薄幸の星の下に ラブホテル

【第13話】

一雄が戻って来たので、寮の中も賑やかになり「ねえ、私とエッチしない?」文子や真美が誘っている。
「一雄、たまにはいいんじゃない。でも避妊は忘れないで」
「瑞穂さん、大丈夫よ。あれ飲んでいるから。ほら行こうよ」文子に腕を掴まれて部屋に入った。

入るなり「私にさせて…」着ている服が脱がされていく。
「恥ずかしいよ」
「恥ずかしくは無いわよ。私も素っ裸になるんだから」文子も脱いで全裸になると、股間は瑞穂と違って、絨毛に覆われている。

「オ○ンコを見たら、こんなになっちゃた!」
「元気がいいわね。こんなに膨らんで!」文子は勃起した肉竿を掴んで口に入れ「ダメ、そんな事したら。あ、あ、あ!」堪えきれず声を上げた。

暫く、口で擦ると一雄を仰向けに寝かせて、馬乗りになった。
「いいわ。気持ちいい…」
「僕もだよ、オッパイが柔らかくて気持ちいいよ」2人の声が瑞穂にも聞こえ(一雄も大人だしね。セックスも覚えないと…)興奮しながら聞いている。

やがて「行く、行くわ、早く出して、オ○ンコの中に出して!」文子が登りつめてしまった。
「暖かい、オ○ンコの中が暖かい!」体を寝かせ乳房を胸に押しつけてきた。
「出したよ」
「わかるわ、暫くこうさせて」顔を両手で掴み頬を押しつけていた。

長い沈黙だった。
「そろそろ行かないと…」
「そうね。仕事があるし」2人は脱いだ服を着込んで、寮からキャバレーへと向かった。

キャバレーで文子は仲間に「やっちゃった。あの子と遂にオ○ンコやったわよ!」得意げに言う。
「ホントなの。それって?」
「ホントよ、若いから凄かったわ。私が先に行っちゃった!」
「いいな。私もあの子とやりたいな」恨めしそうに言う仲間だ。

その事は、当然康子の耳にも入って「全く、恩も知らないで勝手な事を…」独占欲が強いから快く思っていない。
それでも顔には出さず、冷静に振る舞っていた。

一雄と瑞穂は真面目に働き、平穏な日々が続いていたが、無情にも壊す者が現れた。
「ママ。あの子知ってるかい?」客は淳子を指さしている。
「ああ、淳子さんの事ね。よくは知らないけど真面目にやってるわよ」
「だったら、子持ちって知ってるかい。夫がヤクザなのも?」

「子供がいる…しかも亭主がヤクザだなんて…」顔色が変わった。
「知らなかっただろう、気をつけた方がいいよ。亭主は事件を起こしたばかりだから」
「どんな事件なの?」
「あんたのボーイがケガさせただろう。相手はあの子の亭主なんだよ」
「そ、そんな…」絶句し「そうだわね。何とかしないとね」考え巡らす康子だ。

翌日、瑞穂姉弟と淳子は屋敷に呼ばれた。
「あなた達は、今日限りやめて貰うわ」
「どうしてですか、訳を教えて下さい!」

「淳子さんには、子供がいるそうじゃないのよ。独身しか雇わない事知っているでしょう?」
「謝ります。ですから、ここに置いて下さい」
「そうは行かないわよ。いくら謝ってもダメよ。これは給料と餞別よ!」3人に封筒を手渡した。

それを受け取った3人は寮に戻ってきた。
「淳子さん、やっていけるの?」
「何とかなる。夫の足も治ったし、これからは真面目にやるって言っているし」
「淳子さん、旦那がいたんだ」
「隠して置いてご免なさい、それに…」

「いいの、それ以上はいいのよ!」淳子が言おうとしたが瑞穂は遮った。
(ダメ、言っちゃダメ。後で言うから…)(ありがとう、何てお礼を言っていいやら…)泣き出す淳子だ。

「それより片付けが先ね。荷物はないけど…」
「そうだよね、服しかないしね」3人は荷物をまとめて寮から出た。
「一雄、また仕事探しだね」
「それに、住まいもだよ」当てがある訳でなく電車に乗りこんだ。

電車に乗って2時間経った。

「ここで降りようよ」「そうね、降りようか」2人は電車から降り、階段を上って駅を出るとビルが見える。
「結構大きい町だね」
「そうみたい。とにかく、ねぐらを捜さないと」2人は駅のコインロッカーに荷物を押し込み町を歩いていく。

繁華街を歩くと「踊り子さん募集」の看板が目に付く。
「ストリッパーか、裸を見せるなんてイヤだし…」看板を見つめていると「呼び込みも募集か」一雄も見ている。
「こんなのじゃなくて、もっといいのがあるかも。とにかく、ホテルよ」町をさまよい安いホテルを見つけた。

「ちょっと。これってラブホテルじゃないのよ!」
「そうだね。でも、ビジネスホテルよりも安いよ」
「それはそうだけど…」足が止まる。
「行こう。姉さん!」腕を掴まれ強引に連れ込まれた。
「泊まりだ。いくらだ?」一雄は金を払いキーを受け取る。
「行こう!」2人は肩を寄せ合い部屋に向かった。

部屋に入ると派手なベッドが目に付く。
「一雄、セックスは無しよ。姉弟なんだからね」
「わかっているよ、それよりお風呂に入ろうよ」浴室はガラス張りで丸見えだ。
「恥ずかしいわ。こんな所でお風呂だなんて!」2人は服を脱いで全裸になったが「ダメよ。わかっているわよね?」勃起した肉竿が気になり、股間と乳房を手で隠している。

「姉さん。洗ってあげる!」石鹸を泡立て、背中を洗いだし(気持ちいい。背中を洗って貰えるなんて!)時々、手が乳房の膨らみに触れていく。
タオルで擦るとお湯をかけた。
「ハイ、今度は前だよ」
「だ、ダメ。丸見えになっちゃう!」
「洗わせて、久しぶりだよ」

「わかった。お願いする」首から乳房、お腹と擦って、股間を触られ「ダメよ。そこは、ダメ!」手が淫裂を撫でている。
「丁寧に、ここも洗わないと…」
「そこはいいの。自分で洗うから。今度は一雄の番よ」声が震えている。
「姉さんに洗って貰えるなんて、久しぶりだな」
「そうよね。こんな事、滅多に出来ないしね」体を洗っていく。

体を洗い終えると、浴槽に浸かるが、2人の肌が触れ合っている。
「姉さん、これからどうしようか?」
「明日捜そうよ。何とかなるわよ」
「そうだよね、何とかなるわよね」体を温めるとバスタオルを体に巻き付けて、ビールを飲みながらベッドの上で横になった。

「テレビでも見るか!」スイッチを押した途端に「あん、あん、あん!」女性の喘ぐ声がする。
そして、乳房を揉まれながら、喘ぐ顔が映し出された。
「凄いわ。これって裏じゃないの、セックスが写っているし!」

「ホントだね。オ○ンコしているんだ」淫裂に肉竿が入り込み、ピストンしている。
(凄いわ、あんな事している!)画面には太股を抱えられ、駅弁での結合が写っている。
「凄いや、オ○ンコが気持ちいいのかな?」
「わかんない。やった事がないから…」やがて淫裂から白い液体が噴き出した。

「射精よ、ほら!」
「ホントだ。中出しだ!」2人とも興奮が高まっている。
(凄いわ。膣が濡れている…)酔いも重なって、咽がカラカラに渇いている。

画面が変わり、今度は四つん這いになった女性が後ろから肉竿で突かれ、口にも肉竿を押し込まれ、さらに、お尻にも細身の樹脂棒が押し込まれていく。
「痛くないのかしら?」
「大丈夫だよ…」2人は自然と肌が触れ合う。

「姉さん。我慢できない!」
「ダメ、姉弟よ。もうだめ!」しかし、タオルが解かれ乳房を掴まれた。
(気持ちいいわ。セックスしたいけど、姉弟だからいけない事よ…)理性がまだ働いている。

だが、一雄の手が淫裂を撫でると一変し「あ、あ、あ!」声を上げだした。
「姉さん、やらせて。さっきのビデオ見たく…」一雄は太股を抱えて立ち上がり「あ、危ないわ」両手で一雄の首を押さえた。
「行くよ、姉さん!」
「ダメ、入れないで。あ、あ、あ!」ゆっくり肉竿が淫裂に入っていく。
(気持ちいい…。奥までオチンチンが入ってくる…)自然と体が後ろに反っていく。

肉竿は、根本まで入るとピストンを始めた。
「ダメ、動かさないで。だめよ!」言葉とは裏腹に白い淫汁が流れている。
「姉さん、オッパイを吸わせて。オッパイを!」
「イヤ、そんなのダメよ!」口ではそう言うが体を押しつけ、口の所に乳房を持っていく。
「いいわ、凄くいい。でも、今日だけよ」乳首を吸われ遂に理性が消えた。

肉竿は動きを早めていく。
「行くわ、行きそうよ。出して、早くオ○ンコの中に出して!」その言葉通りに放出が始まった。
「いいわ。子宮が溶けそうよ…」ポタポタと精液が垂れていく。

「姉さん、出したよ」
「わかるわ。凄く気持ちいい」ベッドに降ろされても、2人は余韻を楽しもうと結合したまま抱き合っている。

「一雄、今夜だけよ。約束して」唇を重ねて言う。
「わかった、約束する。でも、今夜は何回でもいいでしょう?」
「いいわよ。今夜は私も欲しいし」また抱き合った。

今度は四つん這いになっての結合だ。
「姉さん。お尻に入れて入れさせて!」
「ダメ、お尻はダメ。汚いからダメ!」拒むが肛門に肉竿が押し当てられた。
「あ、あ、あ」目を見開き、痛みに耐えた。

「抜いて、お願い抜いて!」体が震えている。
「直ぐ終わるから、やらせて」強引に入り込んできた。
「ヒ~!」直腸まで肉竿が入り込むと動いて「ダメ、ダメよ!」声まで震えている。

「直ぐ終わるよ」ピストンが始まった。
「あ、あ、あ!」両手でシーツを握りしめ痛みに耐えている。
(一雄、痛いだけよ、お尻は感じないわ。どうせなら膣に入れて!)顔を歪めて堪えた。

暫くして、肉竿の動きが止まり「ダメ。射精だなんて!」腸の中に異物が漂っている。
「姉さん、汚れたからお風呂で洗おうよ」肉竿を抜いた。
「もう、お尻に入れないで」手で肛門を押さえながら浴室に入っていく。

一雄も後を追って入り「痛かった?」尋ねる。
「痛いなんてもんじゃないわよ。お尻なんてこりごりよ」2人は丁寧に洗っていく。
浴室で汚れた部分を丁寧に洗い終えると2人は眠りについた。

翌朝、一雄はまた瑞穂に抱き付いている。
「約束したでしょう。もうしないって!」乳房を揉まれながらピストンされている。
「だって、押さえが効かないんだ。姉さんのヌードを見たら…」確かに肉竿が勢いよく立っている。

「ダメ。もう、ダメ!」
「お願い出させて!」体を押さえ、逃れないようにしてピストンを早めていく。
(気持ちいい。でも、約束だから…)逃れようとするがまた、噴射が行われた。
「出たわ、もう終わりよ」払いのけるように浴室に入り、シャワーで淫裂を丁寧に洗っていく。

(こんな関係は、終わりにしないといけないわ…)それは一雄もわかっていた。
「姉さん、今日が最後だよ。もうしないから」一雄もシャワーを浴びに来た。
「誓うの?」
「誓うさ」2人はシャワーを浴びると、服を着てホテルから出た。

町に出ると軽く朝食を摂って隅々まで歩いていく。
「とにかく、住むところを捜さないと」不動産屋を回り、アパートを探していく。
「困りましたね。保証人がいないとね…」
「私が保証人ではダメでしょうか。弟が独りで住む事にして!」

「参ったな。それは出来ない訳でもありませんが…」
「決まりね、ここにしよう。敷金はちゃんと払うわ。それに、滞納したら追い出されても、文句は言わないわ」
「その事を誓約書に書いて貰えませんか。それなら考えますが…」

「書くわよ。それで納得して貰えるなら」瑞穂は契約書と誓約書にサインして、早速アパートに向かった。
「ここならいいわね、狭いけど」
「仕方ないよ。仕事次第で、もっと広いアパートにしよう」こうして、新しい生活が始まった。 

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA