薄幸の星の下に 盗みの疑い

【第5話】

数ヶ月後、秀樹と瑞穂は田舎の町に新居を構えていた。
夫婦として住民登録も済ませて「あなた、ごはんできたわよ!」瑞穂は養父を「あなた」と呼んでいる。
「瑞穂、欲しいよ。いいだろう?」起こしに来た瑞穂の手を掴んだ。

「だって、昨日したばかりよ。あなたは平気なの?」
「大丈夫だよ。瑞穂がいる限りがんばるよ」
「だめ、だめよ!」瑞穂は布団の中に引き込まれた。

「わかったわ、軽くよ。昨日やったから痛いかも知れないし…」自らスカートを引き下げていく。
「オッパイは俺にやらせて」秀樹はシャツを捲って「綺麗だよ、瑞穂」乳房を露わにする。
「あなた、こそ元気で良いわ」パンティを脱いで秀樹の勃起した肉竿を撫でていく。

「いくよ!」
「いいわよ」覆い被さった秀樹は乳房を掴み、腰を振っていく。
「いいわ。あなた、感じる!」
「早くできればいいのにね」
「私もあなたの子が産みたいし」体を開き肉竿を迎え入れて「あ、あ、あ!」体が反っていく。

秀樹は腰の動きを早め、登りつめた。
「暖かいわ。あなたのが暖かい!」射精を終えた秀樹を抱きしめていく。
「よかったよ、瑞穂…」
「私もよかった…」暫く抱き合ってから、布団から出た。

そんな生活が数年続いた。
2人はいつものように朝食を済ますと家を出て行く。
瑞穂は旅館のパートとして働き、秀樹は運転手として働いている。
「あなた、気を付けてね」
「わかっているよ」秀樹は瑞穂を旅館まで送り届けると、勤務先に向かう。

瑞穂は「いつも仲がいいのね。親子みたいな夫婦なのに…」同僚にからかわれながらも仕事をし、客の布団を畳んでいく。
「おはようございます、お布団を片づけます」挨拶しながら布団をかたづけていく。
それが済むと、お客を見送り、部屋の掃除をはじめた。
「ふー。楽じゃないわね」きつい仕事だが、幸せを味わいながら仕事をしている。

瑞穂の仕事は3時前で終わり、後は自宅でくつろいでいると「プルプルプル!」電話が鳴った。
「もしもし、諸星ですが?」それは警察からだった。

「えっ、事故をおこしたんですね。けがの具合はどうなんですか?」
「はい、わかりました。これより伺います」瑞穂は急いで秀樹が運ばれた病院に向かった。
「諸星です。主人の具合はどうでしょうか?」
「重傷です。直っても後遺症が残るでしょう」酸素マスクを付けた秀樹を見ながら医師が言う。

「命には、別状はないんですね?」
「はい、命にはかかわりませんが…」それだけしか言わない。
「よかった、安心したわ」ホッとする瑞穂だが、秀樹が致命的損傷を受けていたのを知らなかった。

瑞穂は秀樹の介護をしながらパートを続けている。
入院費は保険でまかなわれるが、全額出るわけではなく、蓄えを使っている。
それに、収入が途絶えて蓄えも徐々に減っていった。
「大変ね。旦那さんが…」
「でも、何となりますから」それでも笑顔で仕事をしている。

「おはようございます、お布団をかたづけます」いつものように客に挨拶してから布団を畳んでいく。
布団を片付け終わり、従業員室に戻ると知代から呼び指された。

「来て、瑞穂さん!」知代は何も言わず、瑞穂の手を引いて客室に連れて行く。
「この人よ、間違いないわ。あたが盗ったんでしょう?」
「盗ったって、なにをですか?」
「指輪よ、ダイヤが付いた指輪よ、100万はするのよ!」

「盗っていません。そんな事していません!」
「嘘おっしゃい。調べればわかるのよ」
「調べてください。本当に盗ってなんかいませんから」
「女将さん、どうしますか。この人こんな事言ってるわよ」

「わかりました。旅館のメンツもありますから調べます。瑞穂さん、服を脱いで裸になりなさい!」
「イヤ、ヌードなんてイヤです!」首を振って拒む瑞穂だ。
「やっぱり盗ったのね。だから服を脱ぎたくないのでしょう?」

「盗っていません。本当です」泣きながら言う。
「だったら裸になって、無実を証明しなさい!」女将の知代も強い口調だ。
(脱ぐしかないわ、裸になって無実を晴らさないと…)

「わかりました。裸になります!」覚悟を決めた瑞穂は、知代と客が見守る中で帯を解いていく。
「よく調べてください」解き終えた帯を客に手渡した。
「調べるわ」客は帯を触り、調べていく。

「ここじゃないわ、服に隠したんでしょう、早く脱ぎなさいよ」
(酷いわ、盗人扱いなんて…)紐を解くと服が開いていく。
「これも調べてください」紐も渡して調べさせた。
「ないわ、次よ!」服も脱いで襦袢姿になってしまった。

「ないわ。次よ!」真っ白な襦袢も脱いで下着姿になった。
「ないわね。どこに隠したのよ、言いなさいよ!」
「信じてください。盗っていませんから」
「じゃあ、勝手に指輪が歩いていったとでも言うの。素っ裸よ、その中に隠したんでしょう!」あくまでも瑞穂を疑っている。

「脱ぎなさい、素っ裸になって証明しなさい!」知代も強い口調で「そんな、素っ裸だなんて!」顔が強ばった。
「やらないと言う事は、盗んだと認めるのね?」
「盗んでいません、見てください!」泣き顔の瑞穂はパンティを掴み、引き下げていく。

恥丘が露わになり、膝まで引き下げて背中を丸め、片足ずつ上げてパンティから抜いていく。
「確かめてください!」下半身を覆う物は何もない。
真っ黒な絨毛に覆われた股間が露わになっている。

(恥ずかしいわ、こんな姿になるなんて!)温もりのあるパンティを客に手渡した。
「ないわ、ブラに隠したんでしょう」
「そんな事してません!」ブラジャーも脱いで全裸になった。
「ないわね。もしかして?」客は「足を広げて!」

(ま、まさか膣の中を調べというの?)怯えながら足を開いた。
「動かないでよ!」予想した通りに膣の中に指が入ってきた。
(やめて、膣には何も入っていないわよ!)唇を噛み目を閉じ、その目から涙がポロポロと落ちていく。

「ないわね、どこに隠したのよ、言いなさい!」今度は両乳房を鷲づかみして爪を立てた。
「ヒー、盗っていません。信じてください!」瑞穂は顔を歪めている。
「どこに隠したのよ、言いなさい!」ヒステリックになったお客は、更に指に力を入れ「ヒー!」悲鳴を上げる瑞穂だ。

「お客様、冷静になって下さい。指輪を外した事はありませんか?」
「外した事…。お風呂にはいる時だけよ。その時は外したわ」
「それを、どこに置きましたか?」
「洗面台よ。その後、確かテーブルに置いたはずよ」
「調べてみましょう、洗面台を!」知代とお客は洗面台を調べた。

「あら、こんなとこにあったわ。よかったわ、ご免ね、疑って!」
「それより、指輪があってよかったですね」
「悪い事したわね。もう服を着ていいわよ」お客と知代が見ている前でパンティを履いていく。

「それにしても良いからだわ。勿体ないわね」お尻や乳房を撫でていく。
(触らないでよ。あんな事までして!)黙ったままブラジャーも着け、襦袢も着ていく。
そして、服を着て元に戻った。

「もう、いいでしょうか?」
「いいわよ。戻っても」瑞穂は部屋から出ようとした。
「待って、これお詫びよ」客は10万程の札を手渡そうとする。
「要りません。そんなの貰えません!」拒む瑞穂だ。

「そうは行かないわ。あなたを素っ裸にしたんだから受け取って!」無理に手渡そうとする。
「受け取ったら。あなただって、旦那さんが入院しているから物入りでしょう?」
「でも、そんな大金を…」
「私からのお見舞いよ、それなら良いでしょう」襟に押し込んでしまった。

「わかりました、頂きます」瑞穂は戻るなり、悔し泣きしている。
「何かあったの?」
「疑われたのよ。泥棒したって!」泣きながら言う。
「そうなんだ…」同僚達は気の毒そうに言うが、ただ傍観しているだけだ。

「瑞穂さん、いつまで泣いているのよ、仕事があるでしょう!」
「申し訳ありません」涙を手で拭いて仕事を始め、そして、仕事が終わるといつものように秀樹の世話をしていく。

「あなた、元気でいた?」
「ああ、元気だよ」力無く言う秀樹だ。
「早くよくなってね。で、ないと私寂しいし…」
「わかっているよ、必ず直るよ」不自由な腕を動かそうとしている。
「まだ無理よ、じっくり直さないとね」手を握り励ましている。

その甲斐あって3ヶ月後に退院したが、秀樹は歩けず、車いすに乗ったままの生活をしなければならない。
リハビリにも金がかかり、収入が途絶えた今は、生活苦に陥っている。

「瑞穂。ご免よ、俺のせいで…」
「何言っているの、夫婦でしょう。それより、体を洗わないとね」秀樹の体をきれいに洗っていくと、瑞穂の手が股間を触った。
「欲しいよ、瑞穂!」手が動かないのに、瑞穂に触られた肉竿が一気に膨らんでいる。

「あなた、久しぶりにしましょうか。私も欲しいし…」瑞穂は秀樹の体を洗い終えると、ベッドに寝かせ、その後、服を脱いで全裸になると馬乗りになる。
「行くわよ。あなた」肉竿を掴み、淫裂に導いていく。
「久しぶりで良いわ、あなた…」肩を押さえて腰を振っていく。

「いいよ、瑞穂!」
「私もいいわ。あなたのがいいの」淫裂からは乳白色の蜜が流れ出ている。
「うー!」「あなた、出したのね、わかるわよ」乳房を秀樹の胸に押しつけ、結合したまま唇を合わせた。

そんな生活をしていたある日、帰ろうとする瑞穂に女将の知代から「アルバイトしてみない?」と声を掛けられた。
「したいのですが、ありますか?」
「あるのよ、瑞穂さんなら、お似合いの仕事が…」
「どんな仕事でしょう?」

「簡単よ。ちょっと、裸になるだけで良いの」
「イヤです、ヌードになるなってイヤです!」
「アルバイト代は弾むわ、1時間7千円払うわよ、パートの10倍よ」
「それでもイヤです。ヌードになるなんて、夫を裏切るようなものです!」

「ヌードだけよ。体を売る訳じゃないから良いでしょう?」
「ヌードは、絶対にイヤです!」あくまでも拒む瑞穂に「いいわ、ここまで言っても聞かないなら、やめて貰う!」言い出す。

「それは許して下さい。真面目に働いて来ましたし…」
「そんなの関係ないわ。内だって大変なのよ、ヌードで客寄せしようと、考えていたのに…」暫く沈黙が続いた。

「とにかく、明日からは来なくていいからね」
「ここに置いて下さい。女将さん、置いて下さい!」
「だから、裸になるなら雇うと、言っているでしょう!」あくまでも瑞穂を裸にさせる気だ。

「わかりました、ヌードになります。でも胸だけにして下さい…」瑞穂は泣きながら言う。
「やってくれるのね。嬉しいわ。これで客寄せになるし」笑顔の知代だ。
「それから、この事は夫に言わないで下さい」
「わかっているわよ。勤務時間は6時からに変更して。10時まででいいから」

「わかりました。やってみます」ヌードになるのを決めた瑞穂は、夫の元に戻って説明した。
「あなた、明日からは夜のパートにしたわ。宴会の世話係なの」
「大丈夫かい。体は?」

「10時までで、いいって言うし。それにお金も5割り増しになるの」
「すまないね、俺がこんな体になったばかりに」泣きそうな顔をする秀樹だ。
「何言っているのよ、私達は夫婦よ。泣かないのよ、あなた!」優しく口づけをしていくが(ご免なさい。これからは人前でヌードになる事になったの。許してね)夫には言えない瑞穂だ。

翌日、瑞穂は夕方に家を出た。
「今日からは、オッパイを晒さなければいけないんだわ」不安を抱えながら旅館に入っていく。
「待っていたわ、早速お願いするわよ。とにかく着替えないとね」知代は瑞穂を連れて部屋に入った。

「脱いで。早く!」
「はい」言われた通りにシャツ、スカートを脱いだ。そして、ブラジャーも外した。
「良いわね。こんな綺麗だもの」乳房を見ながら服を渡した。
瑞穂は「イヤです、これならやりません!」渡された服を見て泣き出してしまった。
渡された服は、黒いレザーの服だった。


  

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA