薄幸の星の下に ショーの出演

【第14話】

アパートが決まると、2人は仕事を探しに出かけた。
施設出身の2人にはまともな仕事など無く、やっと瑞穂が見つけたのは、かなりきわどい下着のセールスで、一雄も見つけたは建設労務だ。
「水商売とはお別れだね」
「そうだね。これならまともだし」2人はお互いに、新しい出発を祝いあった。

だが、世間はそんなに甘くはない。
瑞穂はアパート郡が並ぶ中を、セールスして回るがなかなか相手にして貰えず、10日間で売れたのは数点だけで、当然、解雇され、また仕事を探しているが「ここしかないんだ!」やはり、ホステスしかなかった。

瑞穂は夕方、一雄の食事を作ると店に向かう。
「よろしくお願いします」挨拶をしてから制服に着替えると「あら、そんなのダメよ。これは脱ぐのよ」ブラジャーを掴まれた。
「じ、自分でします!」
「ダメよ、私がするの」ホックを外して脱がせていく。

(イヤよ、こんな事!)両手で乳房を隠した。
「見せなさい。入れ墨があるんじゃないの?」
「そんなのありません!」

「だったら、乳首にリングだったりして!」笑うホステス達に「そんなのありません。見て下さい!」両手を退けてパンティ姿を晒した。
「あら、結構いけるわね。整形じゃないの?」乳房を掴み揉んでいく。
「整形はしていません」

「ホントだわ。あら、乳首が堅くなっている!」指で摘まれた。
「ダメ、やめて下さい!」
「面白そうね、私にもやらせて」代わる代わる瑞穂の乳房を触っていき(悔しいけど我慢しないと…)仕事が見つからない以上、我慢するしかない。

「これも、要らないのよ!」パンティが足首まで引き下げられ「い、いやー。やめて!」慌てて股間を両手で覆う。
足首のパンティも強引に脱がされ、瑞穂1人が全裸になっている。

「隠すなんて怪しいわ。手を退けるのよ」
「いや、ここはいや!」泣き声になっている。
「見せなさいよ。オ○ンコを見せるのよ!」
「いや、やめて!」両手を掴まれ、股間から退けられ「イヤ、見ないで~!」叫ぶが股間に目が集中していく。

「イヤだわ。ヘアを剃っている!」
「ホントだ。オ○ンコ丸出しだわ」短い絨毛に覆われた淫裂に嘲笑が投げつけられる。
(見られてしまった、性器を見られた…)悔し涙が落ちていく。
「やめるんだったら、今だよ。もっと厳しいからね!」
「そうよ。この商売を甘く見ない事ね」

「やめません。働かせてください!」泣きながら言うしかない。
(ここしか、働くところがないのよ…)一雄の収入に甘える訳には行かない。
「いい根性しているわね。ほら、着替えて」制服が渡された。

それはワンピースだが、胸の部分がくり抜かれ、乳房の膨らみが覗いている。
それに、丈も短く股下5センチ程度で、片方には腰までのスリットが入り、椅子に座れば淫裂が丸見えの恐れがあった。

(恥ずかしいわ。こんなのが制服だなんて…)だが、それは瑞穂だけではなかった。
他のホステス達も下着を脱ぎ、全裸になっていた。
(何だ、ヘアを剃っているんじゃないのよ!)股間は綺麗にヘアが剃られていてピンクの淫裂が見えている。

制服を着込むと店内に入って準備を始め、開店すると客が来て酒を注いで回り「新人だね。ここに座って!」無理に座らされた。
「名前は何て言うの?」くり抜かれた胸から手を入れ乳房を掴んでいく。
(イヤ。オッパイはイヤ!)「瑞穂です、よろしくお願いします」笑顔で挨拶している。

「いい名前だね。ここの名前は何と言うんだ?」スリットからもう1人が手を入れて淫裂を撫でていく。
「そ、そこは名前がありません…」
「あるよ。オ○ンコって呼ぶんだよ」ニヤニヤしながら淫裂を触っていく。

「ここの名前は何だっけ?」わざと聞き返し「お、オ○ンコです」顔を赤らめながら言う。
「そうだよ。オ○ンコでいいんだ!」執拗に淫裂を触る客だ。

その後も次々とテーブルを回され乳房と淫裂を触られ2時に閉店し、瑞穂もアパートに戻った。
戻ると(一雄を起こさないようにしないと…)そっと布団の中に潜り込んでいく。

そんな生活も長くは続かなかった。
勤めてから数ヶ月後「瑞穂さん、今日はヘアの手入れを頼んだわよ」ママからヘアを客の前で、剃るよう言われる。
ここの店では、ホステス達がサービスとして、交代でヘアを剃らせていた。

「わかりました。私の番ですね?」
「そうよ。あなたで一巡りなの」瑞穂はヘアを剃らせる覚悟だ。
そこに、偶然にも給料を貰った一雄が、仕事仲間に連れられ、瑞穂の店に来てしまった。

(あれは姉さんだ!)姉の顔を忘れるはずがない。
一雄が見ている前で「これより恒例のパイパンショーです、当たりはあなたです」テーブルの番号を読み上げた。
「やった。俺だ!」それは一雄の仕事仲間で(か、一雄がいる!)顔が強ばっていく。

「それでは、瑞穂さん準備をお願いします」
(イヤよ。弟の前でフルヌードになるなんて!)体を震わせながら制服のワンピースを脱いで全裸になると、その全裸を一雄がじっと見ている。
「俺が、あんたのオ○ンコをパイパンにしてやるからな!」瑞穂の前に立ち「お、お願いします…」両手を後ろで組み、股間を晒した。

男は用意されたスプレーを吹き掛け、股間の絨毛に塗りつけると、カミソリで剃っていく。
(姉さん!)叫びたい気持ちを堪えている一雄に(許して。これも生きていく為なのよ)涙を流して見つめている。

「ほら、パイパンオ○ンコだ!」剃った男は得意になって、淫裂に指を入れた。
「イヤ。入れないで!」瑞穂が男の手を押さえると「ホステスのくせに生意気だ!」淫裂の指が動き、もう片手が乳房を掴んでいる。

「イヤよ。やめて~!」その瞬間、男が瑞穂の視界から消えた。
「姉さんに変な事するな!」一雄は拳を握り、仕事仲間は泡を吹いている。
「キャー!」「か、一雄!」悲鳴が上がって混乱し、翌日、一雄と瑞穂は職を失った。

「姉さん、ご免なさい」
「気にしなくていいわ。一雄が助けてくれたんだから」小さな部屋で抱き合う2人だ。
仕事を失った2人は各地を転々とし、蓄えも残り少なくなっていた。
「姉さん。もう、裸で稼ぐしかないね」
「そうかもね、ここを当たってみようか?」2人は踊り子募集と書かれた劇場に入った。

「表の看板を見てきました。こで雇って貰いたいんですが?」神妙な顔で言う瑞穂だ。
「ここは何をする場所か、わかっているのかい?」支配人らしい男が対応に出た。
「ハイ、その覚悟です。出来れば2人雇ってください…」

「女はいいが、男はいらない。本番をやるなら別だが…」
「本番って、セックスの事ですか?」
「そうだよ、客の前でオ○ンコするんだ。それなら2人雇ってもいいぞ。中出しなら受けるし…」
(セックスをすれば雇って貰えるんだ!)2人は顔を見合わせた。

「やります、本番を。ですから雇ってください!」
「わかった。それなら雇ってやる。試しに、ここでやれ!」
「ここでやるんですか?」
「そうだ。オ○ンコはどこでもやれるはずだ!」
「わかりました。やります!」

瑞穂は自分から服を脱ぎだし、一雄も脱いでいく。
2人は下着を脱いで全裸になったが、瑞穂の股間は相変わらず、絨毛が生えてない。

「一雄。久しぶりにしていいわよ」そそり立った肉竿を撫でていく。
「姉さん、綺麗だ!」乳房を掴み乳首を吸いだし「いいわ。一雄、いいわよ!」2人は抱き合い、敷かれたマットの上に倒れていく。
「いくよ!」「入れてもいいわよ!」淫裂に肉竿が入っていく。

「姉さん!」乳房を揉みながら唇を重ねて「ピシャ、ピシャ!」腰を動かし始めた。
(恥ずかしい。知らない人に見られるなんて…)顔を赤らめながらも、足を開いて肉竿を深く求めると、やがて、一雄も登りつめた。
「出すよ、出すよ!」

「いいわよ。一杯出して…」淫裂深く噴射が行われ精液が流れてきた。
「飲んでいるのかい?」
「ハイ、飲んでいます。ですから安心です」
「そうか、それなら雇えるな。ショーはレイプがいいんだが…」
「私が一雄にですか?」

「そうだ。今のようでもいいが、迫力が足りない。それにいろんな方法でオ○ンコしないと…」
「やります、ですから、教えて下さい」

「良い心がけだ。気に入った。雇ってやる!」やっと承知して貰え、劇場が用意したアパートに住み込んで、支配人からの指導で練習に励んだ。
練習は1週間程行われ、瑞穂は踊りも練習させられ、踊れるようになっている。

そして、やっと練習の成果を示す時が来た。
「姉さん。痛かったら言ってね」
「ダメよ。手を抜いたらわかってしまうわよ。痛くても入れるのよ、その方が喜ぶって言っていたでしょう?」

「でも、痛がる姉さんを見たら、出来なくなっちゃうかも…」
「何言っているのよ。やるのよ、痛いって叫んでも!」
「わかった。無理してもやるからね」2人は順番を待った。

「出番だ。いいな、派手にやるんだぞ!」
「ハイ、やってきます」2人は舞台に向かう。
瑞穂が舞台に上がるとスポットライトが照らしている。
OL風にスーツを着込み、歩いていくと、その向こう側から一雄が歩いてきた。

一雄は瑞穂の行く手を塞ぎ「何するのよ。退きなさいよ」演技が始まった。
「そうは行くか、俺の好みだしな」
「いや、やめて!」指導された通りに演技をして「いや、いやよ!」抵抗するがスーツが脱がされ下着姿にされる。

「いや、いや~!」白いブラジャーが両手で引き裂かれ「やめて、お願いやめて~!」狭い舞台をパンティ1枚で乳房を揺らせながら逃げまどっていく。
そんな演技を観客は静まりかえって見ている。
だが(こんな大勢の前で、セックスをするなんて…)悲しさで自然と涙が流れてきた。

一雄はパンティを掴んだ。
「いや、いや~!」瑞穂も押さえ、パンティは伸びきって「ビリビリ!」切り裂かれ無毛の淫裂が現れた。
「ツルツルオ○ンコだ!」「パイパンオ○ンコだ!」無毛の淫裂にどよめきが上がる。

「イヤ、イヤ~!」叫ぶ瑞穂は押し倒され、太股には切れたパンティが絡まりついたままだ。
「イヤ、入れないで!」一雄も下半身剥き出しにして肉竿を押し込んでいく。
「ヒ~、抜いて。痛いから抜いて!」顔を歪めて叫んでいく。

「そうは行くか、オ○ンコさせろ!」腰をなおも押しつけた。
「イヤ、イヤ!」声を上げていく。
(恥ずかしいわ、人前でこんな事をするなんて…)情けなさで、流れ出た涙がライトに照らされキラキラ光っている。

「凄いな。ホントにレイプしたんじゃないのかな?」
「まさか。でも、迫力あるよな…」観客達は興奮している。
「抜いて、いや、いや!」ピストンが始まったが瑞穂は叫び続け、一雄は瑞穂を四つん這いにもした。
「あ、ああ!」悲鳴を上げながら乳房を揺らせて、その後は背面駅弁でも結合し、瑞穂は正面を向いたまま、肉竿の結合を見られている。

「ダメ、お腹の中はイヤ~!」暖かい液体を感じた。
「気持ちよかったぜ。機会があったらまたオ○ンコしような」一雄は瑞穂を舞台に降ろし、楽屋に引き上げていく。
「う、う、う!」1人残った瑞穂は泣きながら立ち上がり、射精された淫裂を客に見せる。

「中出しだ。オ○ンコの中に出したんだ!」
「ホントだ、中出ししたなんて!」どよめきが上がった。
瑞穂は太股まで精液を垂らしながら、フラフラしながら舞台から引き上げてきた。

楽屋に戻ると「よかったよ、凄い迫力だ。明日も頼むよ。明日は看護婦でいいかな?」支配人は機嫌良く話し掛ける。
「明日もですね?」
「そうだ、君も頑張ってくれ。体力勝負だからね」一雄の肩を叩いて楽屋から出ていく。

「姉さん、痛くなかったかい?」
「少し痛いけど、一雄のだから我慢しないと」瑞穂は服を着ていく。
「僕は呼び込みをやるから、帰りは一緒に帰ろうよ」
「勿論よ、後は踊りだけだから」その言葉通りに、再び舞台に立ち、衣装を脱ぎながら踊り、そして、全裸のまま乳房を揺らせて、客を楽しませて出番が終わると2人は一緒にアパートに戻った。
 

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA