薄幸の星の下に ホステス

【第7話】

翌朝、瑞穂は秀樹の下着を着替えさせていく。
「あなた、着替えましょうね」パジャマを脱がせ、下着も脱がすと「あなた、欲しいけど出来る?」股間を撫でた。

「出来るよ。久しぶりだからしようか?」肉竿も一気に膨らんでいく。
「待って、すぐ脱ぐから」瑞穂は急いで服を脱ぎだし、パンティを脱ぐと、無毛の淫裂が秀樹の目にとまった。
「瑞穂、綺麗だね。ピンクで可愛いよ」

「恥ずかしいけど剃ったの。私を全部見て欲しくて…」ブラジャーも脱いで全裸になると馬乗りになっていく。
「気持ちいいよ、触られただけで…」
「何言っているのよ。出さなくちゃ。早く赤ちゃんを作らないと」淫裂に肉竿を迎え入れると「あ、あ、あ!」声を上げながら腰を振っていく。

やがて、腰の振りが大きくなり、瑞穂の乳房が振り子のように揺れている。
その乳房を掴もうと、手が伸びていく。
「あなた、手が効くようになったのね!」両手で乳房を撫でられていく。
「そうみたいだ。オッパイを触りたいし…」

「触って、オッパイを触って。あなた!」前屈みになりながら腰を振ってく。
秀樹は必死に手を伸ばして乳首を摘むと「あ、あ、あ!」声を上げていく瑞穂だ。
「手が動いたよ。潰すよ、瑞穂!」
「潰して。乳首を潰して!」秀樹が指に力を入れると「うっ!」(痛い、乳首が痛い。力が回復している…)顔が歪んだ。

「痛いかい?」
「気持ちいいの。もっと強くして、あなた!」体を後ろに反らしながら言う。
「これでどうだ?」
(痛い。間違いなく指の力が回復している!)「もっと、もっとして。瑞穂の乳首をもっと潰して!」喘ぎながら言う。

「限界だよ。もう…」
「暖かい、あなた。凄くよかった。オッパイも吸って欲しかった…」
「やってみるよ」体を起こそうとするが、少ししか動かない。
(治ってきた、体が治ってきた!)「あなた。よくなってきたんだ!」体を押しつけて唇を重ねていく瑞穂だ。

秀樹は瑞穂の介護のおかげで、少しずつではあるが回復していた。
だが、瑞穂はそれが気がかりだ。
「知られたら、何て言われるかしら?」そんな不安を抱えながら、仕事とはいえ、服を脱いで全裸になると浴室に入り、体をきれいに洗い、股間をカミソリで綺麗にしていく。

「急いで、時間がないのよ!」
「わかりました」体を拭くと乳房を揺らせ、淫裂を隠そうともせず、宴会場に入った。
「いいね。素っ裸だなんて!」
「オ○ンコが何とも卑猥だな」仰向けになり足を開いていく。

瑞穂は慣れたせいか、もう動じる事もなくなった。
性器の中に、千切りのキュウリを入れられていくが(お金のためだし…)淫裂を触られたり、乳首を箸で摘まれたりしても、何も感じなくなった。

だが、こんな事が長続きする訳がない。
警察から旅館に厳重注意があって、瑞穂はもう裸にならなくてもよくなった。
それは収入減を意味し、時給700円ではリハビリ代はおろか、生活費の足しにもならない。

それに、同僚達は素っ裸を晒した事で、誰も口など聞いてくれない。
(あんな事したから当然かも…)黙って仕事をしている。
そんな瑞穂に「どう、内の店で働いて見ない?」あの美鈴が声を掛けてきた。
「すみませんが、どれくらいになりますか?」
「内は時給7千は出すわよ」

「それでしたら、働きたいです。11時までなら働けます!」
「よかった、今日からでも良いわよ。昼間は旅館で、夜は内の掛け持ちできるしね」
「はい、お願いします」決まると夫に話した。

「大丈夫か。体が持つのか?」
「私は大丈夫よ、心配しないで」
「それならいいが…」秀樹の心配をよそに張り切る瑞穂だ。

夕方、瑞穂は家事を済ませて瑞穂の店で働いていた。
「新入りよ。よく教えてあげて!」
「桜田奈々よ。よろしくね。その前に制服を着ないと。いらっしゃい」
「よろしくお願いします」奈々に連れられて着替え室に入る。

「これを着るの。それに、あなたはここよ」ロッカーと制服が渡された。
奈々は瑞穂の前で服を脱ぎだし「あなたも着ないと」「すみません」慌てて服を脱いでいく。
服を脱いだ奈々はブラジャーを脱いだ。

「えっ、ブラも脱ぐんですか?」
「そうよ。だって、下着が見えたら色気ないし」パンティも脱いで、真っ黒な絨毛が露わになっている。
「どう、私のフルヌードは?」
「大きいですね、オッパイが!」
「そうかしら。でも、褒められると嬉しいわね」全裸のまま服を着込んだ。

瑞穂も服を脱ぐと、パンティ、ブラジャーと脱いで全裸になる。
「あら、ヘアを手入れしているんだ!」
「はい。事情がありまして…」恥ずかしそうに制服を着込んでいく。

「オッパイが見えそう。それに超ミニよ!」胸の部分が楕円にくり抜かれ、乳首こそ見えないが、膨らみが見えている。
「似合うわよ。客はこうするけど、チップになるから我慢するのよ」くり抜かれた穴から手を入れ乳房を掴んだ。

「ダメ、いけないわ。女同士よ、いけないわ!」
「勘違いしないで。教えるだけよ、その気はないからね」乳房を揉み、乳首も摘まれた。
「いい、こうされても我慢するのよ」奈々の手が淫裂に手が伸びていく。
「いや、そこはいやです!」慌てて奈々の手を押さえた。

「我慢するのよ。チップが貰えるから。いい?」
「はい、わかりました。我慢します」
「そうよ、それでいいわ」瑞穂は奈々に淫裂も触られ、店に戻ってきた。

「あら、可愛いわね。でも、もう少し、オッパイが大きいといいのにね…」美鈴も乳房が気になった。
「ママ。でも、ここはいいわよ」裾を持ち上げ「イヤ、見ないで。いやよ!」性器を見られてしまった。

「ホントだわ。ヘアも剃ってあるし、受けるわよ。早速だけど頼んだわね」奈々は瑞穂を連れて店内を回っていく。
「新しい子を紹介するわね」
「瑞穂です、よろしくお願いします」客の隣に座る。

「瑞穂か、いい名前だな」座るなり、くり抜かれた穴から手を入れられて、乳房を掴まれた。
(イヤ、お願い触らないで。でも、チップが貰えるなら…)笑顔で触れて、乳首も触っている。

「ここはどうかな?」足の間から手を入れ(性器を触っている!)俯いてしまった。
だが、客は「!」驚いたかで裾を捲った。
「剃っているのか。オ○ンコが丸見えじゃないか!」(イヤ。そんな大きな声を出すなんて!)真っ赤な顔になっている瑞穂だ。

「よく剃ったね。いいもんだよ」客は機嫌良く淫裂を撫でていくが「恥ずかしいです、そんな事をされると…」項垂れたままだ。
「瑞穂さん、こっちもお願いよ」瑞穂は次のテーブルに行かされ「いいね、ツルツルオ○ンコが…」無毛の淫裂が客に触られていく。

11時になると、瑞穂は店を出て自宅に戻って家事をしてから寝た。
そして、朝の8時からは旅館のパートをしている。
そんな掛け持ちが長く続くはずがなく、体の方が持たなくて疲労もたまっている。

「瑞穂さん、明日からは来なくていいです」仕事中倒れる事が度々あって、旅館の知代から解雇通告を受けてしまった。
「お願いします、働かせてください!」
「あんた、何回そう言った。こんな事じゃ無理よ。体を休めないと…」知代は取り合わない。

やむなく、スナックで働くだけにしたが、収入減は避けられない。
それでも、6時にはスナックの制服に着替えて客の相手をしている。
「いらっしゃいませ」客の隣に座って乳房を掴まれていく。
「どう、今夜付き合わない。高く払うよ」
「体は売りたくありません。触るだけです」

「同じ事だろう。指でこうやられるのと、チンポでやられるのは?」
「指とオチンチンでは全然違います。指なら許せますし…」
「そうか、指までか…」淫裂の中に入れた指で膣壁を撫でて「ん、ん!」目を閉じ、気持ちよさそうな顔の演技をし、客を喜ばせていた。

瑞穂がスナックで働き初めてから3ヶ月も過ぎると、秀樹はどうにか歩ける迄回復しているが、相変わらずリハビリ代が家計にのしかかっている。
「あなた、気にしないで。私が何とかするから」

「悪いね、お前にこんな思いをさせるなんて」
「泣かないの、あなた。お母さんだって、泣いていると悲しむわよ」
「そうだよな、母さんも泣き出すよな」明るく振る舞っている秀樹だ。

瑞穂はホステスとして独り立ちして振る舞っていたが、客の伸びが落ち込んでいた。
「何とかしないとね。瑞穂さん、ヌードなんてどうかしら、旅館の時のように…」
「また、ヌードですか?」顔を曇らせた。
「そうよ、それしかないと思うの。みんなはやってくれるわね?」

「はい。客が来ないと収入になりませんから、オッパイだって出します」他のホステスは承知した。
(私もやるしかないわ。オッパイを丸出しで…)「わかりました。オッパイだけですからね」力無く言う。

「やってくれるのね。よかった」知代は笑顔になって、制服を手渡していく。
「いい、下着は着ないでね。性器をわざと見せるのよ。それにヘアも手入れするのよ、見えるようにね」
「はい、わかりました」瑞穂達は一斉に着替えていく。

今までの服を脱ぎ、全裸になっていく。
「あなたは、ヘアを剃っているからいいわね。そのままでいいし…」
「夫はこの方が喜ぶんです…」真っ赤な嘘を言いながら、渡された制服を着込んだ。

「あら、大胆なUカットなんだ!」胸を覆う布がなく、乳房が露わになっている。
「あなたの乳首、ピンクでいいわね。私の黒ずんでいるから恥ずかしいわ」
「そんな事ないわ。私より大きいからいいわよ」お互いに乳房を見つめ合っていた。

服を着込むと、瑞穂以外のホステスは絨毛を剃っていく。
「全部はイヤだから、オ○ンコだけにするわ」
「私もそうする。全部は恥ずかしいし、客もオ○ンコを見るだけで喜ぶし…」ホステス達も淫裂を見えるようにヘアを剃ってしまった。

支度が終わると店に戻り開店した。
客は「おっ、いいね。今度の制服はいいよ!」目を細めて店に入ってくる。
「いらっしゃいませ」ホステスが隣に座るなり、露わになっている乳房を揉みだし、それに乳首まで吸う。

「ダメ、そんな事されたら行っちゃうわ」わざと足を開き下半身を無防備にしていく。
その無防備な股間にも手が伸びると「そ、剃っているのか?」客は裾を持ち上げて確認した。
「恥ずかしいから見ないで。触るのはいいけど…」顔を背けていく。

「恥ずかしがるなよ。いいよ、これも!」興奮して淫裂の中に指も入れた。
「いいわ。凄く良いわ、上手ね」お世辞をいいながら乳房と淫裂を触らせ、瑞穂も乳房を揉まれ、乳首も吸われている。
「ん、ん!」鼻から息を出して「ダメ、変になっちゃう。それ以上やられたら変になっちゃうからだめ!」淫裂の中で動く指に、わざと声を上げていた。

新しい制服は客に評判で、連日、客が押し寄せて大繁盛だ。
当然、お触り代と称するチップの戻しも多くなって、給料日に一緒に支給されるが、かなりの高額だ。
「あら、こんなに一杯あるんだ」
「私もよ、オッパイを丸出しした甲斐が会ったわ」ホステス達は笑顔になっている。

店の評判が上がるのはいいが、それだけ秀樹に知られる機会が大きくなる事になっている。
「いらっしゃいませ」いつものように客の隣に座った瑞穂は顔が強ばった。
客は「も、諸星さん…」それだけ言うと黙ってしまった。

「お願い。夫には言わないで下さい、大友さん」客は隣に住んでいる大友だ。
「何か、訳があるみたいですね」
「はい、夫のリハビリにはお金が必要ですから…」
「わかりました、黙っています。でも、今日は客としていいでしょう?」
「はい、私もサービスします…」瑞穂は大友の手を掴み乳房に押し当てた。

「いいんですね?」
「はい、揉んでも。乳首を吸ってもいいです。それから、あそこに指を入れても…」
「こうですね?」大友は瑞穂の乳房を揉みながら、乳首を吸い「ん、ん!」目を閉じて大友のされるがままにさせていく。
「気持ちいいわ、お上手ね。奥さんは幸せね」

「そんな事ありませんよ。家内はあまり相手をしないんです」乳房を揉んでいた手が股間に伸びて、瑞穂も足を開き迎え入れていく。
「剃っているんですね、オ○ンコの毛を…」淫裂を触った後、裾を持ち上げて食い入るように見ている。

「夫が剃った方が言うんで…」恥ずかしそうにいつもの台詞を言う。
「綺麗ですね。内とは全然違いますね」淫裂を撫でてから指を入れて「あ、あ、あ!」瑞穂も大友の股間を撫でていく。

(やりたいな。奥さんと必ずオ○ンコをやってやるぞ!)大友は淫裂、乳房を触りながら考え(隣の大友さんに知られてしまった…)不安を抱きながら「あ、あ、あ!」演技の声を出していた。

そして、店を出ると瑞穂は、まっすぐ自宅に戻っていく。
(もう、帰っている)隣の大友は家に帰っているらしく、酔った声がしている。
「お願い。黙っていてね」通り過ぎながら自分のドアを開けて中に入り「あなた、戻りました」眠っている秀樹に声を掛けてから、眠りについた。


  

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA