奮して…」聖子は慌てててパンティを取り出したが、ブラジャーと同じくベルトで、股間を隠すどころか、淫裂を引き立たせている。

「これでもパンティなの?」腰のベルトと太股のベルトを繋いだだけの代物で「お似合いですわ。ここが目立って!」また淫裂を触りだす。
それには「く、下さい。これを下さい!」急いで下着を脱ごうとするが「このまま、お着けの方がでよろしのでは?」聖子が言う。

「でも、これはどうするの?」寛子の脱いだパンティとブラジャーを聖子が見つめている。
「姉さん。それでエッチする気だね」
「孝信には関係ないでしょう。人がオナニーしても!」真っ赤な顔の聖子に「エッチがしたいなら、先生としたらいいよ。先生もエッチしたいから買いに来たんだし…」

「そうよね、孝信の言う通りだわ。ちょっと待ってね」聖子は店に「所用のため閉店中、しばらくお待ち下さい」と看板を出して戻ってきた。
「これで安心だわ。孝信、手を出さないで!」
「わかっている。見ているだけだよ」そう言うと聖子も服を脱ぎだした。

「私は、下着を着けてないの」服を脱ぐと、乳房が揺れ動き「ど、どうするきですか?」胸と股間を手で覆ったまま怯える寛子だ。
「女性2人が裸ですると言ったら、あれに決まっていますよ」ニヤリと笑いスカートも脱ぐと「へ、ヘアがない!」股間の絨毛が、綺麗に手入れされていた。

「お願い、口でして欲しいの。私もするから…」聖子は寛子をソファに押し倒し、乳房を掴み吸いだし「あ、あ、あー!」堪えきれずに声を出す寛子だ。
乳房を吸った後、聖子の手が股間に伸びた。

「ダメ、バージンです。指を入れないで!」その瞬間に指の動きが止まり「バージンですか。だったら仕方ないわね」淫裂を舌でなめだす。
「いや。こんなの、いやです!」逃れようとするが、聖子は指でクリトリスも撫でて(膣を舌がなめていく…)聖子の愛撫に腰も反応し始め「あ、あ、あー!」体を反らしていく。

「姉さん、手伝うよ!」それまで黙ってみていた井原も服を脱ぎだし(オチンチンが、あんなに膨らんでいる!)チラリと振り返った聖子も興奮している。
「指だけでやる。兄弟だから!」井原は実の姉のお尻を撫でてから淫裂を撫でだし「う、うー!」聖子の息づかいが荒くなっている。

「先生、して。手でいいから、して!」
「手でいいのね?」寛子は勃起した井原の肉竿を掴んで擦りだし「気持ちいいよ、先生にして貰うと凄くいい!」井原も満足顔だ。
「私も感じるわ、聖子さん!」(私だって気持ちいいわよ。弟でなければやりたいのに…)3人は息を荒立てながら手を動かし続けている。

「先生、出したくなった。僕のを飲んで…」「いいわよ。飲んであげる!」爆発寸前の肉竿が、寛子の口に入った。
「で、でるー!」(変な味だわ。でも井原君の精液だから…)吐き気を堪えて飲み込んでいく。
「よかったよ。先生!」放出を済ますと、萎縮していく肉竿を抜いて、指を動かしていく。

「姉さん、行きそうだね。もうすぐだね」聖子の淫裂からも白い淫汁が流れ出ており「あ、あ、あー!」聖子も悲鳴を上げて動きを止めた。
「よかったわ。久しぶりによかったわ…」荒い呼吸の聖子だ。

「聖子さん、私もよかったわよ。こんなに濡らしたし…」寛子は口を手で拭きながら、淫裂を見せた。
「3人ともよかったんだ。でも孝信、お父さんにはこの事を絶対に言わないでよ!」「わかっている。僕だって叱られるから」3人は脱いだ服を着込んでいく。

「ところで姉さん、まだ男嫌いは直らないの?」
「しばらく無理かも。中絶までさせられたんだから…」
「えっ、中絶をなさったの?」
「好きな人ができてね。でも、その人結婚していたから、中絶しろって聞かなくて!」

「それで、男嫌いに?」
「そうよ、男は信用できないわ。妻とは別れるなんて言っておきながら…」服を着込むと、乱れを直しながら言う。

「姉さん。先生の分はただでいいかな?」
「勘弁して。不景気で、私の生活も大変なのよ」
「そうよ、井原君。いくら兄弟でも、ただなんてむしがいいわよ」
「寛子さん、物分かりがいいわね。気に入ったわ、半額でいいわ」

「ホントに半額でいいの。こういうのって、結構高いでしょう?」
「特別よ、それに下着は私が頂くわよ」
「ホントに、あれでオナニーを?」
「寛子さんとのエッチを思い出しながらするの」聖子の顔がまた赤らんだ。

(仕方ないかもね。中絶までさせられたら、男嫌いになるのも…)寛子もそれ以上は聞けず、井原と一緒にアパートに戻ってきた。
「先生、見せて。あの下着姿を!」
「井原君が望むならいいわよ」井原の前で服を脱ぎだした。

「綺麗だ。この姿を撮りたい!」
「だめ、今はだめ。決心が付いたら、すべてを撮って貰うけど、今は許して」
「わかったよ。でも、先生のヌードを撮りたいな。真っ青な空の下で…」
「井原君の希望に添うようにする。それまでは許して」服を脱ぎ終えると、井原と向き合って座り、井原の手を乳房に導いていく。

「先生、好きだ。お嫁さんになって!」
「今はダメ。井原君が大人になったら、お嫁さんになって上げる」寛子も井原の頭を撫でていく、
井原は乳房を揉みながら、乳首も吸い「井原君すごくいいわ。吸われるといいの…」途切れ途切れに言う寛子で「先生、愛してるよ」「私も井原君が好きよ」2人は夕方まで抱き合った。

その間にも、外は薄暗くなっている。
「先生、帰らないと…」
「そうね。また来てね」再び唇を重ね合い、井原は自宅に帰り、寛子が残された。

「寂しいわ。井原君がいないと…」ベッドに横になると、自然に両手が股間に伸びていく。
「井原君に奪って欲しいの。ここを…」目を閉じて、妄想の世界に入って指が淫裂を触わり始める。
「そこよ。そこに入れて!」指が淫裂からはみ出た肉襞をかき分けて、膣の入り口を撫でだす。

「井原君、すごく気持ちいいわよ」井原の笑顔を浮かべながら、乳房と淫裂を触りだし「あん、あん、あん!」腰を浮かせ、声を上げだし、淫裂から淫汁が流れ出ていく。
「もっと、もっと入れて!」井原の肉竿を妄想して悶えていく寛子だ。

これを契機にして、井原はたびたび寛子のアパートをお訪れて抱き合っている。
「吸って。オッパイを吸って!」
「先生、行くよ!」寛子が持ち上げる乳房を吸い、淫裂に肉竿を押し当て、腰を振っていく。

「いいわよ、気持ちいい。でも、絶対に中には出さないでね」
「勿論だよ、先生!」バージンが破れないようにピストンを続け、膣の中に放出しなかった。
絶頂になると「でる、でるー!」抜かれた肉竿を、寛子が手で擦り精液を放出していく。

寛子が赴任してから3ヶ月過ぎ、期末試験が始まった。
当然、寛子と井原もしばらく合うのを控え、部活もテスト中は休んでいる。
だが、寛子は1組の試験を監督する日が来て(井原君と一緒にいられる…)心を弾ませて井原を見つめる。

(井原君が見いている…。オッパイを見て貰いたいけど…)試験を邪魔するわけには行かず、ただ見つめているだけしかでず「残り15分です」生徒達に注意して見回っていく。

井原の前のを通り過ぎると「!」声を上げそうになった。
(お尻を触っている!)歩くのをやめて、相手を確かめると(い、井原君がお尻を欲しがっている!)その手は井原だった。
(先生。昼休みに合って欲しいな、部室でいいから!)
(いいわよ、昼休みに部室ね)首を縦に振って、また生徒の間を回って行く。

そして、昼食を急いで摂ると、部室に向かった。
「先生、オッパイが欲しいよ!」井原はいきなり、寛子のスーツのボタンを外しだす。
「待って。見られたら困るから鍵を掛けないと…」シャツのボタンを外されながら鍵を掛けた。

「先生!」「井原君!」シャツのボタンが外されると、乳房が揺れている。
「井原君のためよ。恥ずかしいけど、着ているの…」井原の頭を撫でながら、乳房を揉まれていく。
「あそこも見せて!」
「いいわよ。て、井原君!」乳房を揉まれながら、寛子はスカートの裾を持ち上げると、恥丘にはハートの形をした絨毛も伸び、淫裂の周りも5ミリくらいで覆われている。

「ダメ。指は入れないで。必ず上げるから!」
「わかった。触るだけにする」指が淫裂を撫でていく。
「井原君、好きよ」
「僕も好きです」2人は唇を重ねてあって愛を確かめ合う。

「先生、だいぶ生えたね。また剃りたいな」股間を撫でながら言う。
「剃ってもいいわよ。井原君が望むなら…」また唇を重ね「戻ろうよ、もう時間だし」「そうね、時間よね」名残惜しそうに2人は部室から出た。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA