薄幸の星の下に 夫婦の相手

【第10話】

部屋の片づけが済むと、一雄と瑞穂は森脇夫婦から家に呼ばれた。
「区切りがついたでしょう。コーヒーでも飲んでいきなさいよ」
「ありがとうございます、お言葉に甘えさせて、頂きます」2人は向かいの屋敷に連れて行かれた。

「上がって。遠慮は要らないから」2人が言われるまま、屋敷に上がると健三と康子は2人に水割りを勧める。
「飲んでくれ、良い酒なんだ!」
「頂きます」2人は勧められるままに飲んでいく。

「ところで、君に合う制服だがこれで良いかな…」健三はドレスを持ってきた。
「弟さんはこれを着て!」2人は受け取ると服を脱いで、瑞穂は下着姿になり、一雄もパンツ姿になっている。

「下着も脱ぐの。直に着てね」怪しい目をしながら一雄の胸を撫でていく康子だ。
「姉さんの方も、下着は要らないよ。直に着て!」
「恥ずかしいです。裸になるなんて!」

「だったら、僕たちも裸になればいいだろう?」
「それはそうですが…」言葉にならなず、躊躇している間に、健三と康子も服を脱いでいく。
それに下着も脱いで全裸になった。

「そ、そんな!」恥ずかしくて、2人はまともに見られない。
(オチンチンがあんなに堅くなっている!)(オ○ンコが丸見えだ。オッパイも!)夫婦は恥ずかしがることなく、シンボルを2人に見せている。

「これなら、いいだろう?」
「わかりました…」瑞穂は顔を赤らめながら、パンティを脱いだ。
そして、ブラジャーも脱ぎ、倣って一雄もパンツを脱ぐと、肉竿が血管を浮かばせている。

「あら、逞しいのね。羨ましいわ。あなた、いいでしょう?」康子はその肉竿を擦りだした。
「いいよ、康子。俺もいいだろう?」
「いいわよ、今日は何をしても…」

康子が承知すると、健三は瑞穂の乳房を撫でだす。
「そんなのやめて。そんな事はイヤです!」
「弟と一緒に働きたいんだろう。だったら我慢しないと…」乳房を揉まれた後、マットに押し倒された。

「姉さん!」一雄が駆け寄ろうとすると「姉さんと一緒に働きたいんでしょう。こっちはこっちでやるの!」勃起した肉竿を口に含まれて「あ、あ、あ!」気持ちよさそうに声を上げいる。
その声に瑞穂が目を向けると、一雄が泰子の頭を掴んで気持ちよさそうな顔をしている。

「一雄が、気持ちよさそうな声を上げている…」
「こっちもやろうよ!」健三が体に覆い被さり、肉竿を押しつけてきた。
「いや、そんなのいや!」

「一緒に働きたいんだろう。やらせろよ!」乳房に顔を埋めて乳首を吸いだす。
(やっと見つかった仕事だから…)「ん、ん、ん!」目を閉じて健三のされるがままにしている。

康子は一雄を仰向けに寝かせて、馬乗りになった。
「いけない。こんな事ダメだ!」一雄の体が震えている。
「大丈夫よ。でも、震えるなんてかわいいわね」」肉竿を掴み、自分の淫裂に迎え入れていく。

ゆっくり腰を降ろし、淫裂へと迎え入れ「あ、あ、あ!」と声を上げていく。
康子はなおも腰を沈め全てを吸い込むと、一雄の手を乳房に導いた。
「ママさん!」一雄もその乳房を優しく揉んでいく。
「柔らかい、オッパイが柔らかい…」

「そうよ、気持ちいいわ。、そうするのよ」腰をゆっくり振り出す。
「気持ちいいです。これがセックスですね?」
「そうよ、これがセックスよ」康子は腰の振りを早めていく。

同じように健三も瑞穂の淫裂へ肉竿を押し入れ、ピストンをしていた。
「ピシャ、ピシャ!」肉同士のぶつかる音が響いている。
やがて、二組のカップルは動きを早めた。そして、二つの肉竿が爆発した。

「よかったわ。またしようね…」康子は乳房を一雄の口に押しつけ、乳首を吸わせて「あ、あ、あ!」気持ちよさそうに声を上げていく。
一方「う、う、う!」瑞穂は淫裂から白い液体を流しながら泣いていた。
「泣くなよ、可愛い顔が台無しだ」健三は結合したまま、乳房を握りしめ唇を押し当てた。

二組は暫く重なり合ったままだったが「瑞穂さん、行きましょう」康子に連れられて、瑞穂は浴室に入り、淫裂を洗いだす。
「瑞穂さん、健三とセックスする時は、私のいる時だけよ!」いきなり康子が言いだした。

「しません。セックスなんて、もうしません!」
「それはあなたの勝手よ。そんなに甘くないわ。健三はスケベだから!」
「イヤ。もうセックスはいやです!」
「わかったわ。私の側にいればいいの。弟さんは私が大人にしてあげるから任せなさい」

「セックスをするんですか?」
「そうよ。あなたもその方が安心できるでしょう。大人の事を教えてあげないとね」
「それはそうですが…」淫裂を洗いながら言う瑞穂だ。
「私に任せなさい。あなたも私の物になるのよ」淫裂を洗い終えた康子は、瑞穂の乳房を掴み乳首を吸いだす。

「ダメ。女同士よ、だめー!」しかし、瑞穂は今までになく気持ちいい快感を覚えた。
それを知ったのか、康子は淫裂も触っていく。
(だめよ、いけないわ。でも気持ちいい…)瑞穂も康子の乳房を掴み、唇を自ら押しつける。
「いい子ね。それでいいの。健三ともしていいけど、私が立ち会うからね」
「はい、康子さん…」催眠に掛かったかのように返事をした。

そして、瑞穂と一雄の2人は夕方から、店で働かされた。
「いらっしゃいませ!」ドレスを着込んだ瑞穂は客の間を回っていく。
客は通勤帰りや接待のサラリーマンでおとなしく、体を触ったりする客はいない。
高級キャバレーが売り物だから当然だったかも知れない。

「瑞穂さん。帰ったら一緒に飲もうね」「私ともよ」文子と真美が声を掛けてきた。
「はい、仕事が終わりましたらお付き合いします」その言葉通りに寮に戻った3人は、文子の部屋で車座になり飲み合う。
やがて、酔いが回ったのか乱れ、瑞穂も酔いが回って意識がもうろうとしている。

それを待っていたかのように、文子と真美が介抱を始めた。
「あら、酔っちゃって。これを脱ぐと楽になるわよ」2人は着ている服を脱がしていく。
「あら、可愛いわ。こんなのを着ていたなんて!」白いレースの下着だ。

「私はここよ…」文子はパンティを両手で掴んで引き下げ「だったら、上は私ね」真美がブラジャーを外していく。
「見て、ヘアを剃っているわよ!」短い絨毛に包まれた股間が2人の目に止まった。
「ホントだわ、可愛いわね。私もいいでしょう?」ブラジャーを脱がせながら言う。
「当然よ。オッパイもいいわね」パンティを足首から脱がせながら言う。

「ホントよね。こんな良い体つきなんてゾクゾクしちゃう!」
「ホントね。早くしようね」2人も服を脱ぎだし、パンティ、ブラジャーも脱いで全裸になった。

「私からするね」文子は意識のない瑞穂の上に乗り、乳房を重ね、乳首と乳首を擦り合わせる。
「気持ちいいわ。乳首が感じる!」4個の乳首が膨らんでいる。

その後、乳房を掴み、乳首を吸っていく。
「私にもさせて。オ○ンコでいいから…」真美は数ミリの絨毛に覆われた淫裂を撫でていく。
2人は代わる代わる、意識のない瑞穂の乳房と淫裂を触った。

やがて、文子は四つん這いになって、瑞穂の淫裂を指と舌で愛撫していく。
「文子さん、次は私よ」真美は四つん這いになった文子の淫裂に、バイブを押し込みピストンしている。
「あ、あ、あ!」時折、文子が喘ぎ声を上げ太股を震わせてながら、淫裂から乳白色の淫汁を流していく。

やがて、文子は登りつめ「いく、いくわ!」動きが停まり、胸を大きく弾ませている。
「今度私よ、お願いね」真美は文子がしたように瑞穂の淫裂を指と舌で愛撫していく。
それに合わせるかのように、文子もゆっくりバイブを淫裂に押し込んでいく。

「いいわ。文子さん、凄くいい!」バイブは根本まで簡単に入り込んで、ピストンを始めた。
真美は「あ、あ、あ!」喘ぎ声と同時に淫汁も流している。
それは深夜まで行われた。

翌日、瑞穂は目を覚ますと全裸でいるのに気づいた。
「どうしてヌードなのかしら?」昨夜の事を思い出しながら、枕元に置かれた下着を見つめシャワーを浴びていく。
体をシャワーで隅々まで洗い、新しい下着を着込んでいく。

「これでいいのかしら?」おとなしい色の下着に自信を無くしながら、服を着込んでいた。
そこに「あら、起きたんだ。これから一緒に行かない?」康子が訪ねてきた。
「どこへですか?」
「買い物よ。あなたも欲しいのがあるでしょう?」

「はい、下着が欲しいんです」
「だったら、行きましょうよ」
「そうですよね、どうせ暇ですから」2人は町へ出かけ、ブティックで買い物をする。
「瑞穂さん、下着が欲しいんでしょう。エッチなのが…」

「そうなんです。もっと、色気があるのがいいと思って」
「そうよ。商売上、そのほうがいいわよ」2人はランジェリーショップに入っていく。
「あら、これならお似合いよ」
「でも、恥ずかしいです。黒色なんて娼婦みたいで…」それは黒い生地のパンティ、ガーターベルトのセットだった。

着れば透けて見える代物で、さらに、パンティは腰の部分を紐で結ぶタイプだ。
「似合うわよ。ねえ、これ着けて」
「康子さんも着るならいいけど…」乗り気ではない。

「勿論買うわよ。それに、あれも」やはり、お揃いのブラジャーだ。
(恥ずかしいわ。あんなのを着るなんて!)瑞穂はそれを渋々買い「これも似合うわよ」康子は過激な下着をまた買わせ、結局、3セット買い込んでしまった。

買い物を済ますと、瑞穂はそれを着込んで康子の屋敷に向かう。
「待っていたよ、早くあがって!」健三が出迎えた。
「失礼します」言われたまま、案内された部屋に入ると一雄がいる。
「座って!」2人は並んで座った。

「瑞穂さん、いいのを買い込んだってね。見せて欲しいな」「私も見たいわ」康子と健三が言う。
「恥ずかしいです。弟の前で下着姿だなんて…」
「あら、だったら私も、下着になるわよ」康子は一旦出て、暫くしてから戻ったが「綺麗だ、康子!」健三が声を上げた。

康子は例の下着姿で、乳房、絨毛が透けて見える。
それに太股までのストッキングが、悩ましさを引き立てている。
「康子、いいだろう?」
「瑞穂さんのを見てからよ。ほら瑞穂さんも脱いで!」そう言われれば拒めず、瑞穂は立ち上がり服を脱いでいく。

シャツ、スカートと脱いで、買ったばかりの下着姿になったが、乳房や淫裂が丸見えになっている。
「ね、姉さん!」一雄が叫ぶと「ホントだわ。綺麗でいいわ」康子は瑞穂を抱きしめ唇を重ねていく。
「見られています!」

「気にしなくていいわよ」手がパンティの結び目に伸びて「ダメ、ダメです!」慌てて康子の手を押さえた。
「私が嫌いなの?」また唇を押しつけた。
「嫌いではありません、でも…」覚悟を決めて目を閉じる。
「私に任せて!」結び目を解いた。

股間を覆った部分が一気に剥がされ、ピンクの淫裂が露わにされ「恥ずかしいです…」その淫裂を康子が撫でていく。
「康子、我慢できないよ」健三も加わり、康子の結び目を解き、股間を露わにした。
「あなたもしたいんだ。だったら、4人一緒でしましょうよ!」

「いいね、面白そうだし!」健三も服を脱ぎだした。
「一雄さん、あなたも脱ぐのよ。お姉さんとのオ○ンコはダメだけど、触りたいでしょう?」
「うん。姉さんを抱いてみたい…」
「ダメ。姉弟よ、だめ!」首を振るが、一雄はもう全裸になっている。

「これも、脱いだ方がいいわよね」ホックを外されるが、瑞穂は股間を両手で押さえているから、ブラジャーを外されても抵抗できず、ブラジャーが股間の手首に絡まっている。
「姉さん、綺麗だ!」
「いけないわ。姉弟よ、いけないわ!」後ずさりするが一雄に押さえられた。

「だめ、だめよ!」ソファーに座らされ、淫裂を指と舌が触っていく。
「やめて。一雄、いけないのよ!」両手を健三が押さえているから、どうする事もできない。

「ほら、ここもよ!」康子に言われ、一雄の手が乳房を揉んでいくと、肉竿が更に膨らみ「姉さん、やりたいよ。オ○ンコさせて!」指が淫裂の中に入っている。
「一雄、姉弟なのよ。やめなさい!」必死に拒んだ。

それを聞いて「一雄さん。姉さんのオ○ンコの中に出さないと約束できる?」康子が言いだす。
「約束します、妊娠だけはさせません!」
「私とも出来るかしら。一杯出せる?」
「出します。康子さんのオ○ンコの中にタップリ出します!」
「だったらいいわ。姉弟でやりなさい!」

「いや、やめて。いや!」抵抗するが足を抱きかかえられ、一雄に乗せられる。
(近親相姦よ、これはいけない事よ…)逃れたくとも、どうする事もできず「あ、あああ!」絶望の悲鳴を上げた。

(入っている、一雄のオチンチンが…)呆然としている瑞穂の淫裂に、肉竿が根本まで入りピストンを始めた。
「姉さん、気持ちいいよ。姉さんとオ○ンコだなんて…」乳房を揉みながら腰を振っていくが、瑞穂は(一雄に、犯されただなんて…)呆然としていた。

「一雄さん、満足した?」
「ハイ、お姉さんとオ○ンコするのが夢でしたから…」肉竿を抜いて立ち上がった。
「だったら、わかるわよね。あなた、していいわよ」一雄の勃起した肉竿を掴んだ。
「や、康子さん!」一雄は背中に回り、腰を押さえる。

「タップリ行かせるのよ、行かせなかったら首にするからね」康子はソファーを掴み「首にはしないで下さい。一生懸命やりますから」肉竿が淫裂を押し広げていく。
「そうよ、それでいいの。あ、あ、あ~!」康子は悶え声を上げだした。

「あなたも手伝って。オッパイにして。瑞穂さんとさせてあげるから…」
「わかった、手伝うよ」ブラジャーを外して、康子の下に潜っていく。
「康子、オッパイを吸うよ」両手で乳房を掴み、乳首を吸うと「いいわ。あなた、いいわよ!」体を反らせながら声を上げていく。

一雄も腰の振りを早め「ピシャ、ピシャ!」肉同士がぶつかり合い、淫裂から乳白色の淫汁が流れてくる。
「噛んで、オッパイを噛んで!」乳首が噛まれ「あ、あ、あ!」体が反り返り、乳首を噛まれているから、乳房が伸びていく。

「気持ちいいわ、行きそうよ。あなた、していいわ。瑞穂さんとして!」
「ありがとう」唇を重ねてから瑞穂に抱き付く。
「ダメ。許して、したくないの!」拒むが絨毯に押し倒され、健三の肉竿が押し込まれていく。

瑞穂は一雄に犯されたショックで、抵抗する気さえない。
「気持ちいいよ、瑞穂!」健三は溜まっていた欲望を、瑞穂の淫裂に向け激しくピストンしている。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA