女教師 寛子 演劇部顧問

【第2話】
 

それから数日後、部活が活発に行われるようになり「先生。部員と会合をお願いします」演劇部長が昼休みに職員室を訪れた。
「決まったからには頑張るわ。今日の放課後でいいかしら?」
「ハイ、お待ちしています」部長が帰ると「放課後から、早速部活だ!」寛子はくつろいでいた。

そして、昼からの授業を終えると、早速演劇部の部室に向かった。
「お待ちしていました。西尾先生!」部長と一緒に部室の中に入ると(あ、井原君がいる!)また心がときめいてしまった。

「こんにちわ。新しく顧問になった西尾です…」自己紹介を始めたが(井原君が見ている。私を見ている…)鼓動が早まっていく。
寛子は気を逸らそうとするが無理で、呼吸も次第に荒くなっていた。

それでも「ねえ、ここで見ていて、良いかしら?」見学を申し出る。
「当然ですよ。顧問ですから」部長の許可を貰うと寛子は部員達を見比べ(ダメだわ。センスがないし…)部員を見つめていると、じっと、寛子を見つめる目に気づいた。

(井原君だわ、井原君が見ている…)目と目が合った。
寛子はわざと足を組み替え(井原くん、見て。私のあそこを見て!)恥ずかしさを堪えて、ピンクのパンティが見えるようにと、井原の目の前で幾度も足を組み替えた。

(お願いだから、私のパンティを見てよ)知らない振りをする井原に、叫びそうになったが堪えている。
(焦っているな。もっと焦らさないと…)わざと井原は目を逸らす。
(だめ。井原君、目を逸らさないで!)組んだ足を広げて、スカートの中を見えるようにしていく。

だが、他の演劇部員が寛子の足を開いた姿に気づき(ぱ、パンティが丸見えだ。ピンクのパンティだ!)部員達は食い入るように、寛子のスカートの中を見つめている。
(気づかれたわ。パンティが見られた!)慌てて足を閉じた。

(何だ、気づかれたか。もっと見たかったのに…)顔には出さないが、残念そうな顔になっている。
(あんた達になんか、見せないわよ。井原君にだけ見せたのよ!)両手を膝の上に置いて、見えないようにした。
(仕方ないな…)部員達は諦めて演技をしていく。

やがて、練習に熱が入り5時近くなってしまった。
「部長、もう遅いから終わりにしないと…」
「そうですね、この辺で切り上げましょうか」寛子は部室から職員室に戻っていく。
「恥ずかしかったわ。パンティを見られるなんて。井原君が見てくれないし…」机の上を片づけ、職員室から出た。

校門を出ると「中尾先生!」声が掛けられた。
(あの声は井原君だわ!)胸を時めかせ振り返ると、井原が走って来る。
「先生。途中まででも一緒に帰ろう」
「良いわよ、一緒でも」2人は並んで歩いていく。

「先生はピンクが好きなの?」
「ピンクって、何の事なのよ」(見ていたんだ。私のパンティを!)わざと話を逸らした。
「先生のパンティだよ。ピンクだなんて色気ないよ、僕は黒のスケスケが良いな。ヘアがうっすらと、見えた方がいいよ」

「井原君はヘアが見たいんだ。この私のヘアを!」
「当然だよ。先生見たく、美人で若いならヘアは勿論、オッパイも見たいよ。男ならね」
(恥ずかしいわよ。ヘアを出すなんて。それにオッパイもだなんて…)
「あれ、先生、顔が赤くなっているよ。冗談を言ったのに」井原は、はしゃいで脇道に入る。
「先生、明日も部活やろうね」「わかっているわよ」笑顔で返事をした。

寛子は一人になって歩くと「ランジェリーショップだわ。井原君が見たい言っていたから、買おうかしら?」井原が言った言葉が気になり、店の中に入った。

「いらっしゃいませ!」
「あのー、あれ下さい…」恥ずかしそうにうっすら、黒みを帯びたパンティを指さす。
「ああ、あれですね。わかりました」店員はガラスケースを開けて中から「Mサイズでよろしいでしょうか?」と尋ねる。
「はい。Mで結構です」恥ずかしさで、耳まで真っ赤になっている。

(早くしてよ、パンティだけなんだから!)寛子には長い時間に感じられた。
「お待たせしました、3千円になります」寛子は代金を払い終えるとアパートへと急ぐ。
「恥ずかしかった。こんなのを買うなんて!」袋を開けて中からパンティを取りだした。

「丸見えになるかも。ヘアどころか、性器も見えてしまうわ」両手に広げたパンティからは、向こうが見えている。
「でも、井原君が見たいと言っていたし…」考え込んでしまった。
「とりあえず、明日だけでも履いてみるか」意を決めて明日に備えた。

翌日、起きるなり、パンティを履き替えた。
「恥ずかしい。ヘアが見えるわ、それに性器も見えてしまう!)鏡に写った姿には、真っ黒な絨毛が見えている。
「足を開いたらどうかしら?」足を開くと「性器も見えてしまう。井原君ならいいけど、他には見られたくないし…」その上にスーツを着込んで、新生学園へと向かった。

学園の職員室に入ると、早速授業の準備をし、ミーティングが済ますと教室に向かう。
1時間目は7組だが5時間目が1組で「井原君に会えるのは午後からだわ…」わくわくしながら授業を済ませてく。

昼食をすませて、5時間目になると「井原君のクラスね」教室に入り出欠を取っていく。
(井原君、履いているわよ、黒のスケスケを…)見つめると井原も見つめ返している。
(どうしようかしら。ここでは大勢に見られてしまうし…)迷っている。
だが、何もできずに授業を終え「仕方ないわ。大勢の前でパンティを見せるわけには行かないし…」言い聞かせながら職員室に戻った。

寛子は6時間目の授業がなく、職員室で待機していなければならない。
「キーン、コーン!」授業が始まると職員室は数人の教師しかいない。
寛子は明日の授業に備えて準備をしていくが、井原の事が頭から離れず(井原君、じっくり見てね。性器も見て良いわよ)妄想しながら机の下にある足を開いていく。

そして、スカートの裾を持ち上げた。
(見て、井原君。これが寛子の大事な部分よ)パンティの上から股間を触りだし、指が割れ目に沿って動いていく。
(これが膣よ。オチンチンを入れるところなの…)呼吸が次第に速まっていく。
(お、オッパイも触って)妄想に酔いしれ、手が胸のボタンを外すと上着の胸元が開き、シャツが見えている。

さらに、シャツのボタンも一つ外した。
胸元が開き乳房を包んでいるピンクの布が見える。
(誰も見てないわよ。井原君!)周りを見て手を胸の中に押し込み、ブラジャーの中にも手を入れて、乳房を揉みだす。
(そうよ。それがオッパイよ…)鼓動が更に早まっていく。

しばらくの間、寛子は一人楽しんでいたが「キーン、コーン!」一人で楽しむのを邪魔するかのように、チャイムが鳴った。
(そうよ、放課後だわ。部活があるんだ!)慌てて胸のボタンを掛け、スカートの裾を戻すと、職員室に授業を終えた教師達が戻ってきた。

「西尾先生、顔が赤いですよ。熱でもあるんでは?」
「何でもありませんよ。何でも!」(言えないわよ。オッパイとアソコを触っていたなんて…)打ち消す。
「そうですか。それなら良いですけど…」心配そうに寛子の顔を見ている同僚だ。

寛子は「私、部活がありますから…」心配そうな顔をする同僚を後目に、演劇部室に向かう。
部室のドアを開け、中に入ると稽古をしていた。
(声を掛けたら邪魔になるし…)黙ったまま、後ろの椅子に座り、部員の稽古を見ていく。

(井原君がいないわ。どうしたのかしら。せっかく黒のパンティを履いてきたのに…)部室の中を見渡したが、やはりいない。
(井原君がいないんじゃ、意味がないし…)帰ろうとした時にドアが開き「遅くなりました。掃除が遅れまして」やっと現れた。

「遅いよ、井原。早速、稽古だからな!」
「わかっています」井原が現れて稽古に加わった。
(見て、井原君。あなたが好きな、スケスケのパンティよ。ヘアも見えるわよ)寛子は井原と目を合わせ、足を広げた。

(見ている。井原君が私のヘアを見ている!)顔が恥ずかしさで赤く染まり、呼吸も速まっていく。
それを確認したのか、井原が縦に首を振った。
(見えたわよね。私のヘアとパンティが…)足を閉じるが、早まった鼓動はすぐには直らず「ドキン、ドキン!」鼓動が早まったまま、井原の演技を見守っていく。

井原が現れてから1時間ほど過ぎた。
「今日はここまで。続きは明日からだ。舞台稽古はゴールデンウィークからだぞ!」
「わかりました!」部員達は一斉に後かたづけを始め「部長、頑張ってね、期待しているから」寛子は声を掛けた。
「美人の顧問ですから、皆も頑張りますよ」

「お世辞が上手ね。まだ高校生なのに…」
「お世辞じゃないです。ホントです!」
「そうよ。私も先生見たく、美人になりたいわ」部員と話を済ますと職員室に戻って校舎から出た。

暫く歩くと「先生。西尾先生!」後ろから呼ばれ「井原君!」振り返ると井原がいる。
「先生、早速履いていたね。スケスケだからヘアも見えたよ」
「恥ずかしかったわ。井原君だけなら良いけど、他の人に見られるかと思うと心配で…」俯いたまま寛子が言う。

「先生のヘアは上が多いんだね。今度は2人だけの時、性器とオッパイを見たいな」
「だめよ。そんな事をしたら私をレイプしたくなるから」
「しないよ。そんな事は絶対にしない!」

(どうしようかしら。こんなに真剣な顔で言うし…)黙ったまま歩いていくと「ホントに、何もしないと誓うよ!」井原は必死に頼み込んでくる。
「わかったわ。そのうちにね」
「約束だよ、先生!」「約束するわよ」2人はしばらく歩いてから別れた。

アパートに戻ると寛子は着替えて行く。
スーツを脱ぐと、股間を押さえていたパンティが濡れている。
「オナニーの時に、お汁が漏れたんだ。井原君に見られたかも…」恥ずかしさが襲っている。

「とにかく、着替えないと…」パンティを脱ぎ、浴室に向かい「ついでだから、お風呂に入ろう!」浴槽にお湯を入れてブラジャーも外した。
「オッパイが見たいと言っていたわね。どうしたらいいのかしら?」全裸になると体を石鹸で洗いながら考えを巡らす。

しかし、良い考えなど思いつかず、浴槽で体を暖めてから着替えていく。
「そうだわ。明日は下着なしで行こうかしら?」手に取ったパンティを履きながら思いつき「でも、チャンスがあるかしら。2人きりになるチャンスが…」また考え込んでしまった。
「とにかく、なるようになるわ」服を着込むと、明日の準備をしてからベッドに横になった。

翌朝、寛子は目覚めると着ている服のすべてを脱いでいく。
「これも、いらない!」ブラジャーも脱ぎ、白い乳房が揺れ動いている。
勿論、パンティも脱いで、真っ黒な絨毛に覆われた股間が露わになっている。

「これで良しと。これを、着ればいいのね」直接シャツを着込むが、うっすらと乳房が透けている。
「スケスケだわ。オッパイが透けている!」姿見に映る自分の姿を見てからスーツを着込み「誰も、下着を着けてないなんてわからないはずだし…」確認してから学園に向かった。

教師仲間の連絡を済ますと、寛子は2年1組の授業を首を長くして待っている。
(まだかしら。井原君に会いたいな…)授業をしていても、井原の顔が浮かんでしまい(だめ。我慢しないと寛子!)堪えながらも授業をしていく。

そして、やっと2年1組の授業になった。
(やっと会えるわ。井原君に!)浮き浮きしながら出欠を取り「井原君!」「はい!」目と目が会い(井原君、今日は下着なしなの。私を見て良いわよ)顔が少し赤らんだ。

それでも平静を装い、出欠を取り続け、それが終わると「今日はミニテストです。簡単ですから20分で書いてください」「えー!」不満の声が上がるが、寛子は問題用紙を配った。

「ハイ。始めて下さい」教え子達は必死に問題集に向かう。
(恥ずかしいわ。オッパイを見られるなんて。でも井原君が見たがっているし…)スーツのボタンを一個外すと、胸元が開いて、うっすらと乳房のふくらみが透けている。
(見て。これが寛子のオッパイなのよ!)シャツのボタンも外し、白い乳房の膨らみが覗いている。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA