薄幸の星の下に 悪徳弁護士

【第12話】

裁判が済むと同時に、弁護士から請求書が届けられ「300万だわ、取り合えず200万はあるから払わないと」早速、法律事務所を訪ねて「お世話になりました」礼を言った。

「残念でしたね、力不足で…」
「いいえ、2ヶ月で出て来られますから。取り合えず、これをお受け取り下さい」封筒を渡すと、開けて中身を調べていく。

「おや、足りませんが?」
「今、お支払い出来るのはそれだけです。毎月必ずお支払いしますから」
「困りますね、分割払いですか…」顔を曇らせる弁護士に「毎月25万ずつ、必ずお支払いします。ですからこれで…」頭を下げた。

「仕方ありませんね。そのかわり、払い終えるまでは1週間おきにいいですよね?」スカートを脱がせようとする。
「イヤ、もういや。これ以上体を汚されたくないです!」
「だったら、直ぐに金を持ってこい。それが出来ないなら、利子代わりにオ○ンコで払え!」そう言われると拒めない。

「脱げ、脱ぐんだよ!」瑞穂は泣きながら服を脱いで、全裸になっていく。
「優しくして下さい。レイプ同然はいやです…」
「俺はレイプしたいんだ。我慢しろ!」乱暴に淫裂に肉竿を押し込まれ「い、いや~!」またレイプ同然の事をされてしまった。

それから数日後、瑞穂は一雄の収監されている刑務所に面会に行き、面会室で待っていると、丸坊主にされた一雄が現れた。
「一雄、元気だやってる?」
「ああ、元気だよ、せっかく姉さんと一緒に暮らせると思っていたのに…」涙を流しながら話している。

「泣かないで。直ぐよ、2ヶ月なんて直ぐよ。待っているわ、一雄…」
「姉さん!」2人はガラス窓越しに唇を重ねていく。
「いい、真面目にやるのよ。どんな事があっても我慢するのよ。どんな事があってもよ」繰り返し叫んでいた。

「わかった。どんな事でも我慢するよ、姉さんの為に…」
「そうよ、待っているわ。それから欲しいのがあったら言ってね」2人が話をしていると「時間です」無情にも一雄が連れ出された。
「一雄、一雄~!」瑞穂がいつまでも叫んでいると「次の人が待ってます!」事務的に刑務官が言い「わかりました」素直に面会室を出だ。

一雄と面会を済ませ、寮に戻ってくると「あんた、諸星瑞穂だろう?」男がいた。
「はい、そうですが?」
「ちょっと、顔を貸してくれ。あんたの弟の事で話がある」強引に瑞穂を停めてあった車に乗せて走りだす。

「誘拐よ、これは誘拐よ…」震えながら言うと「誘拐ではない。これは話し合いだ!」車はヤクザの事務所で停まった。
「降りろ」停まると同時に瑞穂は中に連れ込まれた。

「乱暴にしたら、警察に訴えるからね!」強がりを言うが、声は震え全身も小刻みにだが震えている。
「訴える理由はないさ。とにかく座って!」初老の親分、いや、ボスと思われる風格のある男が現れた。

「私に、何の用があるのよ!」
「あんたには直接は関係ないが、弟さんが内の者とトラブルを起こしたよね?」
「それは裁判で決着が済んだはずよ。一雄だって刑務所に入れたのよ、あなたの配下のお陰で!」

「それは悪いと思っている。しかし、刺された相手も家族がいるんだ…」言い終わらない内に「おじちゃん!」3才ぐらいと思われる子が現れて膝の上に乗った。
「いい子だね、話が終わるまで待ってなさい」それはヤクザの顔ではなく、どこにでもいるお爺さんの顔だった。

(この人は悪い人じゃないわ。事情があるんだ…)瑞穂の直感が働いた。
「それで、何が言いたいの?」
「早い話が、あの子の親が仕事が出来なくて生活に困っているんだ。支援してくれ!」
「私だって、弁護士費用が大変だったのよ。300万掛かって大変なの…」

「300万掛かった…。馬鹿言うな。あれは国選弁護士だからタダのはずだ!」
「待って、国選弁護士って何の事なの?」
「ホントに、300万払ったのか?」
「取り合えず200万です。後は…」それ以上は言えない。

初老のボスは暫く考えて「とにかく、あの子の助けてくれ。おい、入ってこい!」それと同時に、妻と思われる女性に抱きかかえられ、足を引きずりながら男性が入ってきた。
「イヤ、あんたなんか嫌いよ。私をレイプしようとした男よ!」

「許して下さい。夫は仕事が無くて、私にいい思いをさせようとしたんです、許して下さい」妻が泣きながら土下座した。
「済まない。妻と子供の事を考えたら金が欲しくなって。済まない事をした…」涙を流しながら詫びを入れる。

「お金が欲しかったら、親がいるでしょう?」その問いに「いません。私達夫婦は親に捨てられたんです。親の顔なんか知りません、名前だって知らないんです…」また泣き出した。

(同じだ。私と同じく親に捨てられたんだ!)話を聞いていた瑞穂も、大粒の涙が流れていく。
それを見て、初老の親分は、改めて瑞穂に惚れ直した様子だ。

瑞穂は暫く考え「わかったわ。取り合えず、奥さんが働いて収入があればいいんでしょう?」と口を開いた。
「その通りだ。子供を養えるようにしてくれ」
「わかりました、奥さん、済みませんがヌードになって貰えませんか?」

「馬鹿にしないで。生活は困っても、体は売らないわよ!」
「誤解しないで。彫り物があるかどうか調べたいの、誤解しないで!」冷静にさせていく。
「彫り物は無いわ、私も夫も嫌いだから。タダ、そこは夫の好みで…」

「見せて下さい、まずは確認しないと。ほら、出て行きなさいよ。親分も出てよ。あんたもよ、夫と言えどもダメよ!」
「聞いた通りだ。この人に従え!」皆出て行き2人だけが残された。

「見せて、あなたの素肌を…」
「わかった、脱ぐわ。でも笑わないでね」女性は衣服を脱いでいく。
「まだ名前を聞いていなかったわよね?」
「宮下淳子よ。でも、本当かどうかは知らないの」パンティ、ブラジャーと脱いで全裸になった。

「誰にも言わないで。夫と私の秘密なの…」震えながら股間を覆った手を退けた。
「恥ずかしくはないわよ。私もよ」手を退けた股間には、絨毛が無く淫裂が露わになっていた。
「ホントですか?」
「ホントよ。見たい?」スカートを捲り上げ、パンティを引き下げた。

「ホントだわ。ヘアを剃ったんだ!」
「そうよ、仕事上、仕方ないの。それより、奥さんのヌードよ」丁寧に体を調べた。
「ホントだわ、彫り物はないわ、オッパイだって綺麗だし…」
「これで働けるでしょうか?」

「やってみる。でも、我慢が必要なの。出来るかな、親子が離れて住む事になるかもよ」その言葉に「う、う、う!」泣き出す淳子だ。
「泣かないで。とにかく服を着て!」

服を着込むと、瑞穂は淳子を連れて康子の屋敷を訪ねた。
「どうしたの、こんな時間に?」
「康子さんにお願いがあってきたの。この人を雇って欲しいんです。宮下淳子といいます…」
「彫り物や、ヤーさんの連れ合いでは無いでしょうね?」

「勿論です。私が確かめました!」
「そこまで言うならいいわ。あなたの下で働きなさい。ただし、3ヶ月は見習いだから半分の30万よ」
「あ、ありがとうございます。一生懸命働きます!」

「よかったね、淳子さん」
「感謝します、瑞穂さん!」泣き声を上げる淳子に瑞穂も喜んでいた。
翌日から淳子は独身と偽って寮に住み込み、ホステスの仕事をし、勿論、勤務のない時間は夫や子供と合っている。
「よかったわ。これで1人が助かるなら」笑顔の瑞穂だ。

そんな瑞穂に、手紙が届いた。
「また、請求書だわ」
「待って、払う必要無いの。国選だからタダなのよ、瑞穂さん騙されているのよ!」
「そんなこと無いわ。相手は弁護士よ、人を騙すはず無いわ」

「調べさせて。お願いだから夫に調べさせて。あれでも法学崩れなの」
「わかった、1日だけ待つ。でも嬉しい、親をから捨てられた私を助ける人も、親から捨てられた人だなんて!」
「瑞穂さん、もしかして?」

「そうなの、親に捨てられて養子になったの。でも家族が1人いるわ。今は刑務所にいるけど…」
それを聞いた淳子は声を上げて「同じだわ。私と同じだ!」泣きだし大粒の涙を流した。
「泣かないで。それより調べて貰わないと…」
「そうだったわね」淳子は早速、夫や親分と連絡を取り、その結果は直ぐに出た。

翌日「急いで、ほら!」
「危ないわよ。そんなに急がないで!」淳子に連れられて、あの法律事務所に向かうと、中では足を引きずりながら男が出迎えた。

「あなた、危ないわよ!」淳子が抱きかかえた。
「大丈夫だ。それより、お嬢さんは?」
「お連れしたから、あなたから説明してあげて!」

「わかった。お嬢さん。こいつはとんでもない奴ですよ。国選なのに、弁護士費用を請求したんだから!」弁護士は黙ったままだ。
「待って。よくわからないの…」

「説明するよ。刑事裁判には国選と私選があるんだ。国選とは国が弁護士の費用を出すんだ。私選は自分持ちだけど!」
「それで?」
「あの裁判は国選だったから、国から弁護士費用が出されるから、タダなんだ!」

「でも、取られたわ。300万を…」
「騙されたんだよ。二重取りしたんだ!」
「そんな~。あなた、私を騙したのね!」弁護士は詰め寄る瑞穂に「返すよ、返せばいいだろう?」悪びれた様子もなく札束を投げつけた。

「酷いわ。人を騙した上に…」泣き出す瑞穂だ。
「瑞穂さん。もうこんな奴にだまされちゃだめよ」淳子に慰められながら寮に戻ると、騙さされたショックも次第に消え「そうだわ。この半分だけでも…」思い立って淳子の部屋を訪ねた。

「淳子さん、旦那さんに合いたいの。お礼が言いたいし…」
「丁度よかった。これから行こうと思っていたの」
「悪いわね」2人は淳子の夫が住むアパートに向かった。

アパートは、そんなに離れていないが「ここなの」薄汚い部屋だ。
「あなた、お客様よ」
「あれ、この前のお嬢さんじゃないか?」足を引きずりながら男が現れた。

「この前は、お世話になりまして…」
「こちらこそ、お世話になって」
「早速ですが、これを使って貰おうと思いまして」封筒を渡した。
「お嬢さん、馬鹿にしないで下さい。落ちぶれても、乞食じゃ無いんですから…」

「慰謝料と治療費です。一雄があんな事をしなければ、2人が別れずに住めたのにと思いまして…」淳子夫婦は顔を見合わせ「あ、ありがとうございます。これで何とか、生活が出来ます」頭を下げた。

その後、世間話をしてからアパートを出て、瑞穂は町の中を歩いていた。
「そうだった、あれを買わないと…」薬局に入っていく。
「これ下さい」医師からの処方箋を見せ「ピルですね、こちらです」薬剤師は袋に入れて手渡す。

それを受け取り、寮に戻ると家事を済ませて、仕事の準備をしていくと「瑞穂さん、少しいいかしら?」康子が迎えに来た。
「なにか?」「いいでしょう、夫もしたいと言っているし…」体を触っていく。
(またセックスだわ。イヤだけど…)「わかりました」2人は向かいの屋敷に向かう。

「待っていたよ。瑞穂さん」
「あなた、私が先よ、あなたは後よ」瑞穂の着ている服を脱がしていく。
「康子、我慢できないよ」健三は康子の服を脱がだす。
「あなたったら。仕方ないわ3人でしましょう」

「康子、愛しているよ」健三も服を脱ぎだした。
「うまい事言って。瑞穂さんとオ○ンコしたいだけでしょう?」
「ち、違うよ、本気で康子を愛しているよ。ほら」勃起した肉竿を淫裂に押し当てた。
「わかったわ。タップリ出すのよ」康子は瑞穂を寝かせ、乳房を掴むと唇を押し当てた。

「康子さん!」声をあげるが「瑞穂、可愛いわよ」乳房を撫でながら、乳首を吸い「あ、あ、あ!」背中が反っていく。
乳首を吸った唇は、淫裂へと動いてクリトリスを舌の先端がなめだし「だめ。そこはだめ!」瑞穂の腰も動きだした。

「康子。我慢できないよ!」健三も加わり、お尻を突きだした康子の淫裂に肉竿が入っていく。
「あ、あ、あ!」身震いをしながら、また淫裂をなめて「ダメ、あ、ああ!」昼間だというのに、悶え声を上げる二人だ。

それから2ヶ月後、一雄が刑期を終えて出所した。
「待っていたわ。また一緒だよね」
「うん、姉さんとまた一緒だ」2人は抱き合った。

「姉さん。欲しい、姉さんが欲しい!」唇を押しつけた。
「いいわよ。今日だけはお腹に出してもいい。でも、今日だけだからね」念を押して服を脱ぎ、一雄も脱ぐと抱き付いた。

「姉さん!」肉竿が入り込み、それに乳房を掴み揉んでいる。
「一雄、気持ちいい?」
「うん、凄くいいよ」
「もっとしていいわよ」
「だったら、お姉さんがして!」

「いいわよ、こうね…」馬乗りになって腰を振っていく。
「姉さん!」乳房を揉みながら、乳首を摘むと瑞穂の淫裂からは、もう白い淫汁が流れている。
「出すよ。姉さん…」

「いいわよ。一杯出しても!」子宮の中が暖かくなっていく。
「一雄、出したのね」乳房を押しつけ抱き合っていく。
「出したよ、姉さんのオ○ンコの中に」結合したままの淫裂からは、精液が流れ出ている。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA