薄幸の星の下に 弟の出現

【第9話】

瑞穂が引っ越しのために、荷物を片づけていると「すみません。諸星さんのお宅はここですか?」まだ若い男性が訪れた。
「はい、そうですが?」
「姉さん、会いたかった。やっと会えた!」

「あのう、どちらで?」
「桑田一雄です。弟の一雄です!」
「か、一雄なの、間違いなく一雄なのね?」
「そうです、姉さん。会いたかった!」2人はやっと、血の繋がった肉親と巡り会った。

「どうして、早く来てくれなかったのよ!」
「施設に入れられていたんだ。強盗をしたから…」
「悪い事をしたのね。どうしてそんな事をしたのよ!」
「仕方なかったんだ。施設出身だから仕事が見つからなくて…。生きていくためには仕方がなかったんだ…」

「だめ。そんなことはだめよ!」
「もうしないよ、姉さん!」
「約束よ、一雄!」2人は泣きながら抱き合った。

「ところで、姉さんはこれからどうするの?」
「行く当てがないのよ」
「だったら、僕のアパートに来ないか。狭いけど…」
「そうね、暫くその方がいいかもね」話しがまとまると、数少ない荷物を持って、電車に乗った。

「これからは、姉さんと一緒だね」
「そうね、これからは姉弟と暮らせるんだわ」希望を抱いての出発だ。

一雄のアパートは8畳一間だった。
キッチンと風呂があるが、2人が暮らすのには狭い。
「我慢しないとね」
「そうね、そうするわ」2人は荷物を片づけていく。

一通りすむと「お風呂が沸いているわ。一雄!」声を掛ける。
「姉さんから入ってよ」
「一雄からよ。ここの主だから」
「わかった、先に入るね」一雄は風呂に入ったが、風呂と言っても1人住まい用だから区切りがなく、服を脱いでいくのも見えている。

(まだ、傷が残っているんだ。あの時の傷が…)背中に縫い込んだ跡が残っている。
一雄は全裸になって、体を洗い、お湯に浸かっていく。
「一雄、体を洗ってあげるね」
「恥ずかしいよ、姉さん!」
「遠慮しないで、姉弟なんだから」瑞穂は中に入って一雄の背中を洗いだした。

「はい、前よ」
「恥ずかしいよ、いくら姉さんでも。姉さんも裸ならいいけど…」
「いいわ、一緒に入ろうよ。捨てられた時以来だしね」瑞穂は一雄の前で服を脱ぎだし、パンティ、ブラジャーも脱いで全裸になった。

「姉さん、女の体ってこうなっているんだね…」
「そうよ。一雄は見た事ないもんね」
「うん、3年間入れられたから、女性を知らないんだ。触らせて」
「いいわよ。、そのかわり優しくよ」一雄は瑞穂の乳房を触わり、乳首も触っていく。

その後は手が股間に伸びた。
「姉さん。ここにはヘアが生えるって聞いていたけど?」ピンクの淫裂を触っている。
「剃っているの。生えたら見せてあげるわね」
「中も見せて!」指が膣の中に入り淫裂を広げていく。

(恥ずかしいわ。でも、弟には性器を知って貰わないと…)じっくりと淫裂を見つめた後、一雄は「これは何なの?」と触っていく。
「オシッコよ。ここからオシッコが出るのよ」
「ここは何なの、ぽっくり空いているけど?」
「お、オチンチンが入るのよ。ここに!」さすがに顔が赤くなった。

一雄はその後も聞いてから体を洗われた。
「今度は、僕が洗ってあげるね」
「お願いするわ」瑞穂は一雄によって体を洗われた。

風呂から上がると二人は同じ布団に寝なければいけない。
「ごめんね。明日買ってくるから…」
「いいわ、気にしなくても」2人は布団い潜り込んで眠りについた。

しかし「あ、あ、あ!」瑞穂は物音で目が覚めた。
(何かしら?)一雄を見ると、気持ちよさそうな顔をしており(オナニーをしているんだ…)股間の部分が動いている。
(もう年頃だし。手伝ってあげないと…)瑞穂は手を伸ばし手肉竿を掴んだ。

「してあげるわ。したいんでしょう?」
「ね、姉さん!」突然の事で慌てる一雄だ。
「遠慮は要らないわよ。姉弟だからね」掴んだ肉竿を擦りだした。
「姉さん、気持ちいい。本当にしたくなった…」一雄は瑞穂のパジャマに手を掛けた。

「ダメ。ダメよ、それはだめ!」
「軽くでいいから、やらせて!」
「わかった。でも、これっきりよ」
(悪い事をされるより、私の体で満足させておいた方がいいし…)身を任せた。

一雄は下着も脱がして、瑞穂を全裸にした。
「ここで、いいんだよね?」
「そうよ。そこに入れるのよ…」勃起した肉竿を掴み淫裂に導いていく。
(薬を飲んでいるから安心だし、それに一雄の性教育もしないと…)体を開いて迎え入れた。

「姉さん!」肉竿を、ゆっくりと瑞穂に押し込んでいく。
「そうよ。ゆっくり入れるのよ。出したかったら、言うのよ」一雄の背中を抱きしめていく。
「姉さん、オッパイが柔らかい!」乳房を揉みながら、ゆっくりと肉竿をピストンしている。

「上手よ。そうやって、お嫁さんとするのよ」目を閉じて一雄に任せた。
やがて、一雄の噴射した体液が膣の中を漂っていく。
「出したのね。出る時は言わないとダメよ!」
「どうして?」

「赤ちゃんが出来るでしょう。お嫁さんにはちゃんと言うのよ」白い液体が流れ出る淫裂に、タオルを押しつけた。
「わかった、これからは言うよ」乳房を揉みながら乳首を吸い「あ、あ、あ!」背中を浮かせて行く瑞穂だ。

翌日、2人は連れ添って町に出て、新聞とチラシを持って仕事を探していく。
「なかなか、見つからないわね」条件が合わない。
それに、2人とも施設出身という事もあって、まともな仕事などなく、面接で落とされてしまう。

「残っているのは、ここだけだね」
「そうね。そこしかないわね」2人は最後のキャバレーを当たった。
「姉弟ですか、それならいいでしょう。水商売ですから、どんな仕事かわかりますよね?」支配人の森脇が言いながら瑞穂の胸を撫でていく。

「はい、わかっています。でも、体は絶対に売りませんからね!」
「それは当然だ、内は売春宿じゃないからね。それよりも、君の体を確認しないとな…」
「確認とおっしゃいますと?」
「彫り物がないか、確認しないと雇えないな」

「ヌードになれと、おっしゃるのですか?」
「そうだ、早い話がそうだ!」
(イヤよ。、ヌードだなんて。でも2人で働けるならやるしかない…)「わかりました、ヌードになります!」瑞穂が返事した。

瑞穂は森脇が見ている前で服を脱ぎだした。
上着、ワイシャツも脱いで、上半身はブラジャーだけの姿になると、スカートも脱いでいく。
「これでよろしいでしょうか?」

「全部脱がないとわからないよ。ここに彫っている人もいるからな」パンティの上から股間を撫でていく。
「わかりました。フルヌードですね?」
「そうだ。素っ裸を確認しないと雇えないな」

「わかりました。ご覧下さい」背中を森脇に見せてパンティを引き下げていく。
更に下げ、背中を丸めて足を上げるとピンクの淫裂が森脇に見えてしまった。
「剃っているんだね、ヘアを?」
「はい、もう剃りませんが…」恥ずかしそうに、脱いだパンティを服の下に隠し、ブラジャーも外した。

「これでいいでしょうか?」乳房と淫裂を手で隠しながら言う。
「手を退けて!」瑞穂はゆっくりと手を退けていく。
「いいね、ここは…」乳房を掴み、確認していく。
「ここも、調べさせてくれ!」
「そこはイヤ。やめて下さい!」淫裂を指で広げられ、森脇の手を押さえた。

「彫り物があるか、調べないとな!」
(そんな事しなくても、わかるわよ)仕方なく手を退けた。
「いいね。ここは…」淫裂の中に指を入れて動かし「うっ!」目を閉じて堪えている。

「よし、今度はお尻だ!」瑞穂は振り返った。
(そんな、お尻まで調べるなんて…)両手で尻肉をかき分けると、恥丘の淫裂が口を開いている。

森脇は丁寧に瑞穂の体を調べ「あっ!」肛門も広げ(イヤ、お尻を見るなんて!)太股がブルブル震えている。
「よし、終わった。服を着ていいぞ!」やっと手が退けられた。

「新人は見習い期間が3ヶ月あるが、いいかな?」
「はい、構いません!」パンティを履きながら瑞穂が言う。
「それから、ヘアだが、客の前で剃ってくれないかな?」

「イヤです。もう剃りません!」キッパリと断った。
「残念なだな、金は払うのに…」森脇は残念そうに言うと(フン、勝手な事言わないで。剃る身にもなってよ!)ブラジャーを着け、ワイシャツ、スーツと着込んでいく。

「住まいだが、ホステスは皆が寮住まいになっている。引っ越しできるよね?」
「弟と一緒ではダメですか?」
「ダメだ、監督しやすいから寮に入って貰う。弟さんも寮に入って貰うよ」

「わかりました。ところで、時給はどれ位いただけるのでしょうか?」
「金か、1時間7千円だ。チップは半額没収になっている」
「わかりました。よろしくお願いします」瑞穂は契約書にサインした。

それと同じように一雄もオーナーの康子の前で全裸になっていた。
「ダメよ、隠さないで見せて!」
「恥ずかしいです。これを見られるなんて…」

「彫り物があると困るから、仕方ないの。手を退けないと採用しないわよ」
「わかりました。見てください」一雄は股間を覆った手を退けた。
「可愛いわね。まだセックスはした事ないでしょう?」潤んだ目で肉竿を見つめた。
「はい、やったことがありません…」

「そうなんだ。可愛いわよ」だらしなく下がった肉竿を掴み、撫でていく。
「こ、困ります。そんな事されたら困ります。あ、あ~!」
「困る事ないわよ。私に任せなさいね」肉竿を擦りだし、これ以上無理という位に、膨らんでいる。

それに「あ、あ、あ!」気持ちよさそうに声を上げている。
「気持ちいいでしょう。もっといい事してあげるわ」勃起した肉竿を口に含んで「う、う、う!」そして、頭を前後に振り出した。
「我慢できません。出そうです、出そうです!」

(いいわよ、飲んであげるから出しても)「あ、あー!」康子の振りが止まり、一雄の体液が康子の口の中に漂っている。
「ご免なさい。出ちゃいました…」すまなそうに一雄が言うと「気にしなくていいわよ、あなたのはおいしいから」口を手で拭きながら言う。

「私を雇って貰えますか?」
「いいわよ、雇ってあげるわ。その代わり、寮に住んで貰うからね」
「姉さんとは、別れなけばいけないんだ…」
「仕事が済めばプライベートは自由よ。それならいいでしょう?」
「はい、それならいいです」

「だったら、契約して。それによ」契約書を渡した。
「わかりました、契約します」一雄もサインした。

契約を済ますと、2人は一緒に寮へと引っ越さなければならない。
「大家さんに言っておかないと…」一雄は事情を説明していく。
「桑田さん。申し訳ありませんが、急なので支払いが済むまでは敷金は預かってますよ」
「構いません。そうして下さい」大家と話が済むと、業者を呼んで寮へ越した。

だが、寮と言っても普通の大きなアパートと何ら代わりがなく、ホステスやボーイ達が一緒に住んでいる。
「あら、新入りよ」「そうみたいね」2人をじっと眺めていた。

「ねえ、あの子、可愛いわね、まだ童貞よ」
「そうかもね、今夜にでも奪おうか?」
「ダメよ、そんな事したら許さないからね」そこに康子が現れた。
「冗談ですよ、オーナーの先を越すような事はしませんから…」慌てるホステス達だ。

「それならいいわ。それより、あの子も可愛いでしょう?」瑞穂を指さした。
「ホントだわ、何かワクワクしてきた!」
「あの2人を監視してね。亭主はあの子が好きなみたいだから!」

「旦那さんが、やりたかったらどうします?」
「私と一緒ならいいけど、隠れてしたら許さないわ。よく見ててね」康子はそう言うと、向かいにある自宅に向かった。

それを見届けた2人のホステスは瑞穂と一雄に声を掛けた。
「あら、新入りなんだ。私は水口文子よこちらが斉藤真美なの」
「初めまして。諸星瑞穂です。こちらは弟に斉藤一雄です」
「あら、姉弟なのに名前が違うんだ」

「私、夫と死に別れましたから名前が違うんです」
(言えないわ、この人達の前で施設出身だなんて)嘘ではないが、言わない事にした。
「桑田一雄です。子供ですからよろしくお願いします」
「あら、可愛いわね。年はいくつあの?」
「19才になったばかりです」

「あら、若いわね。それに、体も丈夫そうで!」目を輝かせて、瑞穂と一雄の2人を見つめる文子と真美だ。
「すみませんが、片付けがありますから…」瑞穂と一雄はそれぞれの部屋に荷物を運んでいくと「頂くわよ、あの子を」「私も頂くわ。何だか体が疼いてきたわ」怪しげな目で見つめていた。
 


  

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA