女教師 寛子 アパート

【第3話】
 

寛子は、そっと井原の前に立った。
(井原君、見て。私のオッパイを見て!)井原の答案を覗き込むようにすると、乳房が井原の目の前にある。
「!」井原がそれに気づき、シャツから覗いている膨らみをが覗いた。
(見ている。私のオッパイを見ている!)寛子の鼓動が早まっていく。

だが、期待に反して井原はシャツから覗いている乳房を隠そうとした。
(いや。もっと見て、オッパイを触って!)井原はシャツで乳房を隠す。
(怒っている。井原君が怒っている!)寛子は井原の顔を見て、慌ててボタンを留め、何事もなかったかのように教室を回っていく。

「後、3分です!」寛子は動揺を抑えている。
(嫌われたわ。井原君に嫌われた…)不安を感じながら「ハイ、そこまでです。前に回してください」答案を回収してから普段通りの授業を行った。

しかし、職員室に戻っても動揺は収まらず(どうしたら良いのかしら?)思案に暮れていると「西尾先生、どうかしましたか?」同僚から声が掛けられた。
「何でもありませんが…」
「それならいいのです。何か困ったそうな顔ですから」

「すみません。テストを見たら、できがよくなくて…」とっさに嘘を言う。
「それでしたら、補習でもやったらどうでしょう」
「補習ですか。そんな事できるんですか?」
「できますよ。できの悪い子を残して、特訓ができるんです」

「そうですか。さっそくやります!」(そうか、その手があったのね)笑顔になって1組の教室に戻った。
「井原君、ちょっと残ってね。補習をしますからね」
「えー。部活があるのに!」
「部活も大事ですが、勉強の方も大事です」
「わかりました。先生!」
(ごめんね、話したい事があるの)不機嫌な顔の井原に告げると、次の授業をする教室に入った。

そして、放課後になると寛子は1組の教室に向かった。
広い教室には、井原一人が机に座っていた。
「井原君、ごめんね。お話があって…」

「話って、授業中の事ですか?」
「そうなの。怒っていた顔をしていたから…」
「当然です。先生が授業中にオッパイを見せるんですから。でも、下着なしをよくできましたね」
「褒めてくれるの。下着なしを?」
「当然ですよ。僕のために恥ずかしい思いをしてくれたんですから」

「よかった、喜んでもらえて。実は下も下着なしなの…」恥ずかしそうに俯いて言う。
「先生、机に腰を下ろしてください。僕にために」
「わかっているわ。井原君」寛子は前の席の椅子を退けて、腰を下ろして向かい合うと(見られている…。スカートの中を見られている…)わざと足を広げて、中を見え易くした。

「先生、綺麗ですね。でもヘアが多くてよく見えませんよ。先生もヘアを長細く手入れしないと…」手を伸ばしてスカートの中に入れた。
すかさず「あっ!」太股がピクンと動き(触られている。性器を触られている!)井原の指は淫裂を触っていく。
「ダメ、そこを触るのはだめ!」寛子は立ち上がったが、足下がふらふらして井原の肩を押さえた。

「先生!」井原は寛子を支えたが、手が胸に当たって(お、オッパイも触っている!)呼吸がさらに速くなった。
「先生、綺麗です!」井原は立ち上がり、スーツの中に手を入れ、シャツの上から乳房を触り、唇を重ねてきた。
「うっ!」(キスしている。井原君とキスしている!)寛子は目を閉じて井原に任せた。

井原の手はシャツの上から乳首を摘んだ。
(いや。シャツの上じゃなく、直接触って!)寛子も井原を抱きしめていく。
「先生、初めてですか?」
「そう、初めてなの。ボーイフレンドも恋人もいなかったから…」真っ赤な顔になっている。

暫く抱きあうと「楽しかったです」胸の手が退けられた。
(いや、もっとしてよ、オッパイと性器も!)寛子が不満顔になっていると「先生。部活ですから行かないと…」見透かしたかにように言う。
「そうよね。部活があるしね…」そう言われれば諦めるしかない。

「その代わり、今度の休みに遊びに行っていいですか?」また、スカートの中に手を入れた。
「うっ!」目を閉じて唇をピクピクしていると「先生、休みに行っていいよね?」念を押し、指は淫裂の肉襞を撫でだして「いいわよ…。待っている…」うわずった声になった。

「ありがとう。9時に行きます。これから部活に行きますが、先生はどうします?」淫裂から手が退けられた。
「今日は遠慮する。用事があって…」余韻に浸かりたいので嘘を言う。
「残念だな。僕一人で行くか!」井原はまた唇を重ねて、教室から出て行くが「井原君に、性器とオッパイを触られた…。それにキスまでも…」顔が真っ赤になっている。

「下着を着けてこなくてよかったわ。性器を触られたし…」余韻を抱えたまま職員室に戻ると「西尾先生、顔が赤いですよ」声が掛けられる。
「少し熱があるみたいなの。お先に帰らせて貰いますね」
「その方がいいですよ。体が大事ですから」

同僚に断りを入れ、アパートに戻るなり寛子は服を脱ぎ、ベッドの上に仰向けに寝た。
「井原君がここを触ってくれた…」井原の顔を思い出しながら、指で淫裂を触っていく。
「して、井原君。入れていいのよ、オチンチンを…」腰を浮かせて、指を膣を撫でて「そうよ、そこに入れるの」妄想の世界に浸かっている。

そして、井原が寛子のアパートを訪れる日が来た。
「綺麗にしないと嫌われるし」朝から部屋を綺麗にし、シャワーで体を磨くよう洗い、井原を迎える準備をしていく。
「これで準備はいいわ」部屋も綺麗になっている。

暫くして「ピンポーン!」チャイムが鳴った。
「きっと、井原君だわ」ドアから「どちら様ですか?」と尋ねると「井原です!」元気な声が返ってくる。
「すぐ開けます」ドアを開けると「先生、プレゼントです」井原は花束を差し出した。

「ありがとう、優しいのね。とにかく入って!」受け取った花束を手に持ち、井原を中に入れた。
井原は狭い部屋を見渡して「綺麗だな。部屋も、先生も!」言う。
「お世辞を言って。待ってね、コーヒーを入れるから」浮き浮きしながらカップに用意しておいたコーヒーを注いで、井原が座ったテーブルに置いた。

「どうぞ!」カップを持った手が掴まれ「先生!」井原は寛子を見つめて唇を押しつけてくる。
(いいわよ。私もしたいの…)黙って目を閉じ、二つの唇が重なり合っていく。
唇を重ね合うと、井原は寛子のシャツのボタンを外していく。

「先生のすべてを見たいんだ!」
「いいわよ。見たいなら見せてあげる!」寛子は立ち上がると、シャツのボタンを外しだし、胸元が開いて、黒いスケスケのブラジャーから乳房が透けて見える。

「井原君。ホントは恥ずかしいのよ」
「わかっていますよ、先生!」そのスケスケの上から乳房を撫でていく。
「待って。スカートも脱がないと」寛子は乳房を触られながら、スカートのホックを外し、ファスナーを下げると、スカートが足下に落ちていく。

「先生、綺麗だ!」スケスケの薄い生地が、淫裂を覆っており「恥ずかしいわ、井原君!」小刻みに体が震えている。
「僕のためです。我慢してください」井原は正面に膝をつけ、寛子のパンティを、両手で下げていく。
(性器を見られている…。井原君に性器を…)興奮が最高潮に達して、鼓動が早まり、呼吸も荒くなっている。

「先生、足を上げて!」
「こうね?」両手で井原の肩を押さえて足を上げた。
ピンクの割れ目が、井原の目の前にあり(中まで見られているわ。恥ずかしい…)膝がガクガクと震えている。
「もう片方もです」言われるままにしていくと、井原の両手にはまだ温もりのあるパンティが残された。

「オッパイは、先生が脱いでください」
「わかったわ」目を閉じたまま、背中に両手を回してホックを外した。
「プルン、プルン!」狭いカップから、白いCカップの乳房が飛び出し揺れている。

「大きいんですね。それに白くて綺麗だ!」その揺れ動く乳房を両手で撫でだす。
「待って。まだ終わってないの」急いで手首に絡まったブラジャーを外して、井原の頭を抱きしめた。

「先生、大好きです」
「私も井原君が好きよ」2人は抱き合いベッドの上に倒れた。
「脱いで。井原君も脱いで!」
「勿論です。僕も裸になります」井原も服を脱ぎ(筋肉質だわ。無駄がないし)上半身の体は、高校生とは思えないくらいに筋肉が締まっている。

「僕はボディビルをやっているんです、ですからこんな体なんです」上半身を脱ぎ終えると、今度はズボンも脱いでいく。
(凄い、大人のオチンチンだわ。あんなに太くて堅そうだし…)「ゴクン!」と生唾を飲み込んで見ている。
「先生。これで僕も裸です!」井原はパンツを投げ捨て、寛子に抱きついた。

「あ、あ、あ~!」井原は真っ先に乳房を撫でながら乳首を吸い(気持ちいい。オナニーなんて目じゃない…)背中が丸く反っている。
「うっ!」乳房を揉んでいた右手が淫裂に伸びた。
「ば、バージンなの。破らないでね…」

「わかっています。気を付けてやります」指が敏感な突起を撫でて「あん、あん、あん!」指の動きに合わせて腰が動いていく。
(気持ちいいわ。とても子供とは思えない…)淫裂と乳房を同時に攻められ、膣の中も潤っている。

井原はそれを知り、指を淫裂の中に入れ「クシャ、クシャ!」指が動くたびに音が出ていく。
(漏れるわ、お汁漏れていく!)指に刺激されて、膣の奥からお汁が溢れて流れ出ている。
「井原君、恥ずかしいわ。濡れていくの…」
「女性でしたら、当然ですよ。恥ずかしい事ではありませんから」なおも指が動いていく。

(私もしないといけないわ)「井原君、私にオチンチンを触らせて!」真っ赤な顔で言う。
「いいですよ。先生なら」息を弾ませながら、井原の肉竿を掴んだ。
(熱いわ。それにこんなに堅いなんて!)生まれて初めての体験だ。

「先生、ゆっくりと擦って下さい」
「こうするのね?」勃起した肉竿を指で擦ると「気持ちいいです、先生!」更に堅くなっていく。
「井原君、私も気持ちいいわ。膣の中がべとべとになっているの」
「そうみたいです。少し入れていいでしょう?」

「入れるって、これをいれるの?」肉竿を擦りながら言う。
「そうです。少しならいいでしょう?」
「怖いわ。破れたら、お嫁にいけなくなるし…」
「その時は、僕のお嫁になって下さい」井原はいきなり覆い被さった。

「ダメ。怖いわ、やめて!」だが、井原の肉竿の先端が膣の入り口まで入ってしまった。
「怖い。怖いわ!」
「大丈夫です、気を付けますから!」ゆっくりと肉竿を動かしだす。
(痛くないわ。痛いって聞いていたけど、痛くない!)熱い肉竿は膣穴の入り口まででしか入らず、ゆっくり動き「あ、あ、あー!」声を上げだす。

「先生。大好きです!」
「私も井原君が好きよ」唇を重ね、寛子は井原の背中を抱きしめ、井原は腰のピストンを続ける。
(気持ちいい。これがセックスなのね)唇を重ね、胸と胸が重なり合い「クチュ、クチュ!」肉竿が動く度に音が出ている。

「せ、先生!」突然、井原が悲鳴を上げ(暖かいわ。膣の中が暖かい…。ま、まさか…)「いや、いやー!」寛子も悲鳴を上げた。
「ごめんなさい。出しちゃいました!」淫裂から白い液体がドロドロと流れ出てきて「そ、そんなー!」泣きそうな顔で股間を押さえて立ち上がった。

「先生。奥まで入れてないから、洗えば大丈夫ですよ」井原に言われて急いで浴室に入った。
「急がないと…」ノズルを淫裂に当ててシャワーを浴びせると、ドロドロした体液が、お湯と一緒に流れ出てくる。
それを「先生、大丈夫ですか?」心配そうに井原は覗き込んだ。

「見ないで。恥ずかしいから見ないで!」体をひねって背中を向け(これだけは見られたくない…)淫裂の中に指を入れて広げると「先生、ごめんなさい!」背中に体を押しつけ、乳房を揉んでいく。
寛子は「もう、中にしないでね」うわずった声になり(いいわよ、井原君。もっとオッパイにして…)目を閉じて立っている。

井原は耳を噛み「あ、あ、あー!」心地よい快感だ。
「ダメ、もうダメよ。入れないで!」背中から、また肉竿が入ってきた。
「欲しい、先生。大好きです!」
「私も、井原君が大好き」浴室で体を洗い終えると、2人は抱き合ってベッドに倒れた。

「先生のオッパイ、白くて綺麗だね」
「そうかしら、普通だと思うけど…」乳房をまた揉まれる。
「先生、もっと欲しいよ。奥まで入れたい!」
「ごめんね。バージンを失いたくないの」元気なく、言い訳をした。

「だったら、お尻でさせて!」
「ダメ。あんなのは、変態のする事なのよ」
「でも、奥まで先生の体に入れたいよ」肉竿が肛門に押し当てられた。
「ダメ。いけないわ、そこは汚いから…」
「先生のは汚くないよ」肛門から肉竿が押し込まれ「ひー!」顔を歪める寛子だ。

(き、きついわ。オチンチンがきつい!)唇を噛んで痛みに耐えている。
「先生、我慢して。先生が欲しいんだ、オチンチンの全てで”」
「うー!」(オチンチンが入ってきた。裂けそうだわ!)息の詰まるような感じだ。

それでも、井原の肉竿は根本まで入り「ダメ、動かないで。痛いから動かないで!」肉竿が動き出す。
「やらせて。先生とやりたい!」肉竿は動きを停めず(我慢する、井原君が欲しがっているし…)顔を歪め、耐えている。

「先生。出すよ、出すからね」
「お尻なら、だしてもいいわよ」それと同時に(出したのね。お尻の中に井原君の精液があるんだ…)直腸の中に、暖かい異物を感じた。

「先生、出ちゃいました。また洗いましょう!」2人は、また浴室に入り体を洗っていく。
「井原君、もうお尻はやめましょう。痛くて我慢できないの…」
「でも、先生の中に全部入れたい!」
「甘えん坊ね。しかたないわ、お尻の中はたまによ。卒業したら膣の中に全部いいわよ。それまでは我慢して」2人は汚れた部分を丁寧に洗っていく。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA