薄幸の星の下に 傷害事件

【第11話】

一雄と健三は腰を振って噴射を始めた。
「いいわ、いいわよ!」「イヤ、お腹の中はイヤ!」喘ぎ声と悲鳴とが上がり、それと同時に2人の淫裂から精液が流れ出た。

「ハア、ハア、ハア!」荒い息使いがする中「う、う、う!」瑞穂の泣き声が上がっている。
「姉さん、ご免なさい。姉さんとするのを夢見て、今まで我慢していたんだ!」
「獣よ。姉弟でしたのよ。許されない事なのよ」泣きながら言う。

「瑞穂さん、気にしなくていいわよ。ちょっとだけだし。それに、オ○ンコの中に射精した訳じゃないでしょう?」
「それはそうですが…」そう言われれば、言葉が途切れてしまう。

「それより、オ○ンコを洗いに行きましょう。一雄さんも手伝って。あなたもよ」
一雄が「俺もか?」怪訝な顔をすると「あなた、あれしたくないの。前から言っていたでしょう?」康子はニヤニヤしている。

「いいのかい。パイパンオ○ンコにして?」
「いいわよ。口でする時に邪魔になるみたいだから…」恥ずかしそうな顔をすると「だったら手伝うよ。康子!」健三も立ち上がり4人は浴室に向かう。

狭い浴室に入ると、女性の2人は真っ先に淫裂を洗いだす。
「瑞穂さん、あれ飲んでいるの?」
「はい。万が一の事を考えて…」俯いたままだ。
「そうよ、それがいいわ。こんな商売だと、どんな事があるかわからないしね…」2人は淫裂を丁寧に洗っていく。

「瑞穂さん。弟さんの体を洗ってあげたら?」
「そうします」瑞穂は一雄の背中を洗い「姉さん。久ぶりだよ、こんな事して貰うなんて」泣き声になっている。
「泣かないの。ほら、前も洗うわよ」2人は向き合い、瑞穂の手が首、肩、胸と触ってお腹を洗っていく。

(オチンチンは、どうしたらいいのかしら?)瑞穂が考えながら洗うと、一雄は手を掴んで肉竿へと導いた。
「ここもなの?」
「姉さんにして貰いたいんだ…」

「わかった。洗ってあげるね」石鹸の付いた手で、肉竿を洗いだし「気持ちいい。姉さんにして貰えるなんて夢みたいだ!」目を閉じている。
(一雄、もうしないで。セックスはもうだめよ)言い聞かせるように肉竿を洗っていく。

その後は、一雄が瑞穂の体を洗いだした。
「そ、そこはいいのよ!」股間を石鹸の付いた手が触り「遠慮は要らなよ。ここは特に綺麗にしないとね」指が割れ目に沿って動き、クリトリスを捕らえた指先が撫でていく。

「あ、あ!」声を上げ(だめ、そこはだめ!)慌てて一雄の手を押さえた。
一雄はおとなしく引き下がって、今度は乳房を洗いだす。
「もういいわ。綺麗になったし」浴槽の中に体を沈め「僕も入るね」狭い浴槽に抱き合うようにして入った。

すると「あなた。パイパンオ○ンコにして!」康子が言い出す。
「わかっているよ、康子!」健三は興奮気味に石鹸を泡立て、股間の絨毛に塗っていく。
「ヘアを剃るって、恥ずかしいのね。変な気分になりそうだわ」
「今更、やめては無しだよ」絨毛を丁寧に撫でていく。

「そんな事言わないわよ。それより早くして!」
「剃るよ!」カミソリが絨毛に押し当てられて、引かれて「ジョリ、ジョリ!」あっけなく絨毛が消えて、赤黒い肌が見えてきた。

「恥ずかしいわ。瑞穂さんと違って黒ずんでいるし…」
「そんな事無いよ。綺麗だよ」地肌の中からピンク色の淫裂が覗いた。
「康子。いいだろう、我慢できないよ!」

「さっき、やったばかりじゃないのよ!」
「康子が欲しいよ、康子!」
「わかったわ。今度は私がしてあげる!」

健三は小さな椅子に足を伸ばして座わり「あなた。こんなのは久しぶりね」その足を跨いで馬乗りになった。
康子は勃起した肉竿を掴み、腰を押しつけて「あ、あ、あ!」声を上げ体を反らす。
「気持ちいいよ。こんなオ○ンコも…」乳房を揉みながら乳首を吸い「あ、ああ!」声を上げ、腰をゆっくりと動かしていく。

それには「姉さん、凄いね」「あんなセックスもあるんだね」食い入るように見ている瑞穂が、淫裂に肉竿が入り
込もうとしているのに気づいた。

「ダメ。もうダメよ!」手で押さえ進入を防ぐと「だったら口でして。それなら出してもいいし…」フェラを求める。
「わかったわ。もう、セックスはダメだからね」瑞穂は康子夫婦の行為を見ながら、弟の肉竿を口に迎え「ウ、ウ!」息苦しさを堪えて口を動かしていく。

「気持ちいい。姉さんにフェラして貰えるなんて…」目を閉じ、乳房を求め手が動いていく。
手は直ぐに乳房を探り出し、その乳房を優しく揉み(ダメ、そんな事したら欲しくなっちゃう。だめ!)指が乳首を転がしている。
触られた乳首は更に大きく膨らんで「コリコリしている。姉さんの乳首が…」気持ちよさそうに肉竿をしゃぶられていく。

その間に「行くわ、行きそうよ!」康子は腰の振りを早め、クライマックスを迎えた。
「ダメ。もうダメ!」
「俺もだ。出しちゃったよ…」「わかるわよ、暖かいし」2人は抱き合っている。

「僕も行くよ!」一雄も噴射し、瑞穂の口から涎のように白い液体が流れ出た。
「これで終わりだよ。もう、しないからね!」それを飲み込み、口を拭いた。

「瑞穂さん。あんたも剃るのよ、パイパンオ○ンコになるの」
「そんな、またヘアを剃るなんて…」
「弟さんに剃って貰いなさい!」そう言われれば逆らえず、2人は浴槽から上がり、瑞穂は足を開いて立った。

「姉さん、剃るからね」
「乱暴にしないのよ。優しくして」生えかけた絨毛がまた消されていく。
恥丘はあっけなく、綺麗に剃り上げられ、淫裂がまた剥き出しになった。
浴室で絨毛を剃り終えると、4人は戻り服を着込み、2人は何事も無かったように寮に戻った。

それから1ヶ月が経ち、一雄と瑞穂も仕事になれて一人前になっている。
2人がいつものように仕事をしていると、明らかにヤクザと思われる2人が店に入ってきた。

「申し訳ありませんが、ここは真面目な人の社交場ですからこちらへ…」健三は緊張しながら奥へ連れて行き、康子も心配そうに見ている。
「ママ。あいつら、ここのヤクザよ。きっと、金が目当てよ」
「そのようね。一回出すとまた来るしね…」ヒソヒソ話していると健三が戻ってきた。

「あなた、大丈夫だった?」
「怖かった。でも警察から言われた通りにした。また来たら、警察に連絡するって…」
「大丈夫なの、それで?」
「多分ね。嫌がらせを受けたら何でも連絡してくれ。警察に訴えるから!」
「はい、そうします」何事も無かったように客席を回っていく瑞穂や康子達だ。

仕事を終えて、寮に戻るとあの2人がおり「文子さん、怖いわ!」ホステス達は寄り添うようにして歩いていく。
「待てよ、姉ちゃん。オ○ンコ見せてくれよ!」2人が瑞穂に抱き付いた。
「いや、いやー!」悲鳴を上げると「待て、何をするんだ!」悲鳴を聞いて、一雄が走ってきた。

「何だ、なまいきに…」ヤクザは一雄を殴った。
「やったな。この野郎!」不良だった時代に戻ったかのように、2人をあっけなく打ちのめした。

「覚えておけ~」捨てぜりふを残してヤクザが走っていく。
「大丈夫なの、一雄?」
「平気さ、あんな奴の2人ぐらいは」笑顔で言う一雄だ。

「可愛いわ、今夜私が相手してあげるからいいでしょう?」それを見て文子が一雄に抱き付く。
「私も相手してあげるから、いい事しようよ」強引に一雄を寮に連れ込む2人だ。
暫くすると「ダメ、私とのオ○ンコが先よ」そして「あ、あ、あ!」悶え声が響いていた。

その翌日、また仕事を終えて帰るとあの2人がいた。
「昨日は恥を掻かせてくれたな。今日はそうはいかないぞ!」2人はポケットからナイフを出し「キャー!」悲鳴を上げる瑞穂達だ。

だが「えい!」果敢にも一雄は向かって行き、ナイフを持った手を押さえる。
「この野郎!」もう1人がナイフで一雄を突き「うっ!」運悪く左手に当たって血が流れた。
「やったな…」一雄はナイフを奪おうと襲いかかり、2人がもつれ合う。

その時「うっ!」ナイフが男の太股を刺し、勢いよく血が吹き出た。
「覚えておけー!」抱えられ、不自由な足を引きずりながら逃げて、後には点々と血が落ちている。

「か、一雄!」
「姉さん、大変な事をしちゃったよ」
「それより、手当よ。急いで!」2人は瑞穂の部屋に入ったが、心配そうに見守る文子達だ。 

「姉さん、明日警察に自首するよ」手を消毒されながら言う。
「その方がいいわ、罪が軽くなるし…」
「これで、姉さんとまた会えなくなるね。やっと会えたと思ったのに…」泣き出す一雄だ。

「泣かないで。私だって泣きたくなっちゃうわよ」一雄を抱きしめる。
「姉さん!」「一雄!」2人はベッドの上に倒れていく。
「欲しい。姉さんが欲しい!」不自由な手を使って服を脱がせていく。
「わかったわ。今夜は特別よ、してもいいわ」瑞穂も自ら服を脱いでいく。

「姉さん!」「一雄!」2人は全ての衣服を脱いで抱き合い「いいわ、いいわよ!」乳房を揉みながら肉竿がピストンしていく。
やがて、瑞穂は一雄に馬乗りになり(今夜は何回も出してもいいわよ。出来たら産んでもいいし…)腰を激しく振っていく。

「姉さん!」乳房を揉んでそれに応えて、瑞穂も淫裂から淫汁を流している。
「でた、でたよ!」「わかるわ、膣が暖かい」瑞穂は乳房を胸に押しつけて唇を求め「姉さん!」それに応えていた。

その後、瑞穂は四つん這いにもなった。
「姉さん、気持ちいいよ」
「私もよ、一雄として気持ちいいの」禁じられた事をしている2人だ。
こうして、瑞穂の膣の中に3回噴射された。

翌朝、一雄は瑞穂と一緒に、警察署に出向き「人を刺しました!」素直に事情を話していく一雄だ。
警察で事情を聞かれると拘置された。
「あんたも運が無いね。ヤクザに絡まれるなんて…」同情されながら身元が調べられていくが、少年時代に事件を起こした事が知られると、態度が一変している。

「とにかく、告訴だな。相手も訴えてきたし」
「正当防衛にはならないんですか?」
「裁判次第だ。運を祈るよ」関わりを避けようとする警察官だ。

一方、瑞穂は康子と話し合っていた。
「瑞穂さん、弁護士さんを頼んだらどうかしら?」
「そうよね、その方がいいかも。向こうの方が悪いと思うけど…」
「そうよ、弁護士がいた方が心強いしね」康子のアドバイスを受けて瑞穂は早速、法律事務所を訪ねた。

「弁護を引き受けて欲しいのですが…」瑞穂はいきさつを話していく。
応対した弁護士は黙って聞いてから「300万程掛かりますが大丈夫でしょうか?」と言う。
「必ず何とかします、ですから弁護をお願いします」頭を下げて頼み込む。

「困りましたね、女性に頭を下げられると困るんですよ」体を曲げると胸が覗いて、乳房の膨らみが首から見えた。
「そうだ。こうしましょう!」弁護士の手が首から入り込み乳房を掴んだ。
「な、なにをするんですか?」一瞬にして、瑞穂の顔色が変わった。

「金が貰えないなら、体で払う手もありますよ」もう片手がスカートの中に入り込んでいく。
「いや、やめて、いや~!」スカートに入った手を押さえた。
「弁護しなくていいんですか。弟さんはきっと、刑務所送りになりますよ。前科があるしね」

「そ、そんな…」自然と押さえた手の力が抜け「そうです、その方がいいです。必ず力添えになりますよ」パンティの上から淫裂を触っていく。
「ここじゃイヤです、別なところで…」
「ここの方が安心です。秘密が守れるし。弟さんの為でしょう?」

「わかりました。軽くお願いします…」自らスカートを引き下げ、パンティも脱いで下半身を剥き出しにし、短い絨毛に覆われた淫裂を露わにした。
「パイパンか、剃っているんだな。オッパイも出せよ!」
「約束して下さい。弁護してくれるって!」

「わかっている。その変わり、やらせて貰うからな」ズボンを脱いで行く。
(体を許すなんて…)全ての服を脱いで全裸になった。
「いい体つきだ。ホステスにしておくのは勿体ないな」乱暴にテーブルに仰向けにし、乳房を掴み、揉んでいく。

「痛い、優しくして!」
「優しくだと。俺は強引にやるのが好きなんだよ、こうやってな!」一気に肉竿を押し込んでいく。
「いや、いや~!」痛みに悲鳴を上げていく。

「泣け、泣きたかったらなけ!」押し込んだ肉竿をピストンしていく弁護士だが「あ、ああ!」悲鳴を上げる瑞穂だ。
それに追い打ちを掛けるかのように乳首を潰され「ヒ~!」また悲鳴がった。

「泣け、泣くんだよ!」目から涙が流れていく。
(いや、これはレイプよ、弁護士にレイプされているんだわ…)「う、う、う」嗚咽を上げ泣いている瑞穂だ。

それから3ヶ月後、裁判が開かれた。
相手のヤクザ側は大きな弱みがあるから、あまり高飛車には出てない。
むしろ、早く終わらせたい様子だ。

「裁判長、これは正当防衛だと思います。それと言うのも…」弁護士がそれらしく言う。
それを遮るかのように「裁判長、異議があります…」検察側が反論していく。
それが数回繰り返されている。

そして、裁判所での反論を終えると、法律事務所では、瑞穂が全裸になってレイプ同然の事をされていく。
「う、う、う!」強引に肉竿を押し込まれて泣いている。

「許して。やめて下さい!」痛みに堪えきれず大粒の涙を流すが容赦はなかった。
「ヒ~!」また乳首が潰された。
(イヤ、もうこんなのイヤ!)泣きながらも膣の奥に射精された。

裁判は結審して判決が出た。
「主文、有罪。懲役2ヶ月の実刑に処す」その後、長々と理由が述べられる。
やはり、前科があった事が災いし、相手も重大な過失があったが、はるかに一雄の罪が重かった。
そして、罪か確定した一雄は、刑務所に収監された。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA