クロス・ラヴ 二種類の座位

 

【第6話】

盛り上がってきたところで声を掛けられた俊介はいささか水を差された面持ちだった。

俊介「はぁはぁはぁ・・・な、なに?今いいところなのに」

球は悪戯っぽく微笑みながら尋ねた。

球「そんなに気持ちいいの?」
俊介「はぁはぁはぁ・・・もちろんいいけど・・・どうして?」
球「じゃあ、ありさと比べてどっちがいいの?」
俊介「そんなこと・・・」
球「ねえ、どっちなの?」
俊介「どうしてそんな意地悪な質問をするの?ふたりともいいよ」
球「うふ、『ありさ』だっていわないのね?」
俊介「もちろんありさはすごくいいよ。でも球だって負けないぐらいいいってこと」
球「にゃっ、そうなの?嬉しいな~」
俊介「おしゃべりしてないで、せっかくの機会なんだからもっと楽しもうよ」
球「あ、そうね。ごめんね」

『座位』は向かい合せで行為に至るため、お互いが真正面で顔を合わせることになる。
そのため会話も容易にできるのだが、行為中のおしゃべりは必要最小限にとどめるのがマナーというものだ。
第一おしゃべりが過ぎると気が削がれてしまうこともある。
甘い言葉を交し合うのは性感アップに繋がるが、相応しくない会話だと男は萎え、女は乾いてしまう場合があるので、余計なおしゃべりは控えるべきであろう。

ふたりの会話はまもなく途切れ、再び円滑な動きに戻った。
球が腰を上下動させるたびに、俊介も両手を副えて球の動きを増幅させた。
球が髪を振り乱して激しく躍動する。
悩ましい声は暗い部屋内に轟くほど大きなものとなった。

ところが意外にもすでに佳境を迎えていたありさたちの耳には届かなかった。
それほどありさと浩一ともども何も見えなくなるほど夢中になっていた。
浩一は正常位のあらゆるバリエーションでありさ攻め続けていた。
開脚もあれば、閉脚もある。
両脚を揃えて伸身もあれば、海老のように折り曲げる屈曲もある。
また角度を変えて、浩一がありさに対して垂直になる事もあれば、完全密着抱き合いっこスタイルもある。
ありとあらゆる正常位のバリエーションでありさを攻め続けた浩一だったが、ようやく体位を移行しようとしていた。

浩一「はぁはぁはぁ~・・・ぼちぼち体位を変えようか」
ありさ「ふぅふぅふぅ・・・今度はどんな体位なのかにゃん?」

ありさはすっかり溶け込み浩一とのセックスを愉しんでいるように思われた。
向かい側には本来の恋人がいるというのにだ。
ジメジメと湿った背徳感や罪意識は乏しく、スカッと割り切れる性格なのかも知れない。

浩一「じゃあ、次は座ってやろうか。膝の上に座って」
ありさ「はぁ~い~」

浩一は浅めにソファに座り、足を前に突き出し身体を反り返らせた。俗にいう「ふんぞり返り」スタイルである。
ありさは浩一と向き合って浩一の膝の上に座ろうとした。

浩一「いや、そうじゃなくてさ、ありさもオレと同じ向きで座って欲しいんだ」

ところが浩一は対面座位ではなく背面座位を求めたのだった。

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA