薄幸の星の下に 知られたアルバイト

【第8話】

それから数日が過ぎた日曜日に大友が訪れた。
「奥さん、回覧板です。よく読んで下さいね」
「はい、わかりました」渡された回覧板を開くと(そんな、付き合えだ何て…)挟まれたメモを引き抜いて、ゴミ箱に捨てた。

そして、その回覧板を大友に届けた。
「大友さん、回覧板です」
「ああ、大丈夫ですよね?」大友は妻を気にしながら言い「はい、大丈夫です…」そう返事して戻ってきた。

「あなた、買い物があるから行ってくる。遅くなるかもし知れないけど心配しないでね」
「わかった。後は俺がやるよ」秀樹はどうにか杖を付いて歩けるようになっている。
「じゃ、お願いします」普段着を着たまま瑞穂は家を出ると、確認したかのように、大友も「パチンコに行ってくるよ」と家を出た。

大友は瑞穂の後ろを追うように歩いていく。
(付いてきたわ。大友さんが…)2人は口を開くことなく、黙ってバスに乗り駅に向かっていく。
駅で電車に乗ると、後を付いてきた大友がやっと声を掛けてきた。

「感謝しますよ。奥さん」
「大友さん、今回限りですよ」
「わかっていますよ、それより気づかれなかったでしょうね?」
「それは平気よ。うまく言っておいたから…」

「それなら安心です」大友は瑞穂の腰を撫でるが(イヤ、触らないで!)項垂れたままの瑞穂に(これなら、うまく行くぞ!)確信したのか大胆になっていく。

誰も知らないとは言え、スカートの中に手が伸びた。
(だめ、そこはいや!)手を押さえ、首を振ると(まあいいか。後でたっぷり楽しめるしな)素直に手を引いた。

やがて、電車のブレーキが掛かり、スピードが落ちていく。
「行きましょう」「はい」停まった電車から降りた2人は、見知らぬ人垣の中を歩いていく。
駅を出ると、繁華街を歩いて裏通りに入った。

大友は瑞穂の腕に手を掛けてきた。
(イヤだけど、仕方ないわね)瑞穂も腕を組んで歩いていく。
寂れた裏通りはやたらと看板が目立ち、その看板に吊られるかのように「行きましょう」腕が引かれた。

「いやです。夫を裏切りたくありません!」拒む瑞穂に「いいんですか。知られても?」脅しを掛けてきた。
「それは、いやです!」
「だったら行きましょう。秘密は守りますから」
(体が目的だったんだ。私の体が…)顔が震えている。
「今回だけです。約束して下さい」
「約束します」引かれた腕に従い、ラブホテルの看板が掛かった中に入っていく。

フロントでは「いらっしゃいませ」女性が声を掛けてきた。
「休憩したいんだが…」
「2時間5千円になります」大友が財布を取りだし金を支払うが、瑞穂は項垂れている。
「行こう」キーを受け取った大友と一緒に部屋に入った。

脱ぐんだ。素っ裸だぞ!」
「わかっています…」声を震わせながら服に手を掛けていく。
ボタンを外して、裾を持って持ち上げ、首から脱いだ。

「ほう、色っぽいですな。レースのブラだなんて!」大友がブラジャーの上から乳房を撫で出す。
「待って。脱いでからにして!」大友の手を退け、背中のホックを外すと乳房が露わになった。

「今度は、オ○ンコを見せてくれよ」
「わかっています…」両手を下げブラジャーを脱ぐと、スカートも脱いでパンティだけの姿になった。

(これを脱いだら、フルヌードになってしまう…)最後の布も脱ぎだし「いいですね。ツルツルのオ○ンコが…」足を上げてパンティから抜いていく。
「これで、フルヌードです!」顔を背けて立った。

「脱がせろ。俺を裸にしないと…」その言葉に渋々とズボンを引き下げていく。
パンツも引き下げると、そそり立った肉竿が目の前のある。
「フェラしてくれ。わかるだろう?」
「やりたくありません。夫以外とは…」泣き声に変わった。

「やらなかったら、言っちゃうぞ!」そう言われればやるしかなく、勃起した肉竿を手で掴み、口の中に含んでいく。
「上手だよ、今度は店でやってくれよ」
(バカにしないで。そんなの出来るわけないでしょう!)口を動かしていく。

「もういいよ、やろうよ!」瑞穂はベッドに押し倒された。
(入れないで。お願い、入れないで!)無毛の淫裂に肉竿が入っていく。
「う、う、うー!」乱暴に肉竿を押し込まれて悲鳴を上げた。

「気持ちいいや。オ○ンコがキツくて、気持ちいい!」肉竿が根本まで入ってピストンしていく。
(あなた、許して。あなた…)閉じた目からは涙が流れている。

大友はそんな事など気にもせずに、乳房を掴み淫裂を辱めていく。
「ピシャ、ピシャ!」肉同士のぶつかる音が響き、そして「うー!」と動きを停めた。
「イヤ、お腹の中はイヤです!」

「ダメだ、出させろ!」逃げようとするが逃げられず、肉竿が淫裂に食い込んだままだ。
「イヤー!」悲鳴と同時に淫裂から白い液体が流れ出て「う、う、う!」嗚咽を上げる瑞穂は、呆然としたままだ。

大友はそれでも容赦はせず、淫裂から流れ出る様子をカメラで撮っていく。
「イヤ。撮らないで、いや!」慌てて手で隠した。
「手を退けるんだ。もっと撮らせろ!」
「イヤ。ヌードを撮られるのは、イヤです!」泣きながら言う。

「知られてもいいんだな。お前がオ○ンコした事も!」
「言わないで下さい。お願いしますから…」
「だったら、お前の素っ裸を撮らせろ。ほら、そこに立つんだ!」泣きながら瑞穂は大友の言う通りの事をしていく。

「手を後ろで組め。顔を上げろ!」
(イヤ、こんなのを撮られるなんて…)泣き顔の瑞穂だ。
大友は、淫裂から精液を流し、乳房を晒した姿を飽きることなく撮っていく。

「よし、写真はこれでいい。一緒に風呂に入ってやり直しだ」
「許して。もう許して!」瑞穂は首を振って拒んだ。
「ダメだ、もっとやるんだ。行こう!」無理に浴室に連れ込み、淫裂を洗うとドロドロの液体が流れ出てきた。

「これでいい。今度は奥さんがやってくれ。いつも、やっているようにな!」ニヤリと笑うとベッドに仰向けになった。
(知られていたんだ…)驚きながら馬乗りになり、腰を動かし出す。

「これで、終わりにしてください…」
「ダメだ、この後は四つん這いでやるんだ。ほら、やれよ」
(そんなの、いや。もうイヤです!)秀樹への裏切りに、罪悪感を感じながら腰を振っていくと、揺れ動く乳房を掴み、揉んでいく。

この後、大友は言った通りに、四つん這いになった瑞穂を辱め、登りつめて放出をした。
「う、う、う!」瑞穂は泣きながら、淫裂から流れ出る精液を手で押さえていた。

汚された瑞穂は、再び体を洗ってから服を着て、大友と一緒にホテルから出た。
「この事は、誰にも言うなよ!」
「写真は誰にも見せないで。それに、脅迫したら訴えてやるから!」
「それはないよ。その代わり、たまにはオ○ンコして貰うよ」
「もう許して。もう、夫を裏切りたくありません!」泣きそうな顔で言う。

「そうは行きませんね。奥さん!」人通りから外れた所で抱き付いた。
「ダメ。もうダメです!」
「そうだよな。金を払ってないしな…」
(そんな言い方しないで。好きでやっているのじゃないのよ!)黙ったまま別れた。

「酷いわ。あんな事をするなんて…」繁華街に出るとデパートに入り、秀樹への申し訳なさに、金もないのに秀樹のための買い物をした。
家に戻った瑞穂は秀樹に買い物を見せていく。
「似合うかな?」
「似合うわよ。それを着て散歩しないと」気づかれないように振る舞っていた。

数日後、瑞穂はいつものように、乳房が飛び出す制服で客の接待をしていた。
「いらっしゃいませ!」接待に回っていると、大友の席だ。
「奥さん、この前はよかったよ」やはり、乳房を揉んでいく。

「あのことは忘れてください。もう、絶対にしませんから…」
「そうは行きませんよ、疼くんですよ。オ○ンコしたいって!」瑞穂のスカートの中に手を入れ、淫裂を触りだし、指が膣の中に入ってきた。

「今度の日曜日にまたやらせて下さい。この前のホテルです」
「もう、しないと約束したはずよ。許して下さい」
「知られるのはイヤでしょう。それに、脅すつもりはありませんが、こんなに綺麗に撮れていますし…」この前撮った写真だ。

専用プリンターで印刷してあり、画像も鮮明で「脅したら訴えると言ったはずよ!」瑞穂の声が震えている。
「脅しじゃありません。見て貰いたくて。ほら、オ○ンコから精液も流れているし」

「わかったわ。セックスするから、今回限りと誓って。約束を破ったら、奥さんにいいつけるわよ」
「今回限りでもいいよ」瑞穂は淫裂から手を退けて、次ぎの客の接待に回っていく。
そして、日曜日には大友と一緒にラブホテルで、全裸にされ抱かれていた。

しかし、それはすぐに発覚してしまった。
大友の妻が夫の浮気に気づき、持ち物を調べて瑞穂のヌード写真を見つけたからだ。
「実は、言いにくい事ですが…」妻は瑞穂の留守の時に秀樹を訪ねて見せた。

「間違いなく瑞穂です…」落胆する秀樹だ。
「こんな事はしたくなかったんですが…」言いにくそうだ。
「いいえ、助かります。後は私がしますから、絶対に誰にも言わないで下さい」
「わかっています。私も奥さんを傷つけたくありませんから」大友の妻は戻り、1人残された秀樹は「俺がいけないんだ。俺がこんな体になったばかりに…」考え込んでいる。

そんな秀樹だと知らない瑞穂は、買い物をして笑顔で戻ってきた。
「あなた、今夜も先に休んでいてね」
「わかったよ」考え巡らしている秀樹だ。

夕方、家事を済ますと、瑞穂は客の接待をしていく。
いつものように客席を回り、乳房を揉ませ、淫裂も触られていた。
こうして、時間が経って、外は真っ暗になっている。
「いらっしゃいませ」瑞穂は美鈴に言われテーブルに向かったが、客を見るなり「!」声が出せない。

「瑞穂。こんな事していたのか?」
「あなた。許して、こうしないと…」唇がブルブルと震えている。
「わかっているよ。確かめたかっただけだ」隣に座った瑞穂の乳房を揉んでいく。
「許して、あなた。体は絶対に売っていないから許して!」

「触らせるだけか。教えろ!」
「はい、性器とオッパイを触らさせています」泣き声に変わった。
「こうか?」淫裂を触られている。
「指も入れさせています」

「こうだな?」秀樹の指が淫裂の中を動いていく。
「そ、そうです。そうされると、声も出しています…」
「どんなふうにだ?」
「あ、あ、あ!」秀樹の股間を撫でながら、喘ぎ声を出している。

「そうか。毎日、こうやっているのか?」
「仕方ないんです。生きていくために…」
「俺がだらしないばっかりに、こんな恥ずかしい事をしていたのか…」力無く言う。

「あなた、気にしないで。そんな事より、今日はお客として遊んで!」
「そうだよな。客だもんな」瑞穂の乳房を揉みながら乳首を吸う。
「いいわ、凄く良いの…」小刻みに体が震えている。
(許して。あなた、許して下さい…)閉じた目から涙が流れている。

秀樹は瑞穂の体を撫でてから酒を飲んでいく。
「もういいよ。次の席に行かないとダメなんだろう?」
「帰ってから、詳しい事をお話しします…」涙を拭いて次のテーブルに向かった。

「瑞穂、こんな事させてご免な…」乳房を揉まれる妻の瑞穂をじっと見つめている。
「そろそろ、帰るか」杖を付いて立ち上がり、フラフラしながら店から出た。
そんな事とは知らない瑞穂は、客席を回っていた。

店を出た秀樹は、不自由な足で当てもなく歩いている。
繁華街を歩き、閑静な商店街まで来た。
「どうしたらいいものか…」歩きながら考えていると、目の前には大きな川が流れており、秀樹は立ち止まって考えた。

「俺がいなければ、瑞穂はあんな恥ずかしい事を、しなくてもいいんだ!」思い詰めたのか靴を脱いでいく。
そして、靴を脱ぎ終えると手すりを乗り越え「バシャーン!」大きな水しぶきがあったが、誰も気づく者は誰もおらず「バシャーン!」水音が暫く続いた。

仕事を終えた瑞穂は秀樹が待つ自宅に戻った。
「あら、戻っていないわ」家の鍵を開けて中に入ると誰もいない。
「怒っているんだ。あんな事をしていたから」泣きながら秀樹の帰りを待っていた。
「う、う、う!」止めどもなく、涙が流れている。

だが、時間が過ぎていく。
夜が明けたが、秀樹は戻ってこず、さすがに瑞穂は不安になった。
「もしかして?」急に胸騒ぎを覚え「警察に知らせた方がいいかも知れない…」手が電話を掴んだ。

その瞬間に「プルプルプル!」電話が鳴った。
「瑞穂よ。あなたなのね?」
「いいえ、○○警察署です。秀樹さんはご在宅ですか?」
「それが、昨夜から戻っていないんです。警察に捜索願いを出そうと思っていた所です…」

「そうですか。でしたら、こちらにおいでいただけませんか?」
「わかりました。メモを書いたらすぐ行きます」
「メモは不要です。すぐに来てください」
「わかりました」電話を切ると瑞穂は自転車に乗って警察署に向かう。

警察までは、そんなに時間が掛からなかった。
「諸星ですが、すぐに来てくれと言われまして…」
「諸星さんですか、こちらへ」瑞穂は不安な思いをしながら後を追い、ドアを開けて中に入った。

途端に「あ、あなた、あなたー!」悲鳴を上げて走っていく。
そこには冷たくなった秀樹が横たわっていた。
「奥さん、驚かないでください」警官は動揺する瑞穂を抱きかかえて言う。
「そんな、死ぬなんて信じられない!」泣き声が響いていく。

瑞穂は警官から事情を聞いて、自宅に戻ってきた。
そして、唯一の親戚と連絡を取り、翌日、親戚も現れて、告別式の準備が行われた。
「これからどうなさるの。それにお墓は?」
「行く当てがありません。でも、ここには居たくありません…」

「だったら、お墓は実家にしたら。無縁仏になってしまうよりはいいでしょう?」
「お願いできますか?」
「いいわよ。お墓は守っておくわよ」親戚と話がまとまった。

告別式も済み、わずかな保険料を親戚に渡して遺骨を埋葬して貰った。
「一体、何のために、こんな事をしていたのかしら?」秀樹の死で空しさを味わっている。


  

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA