女教師 寛子 一目惚れ

【第1話】
 

「みなさんに紹介します。新しくお見えになりました、西尾寛子先生です…」新生学園では始業式が行われていた。
生徒達が並んでいる中、演題に立った校長が生徒に女教師を紹介している。
その紹介に、若い女性が舞台の隅から中央に向かって歩いていく。

淡い水色を着たツーピースは若々しさを引き立たせ「西尾寛子と申します。皆様と一緒に勉強する事になりました…」挨拶と自己紹介を始めた。

彼女は、この春に新生学園に赴任した新人だ。
普通なら、なかなか成れない正規の教員だが、3月に出産で1名欠員ができて採用された。
「英語を担当することになっていますから、一緒にやりましょうね」挨拶を終えると、一番隅に並んでいく。

「西尾先生か。綺麗だな…」
「前の人妻より、綺麗でいいよな…」居並ぶ生徒達は、寛子の姿を食い入るように見つめ(恥ずかしいな。こんな大勢に見つめられるなんて)当の寛子は項垂れて、校長の話を聞き入っていた。

始業式がようやく終わり、授業が始まった。
寛子は新任なので、担任は任されておらず、1時間目はどの学年もホームルームだから出番がない。

「西尾先生、緊張するでしょう?」
「はい。学年主任、緊張してます」
「学年主任はないよ、西尾先生。よそよそしいですよ」
「すみません、藤森先生。今後注意します」頭を下げる寛子だ。

「そんなに謝らなくてもいいです。でも、若いって羨ましいですね。私なんかこの年になってやっと、子供ができてね」
「おめでとうございます。私にもいい人と巡り会いたいです」
「大丈夫です。人は赤い糸で結ばれていますから、必ず結ばれますよ」

「そうだといいんですが。私、恋愛の経験がないから不安なもんで…」
「それでしたら、私と恋愛してみませんか?」そばで聞いていた小沢が口出しした。

「小沢先生は体育会系です。ちょっと、女性を思いやる気持ちが今一ですからね」
「ひどいな、藤森先生。本当は優しいんですよ。わざと振る舞っているだけですから」職員室では寛子をリラックスさせようと、冗談を言い合っている。

 
「キーン、コーン!」チャイムが鳴り、1時間目の授業が終わると、職員室には教師達が戻ってきた。
「いよいよですね、西尾先生!」
「きっと、美人だからもてますわよ」寛子を興味深く取り囲み話していく。

「とにかく、がんばります!」
「そうよ、そのいきよ」
同時に「キーン、コーン!」チャイムが鳴り、2時間目が始まった。
「行きましょう、西尾先生!」
「はい、行きます」寛子はチャイムが鳴り終えると同時に、教師達と一緒に教室へと向かった。

寛子は、2年生を主に教える事になっている。
「2年8組ね。あそこだわ」自然に体が震え「リラックスしないと…」深呼吸してから、教室の引き戸を引いた。
「起立!」寛子が教室に入ると生、徒達が起立していく。

(焦らない、焦らない…)平静を装い教卓の前に立つと「礼!」教室の皆がお辞儀をし「着席!」ガタガタと椅子が音を立てた。
寛子は出席を取り、顔を覚えていく。

その後「初めまして。西尾悦子です。今日は10分程度話し合いをしましょう。何か質問がありますか?」生徒達は顔を見合わせた。

「先生、恋人いますか?」
「残念だけどいないのよ。良い人いたら紹介して。家族でも良いわよ」笑顔で答え「何だ、恋人がいないのか!」教室が和んでいく。
「好きなスポーツは?」「兄弟は何人いますか?」生徒達は次々と質問し、寛子はその質問に答え「それでは授業を始めます」こうして寛子の授業が始まった。

初めての授業は、生徒達もおとなしく受け入れて無事に終え、職員室に戻った。
「西尾先生、いかがでしたか?」
「緊張しましたが、うまくやれました…」
「それはよかったですね。その調子でお願いしますよ」
「はい、頑張ります」職員室でくつろいでいと「キーン、コーン!」3時間目の授業が始まった。

「今度は2年1組ね」廊下から教室に入ると「起立!」生徒達が立ち上がり出迎え「礼!」「客席!」挨拶が行われる。
「それでは出席を取ります。呼ばれたら、手を挙げてください!」寛子は出席簿を読み上げていく。

「井原信孝くん!」
「ハイ!」手を挙げた生徒の顔を見つめると、寛子の心が動揺してしまった。
(可愛い顔だわ。それに、私を見つめる目が何とも言えない…)生まれて初めて、心がときめいている。

「先生、どうかしましたか?」
「何でもないの。どこまで呼んだかわからなくて…」
「井原です。井原で止まりました」

「そうだったわね、上野誠!」
「ハイ!」(どうかしていたんだわ。井原君に動揺するなんて!)出席を取り終えると、前と同じように自己紹介をしてから授業を始めた。

そして、寛子はどうにか初日の授業を終え、明日の授業の準備をしていく。
「明日は5クラスあるんだ!」時間割を見て、1組の井原の事を思い出し「最初が1組なんだわ…」じっと見つめる井原が思い出される。
(井原君の顔が忘れられない…)じっと時間割を見つめたままだ。

「どうかしましたか。西尾先生?」
「いえ、なんでも…」隣の席の小沢に言われ、慌てて返事をする。
(どうかしているわ。こんな事を考えるなんて…)机の上を片づけると、職員室を出て校門に向かって歩いた。

すると「西尾先生!」後ろから声が掛けられた。
振り返るなり「井原君!」(井原君だわ。あの子だわ!)再び心がときめきいていく。
「先生はどこに住んでいるんですか?」
「本町よ。ここから近いから…」

「だったら、途中まで僕と同じ通学路だね、先生!」
「そうなんだ。私は何も知らないし…」2人が一緒に歩いていると「先生、僕はこっちですから」井原は脇道に入った。
「さよなら、また明日ね」「ハイ、先生!」手を振る2人だ。
「可愛い子だわ。あんな恋人が欲しいな」寛子はニヤニヤしながら歩き、買い物を済ませてからアパートに戻った。

アパートの戻ると、夕食を摂って、くつろいでいる。
「あら、もう10時だわ。お風呂に入らないと…」浴槽にお湯を注ぎ、その間に服を脱ぎだした。

カジュアルな服を脱ぐと、ピンクの下着が露わになっている。
Cカップの乳房がはみ出そうで、そのブラジャーのホックを外して両手を下げた。
乳房を包んでいたピンクの布地が退けられ、乳房は揺れ動き、先端の乳首も勃起している。

手首に絡まった布を外すと、両手でパンティを引き下げて体を丸めていく。
股間を覆っている裏地が表になり、それに変わって、黒い絨毛が露わになった。
寛子の絨毛は、逆三角形に生えている。

なおも、両手を下げ、足を上げると絨毛の中からピンクの割れ目が覗き、足を抜き終えると別な足も上げ、また淫裂が覗いた。
両足を抜くと、小さく縮こまった布が残されている。

「洗わないと…」洗濯機の中に入れ、スイッチを入れてから浴室の中に入った。
「ちょうどいい湯加減ね」お湯を掻き回して、足を入れ体を沈めていく。
「気持ちいい!」お湯を首に掛けて体を温めていく。

お湯に浸かていると、白い肌が桜色に染まっている。
「もう良いわ、洗わないと」立ち上がり、石けんを泡立てて体に擦りつけた。
両手で乳房を揉むようにして擦りつけ、それに、股間の大事な部分の淫裂も指で洗っていく。

はみ出した肉襞も、引き出して指で石けんを塗っていく。
「気持ちいいわ…。恋人にやって欲しいのに…」指が淫裂を丁寧に洗い出すと、井原の顔が浮かんだ。
「井原君、して。井原君…」指が膣の中に入っていく。
「お、オッパイも洗って…」もう片手も、石鹸のついた乳房を揉んでいる。
「そうよ。そうなのよ」目を閉じ、お湯の入った浴槽の中で、立ったまま淫裂と乳房を触っている。

だが、4月とはいえ寒さが残っており、体も冷えていく。
「寒くなってきた、暖めないと…」我に返り、石けんを洗い流して、また浴槽に体を沈めた。
浴槽で再び体を暖めてから、バスタオルで濡れた体を拭いていく。

「ビールでも飲まないと…」冷蔵庫から缶ビールを取り出し、グラスに注ぐと一気に飲み干した。
「おいしいわ!」さらに注いで、缶を空にして飲んでいく。
「ふー!」飲み干すとベッドの上で横になって行く。

「少し効いたみたいね」酔いが回ると「井原信孝か。あんな恋人が欲しいわ」また思い出した。
バスタオルを解き、手が両乳房を撫で出し、指と指で乳首を潰し揉んでいく。
「いいわ、信孝。もっとして、あそこにもして…」目を閉じ妄想している。

乳房を揉んでいた手が股間に伸び「そこ、そこにして…」指で淫裂を触り出す。
「あ、あ、あー!」肉襞を掴み、撫でていく。
「入れて、オチンチンを入れて…」指が膣を撫でだし「あっ、あっ!」背中を反らせ、指が淫裂の中に入ってしまった。

寛子の細い指がピンクの淫裂の中をゆっくりと動いていく。
「信孝君、いいわ。いいわよ…」腰を浮かせ、指の動きに合わせていく。
淫裂のからは「ピシャ、ピシャ!」と音が出て、汁が「タラリ、タラリ!」とお尻まで濡らしている。

「いいわ。いいわよ!」息が荒くなってきた。
「もうだめ。行くわ、行くわ、信孝君!」突き出していた腰がバタンと落ち「はあ、はあ、はあ!」荒い呼吸で乳房が揺れている。

「よかったわ。初めてよ、こんな気持ちいいなんて…」興奮がなかなか治まらない。
余韻にしばらく浸かり、それから下着を着けるが、やはりピンクのパンティとブラジャーだ。
「気持ちよくて、癖になりそうだわ…」下着を着込むと、そのまま眠りについた。

翌朝、寛子はツーピースを着込んで新生学園へと向かうと「おはよう、西尾先生!」井原が待っていた。
「おはよう。井原君!」寛子は井原と一緒に校門をくぐり、職員室に入ると授業の準備を始めていく。
そして「みなさん、おはようございます」教頭の挨拶が始まった。

教頭は軽く話をし「キーン、コーン!」授業開始のチャイムが鳴り、教師達は一斉に教室へと向かい、寛子は1組へ向かっていく。
「起立!」「礼!」「着席!」挨拶が済むと出席を取り「井原信孝君!」「ハイ!」顔を見た。

(良いわ。その目がいいの。もっと私を見てよ)また心がときめくが、16才の井原には寛子の気持ちなど知るよしもなく、素っ気なくしている。
(ダメ、もっと私を見て!)出席簿を読み上げるが、落ち着きがなく、どうにか読み上げて出欠を取り終え授業を始めた。

その日も無事に授業を終え、放課後になると教頭が「先生方、お話がありますから会議室へおいで下さい」教師達を会議室に導いていく。

「集まってもらったのは他でもありません。部活の事でして…」
「私は陸上部を続けたいのですが…」
「小沢先生は体育系だから良いでしょう!」
「私は家庭部がいいわ、気に入っているから」教師達は次々と希望の部活を言う。

だが、黙ったままの寛子は「西尾先生は、何を望みですか?」聞かれる。
「私は何も知りませんから…」
「そうですよね。それでしたら、空いている演劇部などいかがでしょう?」
「そうですよ、演劇部が良いと思うわ。藤森先生の奥さんがやっていたから最適よ!」

「でも、私につとまるでしょうか?」
「大丈夫ですよ。家内さえできたんだから」学年主任の藤森が寛子に言い「わかりました。やってみます」顧問を承知した。
「決まりましたね。生徒会に知らせます」教頭と生徒指導担当が出て行き、会議が終わり、教師達は自宅に帰っていくが、顧問の事は早速、生徒会で各部員達に知らされた。

「演劇部は、西尾先生だってよ!」
「いいな。演劇部は若くて美人の先生だから…」
「ホントだよ、俺も演劇部に入りたいよ」生徒達は話し合っていく。

「西尾先生が演劇部の顧問か…」それは井原も知った。
「おもしろいな。西尾先生が顧問だなんて」怪しい目を輝かせ、獲物をねらう蛇の目のようだ。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA