女教師 寛子 ビデオ

【第4話】
 

体を洗い終えると、2人は戻り「先生、コーヒーが冷めちゃったね」「そうね、暖めようか?」「いいよ、このままで!」全裸のままコーヒーを飲んでいく。

「先生。ヘアの手入れはしないの?」
「そんのいやよ。第一、恥ずかしいし…」
「僕は先生の手入れされたヘアが好きだな」
「井原君は、ヘアを手入れした方がいいと思うの?」
「うん。先生のヘアは多いから、手入れした方がいいよ」

「だったら、井原君がして。井原君の好きなようにしていいわ」
「是非、手入れさせて下さい。早速やりましょう!」井原は浴室にからポリバケツにお湯を入れ、石鹸とカミソリを持ってきた。

「丁寧にしてよ。怪我するのはいやだから…」
「当然ですよ。大事な西尾先生だから」
「あら、お上手ね」
「ホントだよ、先生!」井原は石鹸を泡立てて、足を開いた寛子の絨毛に塗っていく。

「でも、恥ずかしいわ。性器の中まで見えているんでしょう?」顔を赤らめて言うと「そうしないと剃れません。動かないでね」肌に密着している絨毛にカミソリが当てられた。
(ヘアを剃られる…。いやだけど、井原君がしたいなら我慢する…)

「ジョリ、ジョリ!」真っ先に淫裂の両脇が剃られ「恥ずかしい。性器が見えている!」両手で顔を覆った。
「綺麗だよ、先生のオ○ンコが!」
「いや、オ○ンコだなんて言わないで。性器よ、性器といって。今度オ○ンコといったら絶交よ!」
「わかりました。もうオ○ンコとは言いません!」井原の持ったカミソリは、寛子の淫裂を丸見えにしていく。

「今度は上だよ。ハートの形にするからね」無秩序に生えた絨毛を、短くカットしてからカミソリで、ハート形に剃っていく。
「可愛いね、こんなスタイルも」井原は剃り終えると、股間を丁寧に拭きとると、淫裂からは2枚の肉襞がはみ出ていた。

「先生。このヒラヒラもいいですね」
「ダメ。恥ずかしいわ、そんなの見ないで!」
「でも、見たいんだ。西尾先生の性器の中を!」井原は指で淫裂を広げ「ダメ、ダメ。そんな事、恥ずかしいわよ!」しかし、目を閉じて拒もうとはしない。
(膣の中を見られている。井原君に性器のすべてを…)鼓動が早まり、呼吸も荒くなっていく。

やがて、井原の手が淫裂から退けられた。
(もう見飽きたんだ、私の性器は…)目を開けると井原の顔がすぐ前にあり「先生!」井原は抱きついて唇を吸う。
「うぐ!」(好きよ、井原君。必ず上げるわよ。私のバージンを…)寛子も吸い返し、井原は右手の人差し指と中指で乳首を挟んだまま揉みだす。
(ダメ。そんな事したら、また欲しくなってしまう…)寛子の呼吸がさらに乱れていく。

それを知ったのか、井原は乳房から手を退けて、持ってきたバックからビデオを撮りだした。
「先生に見て貰いたいのがあるんだ。ビデオだよ!」
「まさか、エッチなやつではないでしょうね?」
「見方によってはエッチだよ」井原はテープをデッキに押し込み再生を始めた。

テレビは砂嵐状態が映っている。
「もうすぐだよ」井原が寛子と一緒に並んで座ると「あら、女性ね、誰かしら?」画像が映りだした。
「藤森先生の奥さんだよ。英語の先生だったんだ!」
「あら私の前任なのね」テレビを見ていると、撮ったのは春先らしく、真っ青な青空で、笑顔を振りまいていた。

しかし、恥ずかしさか、目の下が赤く充血している。
女性は後ろを向けて歩きだし、周りには木々が生い茂り、撮ったのは素人だと寛子にもわかる。
カメラも一緒に後を追いかけ、突然歩いていた女性が振り向き「あつ!」寛子は声を上げた。

前任の教師はシャツを広げて、乳房を露わにしている。
「ぬ、ヌードになったの、藤森先生の奥さんが?」
「そうだよ。最後まで見てよ」画面を食い入るように寛子は見つめている。

画面に映った前任者は、強ばった顔でシャツを脱いでいくが、恥ずかしさで、顔が真っ赤になっている。
(恥ずかしいのね。顔が真っ赤だし…)シャツを脱ぎ終えた女性は乳房を揺らせながら、今度はスカートも脱ぎだす。
「フルヌードだわ!」スカートが足下に落ちて、全身が露わになっている。

(ヘアがない。性器が丸見えだ!)カメラは女性の股間をアップにして「ほら、綺麗でしょう、オマ…。いや性器が…」
「でも、よくヌードになったわね」
「僕が無理に頼んだんだ。最初は嫌がっていたけど、承知してヌードになってくれたんだ!」画面は、女性の体をなめるように映していく。

「震えているわよ。全身が!」
「『恥ずかしくて、死にたいくらい』と言っていたよ」他人事のように言う井原で、テレビには女性が両手を後ろに組んで笑顔を作っている。
その女性は、今度はゆっくりと全裸のまま歩きだす。
お尻が左右に揺れて、太股の付け根からはピンクの淫裂が覗いている。

「ねえ、脱いだ服はどうしたの?」
「僕が持っていたよ。カメラを撮りながら持っていたんだ!」
「そうなんだ…」寛子が食い入るように見ていると、歩いている女性の先には池があり、草が生い茂っている。

女性は歩くのをやめて、草の生い茂った上に横になると足を開き、指で淫裂を触わりだした。
「オナニーだよ、オナニーをしているんだ」井原の言葉に、寛子も呼吸も荒くなっていく。
(人前でオナニーだなんて。それにカメラに撮られているのよ)生唾を飲み込みながら見ている。

『あ、あ、あー!』テレビからはあえぎ声が上がり、その淫裂がアップになる。
「見て、白い液が出ているよ、あれはマン汁だよ。気持ちいいときオ○ンコから流れるんだって!」
「だめよ、オ○ンコだなんて。そんな言い方は恥ずかしいわよ」顔を背け(気持ちよかったのね。あんなにお汁を流すなんて…)自分の股間を見つめている。

「先生、目を逸らさないで真剣に見てよ。もっとあるんだから」
「もっとあるの、藤森先生の奥さんのヌードが?」
「うん。そうだ、あれがいいかな?」井原は再生を止めて、別なテープと入れ替えて再生していく。

「あら、豪華な家ね。これ井原君の部屋なの?」
「まさか。ラブホテルだよ」
「え、先生とエッチをしたの?」
「見ればわかるよ」再生が進み、画面には全裸の女性と井原が映っている。

2人は抱き合い、ベッドの上に倒れ、井原は女性の乳房を揉みながら腰を振っている。
「ホントにしたの。セックスを?」
「したよ。後でわかるから」テレビには女性の気持ちよさそうな顔が映っている。

『出そうです。先生!』
『出していいわよ、井原君。私も井原君のエキスが欲しいの』
『先生!』井原の腰の動きが止まると『いいわよ、井原君。エキスが温かくていいわ』足を井原の腰に絡めた。

「どうやって撮ったの。これを?」
「ラブホテルのビデオを使ったんだ。モニターを見ながら調整して撮ったんだ」
「そうなんだ…」頷く寛子だが、画像が一旦停まって、また映った。

画面には、アップになった女性の性器が映り「そ、そんなー!」寛子の体がブルブル震えている。
女性の性器からは、井原が放出した精液が流れ出ていた。

「出しちゃったんだ。今になって、すごく後悔している…」画面を見つめる井原の顔の元気が消えていく。
「ねえ。何かあったの?」井原の元気が消えたのに気づいて寛子が尋ねると「待って。すぐにわかるから」またテープを入れ替えた。

今度のビデオは、家の中で撮ったらしい。
「どこで撮ったの?」
「藤森先生の家だよ」画面には妊婦服を着た女性が映っているが、女性は顔を曇らせている。
その女性が妊婦服を脱ぐと、垂れ下がった乳房が露わになった。
妊娠しているせいか、乳首と乳輪が真っ黒になっており、女性はさらに脱いで、大きく膨らんだお腹が露わになった。

『これで許して。井原君!』
『ダメだよ。全部撮りたいんだから』女性は泣きそうな顔になり、体を覆うすべての服を脱いだ。
『だいぶ生えてきたね。また剃ろうか?』
『もう許して。もう言い訳できないの。許して!』泣きながら言っている。

『泣かないで。泣き顔は先生に似合わないよ。だったらアソコを見せて』女性は泣くのをやめて、立ったまま足を広げると、性器からは胎内の赤ちゃんの排出物が流れている。
女性は恥ずかしそうにそれを手で隠そうとしている。

「いつ撮ったの。藤森先生の家なのに…」
「学校をずる休みしたんだ。妊娠したと聞いて」そこで井原はビデオを止め「先生。気づいたと思うけど、この子は僕の子なんだよ」小さな声で言う。

「信じられないわ。藤森先生の奥さんが、井原君の赤ちゃんを産んだなんて!」体が震えているが、それは寒さのためではなく、底知れに不安に怯えていたからだ。
「理屈が合うんだ。僕が射精したのが5月で、それに出産が3月だ。これが証拠だよ」泣きそうな顔になっていく井原だ。

(つらいのね、井原君は!)寛子は井原を抱きしめて「まだわからないわよ。血液型を調べてみないと」と言う。
「無駄なんだ。藤森先生と僕はO型で同じだから」堪えきれず井原が涙を流した。
(可愛そうに泣いているわ。何とかしないといけない…)寛子は井原を抱きしめたままだ。

「でも、まだわからないわよ。井原君の子かどうかは…」
「間違いないよ。僕親父から聞いたんだ、藤森先生は無精子症だって聞いたんだ!」
「あら、それはどうかしら。女性の体調次第では妊娠するによ。無精子症と言っても、完全に無い訳じゃないのよ」

「と、いうと僕の子じゃないと?」
「そうよ。奥さんだって、胎外受精をしたかもしれないし…」
「そうだよね、それは聞いていないんだ。あれ以来、会ってないし…」
「だったら、なおさらよ。聞いてからでないと」井原にやっと笑顔が戻った。

「先生、ありがとう。これですっきりしたよ」井原は再び寛子を押し倒していく。
「ダメ、バージンでいたいの。卒業まで待って、お願いだから!」寛子は淫裂に忍び込もうとしている肉竿を両手で押さえた。
「わかりました。その代わり、ヌードを撮らせてくださいね、藤森先生見たく…」

「私のヌードを撮りたいの?」寛子は驚きのあまり、大きな声を上げた。
「そうなんです。西尾先生の綺麗なヌードを見ながらオナニーしますから」
「ダメ、そんなのダメ。ヌードを撮られるなんて、恥ずかしい!」

「でも撮りたいんだ。こんなに綺麗な西尾先生のフルヌードを…」井原は唇を重ねながら乳房、淫裂と撫でるが(どうしよう。ヌードはいいけど、他人に見られたら困るし…)寛子は迷っている。
「井原君。絶対に他人に見せないと約束できる?」
「もちろんだよ。西尾先生は僕だけの物だからね」

「あら、井原君ったら。わかった、ヌードを撮ってもいいわよ。その代わり、絶対に他人には見せないと誓ってね」
「当然です。誓いますよ、ヌードを他人には見せないって!」2人はまた唇を重ねて時を過ごしていく。

時計は12時を過ぎている。
「井原君、ご飯を食べていかない?」
「頂きますよ、先生の手料理ならきっとうまいだろうな」
「あら、味の方は自信ないわよ」2人は起きあがり、脱いだ服を着込んでいく。

「先生。ランジェリーを買いに行こうよ。僕、いい店知っているから」
「あら、男の井原君が下着店を知っているなんて!」寛子は笑顔で乳房にブラジャーを押しつける。
「もっと、色気のあるのが似合うよ」
「そうかしら?」ブラジャーを着け終えると、パンティに足を通した。

恥丘の上に、ハート形の絨毛があるだけで、淫裂が丸見えになっており(恥ずかしいけど、井原君が望んでいるし…)ゴムを掴んで股間を覆い隠していく。
「先生、下着を着るのもいいね」
「ダメ、恥ずかしいのよ。着ていく方が、脱ぐときよりも恥ずかしいわ」背中を向けて服を着込み、服を着込むと寛子は井原と一緒に昼食を摂った。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA