クロス・ラヴ(第3節) チーズフォンデュ

【第7話】

 

逗子、鎌倉、藤沢を通って、茅ヶ崎、平塚そして大磯へと足を伸ばした。
人気スポットとは言ってもさすがにこの時期は人影も少なく、磯釣りを楽しむ姿を疎らに目にする程度であった。
帰路に着き、ありさたちは夕食の食材を求めてスーパーに寄ることになった。
今夜はチーズフォンデュである。

陽が西に傾いた頃別荘に戻ったありさたちは早速料理の準備に取りかかった。
今夜は俊介と浩一も調理に参加している。
ふたりともチーズフォンデュとロストポテトを作るのは初めてだ。
浩一がフォンデュ用のグリュイエールチーズとエメンタールチーズを摩り下ろし始めた。
球が鍋の内側全体ににんにくを擦りつけている。
鍋にワインを入れて、中火で温めるのがコツだ。
沸とうする直前に火を止めて、浩一が切ったチーズを入れて、弱火でチーズが完全に溶けるまでゆっくりと混ぜながら加熱する。
向こうでは俊介がフランスパンを切っている。
ありさは水洗いしたじゃがいもとバターをフライパンで炒めている。

ありさは球の調理風景を見ながら微笑んだ。

ありさ「わ~い、鍋がぷくぷく言い始めてるぅ~」
球「にゃっ、美味しそうでしょう?」

球はコーンスターチをキルシュで溶き鍋に入れた。

球「みんな~、もうじきでき上がるよ~ん♪」
浩一「おお、良い匂いがして来たね~」
俊介「ひゅ~、腹の虫が鳴って来た~。早く食べたいな~」

ありさはオーブンでチーズを焼いている。
ロスティポテトの方ももう直ぐでき上がりそうだ。

(チーン!)

ありさ「ポテトもでき上がったよお~」

チーズフォンデュとロストポテトができ上がり4人は食卓を囲んだ。

浩一「オレ、実はフォンデュって初めてなんだよ~。どんな味なのか楽しみだな~」
俊介「これって確かスイスの料理だろう?」
球「にゅう~、そうだよ、アルプスの少女ハイジが住んでるスイス~♪」
ありさ「アルプスの少女ハイジのお話、だ~い好き~」

俊介「このフォークって変な形だね?」
球「にゃっ、これはね、フォンデュフォークって言うのよ。使い方はこう」

球は俊介たちに説明しながら、フォンデュフォークでフランスパンを刺して、クルクルとチーズを絡めて口に運んだ。

浩一「うん!これはいける!」
ありさ「にゃう~ん♪美味ちいよお~」
俊介「これは温まるね~」
球「にゃっ、良かった~。みんな、喜んでくれて~」

フォンデュにはビールよりもワインが合う。
この後運転する予定もなかったので4人揃ってグラスを傾けた。
会話も大いに盛り上がり、いつの間にかワインボトルが3本空になっていた。

浩一「くほ~、もう腹がいっぱいだ~。もう入らないよ~」

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA