薄幸の星の下に アルバイト

【第6話】

「あら、イヤなの。だったら帰っていいわよ。明日は来なくていいからね」
「やります。ですから雇って下さい…」
「最初からそう言えばいいのよ。パンティも脱いでね」
「はい。わかりました」俯いたまま瑞穂はパンティも脱いで全裸になった。

「まずは、これを履くのよ」黒いレザーのパンティを履くと、Vカットなのでヘアがはみ出している。
「恥ずかしいです。ヘアが出ています!」
「いいのよ、その方が色っぽくて」気にする様子などなく(私の気にもなってよ)黙って股間を見つめている。

その後、同じレザーの紐のようなブラジャーを着けた。
乳房の膨らみをしたからベルトが持ち上げている。
更に首輪をして、ガーターベルト、ストッキングと黒ずくめの姿になっていく。
(娼婦よ、これじゃあ、娼婦だわ!)恥ずかしさで顔が赤く染まっている。

「言っておくけど、決して怒っちゃダメだからね。相手は酔った客だから我慢するのよ」釘を刺して注意した。
知代はドアを開け、外に出ると瑞穂もその後に続いていく。
「瑞穂さん!」今まで一緒に仕事をしていた同僚が、露わな瑞穂の姿に声も出せない。

(見ないで。お願い見ないで!)俯いたまま、黙って乳房を揺らせながら知代の後ろを歩いて行くと、にぎやかな声が聞こえ(オッパイを見られてしまう…)体が震えていく。
「いい、お客を拒まないのよ」注意してから賑やかな部屋の襖を開けた。

「今晩わ。お連れしました!」その後から瑞穂が入ると「おー。オッパイ丸出しだ!」「ヘアまで出して!」皆が瑞穂を見て声を上げる。
「皆様、この宴会は私に仕切らせて頂きます」知代が言うなり「良いね、早速頼んだよ」酔った客は、瑞穂の胸を触りだした。

(イヤ、オッパイを触るなんて!)顔を曇らせ、知代を見ると首を横に振っている。
(わかりました。やります…)笑顔になって「お注ぎしますよ、はい!」コップを渡してビールを注ぐ。

「いいね。ここも!」絨毛が引かれた。
「痛いです。ヘアを引っ張るなんて…」
「一本くれよ。オ○ンコの毛を免許証に入れておくと、事故に遭わないそうだ!」
「一本だけですよ!」ヘアが抜かれ「ヒッ!」(ヘアを抜くなんて)客は抜いたヘアを免許証に入れていく。

「俺にも、オ○ンコの毛をくれ!」
「俺もだ!」客達は次注ぐと瑞穂のヘアを引き抜いていく。
「もういいでしょう。それ以上抜かれたらヘアがなくなってしまいます」笑顔でビールを注ぎ、その後も客席を回って注いでいくが「良いね、このオッパイが…」両乳房を揉まれていく。
「そんな事いけません。奥さんのオッパイでして下さい」瑞穂は拒めず、客に乳房を揉まれ続けている。

宴会は2時間で終わり、次の宴会場に行かなければならない。
客がいなくなったのを確認してから次へと移動して「良いね、そのオッパイが!」次の宴会場でも乳房を掴まれていく。
「ここも良いだろう?」パンティを脱がされそうになった。

「ダメです。そこは絶対にダメです!」脱がされまいとパンティを押さえている。
「仕方ないな。触るだけなら良いだろう?」
「優しくですよ。それに指で突かないで下さい…」
「わかっているよ。こうだろう?」パンティの上から淫裂を触っていく。

「どうだい。今夜一晩でいいから俺に抱かれてみないか?」乳首も吸われた。
「だめです。セックスは嫌いですから」笑顔で答えている。
瑞穂のやっている事は、まるでホステスと代わりがなかったが、それをどうにかこなした。

しかし「あんた、よくやるわね。オッパイを触らせるなんて!」
「まるで、風俗嬢じゃないのよ」同僚達は白い目で見ていた。
「仕方ないんです。夫のリハビリにお金がかかるので…」そんな事が通用するわけがなく「それだったら、もっとお金になるソープで働いた方がいいわよ!」皆が瑞穂を軽蔑している。

それには答えず、黙ったまま歩いて、脱いだ部屋に戻ると「う、う、う!」堪えきれず、声を上げて泣き出してしまった。
「イヤよ。ヌードになるなんてイヤよ!」大粒の涙を流しながら叫んだ。
だが、生活苦に陥っている今の瑞穂には、拒む事は出来ない。

翌日も、瑞穂は前と同じく、黒いレザーのパンティ、ガーターベルト、ストッキングと黒ずくめになって宴会場で酌をしていた。
このトップレスが客に受けて、予約が相次いでいる。

当然、瑞穂1人では手が回らない。
そこで、知代は若い従業員にトップレスになるように説得したが「イヤです。オッパイを人に見せるくらいなら、ここをやめます!」と言いだす。
まともな女なら、裸を人前に晒すのはイヤだから当然の事で、瑞穂の場合、生活苦だから応じただけだ。

「困ったわね…」悩んだ末に、町の飲み屋のホステスを使う事を思いついた。
知代は数件の飲み屋を当たったが断られ、1軒だけが応じてくれ「不況だしね。どうせ、客は少ないし」と承諾して下見に訪れた。

「あら、あなたは確か?」それは瑞穂を泥棒扱いした女性で、スナックを経営している美鈴だ。
「相変わらず、綺麗なオッパイね。若いと言う事はいいわね」久しぶりに会った恋人のように、美鈴は瑞穂の乳房を揉んでいく。

「恥ずかしいからやめて下さい。女性にオッパイを触られるなんてイヤです!」顔を背けて言う。
「あら、そうかしら。ほら、こんない堅くなっているわよ」膨らんだ乳首を転がすようにしていく。
「やめて下さい!」手を押さえると、やっとやめた。

「とにかく、今日からお願いしたいのよ」
「わかりました。3人派遣しましょう」こうして、4人によるトップレス宴会が始まった。
だが、他の旅館も知代をまねして、トップレスの宴会サービスをするようになり、次第に予約も減っている。

「まずいわね。このままだと客を取られてしまう。何とかしないと…」考えていく知代だ。
「そうだ、どうせなら素っ裸が良いわ。でも、警察がうるさいから素っ裸は無理だし…」悩む知代は一晩考えたあげく、良い考えが思いついた。
「そうだ。素っ裸の上に盛ればいいんだ。それなら警察だって、文句は言えないし…」笑顔になる知代だ。

その考えは、翌日瑞穂にも伝えられ「そんなのいやです。性器まで晒すなんてイヤです!」声を上げて泣き出した。
「やらないと、この店だって危ないのよ。予約も減っているし。やったら時給を1万にするわ」

「お金じゃありません。性器を見知らぬ男に見られるんです。それがイヤなんです」
「あら、見られるだけよ。セックスする訳じゃないからいいじゃないの?」
(だったら、女将さんが素っ裸になって下さい)黙ったままだ。
「やらないなら仕方ないわね。首よ。ホステスさん達は残って貰うけど」

「そんな、私だけ首だなんて。どうやって、生きて行けというんですか?」
「だったら、素っ裸になるのよ。やるわよね?」
(やるしかないわ。夫には言えないけど…)黙ったまま首を縦に動かす。
「よかった、悪いようにはしないわ。それに時給を1万にするからヘアは剃ってね。食べ物を扱うから、ヘアがあるといけないし」

「そんな、ヘアを剃るなんて…」また泣き顔に変わった。
「あなたは、ヘアが入ったのを食べれる?」
「それは…」
「でしょう。だから剃りなさい!」
「わかりました…」そう言うしかない。

瑞穂はバスタオルを持って浴室に入って「綺麗にしておかないと…」石鹸で体を丁寧に洗い、股間の絨毛を剃っていく。
「恥ずかしいわ。こんな性器を見せるなんて…」絨毛が消えてピンクの淫裂が現れた。
足を開くと、淫裂から肉襞も飛び出ていく。

「夫がこれを知ったら、何て言うかしら?」瑞穂は残りの絨毛を綺麗に剃った。
足を広げると、ピンクの淫裂が生々しい。
お湯で剃った淫裂の中も洗う。
「汚れた性器は見られたくないし…」女性のたしなみか、指を入れて洗っている。

「これで、いいわ」淫裂も洗い終えると、バスタオルを体に巻き付け脱いだ服を持って戻ってきた。
「女将さん、絶対に夫には言わないで下さいね」
「わかっているわよ。それよりも脱がないと」
「わかりました」結び目を解き全裸になった。
「良いわね、若い体は。私は皺だらけだしね」瑞穂の全裸を確認すると廊下に出た。

「待って下さい!」瑞穂も股間を両手で隠して後を追っていく。
それには「キャー。素っ裸だなんて!」「イヤー。フルヌードになっている!」悲鳴が相次ぐ。
「気にしなくて良いわ。行きましょう」(気にするわよ。私はフルヌードを大勢に見られるのよ!)逃げ出したい気持ちを堪えて歩いていく。

「イヤだー。素っ裸よ!」
「ホントだわ。恥ずかしくないのかしら?」宿泊客も瑞穂の全裸に驚いた。
(恥ずかしいわよ。でも、こうしないと…)黙ったまま、宴会場に入って行くと「良いね。こんな若い子の素っ裸を見させて貰えるなんて!」瑞穂を取り囲んでしまった。

「お客さん、それではきませんよ。退けて貰わないと…」
「そうだな、早くやってくれ!」瑞穂は用意されたテーブルに腰を下ろし、仰向けに寝ると足を開き両手を退ける。
「オ○ンコだ、オ○ンコが見えるぞ!」
「ホントだ、これがオ○ンコなのか!」声を上げて叫んでいる。
(イヤ、オ○ンコだなんて。早く性器を隠して…)恥ずかしさで目を閉じていく。

調理人は用意された食材を瑞穂の全裸に乗せていく。
(性器が先よ、そこは後で良いから)瑞穂に逆らうかのように、乳房に刺身を乗せた。
その後、腹にも乗せ、キュウリの千切りが淫裂に入れられた。
(イヤ、入れないで。性器に入れないで!)淫裂を指で広げて切ったキュウリを入れていく。

「卑猥だな。オ○ンコがこんな形をしているなんて!」
「ホントだよ。俺、興奮してきたよ!」皆が淫裂を食い入るように見ている。
調理人は最後にワカメを恥丘に乗せて淫裂を隠し(やっと性器が隠れた。でもキュウリが膣に入れられてしまったし…)性器よりも膣に入れられたのが心配だ。

「終わりました!」調理人は出ていき「それでは宴会を始めます!」幹事の言葉で乾杯が行われ、一斉に瑞穂を取り囲む。
そして、箸で次々と取っていく。
「オ○ンコのキュウリは、1人1本にしようよぜ!」
「そうだよな。皆がオ○ンコに入ったのを食べたいしな」股間を覆う食材を先に食べていく。

ワカメも食べられて、キュウリの入った淫裂が露わになっていく。
「まずは頂だ!」指で肉襞を掴み広げていく。
(イヤ、性器を触らないで。いやよ!)泣き出したいくらい恥ずかしい。
そして、箸で一本が抜かれた。
「よし、今度は俺が頂くぞ!」肉襞を掴まれ広げられて抜かれ、瑞穂の淫裂を触っていく。

宴会が始まって1時間も立つと、もう瑞穂の体を覆う物は何もなくなり(もういいでしょう。もう終わったわよ…)足を開き淫裂を晒している。
その淫裂を箸で広げられ、それに乳房や乳首も箸で摘まれている。

「時間ですからお下げします!」女将がやっと口を開いて、瑞穂は起きあがり、淫裂を手で覆いながら戻っていく。
「次の準備をして頂戴ね」
「また、やるのですか?」
「そうよ。体を洗ってくるのよ、急いでね」
「わかりました。洗ってきます」瑞穂は浴室に入り石鹸で淫裂、乳房と洗っていく。

「膣にまで入れらるなんて、イヤだわ」不満を感じながらシャワーで洗い流し浴室から歩いてくる。
「イヤだわ。あんなに落ちぶれたくないわね」
「そうよ。私はオッパイでさえイヤなのに、性器を出すなんて最低よ!」同僚の仲居達は瑞穂の全裸姿に罵声を浴びせていく。
(私だって、好きでこんな事をしている訳じゃないのよ…)泣きたい気分だ。

「早く急いで!」知代は瑞穂の気持ちなど無視して、宴会場に連れ込んだ。
「いいね、素っ裸は!」歓声が上がる中、また仰向けになって足を開いていく。
「見ろよ。これがオ○ンコだぜ!」
「ピンクで綺麗だな。あまり、使っていないオ○ンコだぞ!」

(性器を見られている…)目を閉じると、先ほどのように淫裂に千切りのキュウリが入れられた。
「いいね、オ○ンコに入ったのも」笑顔で見つめている。
こうして、宴会が始まり、瑞穂の全裸が晒されていく。

(早く終わって!)淫裂を箸で広げられ、時間が来るのを待っていると「時間になりましたので、お下げします」瑞穂はやっと解放された。
急いで浴室で体を洗い、服を着るとまっすぐ秀樹の元に向かうが秀樹は寝ていた。

「あなた、ご免なさい。こうしないと、あなたのリハビリ代が出ないんです」呟くように言った。
それに反応したかのように、秀樹の腕が一瞬動いたが、瑞穂は見逃した。
瑞穂はそんな事など気が付かないまま、グッスリと寝込んだ。


  

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA